おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    山の不思議・怖い話

    96 2016/05/05(木)
    2年前の話です。
    私は今は結婚して関東住みですが実家は岩手の沿岸北部なので海と山しかない田舎です。

    2年前の春休みに子ども達と
    入院している家族の見舞いも兼ねて里帰りしました。いよいよ帰る日が近づいてきたので
    私達は祖父母の家に遊びに行きました。
    祖父母宅周辺には今は超高齢者しかおらず、
    閑散として寂れてる感じです。
    また祖父母の自宅の裏には少し不気味な山があります。
    私が小さい頃から、その山は当時の子ども達の間でも出る場所として有名で肝試し的スポットでしたのであまり好きではありませんでした。

    その日私と祖父母の3人は居間で色々話をしていましたが、暇を持て余した子ども達は外へ出て遊んでいました。でもしばらくすると子ども達が興奮した様子で玄関から飛び込んできました。
    どうしたのか話を聞くと

    「山の方から、ヤッホーとか、こっちへおいで~、とかどっかの子どもの声がして、遊ぼうと誘われた」

    と言いました。
    子ども達も、おーいとか、ヤッホー等ふざけて
    返事を仕返したというのですが、
    何しろ、その曰く付きの山でしたので
    私も気になり一緒に外へ出て、ここの山なのか確認すると、そうそうここ。
    と言います。その不気味な山の入り口を3人の子どもが指差したので、私も不気味になりあの怖い山から子どもの声が聞こえたんだってと祖母に言うと、

    「近所の家に春休みだから他にも帰省してきた子どもがいるんだろう、怖いだの、何だのバカバカしい、何でもね」

    と怒られました。
    でも私はめっちゃ気になり、帰り際に近所の家をさり気なくチェックしながら帰りましたが、
    子ども連れが近所には居なそうだなと思いました。子どもを連れて帰ってくる家が限られてるのですが、該当してる所が近くにもないし、子どもなんて見当たらなかったし、
    それに今や誰も立ち入る事もないであろうあんな山に子どもがいるなんて到底思えなかったんです。もやもやが益々募りましたが、とりあえずその事を忘れて数日が過ぎました。



    【【ヤッホー山事件】息子「山からヤッホーが聞こえる!?やっほー!!」→ 弟は亡くなりました・・・】の続きを読む

    長くなるがどうか聞いて欲しい。

    俺がむかし住んでいた場所はド田舎で、
    町という名前は付いていたが山間の村落みたいなところだった。

    家の裏手の方に山道があり、そこに「かなめさま」のお堂があった。
    もともとは道祖神だったらしいが、隣町への道路が整備されてから
    その山道自体が使われなくなり、通る人も絶えて寂れてしまった。

    かわりにというか、いつ頃からか「かなめさま」に身をしのんで
    人に言えないような悩みを打ち明け、願をかける慣習ができた。
    そんな成り立ちも今にして思うだけで、俺がガキの頃はとにかく
    「かなめさま」はタブーで、昼間でもそのあたりは近寄りがたかった。

    見ても見られてもいけない。
    牛の刻参りのようなものだ。



    【【神に頼りすぎた村の末路】病や不幸を引き受ける村の “かなめさま” が 人間の“ケガレ” を貯めすぎた結果・・・】の続きを読む

    627
    怖くない不思議な話

    昔のことだから勘違いも入っているかもしれんから、まあ流し読みしてくれ
    俺が保育園児くらいのガキだった頃、変わった蛇を見た。

    俺はガキの頃都会から田舎に引っ越すことになった。
    当時の俺は「田舎の子供は乱暴だ」って偏見があって、保育園に入れられるのだけは断固拒否してたんだよね。
    でも両親は仕事で忙しかったから、しかたなく日中は祖父母の家に置かれることになった。

    じいちゃんは畑仕事一筋の堅物だったから、俺は優しくて穏やかなばあちゃんにいつもべったりくっついてた。
    ばあちゃんは普段山の麓くらいのとこの畑で作業してて、俺はその周辺で遊んだり、手伝いをしたりして時間を潰した。
    まあそんな感じでのんびりとした日々を過ごしてた。

    ある日俺は畑のすぐ側にある山に入ってみようかなって思い立った。
    いつもは木々が隙間なくそびえ立ってるその山に怖くて入ろうなんて思わないんだけど、その時は不思議と好奇心がわいた。

    ばあちゃんの目を盗んで山の方へ行き、急勾配の山道(獣道?)を進んでいった。
    最初は見たことないほど大きな木とか虫とかにテンションがあがってたんだけど、段々疲れてきて岩に座って休憩することにした。
    俺は水筒のお茶飲んで、その辺で取った木の実を食べてぼーとしてた。

    すると周囲からパキパキッて枝の折れる音と、草とか葉っぱの上を這うズズズッみたいな独特の音が聞こえてきた。
    「あ、蛇の音だ」って咄嗟に思った。
    蛇は畑で見慣れていたしね。
    大きなアオダイショウでも居るんじゃないかと思って周りを見渡した。
    でも何もいなかった。

    そこでふと気付いたんだけど、本当に何も居なかったんだよ。
    虫とか、狸とか、動く生物が。ちっちゃい羽虫くらいいてもいいもんだと思うんだけど。
    奇妙だとは感じたけど、俺はその空間がなんか心地よくて帰ろうとは考えてなかった。



    【【戦慄】ドスの利いた声で「動くな!」ばあちゃんの視線の先には目や口といった顔がない大蛇が…あれ?何か変だ。俺が奪われたものは、まさか・・・!?】の続きを読む

    1 2018/12/01(土)
    AM10時
    予定していた尾根から私がこれから登ろうと言う時に
    調度下山してきた中年(見た目50才ぐらい?)のオッサンが
    単独でいる私を見つけて



    3
    紅葉が綺麗だったよ~
    と唐突に話しかけてきた

    うわー、と思いながらも、そうですかそれは楽しみですと私返答

    すると更に、帰りはどこから下りる予定なの?
    と今日一日の行動を聞いてくるオッサン



    5
    出たあああああ
    山で馴れ馴れしく話しかけてくるオッサン出たあああ
    なぜこちらの行動をいちいち聞いてくるのかな
    と思いながらも予定の下山ルートを伝えると



    8
    そこより〇〇ルートの方がいいよ
    その方が紅葉が綺麗だしと言いながら
    ××モミジとか△△コナラとか
    いろいろと木の名前を得意げに出してきて説明しだしたの



    6
    会話自体は普通だが


    【山ガールだけど、キモいオッサンに出会った話、聞いてよ!】の続きを読む

    500
    私が18の頃の話。
    高校3年生になって間もなく、進路もなんも考えて無かった私に親が言った。

    「高校卒業までしか面倒は見ないからな」

    そんな訳で、高校3年生になってすぐ、バイト探しに必氏になった。
    頭が悪い、態度も悪い、地元の悪ガキ。3拍子揃った私にお情けでバイトはくれるものの、単発ばかりだった。
    長期のバイトは親が親戚付き合いをしてるか、親戚が地元にいる場合にしかもらえない。就職だってそう。
    中途半端な田舎にありがちな閉鎖的な環境だった。うちはどちらにも恵まれていなかった。

    クラスメイトのAちゃんが下校中の私を呼び止めて山菜採りのバイトを紹介してくれた。
    Aちゃんはちょっといわくつきな子で親とか先生からも関わるのはやめろと言われるほどの一族の娘。
    それくらいの認識しか、子供には無いからバイトはOKした。
    Aちゃんと一緒に歩いてたりすると親から右ストレート食らった事あるけど、そんな事は気にしなかった。

    翌日、Aちゃん経由で仕事の日取りなどを聞いた。

    バイト初日。他県へ車で行った。
    荷物持ちをした。Aちゃんの母とAちゃんが取ってくる山菜やらを後ろからついてって受け取り
    それを手作り感満載の継ぎ接ぎだらけの布の袋に詰めて20kmくらいは歩いたと思う。
    夕方に仕事が終わり、帰ったら夜だった。しんどすぎて氏ぬかと思った。

    バイト半年。やっと一人で山菜やらキノコを採っていい許可をもらった。
    山菜は良かったけどキノコは8割くらい食えないやつ拾っててAちゃん母に叱られまくった。

    バイト7ヶ月。ようやく半人前って感じ。この日は他県の恐れ多い名前の山へ行った。
    山の崖になってる付近にじじいが居た。ジャージにどこの球団の野球帽かわからんけど帽子姿のじじいに会った。
    「もしかして、この山の所有者さんですか?」と聞いたらニッコリ笑った。

    崖を指さすので物を落としたのかと思って
    「なんか落としたんですか?」と聞いてみた。



    【今思うとあれは「山神様」だったのかも。A母「試されてたんや、命が奪われてたかもしれない」・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ