139 2014/03/26(水)
去年の夏に職場の仲間4人と丹沢湖に行った。
車で行き、貸しキャンプ場をベースにして釣りとハイク程度の山歩きが目的。
3泊4日の3日目だったはず。
そろそろ釣りも飽きてきたんで、午後から林道の横の細い道をぶらぶら歩いてた。
林道はたぶん不老山方面に抜ける道じゃないかと思うけど、
山までは行く気がなくて途中で引き返す予定だったんだ。

しばらくして仲間の一人が「あっ、熊だ」って横の繁みを指さした。
見ると10メートルくらい向こうにいるのは確かに熊なんだが・・・変なんだよ。
普通の熊よりずっと明るい茶色をしてて、顔はゆるキャラよりはリアルだったけどどう見ても作り物の熊。
それが四足で歩いてたんだ。
「なんだあれ、着ぐるみじゃないか。変わったやつがいるな」程度の会話をしたけど、
その熊が道のわきの藪の中をずっとついてくる。
「何してんですかー」と声をかけたんだが返事はなし。何かの撮影とかしてるわけでもない。
かなりぶ厚い着ぐるみだったから声が出せないのかもしんないけどな。
それが約20分くらいにわたって俺たちの横を見え隠れしながらついてきた。
考えられないだろ。そんな草丈はなかったけど藪の斜面だし四足なんだから、
普通の人間の体力が持つわけがない。
あまり変なんで、途中で4人で走ったりもしてみたんだよ。
そしたら熊もついて走ってくる。動物の走り方とは違ってたけどな。
意を決して皆で近づいて見ようとした。すると熊の上の方の木の葉がザザザッと揺れて、
俺らが側に行く前に、峪のほうにダイブして行ったんだ。
なんとか藪に入って上から探しても姿は見えずなんだよ。変だろ。




140
その夜、最後の一泊だからって、テントをやめてロッジを借りて食事も頼んだ。
実はキャンプの管理棟に行ったときに熊の話をしてみたんだが、首を傾げられるばかりだった。
10時頃かな。皆酔っ払ってかなりgdgdだったけど、
昼に見た熊の話をしてた。「ありえねえよ」ばっかりだったけどな。
一人が外のトイレに行くって出てったんだが、
5分くらいしてロッジに駆け込んできた。
「熊だよ、あの熊がいて正体は女だった」って言うんだよ。わけわかんねえだろ。
面白そうだからまずそいつと一緒に外に出たが、熊がいたっていう共同炊事場には何もいない。
「何だよ」とか言ってロッジに戻ってそいつの話を聞いたら、
「炊事場の屋根の下に、熊がうつ伏せになってた。
うつ伏せのままかなり苦労して背中のチャックらしいのを開けた。
んで背中からハ夕"力の女が出てきた。女は髪が長くて眉が太い、昭和風の?美人だった。
こっちに気づくとニヤッと笑ってから着ぐるみを持ってすごい速さで走り去っていった」
こんな感じだった。
酔っ払って幻を見た、というのは簡単だけど昼間の奇妙な熊は俺らも見てるし完全否定もできない。
キャンプ場の区画の外は真っ暗闇なんで探しにいくわけにもいかんし、
そのまま1時過ぎまで酒のんで寝た。朝まで特に何もなかったと思う。
4日目はボートで釣りをして昼過ぎに帰ってきたんだが、
女を見たやつはずっとぼーっとした、心ここにあらずという感じだったな。


141
そいつが、帰って来てからも土日ごとに丹沢に行くようになった。
一緒に行こうかと言っても首を振る、そのうち年休をとって山に入るようになったんだ。
何やってんだって聞くと「あの熊ー女を探している、すごい筋肉の尻が忘れられない」って言うんだ。
んで12月の月曜に、職場で顔を合わせたときに「仕事辞める」って言い出した。
「山で女と暮らす」って。それで次の日から所在不明になってしまった。
アパートとかも引き払ってあるんだよ。そいつの実家から親も出てきて警察にも捜索願を出した。
警察署に行って丹沢に始終行ってたという話はしたから捜索したかもしれないがよくわからん。、
今もって行方知れずだ。


142
何とも不可思議


143
>>141
山の中で、二人で幸せに暮らしてる悪寒


144
その後山中でつがいの着ぐるみクマが目撃されるようになるんですね


145
正体は不明だけど、魅入られたんだろうな・・・


146
丹沢湖って母子無理心中とかいろいろあって怖いとこだぞ


147 2014/03/26(水)
グリム童話かなんかの、正体を隠すために
動物の皮着て化身するお姫様の話を彷彿とさせますなあ…
>>144的な結末というか、幸あれと祈りますよ。



529 2014/05/19(月)
子供の頃に、ユースホステルのキャンプに放り込まれたことがある
最終夜に肝試しがあって、その前に一般宿泊客も参加した怪談の会があった
そこで一般客の、大学生のお兄さんが披露した話

彼の田舎は海のなし県の山間部にある。近くには手軽に上れる山があって、他県から登山に来る人も多いという
その山には、大昔から女神が住んでいると言う。一つの山とその周囲のいくつかの山が女神が守る山だという
彼女の夫は人間で30年~50年位で代替わりしていく
女神は人間に姿を見せないのが決まりで、移動するときは獣の皮を被って姿を隠すそうだ
夫選びの時も、獣の姿になってつかず離れず、その人の後を突いて回って人柄を見極める
そして、折を見て獣の皮を脱いで姿を見せる
夫に選ばれた男は一度は里に帰るものの、結局は何もかも放り出して女神の夫になる

里に帰ってきてから山中であった美女の話をして、仕事も親も捨てて山に戻ってしまう
30年~50年位の割合ででそういう特徴的な失踪者が出るので、地元では夫が変わったと判る
夫に選ばれた人の残した話では、ものすごい美人だそうだ



532
>>529
このスレでちょっと前に、その“女神の夫”に選ばれたらしき人の話なかったっけ?


533
>>532
>>139だな
山姥の類かと思ったが神様だったか


538
>>533
山姥かもしれないよ
信仰を失った女神の零落した姿が山姥だそうだから






引用元: ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part73∧∧