manga_genkou
1 20/09/11(金)21:41:30 ID:JVq
他に面白い独創的なファンタジーあったら教えてくれ




2 20/09/11(金)21:41:57 ID:JVq
ナウシカの世界観を一から作り上げた宮崎の脳内を覗いてみたい


3 20/09/11(金)21:42:33 ID:oZm
十二国記すき


4 20/09/11(金)21:43:21 ID:JVq
>>3
いいよな



101 20/09/11(金)22:46:19 ID:Kla
>>3
わかる



5 20/09/11(金)21:43:28 ID:ClR
ダークソウルとか


7 20/09/11(金)21:44:48 ID:iVa
仙術超甲殻ORION


8 20/09/11(金)21:44:53 ID:oZm
ワイはまだ読んでないけどメイドインアビスはよくできてるって聞いた


10 20/09/11(金)21:47:32 ID:JVq
>>8
調べたけど結構好みだった



6 20/09/11(金)21:44:12 ID:QFL
ドラゴンボールは?


9 20/09/11(金)21:46:16 ID:JVq
ドラゴンボールは好きだけどモデルはあるやん
ナウシカみたいに何をモデルに着想したのかわからないレベルの作品ないんか?



11 20/09/11(金)21:48:05 ID:tZi
守り人シリーズとかどうなん?


13 20/09/11(金)21:48:40 ID:JVq
>>11
こういうの好きだわまさに



12 20/09/11(金)21:48:24 ID:JVq
進撃の巨人レベルでもええで
明らかに北欧神話ベースだけど全体的に見てあの世界観を思いつくなんて人間業じゃない



14 20/09/11(金)21:48:47 ID:6O9
グインサーガとか?
よう知らんけど



16 20/09/11(金)21:49:44 ID:JVq
>>14
いいね



15 20/09/11(金)21:49:08 ID:6O9
TESシリーズ(スカイリムのあれ)にはナウシカも敵わんやろ


22 20/09/11(金)21:53:43 ID:9iA
>>15
複雑すぎるというか歴史が長すぎる



18 20/09/11(金)21:50:34 ID:EhU
宮崎駿は別にオリジナリティーの作家じゃないぞ
メビウス アルザック
で画像検索してみろ



19 20/09/11(金)21:51:42 ID:JVq
>>18
まぁじか



20 20/09/11(金)21:52:07 ID:JVq
そのアルザックのモデルはなんや?


21 20/09/11(金)21:52:28 ID:QFL
>>20
シェークスピア



24 20/09/11(金)21:53:55 ID:JVq
>>21
しかしあの荒廃的な世界観はオリジナルよな?



23 20/09/11(金)21:53:45 ID:tZi
まあ腐海生み出した時点でようやっとるやろ


25 20/09/11(金)21:54:16 ID:JVq
>>23
まぁそうだね



26 20/09/11(金)21:54:25 ID:JVq
やっぱりトールキン最強やな


27 20/09/11(金)21:55:46 ID:jzH
創作物なんてもう溢れ返りすぎて完全オリジナルで作ったつもりが「~~と似てる、パクり」て言われる時代やからな
いっそ開き直ってパクりオマージュ宣言した方が楽なんやろね
なろう系が顕著



35 20/09/11(金)22:05:06 ID:EhU
>>27
ハヤオ自身もアレンジを重ねていくものであって
オリジナルであること自体に大した意味はないって言ってるしな
ナウシカだってデューンの砂の惑星
王蟲はサンドワームで名前は諸星大二朗の漫画から取ったって白状してる



39 20/09/11(金)22:07:15 ID:fBN
>>35
あれ未来惑星ザルドスちゃうん?



29 20/09/11(金)21:58:13 ID:JVq
魔法科高校の劣等生は批判多いけど好きやで
魔法を科学に落とし込んだ作品は多いけどあれは新鮮だった
もう少し頑張ってくれたらなぁ



55 20/09/11(金)22:24:14 ID:Lo9
>>29
理論的には、とあるの方が完成されとる気がする



60 20/09/11(金)22:26:32 ID:JVq
>>55
とあるは魔法を前提とした設定構築がうまい
魔法そのものの定義は劣等生の方が優秀だと思ってる



67 20/09/11(金)22:30:54 ID:Lo9
>>60
そうかー。ワイがとあるの方を先に読んだせいもあるんかな。存在するものとして仮定して考えるあたりが量子力学に落とし込んでるかつ魔術の基本を押さえとるからしっくりきたんや



69 20/09/11(金)22:32:06 ID:JVq
>>67
まぁタイプが違うから比べようがないよな



72 20/09/11(金)22:35:10 ID:Lo9
>>69
せやな。作者がそれぞれ、
とあるは発想厨でお兄さまは設定厨やと思う



33 20/09/11(金)22:04:26 ID:jvy
ギリシャ神話最高だわ


34 20/09/11(金)22:05:05 ID:JVq
神話が最高のオリジナルっていう


36 20/09/11(金)22:05:27 ID:QFL
進撃は?


38 20/09/11(金)22:06:57 ID:JVq
>>36
もちろん好き



37 20/09/11(金)22:06:25 ID:fBN
バンドデシネのメビウス作「アルザック」

宮崎が影響うけてメーヴェを作りメビウスもナウシカの影響をうけて世界観に物語に落としこんでる



41 20/09/11(金)22:10:24 ID:pMy
TESシリーズも指輪物語の影響もろに受けてるからなあ


42 20/09/11(金)22:10:48 ID:BlO
メイドインアビスもアンダーテールも洞窟物語の影響凄いやろ


43 20/09/11(金)22:11:31 ID:AHV
>>42
洞窟物語すき



44 20/09/11(金)22:11:32 ID:fBN
海外特にに欧州は指輪物語が土台のファンタジーがほとんどやな


57 20/09/11(金)22:25:07 ID:Lo9
>>44
指輪かてアーサー王とか西洋の物語に影響うけまくりやん?



45 20/09/11(金)22:11:43 ID:JVq
いっそのことその辺の大作を全て取り込んだ作品作ったら面白そう


47 20/09/11(金)22:13:11 ID:JVq
このスレで登場した作品全てをうまく組み合わせてなんか作ってくれやお前ら


144 20/09/11(金)23:18:28 ID:FSg
>>47
うまく組み合わせられてる人が面白いもん作れてる人なんやろな



148 20/09/11(金)23:20:08 ID:JVq
>>144
だな



49 20/09/11(金)22:17:44 ID:GsC
鋼の錬金術師


50 20/09/11(金)22:20:33 ID:GsC
ノーゲーム・ノーライフ


53 20/09/11(金)22:23:42 ID:GsC
灰羽連盟


54 20/09/11(金)22:24:05 ID:GsC
宝石の国


58 20/09/11(金)22:25:21 ID:Lo9
>>54
これすごいと思うわ



56 20/09/11(金)22:25:04 ID:z3K
ファンタジー漫画のパイオニアといえば紫堂恭子やな
美しい作品やで



59 20/09/11(金)22:25:48 ID:GsC
ノエイン


61 20/09/11(金)22:26:55 ID:z3K
魔法陣グルグルってギャグだけじゃなくて世界観も絵柄もオリジナリティの塊やったんやなぁって
当時はこれが当たり前だと思ってたわ



62 20/09/11(金)22:27:13 ID:GsC
魔法少女まどか☆マギカ


63 20/09/11(金)22:28:16 ID:Lo9
ワイは月光界シリーズすこすこ

まぁザンスの影響強いけどな



64 20/09/11(金)22:28:27 ID:JVq
魔法陣を科学的な設定に落とし込んだ作品ってある?


65 20/09/11(金)22:29:00 ID:z3K
>>64
スターオーシャンとか



66 20/09/11(金)22:30:27 ID:JVq
>>65
調べたけどなかなか面白そうやな



68 20/09/11(金)22:32:06 ID:z3K
魔法と科学の融合て世界観はスターオーシャンの紋章術かテイルズファンタジアの魔科学とかが走りかな
アニメとかよりゲームに多いイメージ



70 20/09/11(金)22:33:25 ID:JVq
紋章術は何故エネルギーが生まれるのかとかその辺は設定されてないんやな


80 20/09/11(金)22:39:00 ID:YDy
ダンバインはファンタジーでええんやろか


85 20/09/11(金)22:40:19 ID:JVq
>>80
もちろん
SFはサイエンス「ファンタジー」だからな



81 20/09/11(金)22:39:21 ID:GsC
獣の奏者


82 20/09/11(金)22:39:32 ID:JVq
>>81
すき



84 20/09/11(金)22:40:16 ID:S7P
ドロヘドロの魔法使いの設定好きだわ


86 20/09/11(金)22:40:26 ID:Lo9
作中の世界観で魔術や魔法を体系的という意味で科学的に取り扱っとる作品はもっとあるな。
自然現象は精霊の働きによるものやで~、という世界観やと現代科学の理論とよく馴染むから作者も体系化しやすい気がする。
例えば風の精霊やと
集めまくると密度が濃くなって乗れるようになるとか、移動の性質を司るから極めると空間転移できるとか



89 20/09/11(金)22:41:34 ID:JVq
>>86
根本から物理法則が異なる世界ってのもいいよな
精霊ってことはアニミズムか?



94 20/09/11(金)22:43:38 ID:Lo9
>>89
精霊はオーソドックスなエレメンタルフェアリー的な精霊や
マナとかエーテルとかを好んで集まったり散ったりする感じのアレ



105 20/09/11(金)22:47:46 ID:JVq
>>94
王道でも面白ければいいわな



111 20/09/11(金)22:50:43 ID:Lo9
>>105
月光界シリーズすすめとくで古いけど
宇宙にも届くと言われとる世界一高い天界樹は、その巨体の自重で根本が圧縮されて金剛石と化しているとか
ええ感じのファンタジーやろ?



113 20/09/11(金)22:51:18 ID:JVq
>>111
ありがとう調べてくる



119 20/09/11(金)22:54:32 ID:JVq
>>111
Wikiがない?



127 20/09/11(金)23:01:03 ID:Lo9
>>119
図書館で借りてくれ(涙)
月光界シリーズは少女漫画っぽいから
天界樹夢語りシリーズのがオリジナルファンタジーっぽい



128 20/09/11(金)23:02:06 ID:JVq
>>127
いつか絶対借りてやるわ
教えてくれて感謝



88 20/09/11(金)22:41:28 ID:Pze
ベルセルク
初期の化け物相手に生身の人間が普通の(?)武器だけで戦う姿は新鮮やった
今の甲冑とか魔法有りの戦闘も好きやけどな



90 20/09/11(金)22:42:02 ID:Pze
イッチ『されど罪人は竜と踊る』とか好きそうやな


93 20/09/11(金)22:42:20 ID:JVq
>>90
しらべてくる



98 20/09/11(金)22:44:21 ID:JVq
>>90
プランク定数とか言い出してて感心した



99 20/09/11(金)22:45:51 ID:Pze
>>98
読んだの中学生のころやからあんま覚えてない
劇中オリジナルの用語なのか本当の学術用語なのかすらわかってなかったし何なら今でもわからんものは多そうや



100 20/09/11(金)22:46:19 ID:JVq
>>99
高校生の時に原子物理やったから結構面白かった



91 20/09/11(金)22:42:10 ID:JVq
モンハンの古龍の設定は魔法の設定に応用できる気がする


96 20/09/11(金)22:44:05 ID:GsC
金色のガッシュ


102 20/09/11(金)22:46:34 ID:z3K
九十九の満月とかいうニコニコ公式漫画の隠れた名作
もっと流行れ



106 20/09/11(金)22:49:12 ID:R2J
進撃は世界観すごい上手やな
ただ壁内が中世ヨーロッパ風味にしたのは連載当時リアリティを出す画力がなかったのが理由らしいで 諌山先生の場合はキャラも世界観もストーリーラインと結末の為に用意してる感じがする



109 20/09/11(金)22:49:43 ID:JVq
>>106
あんなんキャラクターに感情移入してたら書いてて苦しくなるだけだもんな



112 20/09/11(金)22:51:18 ID:R2J
>>109
連載10年で散々苦労したやろな
あれだけの世界的流行ならキャラの人格も一人歩きして手をつけられなくなりそう
それを自然な形で綺麗に畳める先生は天才やな



108 20/09/11(金)22:49:38 ID:z3K
そういや攻殻機動隊も科学が長じてオカルト分野まで拡がった設定だよな
攻殻2は漫画なのに難解過ぎて5回は読み返したわ



110 20/09/11(金)22:50:21 ID:JVq
>>108
すきだわ
電脳世界から生まれる新たな社会心理の描き方とかリアリティある



116 20/09/11(金)22:53:00 ID:z3K
>>110
その辺をアニメで表現してほしいんだよなぁ
SACみたいなポリスアクションじゃなくて電脳世界の先を描いてほしい



115 20/09/11(金)22:52:39 ID:Lo9
攻殻の世界観は
RD潜脳調査室の方にいくとちょっと魔法っぽい世界に足つっこんでてすこ



118 20/09/11(金)22:53:33 ID:JVq
>>115
「十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない。」
結局それも魔法に見えるだけで彼らからしたら科学なんだろうなぁと



120 20/09/11(金)22:55:07 ID:Lo9
>>118
ゴーストとか共通無意識の世界とか
魔法の世界に落っこちるのか、オカルトが暴かれてお兄さまみたいな科学の世界観に合流するのか
瀬戸際なトコがまたええねん



121 20/09/11(金)22:55:53 ID:JVq
>>120
確かにゴーストってあっちの世界のオリジナルだったな
ガイア理論とかとも通じそう



117 20/09/11(金)22:53:16 ID:R2J
やっぱ創作はいっぱい勉強せなあかんのかな
創りたいだけじゃダメってパヤオも言ってたわ



122 20/09/11(金)22:55:58 ID:z3K
攻殻2はオリオンとかドミニオンも読んで作者の思想に触れとかないとマジで意味わからんからな
まぁ心霊の存在を科学で定義してるのかまではやっぱりよくわからんが



123 20/09/11(金)22:56:38 ID:JVq
>>122
ゴーストって名前は心霊っぽいけど実際は魂のことだよな?



125 20/09/11(金)22:59:11 ID:z3K
>>123
作中のゴーストは魂、人格やろな
攻殻2で幽霊がフワフワ浮いとるし意識だけ飛ばすみたいな真似もしとるからゴーストと心霊てのは全く別



131 20/09/11(金)23:04:50 ID:Lo9
>>123
ワイはゴーストは自我同一性そのものを客観的に認識したものやと思う
魂という言葉を使うと、人魂みたいに半物質化したやつとかも含め色々な意味で使われとる言葉やから指し示したいものがボヤけてまう気がする



133 20/09/11(金)23:06:04 ID:JVq
>>131
魂と言うと定義の拡張が容易にできてしまうから
単に「肉体」の対義語として用意したんかな



124 20/09/11(金)22:59:02 ID:JVq
紋章術も結局何故そうなるかは説明してないんやな
作品として楽しむなら充分だと思うけど設定厨を唸らせるレベルで魔法陣を説明するにはどうすりゃいいんだろう



129 20/09/11(金)23:02:13 ID:z3K
>>124
魔法陣は幾何学的な意味を組み合わせるパターンと抽象画として表現するパターンあるわな
大抵は幾何学やろうけど抽象画はグルグルなんかがそれ



130 20/09/11(金)23:02:53 ID:JVq
>>129
それはわかるんだけど
あそこから何故エネルギーが取り出せるんかなーって悩んでる



134 20/09/11(金)23:07:06 ID:z3K
>>130
エネルギー保存の法則の壁だわな
それを突破するのが魔法やけどそこに理屈を解析できれば科学や



136 20/09/11(金)23:08:34 ID:JVq
>>134
どこまで行こうと魔法は魔法のままだけど
もう少し突き詰めて欲しかった感はある



137 20/09/11(金)23:10:46 ID:Lo9
>>130
魔術的な理論やと
例えばフラクタルあるやん。
あれは力が作用しとるところにきれいな渦巻き模様とかが自然にできるわけやけど、
ああいう紋様を描いておくことで「その紋様を産み出すような力の作用がある」証拠にする。仮定の証明を先に行うことで力の存在を現実にもってくる~みたいな



138 20/09/11(金)23:14:18 ID:JVq
>>137
なるほど使えそうやな



139 20/09/11(金)23:14:57 ID:z3K
>>137
九十九の満月て漫画でフラクタル図形を応用した無限増殖する式神とか出てきて作者すげぇなと思ったわ



141 20/09/11(金)23:16:09 ID:JVq
>>139
ぶっ飛んでて草



153 20/09/11(金)23:26:29 ID:z3K
ワイらがまだ解明どころか認識さえ出来てない世界の構成要素なんかもええな
ぼくらのでコエムシがドヤ顔で語ってた世界は寒天状に敷き詰められた情報子のオンオフで成り立ってる、みたいな



159 20/09/11(金)23:33:40 ID:Lo9
>>153
そういう設定ええよな
あとワイ、アーグ理論すこ
アーグとは物体が存在する力のことである。自分よりアーグレベルが高いものには影響を与えることができないので、アーグレベルが弱いものはすり抜けてしまう。
さらに弱いと光もすり抜けるから見えなくなるけど、そこにいるものが実はおるんやで。っていうの。
幽霊とか精霊とかの説明やら、時間が巻き戻らないのは時間は地球世界よりアーグレベルが高いからやとか、それでつけとる。
がっつりファンタジーやけど、カミオカンデで観測しとるクオークとかの素粒子はなんでも通過して行くわけで、単体やとアーグレベルが弱い物質なのかもしれんねという科学との融合も可能



160 20/09/11(金)23:36:23 ID:JVq
>>159
調べても出てこん



161 20/09/11(金)23:40:08 ID:Lo9
>>160
星野架名の緑野原シリーズって漫画の世界観やで
この人はいろんなSFを集めて独特の世界観を作り出しとる。



162 20/09/11(金)23:46:32 ID:z3K
百鬼夜行抄の現代和風ファンタジー感もすきやなぁ
妖怪と互いの領域に踏み込まないように適度に距離を保った付き合い方
そこに一定の約束事があって世界観を安定させてる感じ



163 20/09/11(金)23:50:42 ID:Lo9
>>162
妖怪ファンタジー部分にはきちんと法則性はあれど善悪の規則がないのが
ほっこりもするし、めちゃくちゃ恐ろしくもあるのが物語としてはええバランスよな
あがってたけど蟲師もええなぁ



164 20/09/11(金)23:52:28 ID:z3K
>>163
百鬼夜行抄で反応できるおんJ民がおるとはおもわなんだ
やるやん




引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1599828090/