1 2018/05/21(月)
■サメから見たら人はカメ

サメは警戒心の強い生きものです。

日常で自然界に生きるサメに近づくことは難しく、万が一遭遇しても、
こちらが何もしなければ、まず襲われることはありません。

スピルバーグ監督の大ヒット映画『ジョーズ』では、
ホホジロザメが観光客でごった返す海水浴場にわざわざ乗り込み人を襲ったり、
サメ退治に来た人間と激闘したり…といったシーンが描かれています。

でも、そんなふうに人間に狙いを定めてサメが襲いかかるなんてことはまずありえません。
それどころか、サメのほとんどは人間を見ると一目散に逃げてしまいます。

わたしは、サメの撮影のためによく海に潜りますが、たいていの場合はまともに写真に収めることすらできません。

ただ、フィジーでたった一度だけ、
「シャークフィーディング(サメへの餌付け行為)」の最中にレモンザメに甘噛み・・・されたときは、 さすがにドキッとしました。

でも彼らを興奮させておいて、そこにあえて近づいたのだから、非があるとすれば紛れもなくわたしのほうです。

世間でよく言われる「人食いザメ」とは、わたしたち人間がサメに対して抱いている勝手なイメージです。
彼らが好んで人を食べるなんてことはありえません。

データもそれを物語っています。

アメリカ人の死因を調べた統計調査によれば、1959年から2010年までの約50年間で、
サメに襲われて氏亡した人は26人。年間平均で0・5人ほどです。

ちなみに、同じ期間に落雷が原因で亡くなった人は1970人、年間平均で37・9人。
サメに襲われて氏ぬ確率は、実は雷に撃たれて亡くなるよりもはるかに低いのです。

それでもサメが人に噛みつくことがあるのは事実で、サーフィン中に起こる事故がほとんどだと言われています。

なぜなら、人がサーフボードにまたがって座る、あるいはパドリングをする姿を海中から見上げると、 サメの好物であるアザラシやウミガメそっくりに見えるからです。

(略)
海の中では、激しい生存競争が繰り広げられています。捕食する側のサメは懸命に獲物を探し、 捕食される側にいる生物は、生き延びるために必死で逃げようとします。

「魚類最強のハンター」と呼ばれるホホジロザメでも、1ヵ月くらい獲物を見つけられず、
腹を減らしてさまよっていることがあると聞きます。そんなときに好物らしき姿を見かけたり、 美味しそうなにおいを嗅ぎつけたりしたら……。

人がサメに噛み付かれる事件というのは、そういういくつかの偶然が重なって起きてしまうものなのです。

続きはソースで

現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55713



7
人間だと気付いたら回れ右したり、食うのやめたり、吐き出したりするの?
そのまま美味しくいただくんじゃないの?


119
>>7
少なくともホホジロザメは鰭脚類でないと気付くと、顎を放してどっかにいく事が多い
なおイタチザメ


9
データはアメリカのみで
世界の獣害の統計を出していない

サメにとっての食物に人も含まれているので無害とは言えない

映画が虚構なのは当たり前


13
え!そうなんですか!?
サメって空を飛んだりなんなら宇宙にも飛び出したり頭が3つあったりトイレから出てきたりしないんですか!!?


16
海でバシャバシャ泳いだりサーフィンしていれば
サメは何かしら魚だと思って食い付くだろう




18
もっとジョーズな言い訳をしなさい


41
>>18
AA


21
>アメリカ人の死因を調べた統計調査によれば、1959年から2010年までの約50年間で、
>サメに襲われて氏亡した人は26人。年間平均で0・5人ほどです。

人はほとんど海には入らんし、入ったとしてもあまりサメが近寄らない浅瀬がほとんどだからな。
それを考えると年間平均で0・5人は十分に多い数字だな。


24
クマと同じで、とりあえず出会ったら逃げたりしないほうがいいらしい
好んで襲ってくるのはいないってのは親戚の素潜りおじさんに聞いたことがある
人喰いってのは確かに語弊があるだろうけど
イルカみたいに友好的じゃないからしょうがない


100
>>24
ネットで無知や思い込みで過度に騒いでいる連中と違って
仕事やフィールドワークなどで実際に知っている人は冷静なんだよね
クマだってネットでは人食いみたいに言われやすいが
人身事故の記録を見ると実際はほとんど人を食っていないし
クマによる氏亡事故自体がかなり少ない


25
>>1
鮫は人間と認識しているのではなくて亀やアザラシと認識してるからノーカンってこと?


32
サメさんに取って 動くもの 傷ついたり弱った生き物
アザラシだろうと 鳥さんだろうと 忍び寄って一気に
それが人間だろうが  サメさんの取っては

ただの 食い物以外何物でもない と思うけどねw


36
要するに「人を食おう」と思って襲ってくる鮫はいないけど、
別の獲物と誤認して人に襲いかかってくる鮫はいますよ・・・

危険度一緒じゃん!!


43
>>36
勝手に工場に入ってきて機械に巻き込まれそうになったら「あぶねーだろコラ」と言ってるようなもん
海を安全な場所だと思い込む、そうであるべきだとする人間の身勝手
相手のテリトリーに入っておきながら文句いうやつは人間社会では普通基地扱いだ


42
そりゃ、人食おうと探してる鮫はいない。
探してる間に、飢え氏にしてしまう。
でも、見つけた獲物が人だから食うのやめる訳ではない。


51
目の前の物を噛みついてから判断するバカだから怖いんだよ
シャチが襲ってきたなら助かる見込みゼロで諦めがつく


99
>>51
野生下でシャチが人間ころしたケースは
人類史上ですら1つもないから意図的に
人間を認識して避けているんだろう


72
シャチはちゃんと「お、人間じゃん」
と思うんだろ?


52
シャチならともかくサメなんて馬鹿だからな
その行動に対して断言なんてできんよ


53
>>1
サーフボードを漕いでりゃ海ガメと思って食べるし
海面に浮いてりゃアザラシと思って食べるし
海中でサメに私は人間って認識させる方が難しいだろ!


63
サメはほとんど目が見えないんだよ
匂いで食いつくんだ


69
人間以外の動物ではチンパンジーあたりが一番邪悪で残忍な感じがするなー、
何となくだけど…。


70
世界最大の海洋国家アメリカでも
「鮫に襲われて氏ぬより自販機に押し潰されて氏ぬ確率のほうが高い」と言われるくらい鮫に襲われるのは稀


73
鮫にとって人間は脂身が少なくて良い餌じゃないらしいな。


76
クラゲとかスナノミのほうが危険度が高いのかもな


98
>>76
もっとも人をころしていると思われる海洋生物は
有毒のハコクラゲ類らしい

http://karapaia.com/archives/52172169.html

ハコクラゲの大型種であるキロネックスは、
地球上最高の致死毒を持つ生物の一つと言われている。
他のハコクラゲも含め、1954年以来、記録されているだけで
5568人もの死者を出している。サメなんかの比ではない。
東南アジアでは毎年100人以上がこのクラゲの犠牲となっている。



77
ほんとスピルバーグの罪は重い
テロや事故の報道で染み付いたイメージと違って飛行機が墜落する事はまず殆ど無いって話があったけど多分それの100倍酷い


129
>>77
サメほど実際にころしている人の数と
人食いのイメージの強さが
釣り合わない動物は珍しいが
ジョーズの影響が甚大だろうね


84
イヌもそうだね。人に噛み付くのは大抵は人に馴れている飼い犬であって野良犬ではない。
野良犬、特に生れたときから人と接触したことがない野良犬は、ものすごく人を警戒するよ。
人になつきにくい。
野良犬は、人と一定の距離感を保とうとする。人が近づこうとすると彼らは逃げてしまう。
野良犬の子犬も人になかなかなつかず、餌付けにさえ失敗することがある。
もちろん個体差があるだろうけどね。
過去の人類はイヌの中でもめずらしく人になつく個体を人為選択してきたんだろう。
それでもその人為淘汰されたイヌでも野良犬になって人に飼われた経験がゼロだと人を恐れるよ。


85
>>84
問題は例外の事故率。
人を警戒するのは犬でも鮫でも猪でも熊でも同じだよ。


86
サメの居る海にどんだけ人が居るかだろ
戦争中に艦艇が沈んで漂流中にサメに襲われた話とかあるし
食べられる物の中に人間も含まれている


88
別に人が食いたくて生きてるわけじゃない
人食いザメと呼ばれるのは不当なレッテルだと思う
学校でただ1回ンコしただけでンコマンと呼ばれるのと変わらん


101
ただ、大人しいジンベイザメでも人が近づき過ぎると危険らしいね。
彼らに攻撃する気がなくてもヒレとかに当たって気絶させられちゃう。
だから野生動物には近づかないほうがいい。
彼らの生活圏を避けられるなら避けたほうが無難だね。


122
ホオジロ、イタチ、オオメジロ
こいつら三大凶暴ザメは
気をつけた方がいい

人を襲わないとか
呑気なことを言ってる場合じゃねえよ


134
ホオジロザメなんて、日本近海にはもういないよ。沖縄でもいない。
ホオジロザメがいるのは、オーストラリアだよ。

オーストラリアはクジラがいるから、一頭のクジラでも氏ぬと
非常に多くのサメが群がるよ

ホオジロザメは、オスで成長すると体長6m-7mの巨体になるから、
人間は、食べたいと思えば簡単に食べられるよ。


135
オーストラリアで危険なのは、女性のダイバーな。女性はシーズンなると
血を流すから、血の臭いを嗅ぎつけてサメが寄って来て食べられる。

オーストラリアのサメは、クジラが血を流すと大群の群れなって寄って来て食べつくすからな。

日本で海女の女性潜水婦がいるところみると、日本では大昔からクジラ漁を盛んに
やってたからサメ自体が血の臭い嗅ぎつけてやって来るほどいなかったんだろうな


125
サーフボードの裏面にカメと間違えられないようなデザインをしたらいいと思った。


126
ヒトクイザメとか書くと、能動的に襲おうとしてると普通は見なすからな
でも実際は貝とるために潜ってて遭遇しても、こっちには来ないし
たまたまこちらが接近してしまったら、逃げてくしね


133
通常、サメはヒトそのものを狙って人に危害を加えるわけじゃない。
だから、彼らが襲いかかってくる習性を知ってそれを避ければ、
サメに遭遇したからといって即危険なわけじゃないってことかな?

それでも、念の為にサメの生活圏に立ち入らないほうが賢明だってことだよね。






引用: 【動物】「人食いザメ」なんてこの世に存在しない、と断言できる理由[05/20]