216
ウチのは自信満々ではないけれど、
「出されたものは全部食べないと失礼」という教義を信じていて、
俺の口に合わないものでも無理矢理大量に食べさせる。
そのマナー(?)を死守するために自分は何でも食べる。




一回俺が料理した時、わざとまずくした野菜炒め(念入りにキャベツを炒め水気を出し、ビチャビチャの薄味にしたもの)を出したことがあるが、さすがに残した妻。
しかし残りを玉子でとじて味付けをし直し、夜食に食べていた。
なぁ、妻よ、無理はよそうぜ。。。食事が楽しくないよ。。

ちなみに妻はビールが嫌い。
でも出されると無理にでも飲む(外の席ばかりでなく、家でも)。
一度「ノンアルコールビールは麦ソーダみたいなもんだからお前でも飲めるよ」と勧めて(騙したつもりはなく)飲ませたら、よほど口に合わなかったらしく吐き出した。
あれは痛快だったな。


219
>>216
すまんが嫁支持
おまい いやらしいよ


220
>>216
まさか好き嫌いが多いってんじゃないだろうな?
まさか「お袋の味付けと違う」から意趣返ししてるんじゃないだろうな?
どうも『俺様に合わせないからおしおきしてやった』というふいんき(ryが全体から臭ってるんだがな。


217
どの程度口に合わないかが不明。単に「好みの味じゃない」のかそれとも「人外魔境」かはっきり汁。
それによって嫁の舌がイカレてるのか判定する。
下2行は216がDQN。


218
吐き出して痛快って…
嫌なやつだな


227
口に合わないっていうか、ダメなもんあるっすよ。
魚の目玉とか、鶏の皮とか、白和えとか、甘く煮た豆とか。
ダメまで行かないでも美味しいと思わないどーでもいいものとなるともっと多い。

おからとか、沢庵とか、にんじんとか、ハンバーグとか。
あと美味しいと思ってるのは妻だけとしか思えないようなものも。
豆乳みそ汁とか、クッキーの卵とじとか、みかんの皮ごはんとか、ケチャップと芥子で和えた大根とか。
しかもどれもどんぶり一杯出してくる。残すと三日は不機嫌。

「ごめん。腹一杯になって食いきれん」も通用せず。
好き・嫌いはそこまで多いほうじゃないと思うけど、
どうなんだろう、多い方なのかな。
肉も野菜も魚も食う。味付け甘いのは苦手だけど。
ていうか好き・嫌いは少なくなけりゃいけないなんてのは単に理想だと思うが。
苦手なものは誰だってあると思うが。

実際、妻もノンアルコールビールを吐き出すほど嫌い。
残すのは失礼といいながら残したわけで。
それが愉快だったのは本心。


228
>>227
大人としては確実に好き嫌いは多い方だと自覚したほうがよい。
妻も妻だが。


229
>>228
別に多くないだろ
嫌いじゃないけど好きじゃないのが多いのは普通だ
お前はクッキーの卵とじとか、みかんの皮ごはんとか、ケチャップと芥子で和えた大根とか。
どんぶり一杯食べれるんだな
すげーw


230
>>228じゃないが、それは喰えないなw


231
魚の目玉をどんぶりいっぱいは既に料理を通り越してなにやら儀式のようだな。
無理。


232
クッキーの卵とじ?!みかんの皮ご飯?!
理解不能。それ食い物なのか。
嫁は上手いと食っているのか。
破壊力が違うよ。






引用: 嫁のメシがまずい その3