1
どっちが正しいと思う?


3
努力をせずに結果を出す


6
後者


9
圧倒的後者


10
環境>努力

これがさとり世代


12
ぼく「結果を出すことがカッコいい」




16
マジレスすると
「努力してるのを隠して結果を出すのがかっこいい」な


17
努力して結果を出せばかっこいい


18
俺 「努力して結果が出なくても歯を食いしばって生きてるヤツって格好良い」


20
カッコよさなら天才肌だろうな
けど俺は努力家の方が好き


22
後者の方が恰好いいっていう言葉には当てはまる
でも前者ほどアツくない


24
努力して結果を出せる奴が最高にカッコいい


27
いくら努力しても結果を出さなかったらそれは努力ではない


30
努力せず結果を残す天才肌と見せかけて影で物凄い努力奴~


33
漫画だと 天才が活躍⇒努力家が天才に勝つ⇒天才が努力して努力家に勝つ こんな感じだよな


34
頑張っている人は美しい
結果が出れば一層


41
効率の良い努力をするのがかっこいい


54
「努力をせず結果も出せない」が一番格好悪い


55
効率厨だから「努力せずに結果出す」がカッコイイと思います
努力しないと評価しないなんてのは宗教ですよ


70
マジレスすると
昔「努力努力努力、でも効率的に努力するのはずるい」
今「最小限の努力で最大限の成果を得られればベストだよね」


72
努力する時点でかっこわるい


75
努力してる人はかっこいいけど思考停止して的外れな努力して結果も出さず自己満足に浸って威張り散らしてるやつはくそださい
歳だけとって使えないやつは大体こんな感じ


76
結果がついてこない頑張りは努力とは言わない


80
星ひゅうま見ても分かるように
昔っから血統もいいの(星一徹は長嶋茂雄以上という設定)が努力でさらに才能を伸ばしてるだけ


81
頑張って5から100にしてカンストしてるやつより最初から100持っててまだ伸びしろがありそうなほうがかっこいいだろ


84
昔からチート系主人公はいたと思うけどすでに成長済みの大人主人公や超人系主人公だったのが
ハーレム要素と合わさって美少女達にありのままの自分に惚れて欲しいから等身大、なのにチートな主人公に


86
ホリエモンは「ウマい寿司屋は最初からウマい」とかいってたが
技術的にそうでも、ウマいっていうことにたいして信用がなきゃ
誰も相手にしないんだよ、そこで必要なのが名門寿司店で修行したとか
そういう、信用というやつだよそういうのを嫌がるからだめなんだよ


87
努力せずに結果出すのはカッコいいってだけで実在はしないよね
そんなフィクションにも気づかずに努力しないことに有利な理由付けしてる人が本当にいるとしたらそれはカッコ悪いわな


88
昔は強い主人公は周りからの評判も良かったけど最近は落ちこぼれと蔑まれてる彼が実は?みたいなの増えたよね


89
だから奉公とかそういうのをしてた時代を見習うべき
まずは母屋を借りてノウハウを盗んで、最終的に自分の城を建てる
それくらい気長にやらないとどんな才能があっても役に立てないよ


96
結局精神まで欧米化しちゃったな
欧米人はこつこつ積み上げていくより一発逆転みたいな精神性
これは脳が快楽に慣れちゃってより大きい快楽を求め続けてきた結果であり
老衰の証拠


103
だんだん地道に積み上げていく昔ながらの日本人が減少し
「気づかないうちに素晴らしいものが当然のように存在していた」という日本文化は失われていく
逆転の時は近い
そういう状況にならないと凡人は自覚を肌で感じることができない


113
今の時代失敗するのがNGだからな
結果の伴わない努力は努力と呼ばない、努力が足りないから結果が出ない
最初から「努力」しなければリスクがないんだよ


123
漫画もドラマも努力せずに能力や才能、或いは目覚めた力でどうにかする主人公ばかりだし
努力してたとしても、そのシーンは殆ど描かれてないし
今の子はそもそも、結果を出すには努力が必要だってことすらわかってないんだろ


137
そりゃ努力して天才すら超越していくやつだろ


144
努力家が天才を追い抜く⇒その努力家は実は天才で血縁も優秀だった!
つまり何を言いたいかと言うと最近の漫画は糞






引用: 昔のガキ「努力をすることがカッコいい」今のガキ「努力をせずに結果を出すことがカッコいい」