973
結婚したばかりの20代後半の頃、スーパーの品出しのパートやってた。

ある日、ベビースターラーメン並べてたら
横に仁王立ちしてる女がいるのに気づいた。

「何かお探しですか?」って言ったら、私の名札を見て
「山田さん(仮名)ね!?」と言われたので
「はい」と答えたら

2報復ビンタ食らって、向う脛蹴られて、
「泥棒猫!くたばれ!」って怒鳴りながらおまけの片道ビンタくらった。

回りのお客さん固まってるし、客の子供は泣きだしたし、
私は身を守ろうとして転倒して その時に商品棚で頬骨のあたりを切って流血。
(部位は一応フェイクね)
警備員が来て大騒ぎになって、
女は連れて行かれて私はパート仲間に支えられながらバックヤードへ。

頬の傷は思ったより深くて、運よく近くに形成外科のある病院があったので
そこで治療して戻ってきたら支店長に呼ばれた。
女もまだそこにいた。
それと見た事あるけどよく知らない男性店員もいた。



そこで判明したのは、山田さん違いでの被害だったこと。
女の旦那(その男性店員)もうちのスーパーに勤めてて、
同じ職場の別山田と不倫関係にあって、その別山田と間違われてた。
(説明下手でごめん、わかる?)

別山田はその日シフトが休みになってたんだが、
よくある苗字なのに同姓ってだけでよく確認もせずに私は殴られたようだった。
女は泣きながら謝ったけど、
私は問答無用でいきなり暴力を受けた挙句に顔に怪我させられて、許せる心境じゃない。
店長には「あなたが決めなさい」と言われたので警察に被害届を出した。

目撃者もたくさんいたし、傷害罪で女は逮捕されたが
女夫婦と女の両親と弁護士がきて、
うちの旦那も一緒に話し合いになって220万の示談金で一応解決。
示談金はたぶんかなり高額なんだろうと思う。
けど、顔を縫ったし公衆の面前で殴られて転倒して
むっちゃ恥ずかしかったし痛かったし、
決して高いとは思わないし納得してるわけでもない。
けどとにかく早く解決して忘れたかった。

女の旦那の不倫相手は面の皮が厚いというかなんというか、
不倫が店中にバレてもパートは辞めなかった。
そりゃあプライベートなことだろうし、
私に暴力ふるった女がやったことはそいつには関係ないんだろうけどさ。
だから私の方が辞めた。
女夫婦は離婚したが、別山田とも別れて旦那は店を辞めた。

一番悪いのは不倫した旦那と別山田。
それは間違いないんだけど、不倫された女(奥さん)も感情だけで動くなよと。
幸い顏の傷は知ってる人がじっくり見ないと分からないぐらいになったからいいけど
しばらくはハッキリ残ったらどうしようって不安ですごく苦しくて、まさに修羅場だったわ。



974
>>973

ナアナアにせずきちんと対処できてよかった
人違い女、流血沙汰になって「ヤッてやった!」とか思ってたんだろうな…


978
>>973
顔の傷は治っても心の傷はずっと残るんじゃない?
不倫に絡んだ奴ら全員、もっともっと不幸になればいいのに


979
>>978
何も悪くないのに傷つけられた>973だって心に傷を負ってるよ。不倫がクソなのは同意だけど、だからって無関係な人を勘違いして襲っていいわけじゃないでしょう。>973にとってその奥さん最悪の通り魔じゃん


981
つか奥さん、プリンとは言えそんな大怪我させたら自分が不利な立場にになるんではないか…完全に頭に血がのぼってたんだろうけど
>>973は本当に巻き込まれて修羅場だったと思うけど、滅多にないとは言えいつ誰がそんな目に遭うかわからないんだって勉強になった






引用: 今までにあった最大の修羅場を語るスレ7