おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    山の不思議・怖い話

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    324
    東北の方にキャンプに行った時の話です
    山の奥地にあり、自然たっぷりのキャンプ場で
    首都圏から遠いせいか混んでいる事が無くていつも利用しています

    日が暮れて晩飯が終わり、早起きだった為テントで少しうとうとしてた所
    外から聞こえる3歳になる娘の笑い声で目が覚めたんです
    女房と遊んでいると思ってテントから外を覗いてみてビックリ!

    娘の横に、キツネが立っていたんです
    立派な体格で、綺麗な毛並みをしていましたが
    噛み付かれてもしたら大変だと飛び起きて出て行ったら
    キツネはそそくさと逃げていきました

    逃げて行ったというか、暗闇せいかもしれませんが
    スーっと消えたように見えて、足音も聞こえませんでした
    野生の生き物はすごいな~等と思いながら、娘の無事にほっとしたんですが・・・


    【【山神】「きつねさん笑ってた」山の神様って本当に居るんだな!娘にお土産を持ってきた不思議なキツネ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    752 2018/05/17(木)
    父の実家がドド田舎で、一部に土着信仰?がある村だった。

    私、父、祖母三人家族で、父は住み込みで働いてたから祖母と二人暮らし。
    GW辺りになると、毎年、米を和紙で包んだ人形を作っててたんだけど、それには必ず名前を胸に書いてた。)

    ルールとしては、知ってる人や家族の名前はダメ。
    何かある訳じゃないけど、縁起が悪いって事だった。
    (面識がない名前ならハワードとかマイケルでもおkwww)
    んで、その人形を裏の山の奥にある、祠っていうか穴の入口に供える。

    何でも、昔は人が氏んだら穴の奥に、納めてたんだとか。

    仏教やら火葬の定着で祖母が子供の時には、廃れた風習だけど、その名残で人形を毎年そなえてるらしく、山の神様の餌になるだとか、遊び相手だとか色々言われてた。
    (続く)



    【【いじめっ子は山神様の餌に】土着信仰残る『ミスミソウ』みたいな田舎で禁忌を破り、私をいじめる女に復讐した話】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    627 2008/04/10(木) 08:39:05
    うちの地元に「○っちゃテレビ」という地元ケーブルテレビの放送局があるんだが、
    たまに「地元警察署からのお知らせ」というのを流すんだ。
    どこそこの婆さんが山に山菜を採りに行って行方不明になった云々とか。
    で、先月も山へ散歩に出かけた婆さんが行方知れずになって「お知らせ」が出たんだよ。

    まぁ結論をいうと、大怪我は負ったものの無事に保護されたわけなんだが。
    ただ、この「大怪我」が問題でね。左のふくらはぎの一部が抉れてたらしい。
    婆さんの話を要約すると

    「小さな影が突然走ってきてぶつかった。尻餅をついたときには、影は消えていた。
     左足が酷く痛いので見てみると、肉が削られていた。痛みと出血の恐怖で動けなくなった」

    という事らしい。
    持っていた手ぬぐいで傷口を押さえ、暗い山の中でガクブルしてたんだとか。
    発見が早かったんで手遅れにならずにすんだそうで、その点は不幸中の幸い。


    【【山での“謎”体験】左足が酷く痛いので見てみると、肉が削られていた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    山道って楽しい。
    車で走ると気分爽快。
    バイクでも可。自転車でも可。徒歩でも可。林道でも可。峠でも可。
    でも山道をあまく考えると何かが起こりそう。
    ガス欠になったらどうする?故障したらどうする?
    幽霊を目撃したらどうする?
    怪しい人を目撃したらどうする?

    恐怖の実体験を募集します。作り話は興味なし。
    では どうぞ



    3
    友人の体験話だけど。

    うちの大学は山の中にあり、昼間は有料の林間道路が
    夜間は無料(料金所のおじさんが帰ってしまうので)になるため、
    たまに学生とかが夜中にドライブを楽しんだりしている。
    で、深夜12時ぐらいに山道を友人たちがドライブしていたら、
    前方に脱輪して立ち往生している車と、困り果てているカップル発見。
    友人たちはたまたまワゴン車に男6人で乗っていたので、みんなで
    せーので車を持ち上げて無事に脱出させた。
    でも、もし彼らが通らなかったら、あのカップルは真夜中の山道で
    一夜を明かさなきゃいけなかったんだよね。


    8
    中学の担任が山道(といっても舗装されてるが)で電柱で首吊ってる人を発見したそうな


    13
    >>8
    それはリアルに怖いね。山に放置されてる車を目撃すると、もしや?と思う。


    【【作り話NG】山道でのゾゾっとする恐怖体験談!「幽霊・怖い人・ヤバいもん見ちゃった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    581 2018/03/09(金)
    何年か前に太陽光発電所の夜間工事中の体験を書いた者です
    昨日、同じように太陽光の夜間工事で見てしまったので書き込みます

    今回は福島の小さな山の一部を切り開いて作った太陽光発電所の出直し工事にきています
    山と言ってもさほど高いわけでも鬱蒼と木が繁って人気もないような場所ではないです
    車も余裕ですれ違える舗装された道が走って民家もちらほらあり、
    現場からも何軒か民家が見えています

    舗装された道から脇道に入って登って行くと
    すぐ現場がありますが現場のすぐ手前に墓地があるのと外灯が一切なくて
    夜になると真っ暗なのがやや不気味なところ
    ここで昨夜、夜間作業をしていた時の話です

    現場は登ってきた道からさらに脇道を登った高い所にあり、
    作業をしてる場所からはこの道がよく見渡せました
    とは言え雨のせいで月明かりもなく本当に真っ暗だからうっすらとしか見えないんですけどね
    車のライトを点けて頭にヘッドライト、
    雨も降って寒い中で仕事を頑張りながら一休憩入れようとした時、それが見えました

    自分が登ってきた道の入り口から真っ白な人影が歩いてきたんです
    真っ暗なのにはっきりと、光っているわけでもなく、ただただ真っ白な人影
    輪郭ははっきりしてて人の形はしてるんだけど人ではない何か
    ヤバイと思ったけど距離があるので思わず凝視していると
    そいつと目があった…ように感じました

    顔なんかないのっぺらぼうの白い人影になぜそう感じたかは分からないけど
    あいつに見られた、認識されたと、確かに感じたんです
    車に乗って逃げるか…でも現場から出る道は狭くその人影を轢かないと出れないし
    反対側に登っても道はすぐに行き止まりになってる
    どうしようか悩んでる間にもそいつはゆっくりとした動きで道を登ってきて
    現場に入る脇道の所でぴたりと止まった
    どうするつもりか見ているとまたそいつがこっちを向いたように感じた

    こっちにくる…
    そう思って前の時とは違い恐ろしさを感じて車に向かおうとしたその時のことだった
    こっちに登ってこようとしたそいつの動きが唐突に止まった



    【【職場のオカルト】目が合ったヤバイ!!福島で太陽光発電所の夜間工事中に出た“人ではないナニカ”、怖い何なんだアレ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ