おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    山の不思議・怖い話

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    751 2017/09/26(火)
    15年程前、学生時代の夏の話。

    友人とオレはバイク乗りだが、テント泊というものをやったことがなかった。

    テント泊慣れしたライダーから影響を受けたらしく、友人が安い二人用のテントを買ったというので、二人でテント泊ツーリングに出かけることにした。

    テントを張るなら田舎だろうということで、人家もまばらな田舎を目指して走った。

    しかしテント泊慣れしていない人間にとって、テントを張る場所を見つけるというのは結構難しい。
    やれ人家の目につくだの、道路が近いだの、草が深いだの、選り好みをしていると本当に見つからなかった。
    さすがにこれ以上はまずいという程暗くなった頃、小高い山の脇にそれらしい場所を見つけ、あわててテントを張った。二人とも慣れないので、出来上がったテントはシワシワのヘナヘナだった。



    【【山怖】「なにこれ?やばい!」友人と二人で山でテント泊した夜、木の幹から無機質な片目が覗いていて…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    虫採りに行き出会った謎のお爺さん

    小学生の頃、夏休み友達と一緒に近所の山に虫をとりに出かけたという報告者。ノコギリやミヤマなど、結構な虫を捕獲することができたのだが、その中に見たこともない不思議な柄のカナブンがいたそうで――(おうまがタイムズ)



    571
    小学5年くらいの時かな。
    夏休み近所の山に虫採りに行ったんだよ。
    山っていうか、何て言うか雑木林からシームレスにいつの間にか山、みたいなとこ。
    ミニチュアの富士山と樹海みたいな感じかな。

    友達と、確か四人で、早朝、雨の上がりの霧の深い中
    雑木林の中で虫を採りながら山に入ってった。
    雨降ったあとなんて虫いないんじゃないかって思ったんだけど、これが不思議といるのね。
    そこそこ田舎だったからオオクワガタとかまではいないものの
    都会では売れるレベルのノコギリとかミヤマとか結構採れた。

    そうやって色々採りながらどんどん分け入ってくんだけど
    途中で珍しい虫が採れたんだよ。
    大きさと形はカナブンみたいな感じ
    というかカナブンなんだけど、
    表面にうっすら毛が生えてて変な模様があった。
    この辺で採れるカナブンはだいたいおなじみの緑色の奴だったから珍しかった。
    細かくは覚えてないんだけど
    とにかく見たことない感じ。
    っていうかそれ以来同じようなカナブン見たことないわ。


    【【化け狐か】「山の神さんに返してけ」夏休み山に虫とりに行き出会った謎のお爺さん】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    学校で配られた夏休みのしおりには
    「地蔵山に入るのは禁止です。地蔵山で遊ばないようにしましょう」
    と書かれていたが、俺たちにとってそれはGOサインと同じだった


    【【山へ入るな】あの夏休み、俺たちは「禁忌の山」に登った】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    最近まで仕事の関係で、山岳部の支社にいたんだ。
    その時、老猟師から山にまつわる不思議な話を聞いた。
    民俗学みたいな内容だけど、面白い内容が多かったので、興味があったら聞いて欲しい。


    【【山話5連発】山の老猟師から聞いた不思議な怖い出来事『山人』『迷い家 』など】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    山怖ロゴ おうまが 

    小学生の時に父と母と俺3人で山に登ったのだが、その帰り道、血の気の引いた顔色の悪い家族に出会った。うら寂しい山でそれまで人に出会わなかったのと、その家族は登山道を無視して草をかきわけ直進して山に登っていた姿を見て、不気味な家族だと思っていたのだが――(おうまがタイムズ)



    865
    あのー誰か俺に答え下さい
    10年以上不思議に思ってる事なんだけど

    その当時、小学生だった俺は、この時期と同じ夏休み
    っで、夏休みの宿題で指定された山に行って、感想文を出すってのがあったんだ
    それで親父、オカン、俺の3人で、その山に行ったんだけど


    【【山怖】山道で出会った、道を無視して戦車のように直進する不気味な家族、母は見てないと言い出して…】の続きを読む

    このページのトップヘ