42 2013/10/07(月)
異世界に来ちゃったのかどうかわからないけど、なんかおかしな経験ならした
もう10年近く前の話だし、自分自身もう記憶も曖昧な話だからごく親しい友人にしか話してない経験

もう12年も前になるけど、兄弟も同然だった幼なじみの親友が自サツした
一報を受けたあの時の衝撃も忘れていないし、他の友人達と抱き合って泣いた葬式のことも
それから数ヶ月虚無な日々を過ごしたことも鮮明に覚えてる
けどその数ヶ月後、なんの大きなきっかけもなく(記憶の限り)、気付いたら親友は生きてた





自分が狂ったか精神病の一種かと本気で疑って人生で初めて(そして後にも先にもこの一度だけ)
精神科を受診したが、結果は健常者そのもの、そしてこれ以外、以降こういった経験はしてない

今となっては親友含む友人達とは笑い話的な思い出話になってるが
あの当時2ちゃんを知ってたら本気でスレ建てただろう思い出
ただ、親友が氏んだ世界と生きてる世界に、文字や歴史の違いがあったとは記憶の限り思い当たらない
今でも不思議な経験かつ、今となっては、世界線?的なものを移動したとしか思えない出来事でもある



43
似た世界が無数にあるのは事実。
例えば友達が変わってたとか>>42さんとか。
頭おかしい糖質で片付けられてる人も少なくはないと思う。
でも何で行き来してしまうのか?
地球は謎だらけ


45
>>42
他の友人達の記憶は?


47
>>45
友人達の記憶では、勿論親友は氏んでいないし、葬式にも出ていないし、私の記憶の親友の氏んだ日も
特に何も起きず、それぞれがいつも通りの生活を送っていたとのこと
そもそも、親友は自サツの2年前には家族と共に地元を引っ越し、私はその1年後に地元を離れ
私と親友と親交のあった友人達はほぼ全員地元の田舎に残り、私達は半年に一度程度
全員で地元に集まり飲む程度、連絡も2、3ヶ月に一度程度、まで、全員お互い若干疎遠気味だった
私と親友だけが唯一、そこそこ連絡を取っていた(1週間に1回は電話する程度だが)
だから私は葬式後の他の友人達がどうしていたかは知らない



48
が、ただ、親友が氏んだ後から生き返る(?)までに、
その友人達の内二人位と1、2度は親友の氏について語る電話をした記憶があるのだが、
友人達は勿論そんな電話もした覚えないとのこと
そして、親友の死の衝撃も薄らいで、ほとんど親友のことを考えなくなってたある日、本当に、ごく当たり前に親友から電話がかかってきた
親友の電話を使って、奴の家族がコンタクトとってきたんだと思った
幽霊!?と思う間もなかった、だってさも当たり前のように、ごく日常のように「おう、来月の、休みなんとかとれたわ!」って感じだったから



49
氏んだはずの親友が…?とか考えるより先に
「来月の?なんか予定あったっけ?」って考えて、地元連中と飲む約束してたの思い出してその一拍後、「えっっ!?」って絶句
あとはお察しの展開と、前レスの説明通り
親友が氏んでからこの電話受けるまでの、正確には約4ヶ月、親友との電話記録があったのだが親友との電話内容は自分の記憶は空白、
しかし生活に関することに記憶の矛盾がなかった
本気で自分の病気を疑ったが(脳の検査まではさすがにしてない)、結果は以降何の問題もなく既に10年程の月日が経った
今や当時の衝撃を受けた場面以外は記憶も曖昧で、もしかしたら一時的な記憶障害だったのかも



51
大事な人が氏んだ後その人が氏んでなかった世界に行けたなんて
こんなサクセスなオカルト羨まし過ぎる。。


316
>>47
>>51
一時的に親友が亡くなる世界に飛ばされて、葬儀などを体験してから、こちらの世界に戻ったんじゃ無いかな・・・







引用: 異世界スレ