28
スーッとはしたが微妙に武勇伝ではないかもしれない先日の出来事・・

近所のホームセンターの駐車場の出入口は幅は広いものの右折側に交差点があるため
出口には右折禁止の看板がデカデカと立っていて路面の矢印も左折表示がしてある。
買い物を終えて車で出口へ向かったらワゴンRが右にウインカーを出して停車していた。
しかし交差点では信号待ちの車で渋滞しておりワゴンRが入り込むスペースもなく
また、右からも車が絶えず走行してくるため待ちぼうけ状態が続く。
仕方が無いので軽くクラクションを鳴らしたがウインカーはそのままで動く気配なし。
もう一度長めに鳴らしたが無反応。私の後続車もそれに気づき3発クラクションを。

するとワゴンRから上下白のジャージのDQNファッションを身にまとい金色に染め上げた
頭をかしげながら20代のバカモノが出てきて、私の車の窓ガラスを強めにたたいた。
結局香ばしい展開になるのかと軽く反省しながら3cmほど窓を開けたらヤニ臭い息で
「アンダゴルァー ウルセーんだよ 文句あっかー!」と凄んできた。
「ここ右折禁止なんですが気づいてました? 後ろもつかえてますが・・・」
と軟らかめに話すものの興奮したDQNにはこの程度のことも理解できないらしく
「文句あるなら出てこいやー!!」と訳わからんことを怒鳴り散らすばかり。




30
遠巻きに人は見ているものの誰も助けてはくれそうも無くどうしようかと困っていたら
運転席には誰もいないはずのワゴンRが動き出し右折どころかUターンして駐車場内へ走行し始めた。
が、DQNはそれに気づかず罵詈雑言中。

車の行方を確認したら店の入り口付近で停まり
中から爺さんが降りてきてそのまま店へ入っていった。
相変わらずうるさいDQNに指で前を見るようにとゼスチャーし、
「なんか車かってに走っていきましたよ。」と言って店の方を指さした。

あわてて店の方へ走り出すDQNを尻目に私は無事駐車場から出ることが出来たが
一時停止をして左折する際、歩道にいたお婆さんががやってきて

「騒ぎを見ていたうちのお爺さんが、 歩道がふさがって邪魔だし店まで遠いのう 
 と言って勝手に乗り込んで行っちゃいました。遠いってここまで10分ほど歩いて
 来てますのにねぇw」といってくれた。

お婆さんに丁重にお礼をし、お爺さんには心の中でGJとつぶやいた。


36
スーッとした
じいさんGJ
絡まれた>>28も乙


31
やるなジジイ


35
じじいナイス






引用: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(77)