1 2018/06/15(金)
胸を切り開かれた生け贄の子供達約200体…インカ帝国に滅ぼされたチムー王国の謎

2018.06.14 19:00
https://www.discoverychannel.jp/0000019965/



今年4月、5月に相次いで、550年以上前に生け贄にされたと思われる子供達の遺体が合計200人近く発見された。ペルーに昔栄えたチムー王国のものとされるこれらの生け贄は何のために行われたのだろうか?

■ チムー王国の56人の生け贄

西暦850年から1470年の間に現在のペルー北部海岸沿いに栄えたチムー王国。これに先行するモチェ文化の後に登場したチムー王国は、優れた金工技術や散水システムを持っていたが、同時期に栄えたインカ帝国に征服されたとされる。
AFPの報道によれば、ペルー北部の沿岸部トルヒーヨ州ウアンチャコで5月上旬にこの王国の儀式で生け贄にされたとみられる子供の遺体が56体発見された。550年以上前のものとされるこれらの子供達の遺体は、6歳から14歳のものとみられ、胸骨に切り込みが入れられて肋骨が開けられていた。遺体は木綿の布で覆われ、海の方に向けられて埋葬されていた。

(略)
Text by Discovery編集部



3
古代ローマでも奴隷の用心棒がおり、主がじゃんけん感覚でデスマッチをしていたとか


12
>優れた金工技術や散水システムを持っていたが

>>3
人間てのはある程度技術を発達させて生活が豊かになると
暇つぶしに理由を付けて人ころしを楽しむようになるんだろうな




5
子は宝じゃないのか…


36
>>5
人類の長い歴史の中では、そんな考えは一瞬前に生まれた特殊なもの


54
>>5
ごく最近生まれた価値観だよね(´・ω・`)


89
>>5
日本だって、たかだか400年前の大坂夏の陣で
徳川勢が56人どころか数千人の子供を奴隷化し、関東の開拓に使い潰してる

150年前までは、口減らしに子供の首を親がポキるのが一般的だった
近代以前の人権感覚なんてそんなもん


15
>>5
宝だからこそ神様へ、という考えかもしれない


60
>>15
その通り。
生け贄は名誉なこととされていて、生け贄に選ば
れると大喜びしてたそうな。


14
インカ帝国じゃないから。
インカ帝国によって滅ぼされたといわれる
王国における生贄らしいと。16世紀の西洋人も南米で
生贄にされたから相当昔からごく最近までやってた。


9
子供を大切にしないから滅びたんだよ


16
こんだけの工芸品を作れても、車輪は作れなかったんだな


31
>>16
山岳地帯は車輪向いてなくない


18
生きたまま心臓を切り取られる儀式ってアステカもやってたよな確か


22
魏志倭人伝には、卑弥呼が氏んだ時、一緒に100人を殉葬したとある。

だが現在まで、日本で殉葬者のある古墳はひとつも
見つかっていない。

埴輪の起源も、人を埋める代わりに作られたという逸話があるが
これも中国の話を持ってきただけと思われる。


30
<<魏志倭人伝には、卑弥呼が氏んだ時、一緒に100人を殉葬したとある。

箸墓古墳が卑弥呼の墓なら、100人分の骨があるはず、
一体も出てきていないのは、違うということ。
卑弥呼と同時代に、飛鳥に繁栄した国があったということだな。


93
>>30
>箸墓古墳が卑弥呼の墓なら、100人分の骨があるはず、
>一体も出てきていないのは、違うということ

日本の国土は酸性地質なので骨は残りにくい。
骨が出土するのは極めて稀。


24
一度に200人なのか、ある一定期間で200人なのか
10年で200人なら普通にありえる話


26
恐ろしい話だが
程度の差こそあれ生贄は世界中どこでもあったからな


57
>>26
饅頭の起源って川に放り込むヒトの生首の代用品なんだよなあ。
ま、あくまで伝承ですがw

新聞紙切り揃えた札束みたいな感じか。


71
>>57
南蛮王孟獲か
実は孟獲の孫が饅頭より神が喜ぶ生贄はないかと考えて
あることを思いついたそうだ


29
その伝統は今も支配グループが行っている

儀式用の生き血、追加の生き血(国際赤十字)

バチカンの地下儀式。

事件、事故わ装う『大量のいけにえ』


35
本当に生贄なのかね
病死した子供の供養とか復活の儀式的なもんじゃねぇの


102
>>35
メソアメリカはそんなのばっかりだから…

アステカじゃガチで生贄を捧げ続けないと
世界が終わるという感じだったみたいだし

子供は男も女も貴族も平民も教育を受けなければならないと
教育機関まであったのにねぇ

ただまぁそこで何を教育されるかなのか


38
西洋人が来なくても、地獄の世界だったんだな


43
人柱って何処にでもある発想なんだな


49
生け贄の子は枠に頭はめ込んで変形させて育てるんだっけ
四角スイカみたいだね


59
殷でも異民族奴隷にそんなんやっとったし
珍しくもない


65
>>59
日本でもヤマタノオロチ初め主への嫁入り伝承や、石垣工事の人柱の話は事実が元ネタ


61
こういう話題がでると、手塚治虫の読み切り思い出すわ
南米原住民族の生け贄にされる寸前の少女が、神に人生を全うしたいと懇願すると、それを神が聞き届ける話


110
>>61
丁度昨日「三つ目が通る」読んでたんだけど、昔のインカかどっかでは
壁に設けられた輪っかに足で蹴ったボールを入れる競技があって、
勝者が名誉の生贄になる という話を読んだばかりだ

なんて理不尽な…


66
古代文明は生け贄大好きだな
とくに中国


70
>>66
でも、中国の場合は神様って限りなくガラの悪い人かチンピラに近い感じ。
生贄もまさしく「みかじめ料」みたいなもんでね。
さっき書いた饅頭の件も、尊敬というよりは「饅頭なら神様騙せるだろ」といった感じ。


68
さすがに今なら自分たちからやめてるでしょ もし王様がいてもね

550年前は 人柱に生贄に口減らしに魔女狩りに
拷問の末 籠に入れて城壁につるくって生きたまま鳥の餌。。。
どこだって人権って発想はそんなになかったでしょ。


73
昔の日本も大王が氏んだら何人も一緒に埋められたみたいだね。
だからハニワが出来たとか。


74
生贄の儀式によって、無為な人口増加防止、男女比の是正、政圧してたのかね?


79
殷王朝だって生贄を求めて戦争してたし、ユダヤだって第一子の男児は生贄だったとか聞いたが


80
肋骨開けたなら心臓を捧げたのかね
雨乞いとかかな
きちんと埋葬していたなら大切な生け贄だったんだろう


88
ほんの550年前はまだこういう生贄とかあった時代。
僅かの間に文明が大きく発達した人間は、あと何年で自然を、地球を滅ぼしてしまうのか?


91
西暦850年から1470年の620年の間に200人 これで全部なら3年に一人 10年に3人 そう大した比じゃない

短期に埋められたのだとしても、はしかとかの伝染病で大量に氏んだのを、(>胸骨に切り込みが入れられて)悪霊を追い出す処置をして埋めただけなのを、
こいつらは生贄好きだったらしいのでそれだ、と短絡 そういう可能性は


96
>>91
それなら大人のもあるはずじゃ?


103
神様に生贄捧げて、生贄の子供も、神様によって救われるんだろうね


106
人柱なんて本当の話なのか  人は石垣 人は城 それってガチなのか


107
スパルタ教育なんてのも、怖いよね 脱落者は殺害いう


108
生贄って人間の文明の発生と同時に生まれたような古いものだけど、なぜそうしようとしたんだろうな?
生贄を捧げても何も効果がないことはわかるだろうに世界中にある
偶然事態が好転した事が語り継がれて続けられたとかだろうか?


112
>>108
司祭とかそういう職業は儀式で事態を好転させるのが仕事じゃなく
いかにも事態が好転しそうな儀式をすればお仕事完了だから
だから儀式をキンキラキンに飾り立てる


116
心臓を神に捧げるという、インカ帝国で有名な儀式の犠牲者か


113
現代に生まれてよかった






引用: 【研究】550年以上前に生け贄にされたらしき子供達の遺体計200人近く発見…インカ帝国に滅ぼされたチムー王国の儀式か