1 2018/03/09(金)
よろしくやで


22
子供の頃、お盆で山形にある父の実家に帰省した時の話。
夏休みの宿題の自由研究でトンボの観察にするために
昼過ぎに田んぼのあぜ道にビデオカメラをセットした。
そのまま、川に泳ぎに行った帰り道だった。
生暖かい風が吹いてきた。折角さっぱりしたのになんだよ!と思って空を見上げると
入道雲がもくもくと空に広がっていく。一雨くるな、と急いでカメラを回収にその場所にむかった。

雲の影が田んぼを走っていく。カメラが見えてきた。そのとき、カメラの向こうに何か見えた。
遠くからでよく分からなかったが、全身白づくめの人たちがうねうねと動いているようだった。
段々遠ざかっていく。その先には田んぼしかない。
奇妙に感じたが、雨も降りそうだしカメラの回収が先だ。

カメラを持って家に付くとすぐに夕立が振り出した。
濡れずに済んだと安心して居間に入ったとき祖父が帰ってきた。
濡れた頭をタオルで拭きながら居間に来た祖父にさっきみたものを訊いてみた。
祖父は途端に険しい顔をして「にしゃ(お前の意味)、あれ見だんか?目ぇ合わせぢまっだんか?」
そのとき雷が丁度近くに大きな音を立てて落ちた。
祖父のあまりの剣幕と雷に驚いて、訳も分からず俺は泣き出してしまっていた。
「遠くだったから良く分からなかったよ…」泣きながら言う俺の頭を撫でながら言った。
「あれは見ぃだらいがん。見んでえがった。」祖父は涙ぐんでるようだった。
落雷で停電してしまったのでビデオを見るのは忘れていた。

翌日、朝食のあとビデオのことを思い出し、観ることにした。
予想より多くのトンボが映っていた。
風で田んぼの稲の葉が擦れる音と遠くからセミの鳴き声が聞こえるくらい。
たまに鳥の鳴き声もする。のどかなものだった。
しかし、しばらくすると突然音が止んだ。そして何かを引きずるような音が聞こえてきた。
画面は雲の影が田んぼに映りこむくらいで殆ど変化が無かった。
音は次第に大きくなっていく。ざわざわというかぼそぼそというか人が話すような音も聞こえてきた。
そして、いきなり画面にそいつらは現れた。


24
>>22
おお! こういうのが聞きたかった
サンガツ!





29
入院中に起きた怪現象

1窓に黒い親子
2念仏爺
3床を歩く腕
4キラキラ光る粉
5ニヤニヤ笑う看護師



30
>>29
ヒェッ
病院って怖いな



33
>>29
5とか嘘やろ、そんなんあったらビビるわ


35
>>33
ガチやで



45
窓に黒い親子

ワイが入院してはじめて見た奴や
窓側の大部屋でうとうとしてふと窓側に寝返りしたら
真昼から黒い親子みたいな塊が窓に写ってた
よく目をこらしたら20秒くらい経って消えた



46
>>45
実害はなかったんか?



48
>>46
ない



47
念仏爺
隣の痴呆爺が夜なぜか流暢な念仏唱えてた(宗派はわから)
うるさいから看護師呼んだら黙るし、普段寝る以外はボケてるから信じてもらえない
4日だけいてすぐ個室行きになった不気味爺



49
>>47
なんか見えてたのかな?



56
床を歩く腕

ワイが知り合った爺から聞いた話
昔骨折して地元の病院へ入院した爺がふとトイレにいこうと廊下に出たら ペタペタ と音がする
なんやろと見たら大人の男っぽい長い腕が逆立ちしてるみたいに歩いてたらしい
あ、これは気づかれたらアカン思ってその場をじっと待っていたら気づいたら朝になっていたらしい
その日から腕は見なくなったとか



58
>>56
怖E



36
ちなワイが体験した怖い体験は
クローゼットの中からどんどんって音がしたあと勝手に空いたこと
摺りガラス越しにピエロみたいなのが見えたこと
位しかない



196
>>36
これ詳細語ってや


197
>>196
詳細っていっても体験したことそのまま書いただけやから



199
>>197
詳しく語ってや、状況とか


206
>>199
ピエロの方はドアの方から視線感じたんで見たら居た
まあこれは7歳くらいのときやから夢かもしれん



207
>>199
クローゼットバンバンはガチ
一人でテレビ見てたらクローゼットの中からバンバンって聞こえたあと急に扉が開いたんや



42
あ、あと古本屋の本の中に遺書が挟まってた事もあったな


51
ワイもしとくわ

呪いを振りまく方法
人は皆、何かしらのエネルギーを放つんや
その中で最も強いと言われているのが、『希望』と『絶望』の感情エネルギーや
希望はもちろん自身が未来に向かうためのエネルギーとなってくれる大事なものやしデカイのは当然や
しかし絶望とはなんやろうな?
絶望は未来を閉ざし陰鬱とさせるだけのものや
しかし中にはそれを利用する者もいるんや
絶望を外の世界に発することの出来る人間がおるんや
それは端的に言えば『呪い』やな
他者の未来を閉ざすことのできる方法が存在しているんや
なかでも一番呪いが強まるのが希望から絶望への転移や
それを行うのには自身が崩壊するレベルの精神へのダメージが伴うが呪いは絶大や
未来を閉ざす形は様々やが、希望から絶望への転移が与えるエネルギーによって現れるのは『災害』や
不特定多数の人間を抹殺できるほどの呪いを行ったものは数多くいる
今までの災害というのは、自らの祈り・願い・希望を根元から叩き切り全てを外へ出した者達の呪いなんや

次はどこでやったろうかいな


53
ふいに何かが起こる予感がして
夜の池を自転車で走っていたら
不自然に留まっていた車をハケーンした
なんだろう と思いつつその車の周りを、念のため距離をとって回ってみる
車のエンジン音はするが動く気配はない

何かに巻き込まれてはアレなので、その場を離れた

数年後、それはガス自サツの最中だったと聞いた
人が来たから自サツを辞めたことも


55
>>53
人の命を救ったんやで
誇りに思っていいんやで



74
あ、もう一つ怖い体験あったわ
夜中起きたら背だけが異様に高い女?がこっち見てた



76
>>74
なんかイッチの体験次元違いすぎやろ、霊感でもあるんか


79
>>76
でも実害ないんだよ
あとカオナシみたいなん見たことあるわ



77
ワイ、小学生の頃科学館みたいなとこ行ったんやが、そこになんか暗い通路あって迷い込んだ記憶ある。したら前に同じようなグループいて追いかけたらワイをお化けと勘違いして逃げるし。

あの通路はなんだったんや……。


80
ワイは深夜軽くジョギングするのが日課なんや
その日は河川敷を走ってたんやが急に腹痛が襲ってきた
脂汗こらえて周囲を見渡したら電灯に照らされて土手に公衆トイレが見えたんよ
助かったと思い入ってみると電気も付いてない真っ暗でおんぼろなトイレやった
どうやら広めの空間に個室一個しかないトイレらしかった
どうにか「まぁここに便器があるやろ」って感じでトイレ済ませて尻ふいて出たんよ
色々あったけど紙はあって良かったなんて思いながら数秒歩いた
何の気なしに今出てきたトイレを振りかえってみたら

人がトイレから静かに出てきたんよ・・・


82
>>80
怖E
幽霊? 人?



89
>>82
普通の男やった
あの暗い中いったい何やっていたのか
ワイが入って来た時に何かしらか反応してくれれば互いにびっくりして終わってた
ただただワイがトイレ終わるまでじっとしてたのかと思うと恐い


85
何度引いても出なかったキャラが

一万課金した瞬間出た


86
>>85
ソシャゲの闇



91
ワイ実家が青森のむつなんやけど
5歳だか6歳くらいのときに、夜中に突然叩き起こされて、車で恐山まで連れてかれたことがある
昔やし寝ぼけてたしでよく覚えとらんのやけど、たぶん父親に起こされて父親の運転だったと思う
真っ暗の中で赤い橋まで行ってそこで帰って来たんやけど、父親は何も言わんかったしいまだに謎や
当時はそうでもなかったけど今思うとなんか怖いわ


97
>>91
恐山に引き込まれた?のかな



95
夢かもしれんけど子供の頃実家の山の中で神様見た
白いでっかいもふもふ


104
>>95
神様かぁ
ほんとにいるなら見てみたいなあ



99
ワイのキューピーのフィギュアみたいなのが捨てても捨てても戻ってくる
仕方なく棚に置いたけど無くなっててどこにあるかわからん


106
>>99
なんか宿ってんのかな



105
昔怖い話サイトをよく見てたときに本物を呼んでしまった事がある


107
>>105
ワイも洒落怖見た日に金縛りなったわ



114
ワイの家の近所に幽霊出る遊歩道あるわ(唐突)


115
ワイの近所に幽霊トンネルあるし(対抗心)


117
>>115
ワイの県には男鹿プリンスホテルあるし(対抗心)



120
ウチは廃墟マニアに人気(らしい)ドリームランドがあるゾ


122
>>120
遊園地の廃墟ってなんかいいよね



144
霊感ないから恐い物見たさに廃墟行ってみたいってなるんやろな


145
>>144
零感だけど怖い物見たくないから廃墟行かない



148
>>144
怖いもの見たさもあるけどノスタルジーを感じにいきたいんや


149
別に行くまではいいとしても霊まで連れてきたらシャレにならんわな
それこそ廃墟で何かしらやって霊怒らせたらそれまでやし


153
寝てたら枕から腕が生えてきてワイの首を絞めようとしてきたんやけどソイツなんでか右腕左腕逆に出てきてたんや
手の平が外向いてもうてるから首を掴めんやん?なんとそれでも諦めんと腕でクワガタみたいに挟み込んできてん
30分くらいで消えたけどガッツのある奴やったで


155
>>153
想像したら草生えた



156
>>153
結構長めにクワガタされてて草


157
>>156
クワガタされるとかいうパワーワード



158
>>153
そういやこの世のものじゃないのって全部逆になってるらしいで
例えば逆拍手とか

関連記事:【死人の拍手】大塚愛の怖すぎる都市伝説…Mステの観覧席の話知ってる?【裏拍手】
http://www.oumaga-times.com/archives/1065579254.html


159
>>158
それなんでなんやろな?向こうにもそういうルールがあるって事なのか?


160
>>159
ワイもネットで見ただけで詳しくは知らんのや
すまんな



163
>>160
表=現世 裏=あの世 って感じで、あの世が存在するならそういうルールがあるんかな?と考えてもーたわ


165
>>163
確かにあの世があるならそんなルールありそう



161
ある所に、1組のカップルがいた。
そのカップルはドライブ中のお遊びがてら、心霊スポットに行くとになった。
しかし、心霊スポットについたとき、彼氏は彼女と口論になり、彼氏は心霊スポットに彼女を置き去りにして帰って行った。

だが数分後、彼氏は冷静に判断して(この時間に心霊スポットで一人ぼっちなのはヤバいよな・・・)と思い、彼女を置き去りにした心霊スポットに戻った。
そこには、まだ彼女がいた。そして何とか和解して一緒に帰ろうということになった。

その帰り道、一人の少年がこちらに向かって手を振っていた。しかし、手の平ではなく、手の甲で手をふっているのである。
彼女は「こんな時間に一人で可哀想だよ、乗せてあげようよ」と言った。
彼氏は「ダメだよ、逆の行動をしている者はこの世の人間じゃないんだ」と教えた。

「物知りだね、すごーい!」と彼女が拍手する。
その手は、手の甲を打ち付けていた。



162
元ネタ?
見つけた



166
逆拍手は水氏体の霊の話と聞いた
手の平を叩くと水膨れした皮膚が爆ぜるから骨の近い手の甲同士で叩くとか


167
>>166
ほーん
初めて知ったわ



168
>>167
稲川淳二の怪談で話してた


177
ワイの学校の担任が怪談好きで
若い頃は全国心霊スポットを回ってて
北海道に行った時に旅館の人に事故の遭った
トンネルを紹介された



178
トンネルと言っても車が通れるものではなく
洞窟のようなもので明かりもなく
出入口の光が見える程度で
事故が遭ったため崩落を防ぐようにと
最低限舗装され当時より小さくなっている



179
地元の人しか知らない名無しのトンネルに
旅館の番頭さんが案内してくれることになり
トンネルまでの道でトンネルについて話をしてもらうとなんでも集落と町を繋ぐトンネルだそうで
当時の若者が上京するために歩くと崩落に遭い
生き埋めになったトンネルだとの事



180
通る際は左側の壁を触って歩き
決して右側の壁は崩落の後があるため
縁起が悪いと言い触ってはいけないと
注意された。番頭さんが先頭に行き
後ろから通ると確かにくらいトンネルではあるが
何もなく拍子抜け通った先は海が見える更地であ



181
行きと同じく番頭さんについていき引き換えすも
番頭さんの歩くスピードに追い付けず離れていく担任、最後は走ってトンネルを抜けると
先ほど来た道に無事着いた



182
番頭は後ろから息を切らし
担任になぜ走ったのか問い詰め
番頭を追いかけるために走った
担任と意見が食い違ったそうでした。



183
後日その担任はそのときの事を思い出すと
さほどネタにもならないショボいトンネルを
どう脚色を入れておもしろく話そうと思い
夜も眠れなかったそうな



184
>>183
体験したら凄い怖そうやな



204
深夜に自宅マンションに帰宅したんだがエレベーターがまさかの点検中
「大変ご迷惑おかけいたします」の張り紙見て階段で七階まで上がることにした
この階段、真ん中が少し開いてて下まで見えるんだけど俺が三階まで上がったくらいで下からハイヒールの足音が聞こえた
なんとなく下を覗いたらめっちゃ笑顔の女が俺を見上げながら早足で登ってくるのが見えた
そこからはめちゃくちゃ走って自室まで逃げた
特にその後は何も無い

っていう作り話


239
背筋も凍るようなめっっちゃ怖い話聞きたい


242
普通に怖い話あるにはあるで


244
>>242
教えてクレメンス!



245
ほな書くわ
怪談芸人の体験談ってやつでな



246
その芸人が小学生やった頃、学校の近くに幼稚園の廃墟があったんや
んでその幼稚園が廃園になった原因は
その幼稚園のお遊戯室でピアノの先生が首吊って自サツしたからなんやで、っちゅう噂が流れとった



247
ほんでまぁ、やんちゃな坊主やったそいつと友達合わせて5人ぐらいで肝試しに行くっちゅう話になってな
小学生言うても高学年のクソガキどもは夜に各々の家を抜け出して集まり、幼稚園に足を踏み入れた



248
玄関入ったらまず廊下がある
脇にいくつかの部屋があって、その廊下の突き当たりが件のお遊戯室やった。
みんなで手前の部屋から開けて行って、ざっと見て回ったんやけどどの部屋にも特に何があるってわけでもない
ほんでいよいよお遊戯室や



249
若干だれとったみんなもさぁ本命や言うて息を呑んどる
んで流れでそいつが先人きってドア開けることになったんやと



250
まぁ怖がってぎゃあぎゃあ言いながらも開けよう開けようっちゅうことになって、そいつはままよと思うて一気にドアバーン開けたんや
でもお遊戯室の中もなんちゅうことはなかった
ここで人が氏んだと思うとそら恐ろしいが、その痕跡があるわけでもない
結局なんもなかったなっちゅうところで友達の一人が「おい」言うてみんなを集めたんや



251
呼ばれて行ってみれば廊下のお遊戯室の側に地下に降りる階段があった
こんなんあったか?思うてもまぁ急に階段が現れるわけもないやろっちゅう話になってな
ほんで誰かしらが「降りてみようや」って言い出したわけや



252
とはいえ地下に降りる階段ってそら恐ろしゅうてたまらんやろ
ほやから降りるか?帰るか?ってをみんなで話し合っとったその時



253
一人が「うわぁ!!」と声張り上げて叫んだんや
「おい、あれ見ろ!!」って指差す窓の外をみんなで見やったら
そこで人の頭が宙に浮いてぐるぐる回っとった
「なんやあれ!」「やばいで逃げようや」言うて
パニックのままその日は各々大騒ぎで家に走り帰った
んで次の日や



254
学校でみんなにその話をするんやけど流石に突拍子のない話や、誰も信じてくれん
終いにゃ五人を嘘つき呼ばわりするやつも現れて
そいつが「ほな今度俺一人で行ったるわ」と言い出した
ほな行って来いや!ああ行ったるわ!っちゅうて
後日そいつが一人で幼稚園に行ったんや
とはいえ流石に一人に夜で、ってのは危ないから昼に行ったんやけど、そいつは普通に帰ってきた



255
「どやった、なんかあったか?」とみんなで問い詰めるんやけど
そいつは「いや別になんもなかったで」と言う
ほなやっぱ見間違いやったんやろか、いや確かに見たで、とみんなで話してると
そいつは「でもな」と言い出した
「みんなが言うとんのと違うことが1つあってさ、地下に降りる階段なんかなかったんよなぁ」



256
結局いまだに、みんなで階段をみっけた時
誰が「降りてみようや」と言い出したんかがわからんのや



260
>>256
降りてたらどうなってたんだろ…



258
オチよりも人の頭が宙でぐるぐる回ってるところが怖かった


261
知らんけど、人の頭がぐるぐるってクソシュールやなと思うた


262
>>261
でも実際に体験したらくっそ怖そう







引用: 寝れないから怖い話してくれ