※本当にあったずうずうしい話

528 2010/06/16
10年前の12月俺はバイト先の友人が年末ジャンボ買うと言うから、暇だしついて行った。

友人はどうせなら少しでも確率上がるから、一緒に金出して3万分買おうと言ったが、
金持ってなくて断ったんだ。

そしてそのことは忘れて、元旦の朝・・・
そいつから電話「1億5千万当ったから来てみ?」と!
急いで家に行くとホントに番号が合っていたんだよ・・・




俺「マジかよ!しかし俺は一緒に買うの断ったし・・・まあ上手く行けば100万くらいはくれるかも♪」
などと夢想していた。
しかし、その日にめし奢ってくれただけで、その後いくら一緒に居てもそれ以外何も無かった・・・

まあ、ココまでは仕方ないんだが、
本題はココからなんだ。

そいつは、元々ギャンブルが大好きで、サラ金に200万、彼女に80万も借金していた奴なんだが、
すぐに現金で返して、親には2000万送ったらしい。

車は500万、マンションは3000万だか使って、そこから毎晩飲み歩き、昼間は競馬、麻雀、野球などやっていたんだ。

1年後どっかのお嬢さんと結婚したが、その時は既に7000万程度しかないのに、嫁に5000万は定期預金で取られたと言っていた。
残りはわずかなのに、仕事もたいしてせずに嫁に隠れてギャンブル三昧。

俺はといえば相変わらずバイトで貯金も無くしょぼい生活を送っていたのだが、
ある日、そいつがやってきて、
「すまないがサラ金で50万借りて来て、それを貸してくれ!すぐに返すから」と言ってきたんだ。

そう、既に自由になる金は全額使い、更にサラ金でも借りられないほどになっていたんだ。
しかし、嫁には一切話していなくて5000万もそのままあるのに、俺にサラ金で借りて来いって・・・

「お前5000万持ってるだろが!ふざけるのもいい加減にしろ!!クズ!!」
と内心思いながら、ごめんできないよと言って、それ以来付き合うのやめたんだ。


529
どっちもクズ 


534
>>529
俺は貧乏だが、クズじゃねーよ


531
悪銭身につかず


532
> まあ上手く行けば100万くらいはくれるかも♪
んなわけないwww
どんだけずうずうしいんだ。


535
>>532
だって、そいつは車持ってなかったから、俺はその後、第一勧銀へも一緒に行き、
車買う時も付き合って毎日のように面倒見たんだよ


536
てか、お前らに俺の後悔がどれだけの物か想像できるか?
あの時、「ちょっと待って金下ろしてくるから待ってて」と言えば
7500万手に入ったんだぞ・・・


539
>>536
いや、せいぜい「はい、お前の出した分15000円な」って言われるのがオチだ


543
>>539
共同購入するなら、当然くじ番号コピーしてるさ


540
>>536
金下ろしてくる間にその当り券は売れてるよ


537
金をサラ金で借りてくれはありえないけど
自分が貰える権利があると思っている方がよっぽど図々しい。
まさにスレタイにあった話だ。


538
>>537
ギャンブルに何千万も捨てるならくれよ・・・


544
>>538
一生涯『ああ、あの時』と、悔やみ続けなさい(´∀`)


545
>>544
ふとたまに思い出すんだよな・・・


546
>>545
じぶんのずうずうしい話、を書いたんだよな?


547
>>546
もうそれでいいよ







引用: (-д-)本当にあったずうずうしい話 第123話