776 2010/08/09(月)
子供のころ、田舎に帰った時、親と親戚の会話をぼんやり聞いていたら
山の中の洞窟の話になった
人里からかなり離れた所にあるその洞窟、一度従兄たちと行ったことがあるけど
普段は扉で厳重にふさがれてて、側にお堂みたいなものがある
とにかく暗くて気味が悪くて怖い場所だった

で、大人たちは「可哀想なことをしたよねー」
「戦争中ぐらいまではまだ使われていて、俺の友達も入れられたんだ」みたいなことを言っていた




どうも、昔は飢饉の時などに、育てられない子供や病人をその洞窟に閉じ込めて
いわゆる間引きをしていたらしい。

「前に一度村会で中を調べたら、子供の骨がいっぱい出てきて」
「扉の近くに積み重なってたよね、やっぱり最期まで必死で出ようとしたんだろうね」とか言ってた

大昔のことだから、まぁそんなこともあるのは仕方ないんだろうけど
そんなこともあったよね~的な、軽い調子で話されていたのはけっこう衝撃だった
最近のあの事件で思い出して鬱


778
>>776
側にお堂があるってことは供養したってことなんだろうけど、怖いし悲しい話だね…
飢饉だからって洞窟に閉じ込めるとか、どうせ生きてはいけないんだし、
餓死って相当苦しいってよく聞くから、せめてその場で手にかけるってことはできなかったのかな。
まあ誰も直接手に掛けたくないのかもしれないけれど。


780
>>776
それどこにあんの?行ってみたい。


781
>>780
こういうところは、興味本位で行ってはいけません。


783
>>780
東北の貧しい地域に行ったらどこの村でもあるよ


782
山岸涼子のマンガであるよ、そういう話。


784
>>782
あの話は衝撃だった。

話の中に出てきたてんぷらの話ともども。


808
>>776
でもそういうのやってたおかげで、江戸時代は3000万人級で安定してたらしいね
そのかわり、地方の農家とかいくと、跡継ぎ以外の悲惨な扱いの話ありまくりだ






引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 66度目