395
10年前、小学校からの付き合いの親友に30万円貸してと言われた。
当時は互いに大学生で、必ず1年以内に返すという約束だったので
「よしわかった!」ってバイトで貯め続けてきた30万円を貸した。

そいつは2カ月で返す、無理でも1年には返す、と言っていたが
1年が経とうとする直前に「そろそろ返せる?」と電話した
そしたらそいつは「全部パチですったから無理」と言ってきた




学費が払えないから貸してくれって話だったんだが、使途はパチンコ代に消えていた模様
ふざけるな!と額が額だけに俺も怒った。そいつはバイトもしてないし返せるアテもない。
そいつの親に事実をバラすとそいつは
「親友なのに親にバラしやがって!30万はお前が一方的に俺との関係を手切れしたということで手切れ金としてチャラだから!」みたいな事を言って一方的に着信拒否

金の貸し借りまではいい奴だっただけに、俺は30万でいい勉強したな、と。もう2度と友達には金を貸さないと決めて
また心機一転、貯金を始めた

そして10年後の現在。俺は親父の後を継いで、ちっちゃい会社だけど取締役になっていた。
当時の30万なんか笑い飛ばせるくらいになって、あそこでいい経験したから今の自分があるんだなぁと思ってたら
当時の親友から電話がやってきた。
内容はこうだ。

・ニートしてて両親死んで家を追い出されたから俺を雇ってくれ!住みこみで月給30万くらいで頼む、昔親友だったろ、お前しか頼む奴がいない。
・ちなみに資格はゼロで8年もの間空白期間あり、パチプロ(自称)していた
・とにかく会って話をしよう、お前が時間を合わせろ。平日の夜中1時くらいでいいだろ
・住みこみで働くんだから、ネット環境完備がいいな、(うちはパソコン部品の製造会社)部品でいくらでも組み立てられるだろ、俺パソコンの技術ないからお前がパソコン作ってくれ
などなど。

よくこんなセリフ言えるなぁ、ずうずうしい。
月給1円でも雇うかっつーんだよ。



396
>>395
逆にこっちが金もらいたいぐらいの人材だな
おっと、この場合は人罪か


398
>>395
でどうやって断ったんだよ
相手の反応も そこまで書けよ


399
>>398
勝手に要求だけベラベラ喋ってきたので適当に相槌打ちながら
「君とは10年前から友達じゃないから」でガチャ切り通話終了
あんまりおもしろくなくてすみません。



403
手切れ金だと思って!って>>395がいうセリフだよな
しかも手切れ金もらったのにまた連絡してくるとは…素晴らしいずうずうしさ






引用: (-д-)本当にあったずうずうしい話 第153話