537
元妻や娘から無視されるか、暴言を吐かれるかの毎日だった。
食事や洗濯はすべて自分でやった。
しかも洗濯機は使わせてもらえず、夜中にコインランドリーで洗った。
それに家の風呂には入らせてもらえず、毎日、銭湯に行った。
うちも娘が中学3年生の頃だった。
キモい、近寄るな、汚い、から始まって、最後の方は、金だけ残して視界に入らないところに消えてくれ、
さっさと氏んでくれるとうれしい、生命保険は入っているのかなど言いたい放題だった。
思春期云々ということも考えはしたが、どうしてそこまで嫌われるか、心当たりがなかったから、苦しかった。

あとで分かったのだが、娘は元妻から、
父親は浮気をしているといった嘘を散々吹きこまれていたとかで、
家庭を顧みず、浮気相手に入れあげているような父親に対しては何を言っても許されると思っていたらしい。

本当に胃に穴が空くほどの半年あまりだった。

娘が高校1年生の夏に、一気に離婚して二人まとめて追い出した。
当時は、とっとと縁を切って人生をリセットしたいという気持ちが強かったので、一気に叩きのめすことを優先したけど、
相手が次第に追い詰められていくのを遠くから眺めるというのも面白かったかも知れない。




538
>>537
それだけやられてしまえば、もう憎む対象になってるだろうし、
そうなるだけの事を娘もしてしまったんだろうから何とも言えないけど…やるせない話だ。

子供って小さい頃は本能の根深いところで妄信に近いくらい親を信頼してるから、
思春期に差し掛かって母親からそんな嘘を吐かれた為に、そこまで突っ走ってしまったんだろうな。
特有の未熟な潔癖性と、未だガキっぽい嗜虐性の混ざった感覚で。元嫁、地獄行きだね。

でも元嫁は何でんな事したの?相当に亭主を憎んでないと、そんな真似できないと思うが…
まさか元嫁の方が浮気でラリって、計略を巡らしてたとか?


539
>>538
> 特有の未熟な潔癖性と、未だガキっぽい嗜虐性の混ざった感覚で。
多分。きっとそうなんだろう。
娘が中学3年生になるまでは、国内外のあちこちに単身赴任を続けていたので、滅多に家にいなかった。
元妻からは単身赴任中、愛人と一緒に暮らしていると吹き込まれていたようで、
こちらとしても仕方がなかったとはいえ、それも娘の思いこみの要因の一つだったろうと思う。

最初のうちは、娘なりに、母親の言っていることを疑ったこともあったようだ。

が、それも結局は、「証拠写真」なるものを見せられて、元妻の嘘に納得してしまったらしい
(実際には、後ろ姿の姉と一緒に写っている赴任先での写真だったのだが)。
一度、嘘に納得してしまうと、あとはこちらのすべてを信じられなくなっていたようだ。
元妻が裏で糸を引いている可能性も考えたが、こちらから話し合いを持ちかけても、ずっと拒否されていた。

> それだけやられてしまえば、もう憎む対象になってるだろうし
正直、実の娘だというのに、憎しみすら抱いた。
顔が母親にそっくりなだけに、顔を見るだけで、
本人の仕打ちと元妻の仕打ちが
フラッシュバックして吐いてしまうこともあった。
電話などで声を聞くのもつらい。

高校生になるまで我慢したのは、本人の意志で養育費を拒否させるため。
実際には、暴言や虐待の慰謝料の請求を匂わせて、養育費の請求を取り下げさせた。
そこまで実の娘を憎んでしまった。

結局、何だかんだあって、離婚後、2年経って、娘はこちらに引き取ることになったけど、
当初、子どものいない姉夫婦のところに下宿させて、金だけ出していた。
今は下宿して、大学生活を送っている。

娘からは折に触れて手紙が来る。
いくら誤解があったとはいえ、人として許されないことをしていたと
本人なりに反省しているようだし、自分の中に母親の血が流れていることに苦しんでもいるようだ。
自分も母親のようになるかも知れないと思うと、結婚するのが怖いとも書いてあった。
娘も悪意によって振り回された、自分と同じ被害者なのだろう。
頭ではそう理解することもできる。
けれども、心底、そう思えるようになるには、もう少し時間がほしい。

一番、最近の手紙でも、こちらからまた一緒に暮らしてほしいとは言えないけれど、
もしそうしてくれるなら、心から償いたいと書いてあった。
それで、もう少し経ったら、一緒にカウンセリングを受けてみようか、と返事した。
涙を流しながら、姉に電話をかけてきたそうだ。
翌々日には、誘ってもらえる日を待っています、という葉書も届いた。

> まさか元嫁の方が浮気でラリって、計略を巡らしてたとか?
ご明察の通り。
こちらを精神的に追いつめて、よその女に走らせ、こちらに有責事実をつけて
離婚しようという魂胆だったらしい。
もともと元妻の有責で離婚寸前までいっていたこともあって、

婚姻関係破綻の責任をフィフティ・フィフティのところまで持って行きたかったようだ。


540
・・・辛いな
子供を心底憎めたら どんなに楽か
赤子の時の寝顔見ちゃったもんな


541
>>540
そう、だから苦しい道を選ぶことにしたよ。
やっぱり親子だからね。
それに離婚当時、こちらも娘には強烈な反撃をした。
その負い目もあるから。


542
>>539
レスを書く過程で539の文章を何度も読み返したけど、やるせない。

ただ赤ん坊の頃から色々知っている自分の娘が、
唐突に訳も分らないまま豹変して悪意剥き出しで来るのは苦しかったろうね。
そうでなくても、身内の悪意は堪えるのに。
539が娘に行った反撃がどのくらいのものだったかは分らないけど、貴方が置かれていた
状況からすれば選択肢はなかったんじゃないかと他人ながら思う。

一方で実母がそこまで身勝手で不当で下らない目的の為に、
娘である自分を利用して自分自身もそれに乗っかってやるだけの事をやった挙句、父親からも憎まれ、その原因がよく分るだけにどうしようもない。
これだけ立場のないスタンスというのも、ちょっと想像できないよ。

>自分も母親のようになるかも知れないと思うと、結婚するのが怖い
この構図を作った元嫁は本物の悪鬼だ。
手前勝手な話の条件を五分にしたい為だけに貴方と子供の関係や今後の人生まで利用するって…やった事のえげつなさと理由の下らなさに吐き気がする。
狂気しか感じないし、人間とも思えない。傍目にも充分怖いよ。

>もう少し経ったら、一緒にカウンセリングを受けてみようか、と返事した。
カウンセリングはいいアイデアだと思う。
試行錯誤しながら適当にだらけたりしつつ、良い感じの関係を再構築できると良いね。

事情を詳しく知らない他人が、色々と出過ぎた事を書いて申し訳ない。


544
>>542
> 事情を詳しく知らない他人が、色々と出過ぎた事を書いて申し訳ない。
つまらぬ愚痴につきあってもらって、少し気が楽になった。ありがたかった。

結婚前に両親を亡くしている。
娘のことで世話になった姉は、もともと別れた妻とは大学の同級生で、その縁で知り合った。

最初の離婚騒動で、離婚を踏みとどまるよう説得する側に立ったこともあり、負い目を感じている。
娘のことで進んで動いてくれているが、姉もまた苦しんでいるんだろうと思う。そんな姉に込み入ったことは言いづらい。
だから、なかなかこういうことを吐き出せる相手がいなくて、ずっと心の中で抱え込んでいた。

本当に助かった。ありがとう。

吐き出しついでにもう少し吐き出してみる。
>>537を書いた時点では、元妻に対して怒りとか憎しみといった感情しか抱いていなかった。
でも、こうして、ここ数日、ここに書いているうちに少しばかり二人の関係を少し距離を置いて
見つめようとしかけていることに気づいた。

> 狂気しか感じないし、人間とも思えない。傍目にも充分怖いよ。
元妻は、もともと気位が高く、人との関係において常に自分が優位であろうとする傾向があった。
自分の誤りを素直に認めることができなかったし、
夫であれ、娘であれ、自分に関わる者を自分の思うようにコントロールしなければ気が済まないように思えた。
また自分で定めた基準をクリアしたものでなければ愛せない人間だった。
こちらとしては、ただ、対等で、互いに支え合える関係を築きたかっただけだったんだが、
それすら元妻にとっては許しがたかったのかも知れない。
自分の気持ちを何度も伝えてきたが、元妻からは歩み寄ろうとはしなかった。
かえってますます高圧的な態度を取るようになった。それがまた自分を元妻から遠ざける。
そういう悪循環に陥って我々の関係は日々壊れていったように思うし、彼女は次第に狂っていったのだろう。
たぶん、その早い段階で、性格の不一致とか何とか、理由をつけて別れていれば、今こんな風になっていなかったと思う。

最後まで妻の方から謝罪の言葉を聞くことはなかった。
ただ、最後に、「本当に愛していた。なのに、あなたは、私が愛したようには、私を愛してくれなかった」と言っていた。
当時は何を今さらとしか思わなかった。そして、ここ2年ほど思い出すこともなかった。
けれども、ここ数日、ここに書き込んでいて、その言葉に今までと少し違った角度から光を当ててみようかとも思った。

離婚に際しては、元妻のプライドを徹底的に打ち砕くようにした。
仕事を失い、財産を失い、友人を失い、娘に心の底から軽蔑され、両親にも見捨てられ、挙句、精神を病んだ。
娘をこちらで引き取ることにしたもっとも大きな要因はそこにある。
そういう状態の母親と2年近く同居していたことは、娘の精神状態にもはっきりと影を落としている。姉のところで引き取ってもらって、精神の均衡をある程度取り戻すのに2年かかったが、まだまだ不安定なところはある。
今は遠方の大学に通っていて、大学の近くに下宿しているが、姉がときどき様子を見に行ってくれている。
だが、本来、それをしないといけないのは自分であるはずだ。
だから自分ももっと強くならなくては、と切に思う。

> 貴方が置かれていた状況からすれば選択肢はなかったんじゃないかと他人ながら思う。
本当にあれでよかったのか、もっと別の方法もあったんじゃないかと、思うことがしばしばある。
選択肢はなかったという弁解が許されるとしたら、こちらが精神的に極限まで追い詰められていた場合だろう。
随分と苦しんだことも確かだが、報復にあたっては冷静に計算しながら、
段階を追って、ひとつひとつ希望の芽を摘み取りながら進めていった。
元妻に復讐するために、相手と同じレベルまで身を堕したという自覚もある。
離婚騒動で顕在化した自分の中のどす黒い部分を見つめ、娘に対しては自分もまた加害者となっていたことを自覚しながら、生きていくほかはないと思っている。


545
>>542

> 試行錯誤しながら適当にだらけたりしつつ、良い感じの関係を再構築できると良いね。
そうなりたいと願っている。
娘は2浪してまで、父親と同じ大学に進むことにこだわった。
それはまた、何とか父親に承認されたいという願望の表れではなかったと思う。
娘が手紙を送ってくるとき、よく写真が一緒に送られてくる。大学の周辺の何の変哲もない風景の写真だ。「ここは行ったことがありますか」などと書いている。
娘なりに、一度断ち切られた父親との絆を取り戻そうとしているように思う。


どうなるのがベストなのかはわからないが、
われわれ親子があるべき関係を少しずつ模索していけたらと思っている。
そして、いつかは、どんな母親からであれ、娘がこの世に生を受けたことを
心から肯定的に捉えられるようになってほしいと思う。

とにかく、こんな愚痴に付き合ってくれたおかげで、もう一歩進んでいこうという勇気がわいてきた。
本当にありがとう。






引用: チラシの裏@バツイチ板 4枚目