745 19/09/24(火)21:38:31 cH6
書き込むのは初めてなので読みづらかったらごめんなさい。
私は大家族(八男四女)の二番目で長女なんだけど、我が家には母親が二人いた。
私の実母は父の正式な妻で、もう一人の母親は父の内縁の妻のような人だった。
しかも母公認で、





746 19/09/24(火)21:52:36 cH6
ごめん、途中で書き込んでしまったorz
私達は母のことを「お母さん」、内縁の妻のことを「ママ」と呼ぶことを強制されていた。
(それでも思春期の弟達は反抗しておばさんと呼んでいた。)
表向きには「シングルマザーで六人もの子供を抱え、兄夫婦の家に同居する伯母」ということにされていたが、私達が以前間違えて外でママと呼んでしまい、一時期近所でヒソヒソされたこともある。
幼い頃、私は内縁の妻のことを「叔母さん」と思っていた。
だから私は
内縁の妻の子供のことを「従兄弟」だと思っていて、学校等でもそう答えていた。
けれど高校に上がったある日、いつものように帰宅すると、内縁の妻と母が父を真ん中にして同じベッド(兄弟が多いので、かなり大きかった)で寝ていた。

慌てて起こして問いただすと、予想だにしない返答が帰ってきた。

元々父、母、
内縁の妻は全員同じ施設出身の幼馴染で、異常に結束が強かった。
けれど高校を卒業したタイミングで施設を出た母と



747 19/09/24(火)22:04:18 cH6
内縁の妻が揃って父に告白、そこで父も「母も内縁の妻も同じくらい愛してる。選べない」と打ち明けたそうだ。
普通ならそこで父をぶん殴ると思うのだが、
母と内縁の妻同士も常にべったりで、最終的には専業主婦希望のもう一人を周囲には内緒の内縁の妻に、就職先の決まっていた母が父の正式な妻になり、三人で愛し合うことで落ち着いたらしい。
↑のことを打ち明けられた時が人生最大の修羅場だった。
ちなみに兄弟の中では「愛し合ってるんだしいいんじゃない派」と「生理的に無理、おかしい派」に別れて暫く険悪なムードが家庭内に漂っていた。
父は元いじめっ子で正直kzだったし、それを擁護する内縁の妻と母のことも軽蔑していたので、私は大学進学を機に家を出て(情けないことに学費は親に出してもらった)、今も疎遠。
三人だけで十二人育てたのは凄いと思うが、私自身も家庭を持ち、余計に親の思考が理解できなくなった。
あんなに嫌っていた内縁の妻がつい先日亡くなり何故か泣いてしまったので、吐き出します。
慣れてないもので、誤字脱字しているかも。
何度も途中で投下してしまい申し訳ないです。








引用: 今までにあった最大の修羅場を語るスレ9