1 2018/05/08(火)
落人伝説とかありがちやけどなんか興味をそそられるわ

変わった風習とか知ってる奴おったら教えてくれや



2
まんが日本昔ばなしは馬鹿にならんで
全国各地の民話集めてて面白い


3
>>2
根流しすっぺ(こなみ)
でも確かに馬鹿にできんな

ワイが今気になってるのは>>1みたいな落人系かな
よく平家とか言われてるけど
秩父とか



6
狼信仰とかも興味あるわ
あとは犬神とかな
狼信仰はまったく別にして、犬神とかはいわゆる「穢れの文化」ってやつかな 語弊はあるけど





8
犬神筋とか狐憑きの家とかそういう奴か
小松和彦みある


9
>>8
犬神って今でもあるとかないとか
四国だか中国だかに



48
>>8
狐憑きはワイの近所に伝承残ってるで
「篠崎狐」ってのや


12
瀬戸内海の伊吹島が面白いで
信長に敗れた三好の残党が移住したけど先住の合田一族と合戦して泥沼に
最終的に互いに干渉しないように棲み分けて冷戦状態のまま近代へ


14
>>12
今さらっと調べてみたけど面白いな
そこまでいったのに最終的にはどっちも干渉しないようにすみわけしたとか よく成功したな
どっちも没落してたのかね



15
海系の怖い土着宗教は好き


16
>>15
隠れキリシタンの密教とか?
ほんとにあるんかね 隠れキリシタンはいたやろうけど



17
>>16
隠れキリシタン…もあるのかもしれんけど
海からやって来たものを信仰したり怖がったりする奴全般好きや
あと怖い女が出て来る神話も好きや


21
>>17
海からやってくる怪異みたいな?
得体のしれないやつって怖いよな(こなみ)

まったく関係ないかもしれんけど、拉致ルートとかの話怖いな
新潟とか北陸とかに北の拉致ルートがあったらしいんやけど、そういうとこの島には明らかに異国の人間がうろついてたりってあるらしい
だから夜は出歩くなって

いわゆる鬼とかってそういう部分から生まれた部分もあるかも



19
沖縄の王朝なんかも土着宗教と密接に絡んでて面白い


20
>>19
沖縄アイヌ
南米ポリネシアハワイ
この辺全部面白い


74
沖縄の離島の風習で
7歳までに氏んだ子は遺体をなるべく荒く葬ることで次生まれる子に
幸運が巡ってくるってのを大学の講義で聞いたで。
崖から遺体を放り投げるとか、目に釘を刺して海に流すとか。
ショックやったわ


27
バナナ型神話とか人間の深層心理だったり文化のつながりの視点から見ても面白いよね


29
縄文遺跡というロマン
大湯ストーンサークルとかなんなんやろ


32
>>29
謎の古墳とか結構あるやろうな
でもいちいち調査してるの面倒だから建設業者とか知らんぷりとかしてるんやろうか



35
ワイも好きや
山伏の暮らしを想像するだけでワクワクする


36
>>35
女人禁制の山とかな
修験道の名残がある山とかの神秘性に惹かれるものがある



40
>>36
山に居るくせにほら貝吹いたり意味わからんけどすっげえ憧れる
ワイ適当人間やから山奥の僧侶とかにも憧れるんよね


41
>>40
何を修行すんのかとか気になるね
天狗とかと関係してるのかな



46
>>41
言われてみれば何を修業しとんのやろな
とりあえず夕日を見ながら岩に座ってほら貝拭いてるイメージ
明日までに落ちてないと良いなあこのスレ


47
>>46
まあ山奥って文化的なものと隔離されてるし、修行にはもってこいの環境なのは想像できるけどなあ

まあワイも今ちょうどとある廃集落の民俗とかについて調べてるとこやから、なんかあったらまた書き込むかもしれんが
それまでに高確率で落ちてるやろうけどな 後でまたスレ建てるかもしれん もしくは建ってたらワイも参加させてもらうわ



52
>>47
ワイ沖縄やけどアニミズムやで
アイヌとの共通点多くてその辺気になっとるわ
単純に文明の度合(生活様式)で「畏れ」が変容するんかな?とか
ただ気になるんはアイヌって生物に対するアニミズムやん?
沖縄は物質寄りなんよな
その違いとか気になる


54
>>52
アイヌも自然崇拝の文化? よね
でもアイヌも太陽とか川とか山とか、生物というか自然そのものな物体を神様に例えたりしとるんやない?
それとはまた違うってことか?



39
ワイ、愛知県住みなのに、なぜか東北の風習あり

これはどこから?
と気になる

木の上の一番高い所にある果物を残すんやで


41
>>39
それは初めて聞くな 気になる
東北から移り住んだ一派が根付いたとかか?
苗字が同じとか>



44
民間信仰すこすこのスコラ哲学なのだ・・・w


47
>>44
その地方に伝わるそういう信仰をもとにした風習とかなぁ

例えば節分の時にイワシの頭を割りばしにぶっさして玄関口に置いておくのも民間信仰ってやつやろうかね



50
ワイの地元ではなぜかタヌキと目を合わせたらアカンって言い伝えがあったわ


51
>>50
なんでや? 化かされるとかそういう理由から?



72
>>51
詳しくは分からんけど見たらアカン言われとったわ


83
>>72
狸ってよく車にひかれるし、見るとなんか吸い寄せられるとかそういうことやろうかね?(適当)



86
>>72
狸は畑荒らす害獣やし気性も荒いから昔っから嫌われてるからな
たぶんその辺と単に危ない(目合わせると敵対行為って認識される)からやない?


60
ワイのとこやと白蛇さんを見たらええ事あるって聞いたで

小さい時に御神木の根元におったの見たけどええ事ないンゴ


61
>>60
逆にその程度で済んでるんやぞ


65
>>60
ワイのバッバは白蛇だか白い龍の夢見て宝くじ買ったら結構当たったって言ってたンゴ



66
>>65
ファ?!その運ワイにも分けてや


69
>>66
ほんとよな
ワイも鳥の糞が体にかかって、プラスに考えてスクラッチ買ったけどまったく当たらんかったわ



70
ワイの地元では蛇の抜け殻は幸運のアイテムやったわ
主に金運やったと思うが
財布に入れてるジジババが結構いた


83
>>70
それ結構聞くよな
後は夜に口笛を吹くと蛇が来るとか幽霊がとか云々
あれなんでそういう話になったんやろとか考える



77
ワイのマッマは三輪山の大神神社に行った時に白蛇目撃したらしい
それ以降特に何かがあったとかそういうわけではないらしいが


83
>>77
以前廃集落に行った帰り、電車でボックス席に座ったマダム集団が三峯神社でお守りもらってきたとか話してたわ

大神=狼かしらんが、三峯神社も山犬信仰やったよな確か



90
>>83
大神神社は日本最古の神社ともいわれる古い神社やで
大神は「おおみわ」って読むから狼とは関係ない、蛇神様を祀る神社や


93
>>90
はえーそうなんか
奈良にあるんやね

蛇神とかめっちゃ神秘的やん(こなみ)



99
>>93
奈良県は歴史長いから調べるといろんな風習があったりして面白いで
ただし闇も深いけど


102
>>99
奈良に闇深伝説があるイメージなかったわ、意外



107
例えば国栖っていう集落はもとは異民族の土地だったらしく一風変わった風習が残ってるで
犬を飼ってはいけないとか


116
>>107
こんなんめっちゃゾクゾクするわ
たまらんな


108
>>107
初耳やわ 奈良のどこらへんなんや


110
>>108
吉野あたりらしい


111
>>110
奈良の五条あたりに犬飼山っていうとこがあるんやけどそれも関係あるんか?ワイそこにも昔からお参りさせてもらってるんやけど


114
>>111
そこまではわからん


125
>>114
吉野と五条ならそこまで離れてないしなんかあるかも知らんな


128
>>125
ちなみに国栖人が遺した国栖奏っていう芸能は今でも残ってるで


130
>>128
はぇ~ その国栖?ってのがなんなんかよー分からんけど


134
>>130
今調べたら茨城にもおったらしい
土蜘蛛みたいなもんで、正体は朝廷に服属するのが遅かった異民族ってところかね


151
>>134
ほーん まぁそんな訳ありって感じではなさそうやな 原住民みたいなもんやろ


95
山犬といえば、送り狼の伝承すこ
山道でこけたら送り狼さんの餌食になるから、こけたときには「あ~疲れたわ~!一休みやで!」
ってこけてないアピールすればヘーキヘーキっていう


100
>>95
転ぶ事が不幸呼ぶみたいな伝承めっちゃあるよな
神域とかに多い
三年峠とか典型やん?
単に破傷風予防の啓蒙なんかな?


102
>>95
草 山犬って響きがいいな
狼がいたんだもんなぁ まあ山の獣全般を山犬としていたのかもしれんが



136
天孫降臨の地宮崎と出雲神話の島根とかいう何かありそうで何もないところ
宮崎は神社や文献をキリシタン大名に全部壊されたらしいが…


137
>>136
島根はいろいろ残ってるで


140
>>136-137
諏訪信仰とかマジで真相知りたいわ
くにつくりの内幕ほんと気になる


147
>>140
日本神話の国譲りの闇深さは異常
オオクニヌシもタケミナカタも瀕死の重傷負わされてるし


158
>>147
ホンマゾクゾクするよな
一方で朝廷が譲歩したっぽい神さんおったり
まつろわぬ民の当時とかその後ホンマ気になる


166
>>158
御柱祭とかいう危険極まりないお祭り
あれも何か闇を感じるんよな


167
>>166
もう字面ヤバいな
知らんかったからググってみるわ、どこの祭りなん?


169
>>167
諏訪大社やろ


148
沖縄の御嶽とか精霊信仰の匂いが強くてワクワクするわ
いつかちゃんと勉強したい


150
御嶽はなんかやたらと心霊スポットにされてるイメージ
まあ神事やし霊なんかよりやばそうやけど


161
沖縄の女性シャーマンは託宣を受けるタイプやっけ?
なんか何種類か存在してたよな


164
>>161
せやな、降霊術や
ノロで一括りにされるけど要は全部巫女さんやで
ユタって言い方は民間のもんやね


172
>>164
はえ~そうなんか
本州では憑依型シャーマンが多いから沖縄のシャーマン文化と比較するのが興味深いわ


179
>>172
こっちは未だに民俗として生きとるからな
祈祷じゃなしに生活の一部として一定の地位がある
琉球王府の天皇って言ったら語弊あるけど、ノロの最高位だったんやで


187
>>179
今でも相談役をして貢献してるって聞いたことあるけどそうなんやね
そこまで高い地位にもおったんやね
ますます興味深い


162
沖縄の墓が女性の胎内を模しているのと関係あるんやろうか


165
>>162
あれ様式新しいんやで
それ以前は破風
それよりもっと前は岩壁掘り抜いたもんやな、岩掘墳墓
熊本とかにある古墳と一緒


178
蒙古弁的にやろか水とかイッチ知ってる?


181
>>178
初耳や
さらっとぐぐったけど妖怪系か? 気になる



186
>>181
日本昔話でも放送されたネタなんやけどな
要約すると
川から「ヤロカヤロカ…」と声が聞こえてくる
漁師(農民の場合もあり)が「よこせや」的な発言をする
すると洪水が起きる

って話や
鉄砲水の前触れで川の中の小石が流されて「ヤロカヤロカ」と聞こえたんじゃないかって説もあるで


190
>>186
実際に記録残ってるとか怖すぎやろ
ホラーどころやないわ


193
>>190
だからこそ面白味もあるやん?
実際に起きてるって記録があるとホラーとしても教訓としても興味そそられん?


191
>>186
生活者が「よこせ」って言った結果災害になってるあたり龍神納める(治水の失敗、灌漑の失敗で氾濫)の教訓もありそうやな
おもろいわ


203
>>191
治水的な観点で考えてなかったわ
それ面白いわ


196
>>186
はえー日本昔話でもやってたんか
調べたら木曽川辺りに由来するみたいやな

それ系の伝説やと黒姫伝説がすこやな
長野の話やけど、その話にも出てくる? 大沼池って湖(ややこしい)があるんやが、そこの湖に鳥居がたってんねん 超神秘的
これも日本昔話で出たらしいけど



203
>>196
wiki調べやけど「愛の物語」と「生贄の儀式」で解釈が分かれてるってのも興味深いンゴねぇ


209
>>203
伝説にはなぜ悲恋ものが多いのかも気になるな
確かにスキャンダル性はあるけど



219
>>209
雪女の話はお母さんが子供に伝えるとき、若者に感情移入してしまって少しずつ長くなっていったとか聞いた
若者もタヒで終ーわり!wから、いや若者氏ぬの可哀そうやろ…せや、若者生かして雪女溶かしたろ!
っていうのちょっとずつ形成されていったとかいないとか


225
>>219
後世にちょっとずつ変えられるパターンがあるのも面白いよな
都市伝説も昔話と同じで、オカ板とかの話も後世に伝説として伝わるんかな



185
>>178
日本昔話でバットエンドになる奴やないっけ
鉄砲水のやつ


189
>>185
それやね
鉄砲水の前触れを妖怪に比喩して後世に伝えたんやでって話で聞いたわ


192
>>189
雪女とか、伝承のほとんどが子供の教育やって話やしな
最近ではもったいないお化けとかがいい例や


203
>>192
イソップ童話なんかも教訓の為の話と言われるけどホラーにしても伝承的な話でそういう意図で作られたものも多いんやろな
幼少時代に聞かされてトラウマなれば言いつけ守るやろうし


227
不知火とか気象現象やけど昭和になって科学的に解明されるまで怪異扱いだったのとかロマン感じるわね


235
>>227
御神渡りとかいうかっこよすぎる気象現象


233
>>227
病気とかも妖怪や怪異のものにしてた部分があるんやろうな
やから生贄とか人柱でなんとかしようとした~みたいな



237
>>233
日本ではないけどペストや赤痢を瘴気で説明しようとした欧州とかそれに近いんやろな


239
>>237
せやなあ
得体のしれないものを何かのせいにすることで安心するってのは今もあると思う
西洋の魔女狩りとかも病気ではないが人々のガス抜きにされたんやろなって



242
>>237
>>239
魔女の手下である黒猫とカラスを駆逐して、媒介であるネズミが大量発生して黒死病止められなくなるとか皮肉よなぁ


247
>>242
衛生状況が悪いのを瘴気に置き換えてるだけとも言えるわね
公衆衛生整備に一応の貢献をしたにしても魔女狩りのヒステリーはどうにもアカンわ


243
>>239
日本でも戦後でも悪魔祓いで人ころす事件とか起きてるわね


244
>>243
アフリカでも未だにアルビノころしとかあるしな



246
>>244
日本でもアルビノは神聖なものとされたからね
白蛇が有名やが


247
>>244
日本でもそこまでいかなくても門外不出なブラックな伝統的儀式とか未だあるんやろか


250
>>247
ブラックというか皮肉的というかユーモラスにあふれた奇祭はあるよね
ブラックジョークというか

秩父にあるジャランポン祭りとかめちゃ面白い
地域の中でその年の故人役と僧侶役を決めて葬式するんやと
故人役は棺桶に入ってしこたま酒を飲み、僧侶役は適当なアドリブお経を読んでしこたま酒を飲む
クッソ面白そうな奇祭や



262
>>250
ユーモラスな祭りやったら愛媛の一人相撲祭かね
神様と勝負するって設定で土俵に一人で上がって相撲をとる
なおなかなか勝てない模様


263
>>262
あれおもろいよな


264
>>262
エア相撲とか草

「今年は神様に勝つように~」みたいな設定とかあんのかな



265
>>264
というか神様が勝たないと豊作にならないみたいな設定だから
むしろ人間が勝ってはならない、みたいな


266
相手が神様やからいい勝負するんやけど絶対負けるんや
3番勝負で神の2勝1敗や


267
なるほどね、勝ってはいけないんやな 草
でもただで終わらせるのは味気ないから2勝一敗というルーズベルトゲーム的な展開にすると 笑



238
晴れてるのに雨やん!狐のせいやな!
夜空に光の筋が…?狐のせいやな!


241
>>238
熱い狐の酷使に草
あと狸



318
おみかの滝
むかし昔、和田のある家に「おみか」という気立てのやさしい美しい娘が
嫁いできました。ところが、姑はおみかが嫁入りのときに持参した着物が欲
しくなり、だんだんおみかがうとましくなりました。


319
続き
ある日、欲に目がくらんだ姑は、おみかを滝の不動様を拝みに連れていき、
「ほらっ、あそこに不動様が」といって、おみかに滝つぼをのぞかせ、つき落としてしまいました。


320
続き
しかし、姑は帰りがけに寄った家で奇妙な光景を目にしました。それは、
煮え立つ鉄瓶の中からどじょうがするすると自在鉤をのぼり始めたのです。
「おみかのたたりだ!」と悟った姑は、滝の近くにほこらを建て、おみかの霊をまつりました。それ以来この滝を【おみかの滝】と呼ぶようになったということです。


321
ちなみにワイの遠い親せきが遊んでて、この滝で亡くなってる







引用: 伝説とか地方の民俗が好きなやつおる?