6
浦島太郎を鶴にして一緒に住みたいとか言う歪んだ愛情


31
>>6
なんで海棲生物が空棲生物と一緒になれると思ったのか


73
>>31
乙姫は亀の女王。
鶴と亀で長生き夫婦になるってオチなの。


76
>>73
生物学的にダメでしょ


78
>>76
亀に乗って海の中入って平気な奴なんだからイイんだよ!




7
浦島の時間が入ってるんだから、返さないと泥棒になっちゃうからな。


231
>>7
これ納得したは


239
>>7
あなるほど


242
>>7
便秘解消したくらいスッキリしたわ


245
>>7
おみごと


9
自決用


10
竜宮の主って、やっぱ竜なの?
てことは、乙姫って成長したら竜になるの?


34
>>10
中国に伝わる類似の話の中には龍の娘みたいな設定のもある
乙姫という名も若い娘という意味なだけなので正確には名前じゃない


250
>>10
宇宙人だよ

関連記事:浦島太郎伝説って宇宙人にさらわれた話だろ?
http://www.oumaga-times.com/archives/1044846176.html


187
>>10
サメじゃなかったっけ?


216
>>187
イルカやらチョウザメやらで
魚類なのか哺乳類なのか


11
美麗な箱が本体だった説


15
全ては乙姫が余興で浦島の人生をもて遊ぶための罠
亀も子供たちもグルで取り返しのつかないドッキリを敢行した。
もう取り返しはつかないから後は自決して下さいと言うこと。


18
トラップ


27
俺が浦島だったらあの後
亀大量に捉えて
大軍勢で竜宮城に攻め込んで滅ぼす


28
呪いだよ
馬鹿だなぁ
開けるのは決定してんだから


30
玉手箱って他の人が開けたらどうなるの?

1. 開けたやつが老化
2. 浦島が老化


33
>>30
2かな


57
>>33
浦島詰んでるな


117
>>30
玉手箱は乙姫様の化粧箱で浦島家へのお輿入れの道具箱なので乙姫様以外が勝手に開けると罠が発動する様になっている


32
アンビリバボーで特集組んでたな
どっかの外国にも浦島伝説があって海底に沈んだ遺構付近では電子機器がおかしくなるとか

アンビリバボールペン


36
ソウルジェムみたいに魂が箱に入ってて、肉体からの距離が離れると氏ぬんだろ。


86
>>36
わけがわからないよ


108
>>36
これが一番しっくりするな。渡しておかないと浦島氏ぬから持たせるしかないし
真相を知ると自サツするかもしれないから事情は敢えて話さないでおく。運よく
箱を開けないで幸せに暮らしてくれることを乙姫は祈るだけ


53
原作だと箱を開けたら鶴になって亀(乙姫)と夫婦神になったとかなんとか


80
>>53
浦島太郎は御伽草子が最初だけど、最近さらにそれの元となる原典が見つかったらしい

それによると
玉手箱には老化ガスではなく不死と知識が入っていたとのこと

不死=鶴
知識=仙人=老人

となっていったらしい


89
>>80
山幸彦と豊玉姫の話が大元でね?


90
>>80
じゃあ今も生きてるのか


173
>>90
助けた亀と結婚して神になったから生きてるだろ


56
玉手箱をあげた事は別にいいよ
問題はなぜ中身が老化ガスだと教えなかったのかだ


65
浦島が陥った異常な状況に対する答えが入ってた訳だろ
あの箱のお陰で全てが明らかになり話にもオチがつく
物語としては完成している


71
仮に、玉手箱の中身が金銀財宝ザックザクで不老長寿も授かったとして、
浦島が事実を周囲に吹聴すると思うか?

それこそ時の権力者による竜宮城と乙姫狩りが始まるぞ


74
約束を守れる男かどうかを試しただけ。
開けずにじじいになるまで我慢していたら、
若者の姿に戻れた。


75
いわゆる安楽死ボタン

寂しさに耐えかねたら老衰できる


83
あの玉手箱は今まで竜宮城に来た奴の老化がたまってて1/20の確率で開けた奴が全部受け持つアイテム


94
ググった童話サイトだとこう書いてあるな

「はい。この中には、浦島さんが竜宮で過ごされた『時』が入っております。
 これを開けずに持っている限り、浦島さんは年を取りません。
 ずーっと、今の若い姿のままでいられます。
 ですが一度開けてしまうと、今までの『時』が戻ってしまいますので、決して開けてはなりませんよ」


102
>>94
永遠の命を与えてやろうっぽいことになってるん?


97
あの箱は浦島さんの一部やねん


138
中身は鏡で老いたことに気付かない浦島太郎に自分の顔を見せた
箱を開けたから老いたのではなく開けた事で老いたことを認識した
こんな解釈を聞いた事がある


139
全く時空の異なる場所に帰っても途方にくれるだけだろ。
その時空で一番の年寄りになる事で誰かに面倒を見てもらえるはず
と思った。
しかし、現実は、厳しかった。
浮世離れした生活してる竜宮城のお姫様にはそんな現実は知る由もなかった。


148
>>139
その困難さを知ってたから
自サツ装置として玉手箱を渡したんじゃね?
だからと言ってそれを進んで使うようにとも勧めないだろ


151
>>148
玉手箱絶対開けちゃダメだって言ったのか。
だとするなら、なんでそんなもんもんを持たせた。
絶対ダメだと言われたらやりたくなるのが心理だろ。


154
>>151
宇宙パイロットには宇宙に放り出されてどうにもならなくなった時用に
自サツ用のカプセルが渡されるらしいが
絶対に飲むなよって言うよな

もしかしたら乙姫は開けると何が起こるかも説明したのかもしれないが
相対性理論なんか理解できない浦島が聞き流したのかもしれない


150
開けてはいけない箱なんて受け取り拒否すればいいのに


156
開けるなよ。開けるなよ。
いいか、絶対に開けるなよ。


159
太宰治のお伽草紙という作品に昔話の太宰流解釈がされていて、浦島の件も書いてあったな
曰く、忘却は救いであるとか


170
小学生のときジャンプで読んだ小池桂一のウラシマは説得力があって衝撃だったな
最後のどんでん返しの意味がわかったのは中学生になってからだが


172
>>170
どんなの?


182
>>172
亀をタイムマシンになぞらえたSFモノ
未来人が核爆弾で過去を変えようとするのを阻止するためにその狙われた時代の人類に警告しようと
した者がタイムマシンに乗るも操作ミスではるか過去に跳んでしまう
それでも何とかメッセージを未来に残そうとしたものが辛うじて浦島伝説として伝わったというのが骨子


184
竜宮城で暮らしている内に太郎と乙姫はいつしか男女の仲に⇒
太郎が突然地上に戻ると言い出す⇒
浮気を恐れた乙姫は一計を案じる。玉手箱に呪いを仕込み地上で浮気相手が玉手箱を開けたら老婆になる。そうすれば太郎は浮気相手に失望してまたこちらに帰って来てくれるはず……
(本来玉手箱というものは貴族の女が化粧品をしまう箱。男が使うものではない。貴族の男が気に入った貴族の女に贈り物として用いられる風習がある)⇒
しかし、下賎の身の上の太郎は貴族の風習等知る由も無い。自分で開けて爺さんに⇒
竜宮城ではそんな事情を知らず、太郎の帰りをいつまでもいつまでも待ち続ける乙姫の姿


213
浦島の話は日本最古のSFだと思ってる


201
結婚してくれると思ってたのに浦島が自分の元から去ろうとするから開けたら老化する箱だけを土産に渡した

乙姫は怖い女


205
よく出来た話しじゃん。
帰って来て年をとってなかったら化け物扱いだろ。
ちゃんと年をとるから元の村に帰る事が出来る、若いまま全く別の場所で生きていくのは当事では考えられないことなんだろ。


214
平安時代には夜oいに来た夫に、化粧道具入れとなっている玉手箱を預ける習慣があったらしい。
貴方が来るまで私は化粧をしません、他の誰にも会いませんという意味なんだとか。
でも実際には空っぽで、夫も開けて見たりしないのがマナーだったのだとか。(多夫多妻だし)
乙姫が渡す玉手箱はこれが元になって創作されたエピソードだと考えられる。


225
>>214
元々の話では化粧道具が入ってたのかな
おしろいとか
そのくだりを知らない浦島が開けて、粉が舞って真っ白になった

じじいになったに変換


243
>>214
勉強になったわ


246
竜宮城は沖縄の聖地ニライカナイである
沖縄では海亀は神の使い


247
ニライカナイの正体は海に沈んだムー大陸
浦島太郎はムー大陸に行ったのである


248
乙姫様の正体は沖縄の国造り神アマミキヨである


262
神々は開けちゃいけない物を
パンドーラに与えちゃうし


271
|゚Д゚)ノ 一度氏んでるんじゃねえの?

|゚Д゚)ノ 死人となって海の底の竜宮城で過ごして、そのまま地上へ返る

|゚Д゚)ノ 箱の中身は生き返る薬で、一気に老化が進んだとか

|゚Д゚)ノ 人じゃないなら価値観も違うだろうし、氏ぬことよりもてなす方を優先したのかも


276
ほんとは現世を去ることで乙姫と永久の愛を得たといった御伽話だったよーな






引用: なんで乙姫様は開けちゃいけない宝物をわざわざ浦島太郎にあげたの?