150
娘が3歳位の時、中古で大き目の車を買いました。
私も娘も大喜びで大きな車を楽しんでいました。

しかし数週間した頃、娘が車に乗り込もうとした時に急に大泣き。
「どうしたの?」と聞くと、
『お兄ちゃんが怒ってる』と言う。
「どこにもお兄ちゃんなんていないよ?」
『そこに座ってるお兄ちゃんが睨んでる』
と、誰も乗っていない最後部座席を指差しました。
ぞっとする私でしたが、2列目に娘をだっこして乗り込み
「大丈夫だからね」と言うと
『うん もう怒ってないみたい』と。

それから何度か車に乗ることを拒否するような事がありました。
そのお兄ちゃんは いる時と いない時があり、
いても 笑っている時と 怒っている時があるようでした。




151
ある日、その当時住んでいたマンションでくつろいでいた時
娘が急に「こないでえええ」とガン泣きし始まった。
『どうしたの?』と聞くと、車のお兄ちゃんが家に来る と言うのです。
聞いた私も怖くなりましたが、娘を宥めなくてはと思い
「ここはおうちだから大丈夫だからね」
と言い聞かせましたが、
娘は
『もう玄関まできたよお!怖い!怒ってる!』
『入ってこようとしてるよおおおお!』
と暴れる程大泣きしました。
正直、私もガクブルでしたが、
玄関に向かって
「こら!いい加減にしなさい!入ってくるなあ!」
と叫びました。正直涙ちょちょぎれてました。
閉まっている玄関を見て大泣きする娘を抱きしめて、
「大丈夫だから!ママが守るから!」と震えていました。


152
元々「天井の隅におばあちゃんがいる」「今日はおじちゃんがきてる」と視えるらしい娘でしたが、そのお兄ちゃんへの怖がりようは半端ありませんでした。

家にあった塩を玄関にまき、威嚇するように大きな声で
「入ってくるな!娘を泣かすな!」と叫び続けました。
玄関から遠い部屋で娘を抱きかかえ、主人の帰宅を待ちました。
1時間もすると『もう帰ったみたい』と娘が言いまして、ほっとして涙が出ました。

親戚の紹介で視える方に相談したところ、その車にはお兄ちゃん(小学高学年くらい)が乗っているとの事。
そして、幼い娘と一緒に遊びたいと思っているらしい事。
毎日一緒に遊びたいのに、何故車にこないのだと怒っているとの事。

マンションの部屋まで来た事は少し警戒しなくてはいけないので、
盛り塩をするように。それから車に可愛らしいお人形でも乗せるといいと言われました。

言われた通り実行し、1ヶ月もした頃には娘も普通に車に乗り込めるようになり、お兄ちゃんの事を口に出さなくなりました。

以上です。
当時はものすごく怖くて、とにかく必死だった記憶があります。
マンション玄関まで来たのはその一回だけですが、近くまで来てる!と怖がった事は数回ありました。
今、娘は6歳になり、もう視えてはいないようです。お兄ちゃんの記憶もありません。
乱文、申し訳ありません。


153
おお、シンプルな怖い話。乙です。


154
怖かった・・・ありがとう!


158
>>150です
ありがとうございます。
その車には今でも乗っているのですが、
そのお兄ちゃんが乗っていた最後部座席に
娘とその弟が乗っています。
聞いてみても全く記憶が無いそうです。
私の従姉妹の娘も5歳位まで視えていました。
成長とともに視えなくなるようですね。





引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?224