保食神(うけもちのかみ)
日本神話に登場する神である。
『古事記』には登場せず、『日本書紀』の神産みの段の第十一の一書にのみ登場する。
神話での記述内容から、女神と考えられる。

保食神はオオゲツヒメと同一神とされることもある。
また、同じ食物神である宇迦之御魂神とも同一視され、宇迦之御魂神に代わって稲荷神社に祀られていることもある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/保食神

336
近所の神社の鎮守の杜でお風呂に入る夢を見て、行ってみたらご祭神が保食神だった
元祖五穀豊穣の神で、宇迦之御魂大神と同一視されている神
つまり偶然にも稲荷関連だった

試しに天津、大祓、稲荷祝詞を上げたら、稲荷祝詞の方が社内で素晴らしく響いて
間違いないと思った

先日なんだかまた行きたくなり、掃除してお供えしてきた
帰宅し急に眠くなり横になったら、またその神社でお風呂に入る夢を見た
ただ今度は社の中だった。近づいてるwww
とても疲れていたから禊をさせられたんだろうか。それとも自分臭かったのか…

三回目はご神体の側だったらどうしようw




343
>>336だけど続報です。
でもただの夢だから願望的なものかもしれません


やや広くなった社の中で、なんとも形容しがたい人達が宴会をしている
着物は狩衣?平安時代のやつみたいで、皆白。顔には布みたいなのを下げていたり、
顔だけ動物らしき人もいた。千と千尋の神様達みたいな感じ

私は見てはいけないものを見た気分で、社から出ようとするんですが、
その中の1人が呑んでけと執拗に腕を引っ張ってくる
「いや、いいですから!いいですから!」と顔を伏せて何度も断りつつ目が覚めた
別に怖さも何も無かったんですが、どうもあの宴会の中へ入るのは気が引けた感じです

ちなみにその神社の画像
http://up.fileseek.jp/5nf7s32B ※リンク切れ
どなたか何か感じますか?


344
>>343
なんかぱっとしなんだが、悪くはなさそうだね
茨城県かな?北関東?東北?


345
>>344
鹿児島です。ほんとうに田舎の小さな神社
鹿児島稲荷神社が少なくて、結構保食神社が多いんです。ここは馬の絵もあります
江戸の稲荷ブームも辺境には届かなかったようでw

ちなみに「田の神さあ」も沢山ある地域です。昔の人達の豊作を願う気持ちが感じられますね

田の神
日本の農耕民の間で、稲作の豊凶を見守り、あるいは、稲作の豊穣をもたらすと信じられてきた神である。作神、農神、百姓神、野神と呼ばれることもある。
穀霊神・水神・守護神の諸神の性格も併せもつが、とくに山の神信仰や祖霊信仰との深い関連で知られる農耕神である。

鹿児島県・宮崎県の田の神
集落ごとに杓子やすりこぎを持ったタノカンサァ(田の神さま)と称する石像を田の岸にまつる風習がみられる。

鹿児島県鹿屋市野里にあるタノカンサァ
田の神さぁ
https://ja.wikipedia.org/wiki/田の神

347
いや、なかなかいい神社じゃないですか。
村の人達の崇敬が伝わってくるような写真です。

折角なので、飲んで行けばいいじゃないですか。
神さまに歓迎されるって、そうないと思いますよ。


348
社の中が異空間でちょっと怖いけど
木がいい神気放ってる感じです


349
>>347
そうなんです。すんごいボロいのに、氏子さん達に大切にされている感じなんです
私のようなゲスな人間が神様の宴に参加なんて、恐れ多いですw
ただ手を引っ張ってくれたのは、何となく保食神だった気がします
持て成すのが大好きそうな感じは、まさに保食神のイメージ
>>348
ビンゴです。狭い境内に杉、銀杏、紅葉、檜の木々が生い茂っている
素敵な鎮守の杜です。夢でしたがここでの森林浴で入浴は最高でした

最近私生活でとても悩んで、疲れきっていたので、夢で神様が癒したり持て成してくれたんだと、
ポジティブに考える事にします


350
しつこいですが、こちらの神社にて不思議な事をあと一つだけ
一回目の夢で、呼ばれたと調子こいた私は、どかどかと社に上がり掃除して、
お供えして帰ったんですが、いきなり足が痛くなりました

数日経っても痛みは引かず、歩くのも困難で、
あの神社に勝手に上がったせいだ…と落ち込んでいました
観念して病院に行くと、診断は足底筋膜炎。走り過ぎによるものです
これは放っておくと踵の骨が尖ってくるらしく、すでに少し尖ってきていました

あのまま痛みを感じないままに走っていたら、重症化してたかもしれません
神様が教えてくれたのかな?とポジティブに捉えています

しばらくしてからまた参拝し、今度はちゃんと神前に近づく作法を勉強してからお供えしました
その翌日、急に痛みが無くなっていました
…ちょっとは無作法に怒っていたのかもw


353
>>349
348です。神があって自分があり自分があって神があると思います。
せっかく誘ってくれたなら謙遜はいけません(笑)
鳥居をくぐる時は二回頭を下げて社を掃除するなら
入る前に手を合わせてみたらいいと思いますよ。
良いと思えば良くなり悪いと思えば悪くなるんかと
稲荷様は基本的に自然霊ですので料理を作ると霊性が高まる場合があります。
大事なのは調和ですよ


354
>>343
私はむしろ神の振りしている妖怪たちが宴会に見せかけ罠張って
人をおびき寄せようとしているように思えたんだけど…
そこで食べ物とかに口付けたら、マーキングされて
数年後とかに収穫されると思う。逃げて良かったですね。
注意された方が良いかと。


351
>>343
良い神社ですね。
どこかからお招きした神様ではなくて、土着というか地域鎮護の神様みたいです。
人間に例えるならすっかり丸くなったご隠居さんって感じです。

千と千尋の神隠しというよりも、夏目友人帳に近い感じです。


366
あまり一つのスレで目立つと叩かれるので、もう書き込まないつもりだったんですが…
>>343です。スレチ申し訳ないんですが、どうしていいのか分らず書かせて下さい

私はあまり夢を見ず、思ったことも全然夢に反映されない奴です
なのにあれからほぼ毎日あの神社の夢を見ます
昨夜など、神社をあらゆる角度から見た映像がコマ送り状態で映り、
最後にご神体の入った神棚の扉がバンと映って、場面は社の中へ
そこには腕を引っ張った白装束の方が一人、力なく立ってこちらを見ていました
なんだか寂しそうでしたが、こちらはもうパニックで何とか目を覚ましました

白装束の方は顔に布を被せていて、初老男性みたいでした
夏目友人長読みました。あちらは妖怪でしたが、悪い気を感じなかったので、
妖怪では無いと思います。そう思いたい

保食神は女神なんですね。>>351さんのおっしゃる通りかもしれません
いくら近所とはいえ、毎日は忙しくて行けません…
これだけ執着?されるとむしろ怖くて行くのが怖くなってしまいました
私はどうすればいいんでしょう


367
>>366
稲荷大明神が是非とも参拝して下さいと催促してるんだよ
だからまたお参りすればいい
今度は日本酒か地域の名産品持参でな

>老人の姿
稲荷大明神は女神の他にも鎌と稲穂を持った老人の姿もある
宇迦御魂之命だとそちらのイメージのが多い


370
取り乱してしまいすみません
>>367
レスありがとうございます。この前は地酒(焼酎)持っていっちゃった
なにせ山なので虫や動物がたかる危険があるので、いいものを考えてみます
宇迦御魂之命様は老人イメージなのですか。確かに農業の神様っぽかったです

余談ですが、職にあぶれてしまい、最後狙った面接も落ちてしまって、
色々ありましたが実家の農業を継ぐことになりました
自宅に稲荷神、気に入られた?神社に保食神と、もはやその道に進むべくしてそうなったとしかw
腹くくりました。皆様ご意見いただいてありがとうございました!


371
>>366
祀って欲しいんだろうねえ。
出て来た初老の方は神さまではないでしょう。
神さまに遣える方だと思いますよ。

今、村でお社を管理してくれる方が恐らく高齢で中々見に来られないのでしょう。
そこで、あなたに白羽の矢が立ったと云う事ではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

ご自身の生活があるでしょうし、毎日参拝やお掃除は無理だと
思いますが、2週間に一度位は伺えるのではないでしょうか。

私の伺っている社にも、夢枕に神さまが立って、「〇社のお世話はもう良いから、こちらの社に来なさい」とお告げされ、以来何十年 と御奉仕にいらしているお婆さんがいらっしゃいます。
90近いのに本当にお元気で、いつも「神さんが元気をくれてはるからやな」なんて、カラカラと笑ってますよ。

大丈夫、遊びに行く位の気持ちで伺ってみてはいかが?


373
>>371
神様に仕える方…稲荷さんでいう狐さんのような神使ということでしょうか
私神使って動物オンリーかと勝手に思ってましたw

そうなんです!お会いした事は無いのですが、下の古い家に住んでらっしゃる
多分ご高齢の方が管理されていると思うんです
そりゃ若くて美人な私が行ったら、悦ばれて白羽の矢放ちますよね…
うそです調子こきました

二週間に一度なら大丈夫です。毎日通るのですが、その度に「こいよー」的なオーラを感じすぎて辛いw
90のおばあさんのお話素敵。見習いたい
視ていただき安心しました。ありがとうございました


374
一度管理されているおばあさんにお会いしてお話をしてみては 如何でしょうか。
貴女が引き継ぐ引き継がないは別として、お婆さんのお話を伺う
事が今の貴女にとって凄く必要な事なのではないかと思います。
そして、神さまと共に貴女も、神社もまた村全体も発展して行く事をお祈りしています。

因みに、私が夢の中の初老の男性を何故神さまに遣える方なのだと思ったかと云うと、顔を覆っている布です。
神社ではお御魂を御遷しする際など、神職が布で顔を覆って
神さまに息が掛からないようにしていますから。






引用: 【狐】稲荷信仰スレ【神社】