ヒルクライム(hill climb)
登坂競技のこと。
山や丘陵の上り坂に設定されたコースを走るタイムレースである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ヒルクライム

599 2012/07/28(土) 06:11
オリンピック開会式見ながらボツボツと


自分はロードバイクで夜間のヒルクライムが趣味の人間
はまった理由ってのがちょっとだけオカルト


本業は超長距離走だがその一環としてやっていたヒルクライムにのめり込み暇さえあれば近くの山を登りに行ってた
基本は昼だが仕事があったりすると夜にいくこともたまにあった
その山は緩やかな坂が10km-15kmくらい永遠と続く山で練習にはちょうどいいくらいで目印になる休憩所などもあり地元ではヒルクライムのメッカだった

出来事に合ったのは3ー4年前の夏 とても暑かったが湿度は低く坂を攻めるにはいい夜だった




600
その時は坂用のおNEWのタイヤを履きルンルン気分で山の麓まで車で移動した
多分10時ぐらいだったかな?

その山は7時ごろすぎると0といってもいいくらいの交通量で人気がまったくない
メッカと言っても夜だと自転車もいない
自分一人ってのがまた燃えるんだよね

坂を登り始めて30分かそこらである休憩所についた
その休憩所は販売機があり景色もいいからいっつもそこで休憩していたのだが、よくみると薄暗い電灯の下に先客がいる様子
一瞬びっくりしたが近くにロードが見えたため同業者とわかり安堵して声をかけたんだ「こんばんわー」って

その人はかなり高価な自転車を乗っていたのだが、年齢は多分20台ぐらい下手したら未成年の若者だった
向こうも一瞬びっくりした様子だったが私の自転車を見てにこやかに返事をしてくれた


601
ロードバイカーって同業者だとわかるとすごく安心するんだよな

その若者と少しの間自転車談義にのめり込んだ 好きな坂や行った土地の体験など
とても楽しいひと時だった
その後は自分は坂の上若者は坂を下るらしいので名残惜しかったがそのまま解散


その坂には頻繁に行くのだがその若者にはそれっきり会うことはなかったが

意外な形で再び会うことになったのが
1年後だった

次にあったその若者は冷たい氏体だった


602
いや
サツ人とか埋められたのを発見したとかじゃないんだ
その若者の葬式に呼ばれたんだ

若者とあってから1年後くらいに知らない番号から電話があった。
その時の私は事故で愛車を失い本当に落胆していて何をする気力もなかったのだが不思議とその電話には手が伸びた
電話口からはおっさんの声で「いきなりこんな電話をして申し訳ありません そちらはxxさんであっているでしょうか?」と聞かれた
確かにおれの名前はxxだ
だがこの声には聞き覚えがなかった
そうだ と答えると

「あなたはoo山でロードバイクに乗っておられますか?」
おれは気味が悪くなったが
乗っている
と答えた


603
向こうは安堵したようなため息をしたあと
「不躾ながら申し訳ありません 一度お会いすることはできないでしょうか?大事なお話があるのですが」と言われた
流石に怪しいな...と思いなぜだ?と聞いた

「間違いだったらすぐ電話を切ってもえらってかまいません
去年の7月x日にこれこれこのような自転車に乗った人に会いませんでしたか?」

それはあの若者の自転車のことだった
若者の自転車は高級品でそうそうあるものではないため私は会った 彼はいまどうしてる?と少し機嫌が良くなり聞き返した


607
「彼は氏にました 」
私はよくわからないめまいに襲われた
え?氏んだ?そう聞き返すと

「私は彼の親類なのですが....詳しい話がしたいのでこのあとご予定はありますでしょうか?」

もちろんYESと答えた
そして向こうが指定したファミレスに行った
ファミレス二いたのはなんの変哲もないおっさんがいて服は喪服だった
私は詳しい話とは?と聞き席についた
「いきなりの連絡呼び出し等申し訳ありません、しかしちょっと急ぐもので...」
とかしこまっていた
私が要件は?と聞くと粛々と話し始めた

少年の死因は交通事故 それもロードバイクで転倒した時運悪く崖に自分だけ転落したらしい
少年には彼のしか親戚がおらずほとんど天涯孤独であった
少年の家を片付けていたところ一冊の日記が見つかりその末尾にもし私が氏んだら7/x日にxx山で私によくしてくれたooさんを探して自転車を渡して欲しいと書いてあったらしい

自分の名前が書いてあることに驚愕したが自分のロードバイクにもかいてあるからそれを見たのであろうと思った


610
私は愛車を失っていたことといろいろ心労が重なってかなり危ない精神状態であったがその自転車を受け取ることにした
親戚は少しの気味が悪い感じを自転車からしていたから助かったと言っていた

その黒がかった赤のロードバイクは昼に走るとすごく重く感じるのになぜか夜走るとものすごく軽く感じる
周りのロードバイク乗りに乗らせてもみんな同じ反応だった
そしてこの自転車を受け継いだ私はたった30分ほどしゃべっただけの彼と竹馬の友のような親近感がするようになった

それ以降私は彼への弔いと友情を思ってその自転車に乗るのは夜だけと決めている

そして今日も彼と山に行きます
いつかまた会えないかなぁ


612
おわり


ちょっと物語的な着色はしましたが流れはこんなものでした


611
乙です、事故に気を付けてください


613
くそ、いい話だな!
オカ板的には、日中は”彼”の力が及ばず。。。とかかな。

けどそのロードバイク、悪魔のZ属性じゃないか注意しろよ。
オカルト的な意味を除いても、夜限定とはいえ波長の合うマシンは危険だぞ。


614
>>613
うーん
やっぱりそうなのかな?

でも精神的にきつかった時の支えになったものだし
友人曰く守護霊ではないけどすごくいいものがついてるとか言われたからそのままにしてたけど


618
>>614
夜には霊的なものの力は強まるとされる
悪いものも強まるけど、霊的に手助けしてくれる存在の力も強まる

氏んだ彼は貴方に本当に感謝しているんだと思う
生前は孤独だったみたいだから、一寸の間話して趣味と相性の合った貴方の事を、
兄のように思ったんじゃないかな。奢ってもらったのがうれしかったのかな
大事にしていた自転車に思いが残っていて、一緒に走るのが嬉しいんだよ
自転車を通して貴方の事を守りながら、彼も色々な景色を見て人に逢って体験を重ねているんだと思う
色々体験して何十年か経ったら、又彼に会えるよ
自転車を大切にね


619
なんかいい話だね


621
すげーいい話

あんたはバイクに名前と電話番号まで
書いていたのか?


626
>>621
名前は書いてあります
元々珍しい苗字苗字ではあるのですが電話番号をどうやって調べたかは未だに不明です


627
うん、珍しい苗字なら、タウンページに載ってる件数も少ないだろうし
調べるのは簡単じゃないかな
一緒に走るのは良い供養になりそう






引用元: ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part63∧∧