1
神話から民間説話まで、擬人化譚多すぎひん?


2
西洋は逆に人間がトランスフォームする話ばっかりらしいやん


3
鳥獣戯画からやろ
鳥獣人物戯画

鳥獣人物戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが)は京都市右京区の高山寺に伝わる紙本墨画の絵巻物。国宝。鳥獣戯画とも呼ばれる

内容は当時の世相を反映して動物や人物を戯画的に描いたもので、嗚呼絵(おこえ)に始まる戯画の集大成といえる。特にウサギ・カエル・サルなどが擬人化して描かれた甲巻が非常に有名である。一部の場面には現在の漫画に用いられている効果に類似した手法が見られることもあって、「日本最古の漫画」とも称される。

おそらく歴史上無名の僧侶などが、動物などに仮託して、世相を憂いつつ、ときには微笑ましく風刺したものであろう。

現在は甲・丙巻が東京国立博物館、乙・丁巻が京都国立博物館に寄託保管されている。


甲巻より、水浴する動物たち
水浴

甲巻より、相撲をとる動物たち
相撲
https://ja.wikipedia.org/wiki/鳥獣人物戯画

6
>>3
もっともっと前から続いてると思う



4
日本神話は現代のの見た目がそれっぽいキャラクターというより化身が多いな


5
けもフレがあそこまで当たったのもこの土壌からやろ




7
万物に魂が宿るゆうからなあ


8
自然信仰ベースの神道がスタンダードやからか、動物と人間を分ける境目が曖昧な気がするんや


9
付喪神やぞ


12
原始人の壁画の時代からありそう


13
古事記だの日本書紀だのだって各地の伝説の寄せ集めやろ?


14
何がそこまで擬人化欲を掻き立てるんや


16
暫定最古は鳥獣戯画
まだ昔かも知らんけどまだわかってない


23
西洋もイギリスはキツネでフランスはカエルって例えてるなあ


25
>>23
それは動物にたとえてるやん、日本は動物を人間化してしまう癖があるねん



24
外国の化け物から人間の姿になったりするやつらも


26
>>24
中国産の妖怪は日本に輸入されるとことごとく人間の姿を与えられたなんて話もある



27
>>26
七尾の狐ってあった由来やないのか


28
>>27
玉藻前さんはちうごくの悪女がモデルやろ、狐のイメージは後付けや



30
>>28
まさかの逆パターン


58
でも良く考えたら天狐って中国からか


59
>>58
四神とか擬人化した話は本場のは聞かないな


29
相当昔からあるやろ
第二次世界大戦でもオーストラリアだかで既にあったで兵器擬人化


31
>>29
グレムリンは近代妖怪なんだよな確か


38
>>31
グレムリンって映画しか知らんけど、ソ連のクレムリンのもじりやとか言うやん



42
>>38
アメリカ由来の対戦中戦闘機の不備とかを冗談でその妖怪のせいにしてた
単純やが噂が広まってガチでいると思われた模様


44
>>42
えぇ…


45
>>44
諸説あるがな


32
>>29
大戦なんて全然最近の話やん、もっともっともっと前から日本人は擬人化大好きやん



33
ギリシア神話にミノタウロスいるし多少はね


34
逆に擬人化文化を神話以前に遡れるの?


36
>>34
神話の元になってるのは各地の豪族に伝わる伝承やろ
突き詰めたら日本人とは、みたいな話になってくるんと違う?



43
多くの寺や神社が腐敗もなく存続しているのも影響してそう
住職が言い伝えが記された絵巻物を所有し町民に説法のような形で教え説いてそれが遺伝子レベルで刻まれてるみたいに
それが江戸の大衆文化で一気に定着して今に至る
海外だと聖職者が腐りまくっててせいぜい貴族にまでしか行き渡らんし


48
>>43
せやな、今のオタク文化に直結してるのは江戸時代の妖怪ブームが火元やと思う



46
なんかエジプトの壁画にあのワン公の耳生やしただけの人間の絵あったな


47
○○の神ってのが擬人化だと考えるなら
ギリシアもエジプトも擬人化文化と言えんことないと思う
動物がしゃべるってのは東洋では結構あった気もする
西洋はあんま知らん


50
>>47
正体が動物やって明記されてるお話やな、ワイが思う擬人化は



55
>>50
狐が母親とかそう言うのか
西洋文化はキリスト教に統合されて変質されてるっぽいから
悪魔や天使ってのが擬人化されたものを取り入れたものである可能性はあると思うんやけど
どないやろか?


53
>>50
鶴の恩返しも擬人やったんか


54
>>53
鶴の恩返しって日本神話のトヨタマヒメのお話が明らかにモチーフやろ、擬人化譚よ



52
トヨタマヒメなんかサメのお化けがお姫様演じてたわけやん、あんな感じや


56
>>52
今やとすげぇ萌え絵にされそう
ちょっと昔やと水木しげるが書きそう


49
逆に擬人化してないのって何があるんやろ


57
糞すら昔に擬人化しとるし大概擬人化されてそうなのが日本の怖さ


61
しかも興味深いのが、日本神話の中で人間が動物に変化するお話もいくつかあるんやけど、動物化してしまったことはお話の中では別にマイナスの意味を持たへんことが多いらしい

人間と動物を対等な存在として考えとったって意味なんやろか



60
あれ?半人半獣って結構各国であったな
エジプトも神は半人半獣だしインドでも割と神様のポピュラーな姿
あれはちゃうんか?


63
>>60
半身半獣って言うよりは人間化して人間社会に溶け込んで暮らそうとするお話



66
>>63
日本にそう言う話が多いのは
単純に閉鎖環境が作られやすいからだったと思う
北国とか冬の間は外に出れないから創作話に花が咲きやすかったとか言うが
そこでファンタジー要素として神を語るのは恐れ多いし
人に化けるというキツネやたぬきが中に混じってたら面白くね?っていう発想だったのでは?

たぶん風土的に似た感じだと海外でもありそう


68
>>66
フィリピンやと日本の地獄の馬頭にそっくりなのとか
普段人間に化けてる犬みたいな魔女の妖怪いたな
ちょっと違うが


70
>>68
日本て割と南方の文化の影響も感じられるよね



72
>>68
地獄自体が泰山信仰から来てるっぽいけど
フィリピンの方に流れるってことは元はインドなんかな?


64
擬人化というとデフォルメだけど浮世絵がまさにデフォルメ全開だしな
擬人化自体は人間の自然の営みだろうけど絵にするのはやっぱ異色っぽい


65
>>64
それいうなら現象を妖怪化するのも入るやろ


67
>>64
鶴の恩返しも浦島太郎も擬人化のお話やな



69
空想上の生き物がもう一つの姿が人間は違うんか?


71
>>69
まあ似たようなもんかな



74
>>71
神々とか悪魔の姿や牛の姿してて人間態もあるギリシャ神話も入るんか


77
>>74
うーん、世を偲ぶ仮の姿なのはそうやけど、人間化することがフィーチャーされてないから入れたくない



73
自然豊かなところは自然を畏れ敬うとか誰か言ってた気がする


76
>>73
個人的にはアミニズムの行き着いた先が擬人化やと思ってる
一神教が土台やと生まれにくいのも頷ける



75
神話の擬人化と
今巷に溢れてる萌え擬人化はちょっと世界が違う感じ


81
>>75
時代が下るにつれてだんだんと世俗化していったんやろな、江戸の頃には洒落本やら黄表紙やらが大流行してオタクが増えていったやらし



78
逆に歴史上の人間神格化とかも多いな
関羽を関帝にしたり
刺青も多いし


79
そもそも一神教ってユダヤ教ぐらいやったんじゃなかったっけ?
古代はシャーマニズムが普通でどこも太陽神や精霊を信仰してたし
動物の力を取り込むとかで動物信仰も普通にあったんやないか?
文化的支配をするために、いやいやそれは唯一の神の使い=天使ですよ
いやいやそれは人を惑わす悪魔ですよって差し替えたんじゃなかったかと


82
>>79
うん、だからキリスト教に侵略されなかったってのが大きかったんやと思うで
それに加えて日本は比較的純粋な自然信仰の影響が強かったりするんかなって



90
>>82
極東やからな
とは言え神仏分離と神社合祀でかなり整理されとるはずやから
土着の文化は途切れて結構たつと思う


92
>>90
その辺がぶった切られて薄らいだあと、深層心理に植え付けられた擬人化欲が爆発してできたのが今のオタク文化、なんてのはどうや?



95
>>92
逆やと思うで
日本人は倫理的な縛りが弱いから欲求に対して正直なだけちゃうかな?
普通は他国の文化に関わるものをイジるのは深層心理的には抵抗があるもんやけど
ええやん、ネタにしたろwってなるんちゃうかな?


99
>>95
まあ陸続きちゃうしな
独自の方向に進んで行ってまうんやろな


97
>>95
倫理的な縛りはよくわからんけど、擬人化できるとなると突然ウキウキしてしまうのが日本人のサガやというわけか



101
>>97
これはやったらあかんやろ
みたいな感覚が弱いっちゅーことやな
リアルに対してはあるけど、想像なら別に良いじゃん誰にも迷惑かけてないって感覚


87
一神教やなくても儒教なんかは怪力乱神を嫌ったりする


88
>>87
鬼神論とかいうやつやね



93
ミュシャ
花の擬人化




94
>>93
エッッッッ



96
いや、今思ったけど一神教でも、絶対悪という概念を擬人化した悪魔とかは出てくるような気が


98
>>96
てか悪魔さんたち結構無視やら爬虫類やらと合体しとるな


100
>>96
そーいう抽象的なもんをヒトガタに見立てるっていうのはなあ
ていうか悪魔であって人じゃないし



102
神話の擬人化は役割がきちんとあってだけど
最近の擬人化はテンプレに当てはめてるだけで
絶対に必要かっていうとむしろ全然必要ない


103
>>102
元々のルーツってなんなん?っていうのがワイの疑問なんや
なんや感やあって擬人化するのが楽しくて仕方なくなってしもたんが現代人や



105
>>102
ある種、想像力が落ちてるんかもしれんな
可愛い女の子描きたいけどなんか没個性やな・・・
せや!神様可愛くしたろ!みたいな


104
不思議の国のアリス




106
>>104
人じゃないやんか
付喪神とかそっち系の妖怪やろ



107
一つ言えるのは、現代人はそういうのもコンテンツとして消費しとるだけや
オタクからしてみれば恐ろしい妖怪も美少女になっていればいいってだけ


109
>>107
まあ実際フレンズはみんな可愛くて好きやった



108
昔の日本人の感覚なら擬人化=美少女美少年に要素プラスしたろ
じゃなかった気がするけどな
筆や紙に手足生えただけのやつと仲良く酒飲んで騒げるぐらいなんが日本人やったんちゃうやろか?


113
オタク文化前の擬人化は対象と人間の間に適度な距離感と対象への尊敬があったけど
今はそれがなくて只の消費コンテンツになってる


117
八百万の神の信仰からやろな
それが生活レベルで日本人に染み付いてるから


119
言うて八百万の国って言えるような部分がどこなんかが良くわからんわ


142
>>119
ワイは母方が神道だったからかもしれんが、未だに人間は自然に生かされとるんやなとは思っとる
文明が生み出したものも自然なしに成立せん


120
>>119
なんぼでもあるやろ、稲の神様とか山の神様とかトイレの神様とか



122
>>120
んでもって神様って大概人間の形しとるやん
「石の神様ってどんなんやろ?」から擬人化まで最速やわ


125
>>122
お花の神様は美人薄命で石の神様はブスの長寿とか言う悲劇



130
多分昔の人は、動物や植物、非生物の山や海や岩にも人智の及ばぬ動的なパワーみたいなのを感じ取っていた
そのパワーがなんとなく意思を持っているように感じられて、擬人化することでそれらの意思を理解しようとした、という感じかね
当然科学も無いわけやしわからんことだらけで、こじつけて信仰しないと不安でたまらんから


135
>>130
うん、雷様とかまさにそれやな



134
人間の認知能力は対人間において高次に働くんや
理解の範疇を超える自然や現象に神と言う名の人格を付与して
概念を理解するのは人類文明共通の発展やで


137
>>134
神様の姿を与えるところまでは行っても、ただの人にメタモルフォーゼすることは少ないんと違う?



139
>>137
雷様⇒トール神
やろ?


136
昔の人⇒作物は天の恵み山の恵
今の人⇒作物は科学で作っとる

こんなんちゃうか?
言うてそんな特別なもんやと思っとったら偏食だらけにならんと思うし


138
現代でも宇宙物理学を極めた科学者すら
理解の範疇を超えた領域に言及するときは
すぐ「神」という概念を持ち出すやろ


140
>>138
モノコトに神様の姿を与えるのは世界共通やと
神様の姿をもらったモノコトがさらに完全な人間になるのは特別なことなんと違う?



141
神様は神様やろ、神格化されとるわけやん
そこからもう一歩踏み込んで凡庸な人間になっていくのがおもろいなって



144
動物とか神様が人間の女になって男の家にお世話になる話って、人間の女として生きていくって覚悟が感じられるやん、ただの神格化と違うのはそこかな


146
ギリシャ神話とかにも神と人が結婚して云々みたいな話はあるな


151
海外だと人魚姫とかイッチのいう擬人化の一種か?


154
>>151
うん、それが一番しっくりくるかも







引用: 日本の擬人化文化ってどこから生まれたんや?