560
あんまり怖くないかもだけど投下

ウチの犬は多分予知能力があると思っている
最初は匂いでわかるとか思っていたけど、高校生の時予報で雨が降るというので傘を持っていこうとしたら犬が走ってきて傘を取るのを邪魔する。
はじめは犬から取り上げようと頑張っていたけど電車の時間があるので途中のコンビニで買えばいいと思い傘を持たずに家を出た。 

予報通り電車の中で外を見ていたら雨が降りだしたしかも結構強い
駅構内の売店で傘を買ってから学校に行こうと思っていたら私の降りる駅のホームについたとたんにピタリとやんだ
そのまま傘は買わずに学校に行くと教室についた途端にまた雨が降りだした。
正直1日雨の予報だったので後悔したが、その日の放課後クラス委員の集まる会議があるのですが
その日偶然にも私のクラスの委員が休み急遽私が会議に出ることになりました(ジャンケンで負けたので)
会議が始まる前は降っていた雨も会議が終わる頃にはすっかり止んで結局その日は傘を使わずに済みました。

その時は犬に感謝しつつも特になにも思いませんでした。




561
数年後、妹の修学旅行前日今度は犬が妹の取り込んだばかりの下着を洗濯かごから取り出しカバンに入れようと頑張っていました。
最初は修学旅行の準備を手伝っているだけかと思いましたが、ふとその時傘のことを思い出し妹に
「いれるだけ入れとけばいいじゃん」的なことをいい下着を入れさせました。
修学旅行の日、これはあとから妹に聞いたのですがどうやら沖縄からの帰りの飛行機が台風で飛べず急遽もう1泊することになったそうで下着だけでも未使用なものがあり助かったそうです。

そんなことが数回続き我が家ではすっかり犬がいつもと違う行動をしたら従うことになりました。
1番役に立ったと思ったことはハガキの懸賞です。
普段は見向きもしないのにゴミ袋をあさり、懸賞のついた食品のゴミを加えていたのでダメもとでその懸賞に応募すると見事3DSに当選。

そんな犬があるとき散歩コースを嫌がるようになりました。
嫌がるのは普段歩いている公園はじめは雨が降っていた日なので足が汚れるのが嫌かなと思い抱き上げて行こうとしましたがだこうとした瞬間手を噛まれました。
しかなたくその道を避け違うコースでの散歩にしました。
散歩コースを変えてから数週間後、その公園で首吊り自サツがあったということを聞きました。
私は当事者ではないので詳しくは知りませんが
近所の人の話を聞くと犬が散歩を嫌がり始めてからちょうど1週間後に自サツがあったらしいです。
その後携帯を舐めていると思ったら着信があり、身内の死を知ったりと少し怖いことが続き少しだけ犬が怖くなりました。

母は「この子神社に捨てられてたからきっと神様の子かもね」と笑いながら話していました。


576
>>560
こういう話、結構好きだな


564
>>561天気予報だと思って犬を怖がらなくていいんじゃない?






引用: ほんのりと怖い話スレ その98