1
昔住んでたアパートの玄関に、スタンガン持った女が小一時間立ってて帰宅できなかった


2
引越ししたあと
前の俺の部屋に入居した男が強盗に刺された
顔見知りの犯行の可能性があったとかで
タイミング的にほんと俺が出て一ヶ月してなかったから
俺も事情をきかれたけど知らないやつが犯人だった


3
深夜ドライブで地方の片側二車線の俺達以外人も車もいない道を走ってたら音が消えた事
車が風をきる音とか、アスファルトを走る時に響くゴォォォォって音が全て消えて、助手席の友人と「これヤバくね?」とか言ってた


7
>>3
その後どうなったん?
原因は何やったん?


13
>>7
原因はわかんない
普段は何も主張しない友人が「これは無理。今すぐ引き返そう」って言い出して俺もビビって来た道引き返した

埼玉の熊谷~花園近辺


22
>>13
あのへん、いまだに妖怪でも出そうなくらい真っ暗だよな

小さい頃、デパートのおもちゃ売り場で真っ白なワンピースを着てボサボサ髪の老婆を見た
翌年くらいに同じ老婆を別のおもちゃ屋で見た
当時はおもちゃ好きの変な人だとしか思わなかったけど、
よく考えたら前者は東京で、後者は埼玉の外れだった


37
>>22
そのせいであの近辺は怖くて近づけない

山中のだだっ広い妙に小綺麗な道、自分達以外の人も車もいない深夜、無機質なオレンジ色の街頭、そんな状況で消える音…
ホントにトラウマ




4
夜中の話
病院内の小児病棟の全く人気の無い所を巡回してたら直ぐ近くで子供の囁き声が聞こえた事


9
小さい頃に無くしたキーホルダーが最近になって俺の部屋で発見されたこと

当時と住んでた家違うのに


10
小さい頃、深夜家に帰る途中の道に知らない女の人が座ってた
ずっと忘れてたんだけど今年の夏に同じところに同じ人が座ってた
家族みんないたのに自分しか見えてなかった


11
熱帯夜のとき怖い話を友達と見てる時に
エアコンが効き過ぎたらしくて
ブルブルしてたからエアコン消そうとしたら
ついてなくておかしいとおもったらブレーカー落ちてたのにテレビついてた


19
>>11
あっ俺もそれあるわ!!
深夜にテレビの怖い話とかしてるコーナー見てて
とつぜん部屋の電気とか扇風機とかがバツン!って落ちて
ブレーカーだと思ったらテレビだけついてたの
いつもはブレーカーで全部落ちるのになんでだかわかんなくて
こわくて電気つけてねた


14
一軒家なのに、二階の自室なのに
その上からしばらく歩きまわる音がした


17
入院したとき個室だったけど、消灯になっても隣の部屋の話し声がうるさくて眠れなかった
三週間くらいして隣がただの物置だって気づいた
その日から音しなくなった


20
奇妙な現象といえば

受験期の夏休みに俺を残して家族が旅行にいった時、深夜に1人でにテレビがついた時があったな…
で、その2年後である今年の夏休みの同じ時刻ごろ、また1人でにテレビがついた時は心臓飛び出るかと思ったわ
調べてないけど、どうもどちらもお盆の季節なんだよね…
もちろん視聴予約とかもしてなかった

その間の年は何も起きなかったのとか思うかもしれんが、その年のお盆は部活の合宿だったんだよね…
今思えば大した事ないけど実際怖かった


21
深夜に自室でテレビ観てたら、いきなりドアが開いてまったく見知らぬ
オヤジが、半歩分くらい部屋に入ってきた。
唖然としてる俺をよそに、オヤジは数秒ほど無表情で立ち尽くし、
再びドアを閉めた。両親の知り合いかなにかだと思って済ませたが、
両親に確認したら、そんなオヤジまったく知らないらしい。
数日経ってからぞっとしてきた


23
俺が小さい頃に両親が喧嘩してるのを見てたらマンションのベランダ(5階)から落ちたって記憶があって、この間夢に出てきたから親に冗談まじりに話したら嘘臭い否定をされたこと
まぁ5階から落ちたらタダじゃ済んでないはずなんだよね、だけどその日寝る前に母親が「○○は今幸せ?」って聞いてきたんだ、おかしいよね、普段ならそんなセリフ吐かないのに
ちなみに両親は離婚してる


26
>>23
実は落ちたことがあって、でもなんかあって秘密だったりして


25
だいぶ昔の話だが
オレの寝ていたベッドが壊れて一本の太い針金のようなものがベッドがら突き出ている状態だった
その針金はベッドと壁の間に押し付けておいてほったらかしにしていたのだったが、あるとき事が起きた

日曜の昼間にオレは惰眠をむさぼっていた。
眠くってたまらなかったので、ベッドと壁の間にある隙間に
顔を突き出しているような状態で寝ていた。そのとき目の前が

 ポ ッ

と、全体に真っ白く光って、何が起きたのか、と思った。何が起きたのかわからないが眠いのがその時は
最優先で、やがて再度オレはまどろみに落ちた

その日の夜、オレは寝るか、と思いベッドの上の布団を整えようと思ったときに気づいた。
なんか、針金が二つに割れていることに

何が起きたんだろう?と思い、おれは入念に且つ慎重に周囲を調べた

そして分かった。
ベッドと壁の間にあるコンセントから、大きな何かが火を噴いたように床に向って黒いすすが付いて
いるのを・・・
コンセントに中途半端に刺さっていたコンセントが真っ二つに切れてぶらぶらしている。
コンセントって、・・・コンセントの口って切れるもんなのか??

慎重にコンセントから金具の部分を取り出し、そのコンセント口は二度と使わないようにガムテープで
封印し、オレは眠りについた


29
>>25
意味がわからん


32
>>25
つまり、針金がコンセントを通じて電気が流れて
それが原因で熱を持ってコンセントを真っ二つに割る(溶かす)ほどの高熱を持った
そんな針金が刺さってたベッドで寝てた(火事になって死ぬ可能性もあった)
って解釈でおk?


31
築20年くらいのボロアパートで一人暮らししてた時夜中にいきなりTVの電源が落ちた
リモコンに誤ってあたったのかと思ってまた付けてから見てたらまた落ちた
なんかいるのかと思いながら再度つけてTVに注目してたけどべつに普通だった
しばらくぼーっとみてたけど「だれかいるなら消してみて」つったら主電源がおちた


34
軽井沢に別荘があって昔よく行ってたんだ
その時はじいちゃんと一緒で二人きりだった。
周りには何件か別荘もあるんだが今の時期は誰もきてないみたいだった。
で、じいちゃんは夜寝るの早くて9時くらいになると熟睡してたわけ
俺はホログラムマンっていうB級の映画観て
11時すぎた頃にそろそろ寝るかと思ってテレビ消してなんとなく外みたんだ
そしたら外でなんか動いた気がしたのね
外に街灯なんてなくて真っ暗だからよく見えなくてすっごい目をこらした。
そしたら人が家の前の道を全力疾走して何往復もしてた。
近くに人がいるはずないのに真っ暗の中走ってるの見て怖くなって速攻電気消して布団かぶって寝た


35
小学生の頃プールで平泳ぎの練習してたら後ろにぴったり
オッサンが付いてきてて何度かキックしてしまった
通し用のレーンだったから止まる事も出来ず
端まで付いてすぐ謝ったんだがオッサンは
「いいよ!君良い体してるね!」

当時は優しいオッサンだなぁと思った
今思い返すと本当にゾッとする


36
廃病院に6人で肝試しに行ったんだよね
二人一組になって中を一周して戻ってくるっていうルールで肝試しが始まった
俺と友達Aの組が一番最初に入ることになったんだけど中はまじで怖くて奥まで行く前に引き返そうって相談して戻ろうとしたら扉がバタンってしまる音と誰かが歩いてくるような音がしたんだよ
今引き返したら奥まで行ってないのがばれちゃうけどこれ以上進むのも怖いから隠れて次来た奴らを脅すことにしたんだよね



38
しばらく隠れてたんだけど中々来ないからおかしいなぁとは思いながらもけっこうでかい病院だったから違う通路を通って行っちゃったのかなってことでその時は特に気にしなかった
しばらく隠れてたし時間もたったから奥まで行ったことにして戻ろうって話をしてたら奥のほうからまた足音みたいなのがかすかに聞こえて来たんだよね
脅かそうとして隠れてたのに失敗したのをばれるのも嫌だったから追いつかれる前にさっさと出ようぜってことで急いで病院から出たんだよね

そしたら外に4人が立ってるんだよね
話を聞いたら俺ら以外はみんな怖くなっちゃって結局中には入ってないって
じゃあさっきの足音は?ってなって急いでその場を離れた
音は友達も一緒に聞いてるし聞き間違えではない
本気で怖かった体験


41
よくある話だが
小学生の時けんそくかい?ってのがあって学校の近所にみんなで歩きにいくイベントがあった
郊外に出たのか周りは昔の家屋のような建物が多く建ち並ぶ場所についてタイムスリップしたような感じだった
ふと道の端の溝に目をやるとなんと小判みたいな金の物体が捨ててあってそれを独り占めしようとした俺は学校が終わると一目散にその場所に一人で行った
道は憶えてたのにいけどもいけどもけんそくかいでいった場所にはたどり着けなかった
次の日友達や先生に昨日のけんそくかいで言った場所のことを聞いても何故か苦笑いで話をそらされる
気持ちの悪い出来事だった


42
昔話

小学校のウサギ小屋の話なんだけど、真ん中の地べたに鉄の扉があったんだよ
で、小学生だった俺や友人は中に宝が会ったり秘密の地下室があるんじゃないかみたいなことを言ってたんだ

好奇心の塊みたいなもんだった俺らはある晩(昼間だと先生に見つかる可能性があるから)
あらかじめ鍵をあけておいた理科室から学校に侵入、中のドアは鍵がないから職員室まですぐにたどり着けた
そして、ウサギ小屋の鍵をゲットしてウサギ小屋に侵入したわけよ


で、例の鉄の扉の前まで行くと全員で協力して鉄の扉を開けて、中を懐中電灯で照らした
そこにあったのは氏んだウサギの骨の山だった

それを見て怖くなった俺らは鍵を職員室に投げ入れて走って逃げていった
翌日、あそこはウサギのお墓だったということで結論付けたが、よくよく考えてみれば、あの小学校って、俺らが入学する2年前に開校したんだよ

何であんなに山積みの骨があったんだ……こえぇよ


43
テスト勉強してるときにCDもMDも入れてないラジカセから男のうめき声が聞こえてきた。
ラジオかと思ったんだけど、カセットどころかコンセントも入れてなかったんだよね。
最近じゃなんともないけど当時は色々あったラジカセで、他にもMDに入ってないはずの曲が流れたり夜中急に電源着いたりしてた。
当時は勉強に気をとられてたせいか、邪魔スンナとしか思わなかったんだけど今だったら部屋において置くのも無理。


44
私は幼少の頃から既視感を感じることが多かった
そのためか不思議な夢を何度か見ている (霊感は無いと思うが祖母は神や仏が見える人だった)

保育園の運動会の前の日、たくさんの狼に追い掛けられる夢を見た
私は逃げ惑い、ある木の下まで来たとき、木の上にいた父親に助けられた
夢から覚めると高熱が出ており運動会を休まざるをえなかった

なんだったのかさっぱりだが、とりあえずおちなしですまん


46
深夜携帯に知らない番号から着信があった。かけ直してみると繋がった だが…着信音は俺の部屋の外から聞こえていた!!


49
>>46
それは思い返さないでも普通に怖い話じゃないかwwwww


47
母親の部屋で見つけたカセットテープ。
タイトルには俺の名前が書かれていた。
「もしや未来の俺へのメッセージ的な何かかな?!w」
と興味本位でテープを聞いてみると、
聞こえてきた声は母親でも父親でもなく、
知らない男の声。ひどく震えた声だった。

内容は父と母に対する恨み辛み。
部屋を探してみると似たようなテープが山ほど見つかった。
全部に同じように俺の名前が書いてあった。
なんで俺の名前が書いてあったんだろう。謎すぎる


48
高2の頃塾帰りで遅くなったとき人が頭を落としたのを見た
コロって落としてひょいと拾ってまた歩きだした
現実感なさ過ぎてスルーしたけど後になって冷静に考えるとやっぱり頭落としてたわ
疲れて幻覚見ただけか
埼玉県の大宮駅の駅前での事だ


58
昔101匹ワンちゃんだったかの
オルガン型の音の鳴るハッピーセットを持ってたんだけど
そいつゼンマイを巻かなくても勝手に鳴り出すのよ。しかも突発的に…

当時は「また鳴ってるwww」って笑ってたけど今思うと…


60
今年4月に引っ越してきてやっと新しい家にも慣れ始めた頃
ある晩トイレに入ろうとしてドアを開けたらなんだかよくわからんが違和感がある
なんか怖くて入れずに中を見てたら気付いた
便器の後ろの方になにか乳白色のものが転がっている
ビビりながら近づいてみるとゴムでできたわっかみたいなもの
しかもなんだか一部溶けてる
なんだろうと便器に座って考えていたら上から
       ジリッ
って音がしてこれがなんなのか気付いて慌ててトイレから転がり出た
そうかこれは電球をつける根元のカバーだ
それが溶けて落ちてるってことは……
トイレの電気を消して懐中電灯で照らすとそこにはゴムのカバーが溶けて
ドロドロにコーティングされて今にも落ちそうになってる変わり果てた電球の姿が
多分気付かず使ってたらいつかは頭に落ちてきてただろう
俺は鳥肌を立てながら電球を処分してLEDを買いに行った

しかし今考えるとなんでゴムのカバーは便器にの後ろの方にあったんだろう
普通便器の中に落ちそうなものだか……まぁいいやトイレに行こう



61
小3か4のころの話。
学校帰り、でかいトラックがコンビニにとまってて、普段見かけない車だからけっこうじっくり見てたら
運転手の人が降りてきて「乗ってみる?」って笑顔で言ってきた。
人見知りだったので話しかけられたことにビビって逃走。
後日TVでその運転手の顔がコンクリサツ人の犯人として映ってた。
もしあの時素直に乗ってたらと思うと…


74
電源入ってないストーブから音が鳴り続けた


75
思い出した
昔ばぁちゃんちの近くにツタが絡まりまくったモロ幽霊屋敷みたいな家があって、近くに公園もあったからよく見てたんだが
ある日ばぁちゃんと散歩してたらその家がなくなってた
っていうか道の風景がまったく変わってた

あと、ばぁちゃんちの庭でものすごくでかい蟻を見た
小型犬くらいの大きさの
猫か何かじゃないかって言われたけど足が6本あったしたぶん蟻だと思う


76
夜中2時くらいに片側2車線の道路の左を車で走ってたら、右の車道ギリギリの所をおじさんが歩いてた
その辺にはお店や民家もない
ぼーっとした感じで、ボーダーの長袖Tシャツを着てコンビニ袋を緩く前後に振りながらこっちに向かってきた
通り過ぎたのは一瞬だけど、 変な人だなって思った
なのに運転手は気付かなかった
気になったので引き返したけど誰もいない
気のせいかと思ったけど、数分後に幽霊だと確信して背筋が寒くなった
その日は12月下旬だったんだよ


78
小学生のころ、よく遊んだ男の友達がいた
いつもだいたい10時くらいに公園で遊んでた
で、砂場とかブランコとかやった
はっきり覚えてるんだ
でも本名は聞いた覚えないゆうくんてやつだった
今思えば遊んでたら学校のやつが不思議そうな顔でこっち見てた
で、ある日を境に全くみなくなった
学校でゆうくんを知るやつは誰もいなかったし
ゆうくんと遊んでたとき
俺は一人だったらしい
当時は泣いて怒って
しばらくしたら忘れたんだけど
今思えばゆうくんとは誰だったのか
釣りでもネタでもなくガチだったりする


79
>>78
その公園に少し大きめの木があったならマズイ


80
>>79
夏休みの出来事だった
御神木ってやつ?
まぁ今もその公園あるけど
普通の木しかないよ
鳥居となんか奉ってあるのがあるけど
出入り口?らへんにある階段あがるとある


83
>>80
じゃあ大丈夫
なにか奉ってあるならもしかして神様だったかもね


86
小五のとき入院。2人部屋だったが手術後に3階の端っこの部屋に移された。
その夜中、痛みで寝付けず起きてたんだが、廊下をゆっくり歩くカツーン、カツーンって音が聞こえてきた。
看護婦さんが巡回してると思ったが、俺の部屋の前で足音は止まり、そっれっきり聞こえなくなった。
怖くなった俺は朝まで毛布かぶって震えてた。






引用: 思い返したら「あれ、これ怖い話じゃね?」ってなる体験談書いてけ