203
投下させてもらいます。
そこまですごくないんだけど、自分的には修羅場だったので…

私子…当時24歳 会社員
彼男…当時25歳 会社員
先輩子…確か当時28歳?だったはず 私子の職場の先輩

私子と彼男は友人の紹介で知り合って、交際。
優しいんだけども、なんというか私子にべったりというか依存気味というか。
毎日メールと電話、電話も一日2時間ぐらい。私が仕事で疲れて早く電話を切り上げようとするといじけて泣きそうになってる始末。

しかも嫉妬深い。





テレビ見てて、芸能人をかっこいいと言っただけでずーーーっとすねてる。

そして一緒にいるととにかく私子に甘えてる。もうべったりと。
まあとにかくこんな感じで、最初はそれでも楽しく付き合ってたんだけど、だんだんと重荷&うざく感じるように。

付き合って1年ぐらいした頃かな?
もう彼男のことがうざくて嫌になってしまったので、別れを切り出すことに。
私子は一人暮らしをしていて、休日前夜にいつも通り彼男が家にやって来た。

私子「やっぱり彼男といろいろと合わないみたい。ごめん、別れよう」
すると彼男、予想通り泣き出した。



206
彼男「やだやだやだよ!私子いなかったら俺生きてけないよ!なんで?」
もう正直、すぐ泣くところとかも嫌だったし、どうにかしてわかってもらわないと…と思っていた。

私子「ごめん、今は一人でいたいから…」
彼男「嘘だ!好きな人でもいるんだろう!あんなにラブラブだったじゃん!やだやだ!別れない!」
とにかく納得しない彼男。
かれこれ3、4時間ぐらい話して、私子もぐったり。

私子「とにかく無理だから!お願い、帰って!」
と彼男を追い出すようにしたら、彼男は泣きながら外に出て行った。
やれやれ、やっと終わった。疲れた…とか思っていたら…

外から号泣しながら叫ぶ彼男の声が。
彼男「あああああーーーーー!!!もう俺の人生なんて終わりだーーーーー!!私子がいなくなったら人生終わりだーーー!」「誰か俺をコロしてくれー!!」
とか叫んでる。

ひぃぃぃぃと思って、外に出て行き「やめてよ!」とか言っても彼男、興奮していてなおも叫び続ける。



208
私子はアパート住まいで、アパートの住人が何人か何事かと外に出て来た。
これはやばいと、住人に謝る。彼男なおも叫び続ける。

住人の一人(50代くらいのおじちゃん)が内容を察したらしく、
おじちゃん「兄ちゃん、恋愛ってのはな思い通りにいかねえもんなんだよ。こんなにしても彼女の気持ちは戻ってこねえよ?」
とか優しく諭してくれてるが(おじちゃんナイスアシスト!)、彼男聞かない。

そのうちあまりにもうるさいため、誰かが警察に通報したらしく、警察が来た。

同じく警察にも諭される彼男。なんとか少し落ち着いたところで、ようやく彼男は帰っていった。
ひたすら私子は恥ずかしかった&ご近所に申し訳なかった。



210
これで終わったかと思いきや、やはりそうは行かない。

次の日も別れたくないメール&電話。
もちろん家にも来るだろうと思ったから、友人宅に避難。
携帯はうるさいから電源切ってしまった。そしてそのままその日は友人宅に泊まり、その次の日は友人宅から出社。
また事件が起こる…

仕事をしていたら、受付(といってもそんなに大きい会社ではないんだけど)の事務の女の子から 「私子さんの彼という方が見えてますが…」と内線がかかってきた。
ひぃぃぃぃ!会社にも来たーーー!!

パニックになる私子、隣の席の仲のいい先輩子に相談。
相談してとりあえずお昼休みまで待ってもらおう、お昼にどこかのお店で話をつけてこようということになり、受付まで行き彼男にそう告げた。
彼男「わかった。お願いだから考え直して…待ってるから」
というか、お前会社休んだのかよorz



216
そしてさらに先輩子に相談、ある作戦を教えてもらう。

お昼休み、近くのファミレスで彼男と合流し中に入る。
彼男「私子、考え直してくれた?俺はもう私子なしじゃだめなんだよ…昨日も連絡が取れなくて死のうかと思ったよ…」

私子、鼻をほじりながら「へぇ~」と聞く。
そのほじった鼻くそを時折見つめてみたり。

彼男「私子、真剣に聞いて!こんなに人を好きになったの俺初めてなんだ!」

私子、頭を掻き「おっ!でっけーフケが見つかった!」
私子、爪楊枝で歯の間をシーシーしながら「やっべ、歯クソも溜まってんよw」

私子の様子を見て引いていく彼男。
彼男「真剣に聞けよ!というか汚ねーよ!!なんなんだよ!馬鹿にしてんのかよ!!!」
私子「ってか、今まで猫被ってたけどさー。これが私の素なんだよねー。もう面倒くさいから隠さないけどーww」
彼男どんどん無言になる。

私子「うちの引き出しにさあ、このぐらいの瓶があったでしょ?あれ私のフケ溜めてあんのwwうけるっしょ!?」
彼男無言。

そして彼男「お、俺も少し考えるわ…」と言って去って行き、話合いのお昼休みは終了した。



217
会社に戻り、先輩子に報告。
先輩子「やったね!!うまくいったぽいじゃん!」
私子「はい!すんなり帰ってくれましたw」

実はこれが先輩子の考えた作戦でした。先輩子は以前鼻をほじる癖があって、それに幻滅した当時の彼氏と別れてしまったことがあったそう。
(まあそれだけが原因ではなかったみたいでしたが…)
で、汚いことをいろいろやってみれば?ということになりました。
もちろんご飯を食べる場所なので、本当にやるのではなくうまーくその振りをしてましたが。
瓶も入浴剤が入っている瓶のことを言いましたw

その後ですが、彼男からはメールが何通か来ただけで、うまく別れることが出来ました。
先輩子には感謝感謝です。今でも仲良くやってます。

汚い話で申し訳ありませんでした。気分を害されたらごめんなさい。



218
先輩www


219
>>217
乙。
作戦だと分かってる部外者の自分でも「ないわこの人…」って思うくらいだから、
元彼の幻滅具合は凄まじいことだろう。


220
>>217
乙wwwwwwwwwww
先輩GJだがそれを実践した>>217もGJwwwwwwwww


221
先輩ww惚れそうww


224
乙くれた人ありがとう。

先輩はわりと美人だと思うけど、男前でおもしろい人です。
今でも一緒に飲むとこの話で盛り上がりますw
頑張って鼻をほじる癖を直したそうですww


235
やっぱ、ストーカー相手には
幻滅してもらうのが一番手っ取り早いんだなww


236
妄想の中で理想の相手が出来上がってるからね。
ぶち壊せば去ってくれる。







引用: ◇修羅場◇part110