132 2011/02/24(木)
もう20年も前の事なので書く。

私は両親の仕事の都合で、よく祖父母の家に預けられていた。
田んぼを挟んで家がぽつぽつあって、トイレは外の納屋にある程の田舎だった。
その田んぼを挟んだ向かいの家は、夫がアル中で酔うと暴れて手のつけられない人だった。
実際に祖父母の車を壊された事もあったし、夜中に奥さんが子供を連れて祖父母の家まで避難してくる事もあった。

ある日私が祖父母の家の下で遊んでいた時、向かいの家に奥さんがいるのが見えた。
目は虚ろで、何かブツブツ呟きながらウロウロ歩いていた。
その様子が余りにも異様で怖くて私は家に駆け戻った。



その日の晩、夜中にトイレに行きたくなって祖母を起こした。
外の納屋に行くために玄関の明かりを点けて外に出ると、
玄関の前で奥さんと子供がガタガタ震えて座っていた。
奥さんは手にベルトを持って、またブツブツ呟いていた。
驚いた祖母の悲鳴と私の泣き声で、祖父や叔父さんも起きてきて大騒ぎになった。
向かいの家の奥さんは、旦那さんの首をベルトでしめてころしていた。
当時は何も訳が分からなかったけど、今思うとお昼に見た奥さんの様子を誰かに言っておけば良かったと後悔する。



133
奥さんは無理だろうけど子供は幸せになっててほしい



134
>>132
黒い過去ってより、>>132自身がトラウマになってそう…
読んでるだけで怖くなったわ~
こんな事言うとあれだけど、あなたが言おうと言うまいといずれ誰かが氏んでたんじゃないかと思うわ
20年前って、まだDVっていう言葉も浸透してなかったしね。
せめてDVによる心神耗弱とか考慮されてるといいね


135
こえー


136
その奧さんにとってそれがベストの選択だったのでは?


137
>>132は、その後なんともないの?
そっちの方が気がかりだ。


138
皆さんレスありがとうございます。

私はその後情緒不安定になって、通院していたみたいです。
私自身はその記憶があやふやで、事件自体もずっと不確かな記憶でした。
事件から10年ぐらい経ってから母に
「こんな事があって大変だったんだよ」
と聞かされて、やっぱり夢じゃなかったんだと確信しました。

奥さんや子供がその後どうなったかは知りません。
祖父母に聞いても答えてくれず、
祖父は「こんな事になるんだったら関わらなかった」といつも言っていました。
どちらかというと、祖母が奥さんや子供を気にかけて匿ったりしていたみたいです。
(車を破壊されたのもそれがバレて旦那さんが乗りこんできた)



139
>>138
凄い経験をしたね。でも今、お元気そうで何より。
昔はドスンバタンって夫婦喧嘩している家が、今よりも
多かった気がする。アル中もね。


141
>>132
何ともやりきれない話だ…。

>>139
それ、思った。
昔は田舎住みだったけど、酔っ払って道路に転がって寝ているおっさんとかも
いたり、酒乱っていうの?飲んではちゃめちゃになる人が多かったと思う。
今ではとんと見なくなった。


144
今は、夫婦喧嘩でも「DVか!?」と怖くなって警察に通報するかどうか迷う時ある。
世知辛い世の中になったもんだよ。






引用: 奥様が墓場まで持っていく黒い過去【黒の14】