おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    山の不思議・怖い話

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    505 名無しさん@涙目です。(長野県)
    俺の親父が昔、大雨の中山に入ったときに遠くで
    ドーンドーンっていう木が連続して倒れる音がしたらしい。

    親父は誰かが勝手に家の山の木を切っていると思ったらしく、
    そっちへ向かって歩いたが何も無い。
    家の山の隣は標高の高い山になっており、
    国有林の大きな針葉樹がびっしりと生えている山になっていて、
    昼間でも日光が地面まで届かずに
    鬱蒼としたコケがびっしりと生えており、
    登山道でもないので誰も足を踏み入れない。

    親父はそこまで行って誰も居ないことを確認すると、
    その鬱蒼とした国有林を見て怖くなったので踵を返した。
    すると、後ろでまたドーンドーンと大きな音がする。
    親父が持っているカメラで動画を取ろうとしたのだが、
    使い方が分からずに数枚の写真を撮っただけだった。

    すると、遠くで鹿の無くような声が聞こえ、
    その大きなドーンという音が以前より近い場所で聞こえてきた。
    それから親父は早歩きでクルマの置いてある場所まで移動して、
    後ろを振り返ると木と木の間を黒い子供のような影が移動した。

    こんな山奥に子供がいるはずもなく、
    親父は咄嗟に早く逃げなければやばいって思ったらしくて
    急いで車を発車させたんだけど、目の前の林道が倒木で通れなくなっていたので、
    バックでぶっとばして逃げてきたらしい。

    なんでもその近くに大昔に神様を祭った祠があるらしいんだけど、
    今は全く人が近づいていない上に国有林になったので、
    誰も管理している人がいないんだって。

    まあ、その事件から怖くて余計に誰も行こうとしないけどね。


    【【忘れられた神】その昔、人間の子供を欲しがった山神に贄を捧げた廃祠で起こった不思議な怪異】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    文章下手なのは勘弁して欲しい。

    俺の田舎には土地神さまが居るらしい。
    その土地神様が俺の娘を連れて行くかもしれないとの事。
    正直、今もどうしていいのかわからない。
    聞いた時は吹き出した。
    でも、親父の反応を見て血の気引いた…。

    一応書き溜めてる。


    【【長編怖い話】「生きたまま喰う」娘が (残虐な山神に) 連れて行かれそうになった話を聞いて欲しい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    287
    小・中学校と同級生で、今も付き合いのある友人Aの話。
    Aの家は神主で、よくAや俺、その他の友達と神社で虫取りしたりサッカーして遊んでた。
    Aの親父に車に乗せてもらって、海やプールにも行ったな。
    Aの親父は見た目は893みたいなコワモテ。
    普段はアロハシャツにサングラス、パンチパーマといういかにもな容姿。
    体格も良くって、神主の格好をしてないときは絶対堅気に見えなかったなぁ。

    小学校5年生の8月30日、もうすぐ夏休みも終わっちまうって日に、Aから電話がかかってきた。

    「今日うちでお泊り会しないか?」
    「するする!他には誰がくる?」
    「YとTとS。花火とスイカ用意してあるから、絶対来いよー」
    「わかった、お母さんに話すからちょっと待ってて」

    俺はこれまでにも何回かAの家に泊まりに行ったことがあって、母の許可は簡単に下りた。
    昼飯を食べたら市民プールに集合、プールで遊んだらAの家へということとなった。


    【【山の怖い話】忌み地 “マカツチ山” の道祖神にコロされかけたS】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    おちょなんさん
    『不安の種 c 中山昌亮 秋田書店

    仲の良い男友達と三人で京都の愛宕山方面でキャンプをした報告者。人里離れた山奥で解放感に身を任せ自由を満喫していた三人ですが、事件は二日目の晩飯時に起こったそうで――(おうまがタイムズ)



    124
    おはようさん。
    京都の愛宕山方面でキャンプしたときの話しをば。

    学生のときです。
    夏の終わり、仲の良い友人二人と
    二泊三日のキャンプへ行きました。
    人里はなれた山奥、地主の許可無しでは入れない山でもありましたので(俺は地主じゃないよ)
    本当に男三人きり、時間が進むにつれテンションもあがり、
    ついみんな飲みすぎてしまいました。
    しまいには三人とも「ラ族!」とかいいながら全ラで過ごす始末です。

    今思えばこれが何かの怒りをかったのかもしれません。
    事件は二日目の晩飯時に起こりました。


    【【化かされる】男三人で山キャンプ、喧嘩しながら「人間の顔じゃなくなっていく」俺とA】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    751 2017/09/26(火)
    15年程前、学生時代の夏の話。

    友人とオレはバイク乗りだが、テント泊というものをやったことがなかった。

    テント泊慣れしたライダーから影響を受けたらしく、友人が安い二人用のテントを買ったというので、二人でテント泊ツーリングに出かけることにした。

    テントを張るなら田舎だろうということで、人家もまばらな田舎を目指して走った。

    しかしテント泊慣れしていない人間にとって、テントを張る場所を見つけるというのは結構難しい。
    やれ人家の目につくだの、道路が近いだの、草が深いだの、選り好みをしていると本当に見つからなかった。
    さすがにこれ以上はまずいという程暗くなった頃、小高い山の脇にそれらしい場所を見つけ、あわててテントを張った。二人とも慣れないので、出来上がったテントはシワシワのヘナヘナだった。



    【【山怖】「なにこれ?やばい!」友人と二人で山でテント泊した夜、木の幹から無機質な片目が覗いていて…】の続きを読む

    このページのトップヘ