おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    山の不思議・怖い話

    大無間から光へ。
    これが一発でわかる奴は山が好き。
    けど、行った事のある奴は少し変かな。このルートはそんな所だ。

    これは2001年夏。
    その山行の終盤、加々森から光へ抜ける時の話。

    加々森は陰欝なピークだ。
    見晴らしがきかず、暗く寂しいから、留まるような場所じゃない。
    友人と二人で来てみたものの、鹿の骨が散乱する暗い深南部の森もいい加減厭きてきてたし、会社に休みを延長してもらって、
    明るい聖まで足を延ばそうかなぁなんて思いながら、ほとんど加々森には立ち止まらず、先へ進んだ。
    起伏が連なり、ほとんど消えかけた道をしばらく進んでいると、やがて急な下りに。
    先行した友人が舌打ちをして止まる。

    「うわ、わりぃ。ルート間違えた。」

    地図を見ると、確かにこんなに下っていない。
    光岩へ右に行く所を直進してしまい、尾根をかなり下ってしまったようだった。
    溜息をついて戻ろうとしたが、ぬかるんだ急斜面。
    ずるずるに滑って、上るのは結構骨が折れそうだった。

    「まぁ、場所はだいたいこの辺だから、少しトラバースして、上りやすいとこから、行こうや。」

    なんとなく萎えた気持ちのまま、しばらくトラバースすると急に開けた場所に出た。
    紫の原っぱ。
    窪地いっぱいに広がるミヤマトリカブト。
    素晴らしくきれいだった。


    【【戦慄】女「一緒に連れてって…」暗く寂しい陰欝な森、トリカブトの群落から現れた女→友人「お前が先に歩け!俺たちの後ろを歩くな!!」となぜか女に言い出して・・・】の続きを読む

    6
    昨日の事なんだけど。
    仕事が休みで山に一人で釣りに行って変な物見た。

    去年、一昨年に何回か友人や嫁と
    遊びにその川へ行ったんだけど、昨日はヒマを持て余してる友人もいなく たまたま一人で逝くことに
    10時に家を出て昼頃から釣り開始。
    夕方からかなり釣れだして、嫁には5時には帰るって言ってたんだけど
    夢中になりすぎて気付いたら6時過ぎだった。

    山奥なので木が生い茂り薄暗くなってきたので、帰り支度を始めようかなーと思ってたら
    急な寒気に襲われて やっぱ山寒いわーとか思って脱いでた上着を着ようとした瞬間、
    上流の方に気配を感じ目を向けると、小学生くらいの子供?(人っぽかった)みたいな感じのが立ってた。
    思わず目を擦って確認したけど、やっぱりいた。
    服を着てないのか 真っ白で山林の風景に浮いて見えた。

    幽霊とか信じてないし、その物体をそういう類の物と思いたくなかったし、
    ましてやそれが何なのか うやむやなまま帰るのも嫌だったんで
    恐る恐る近づいてみると、
    その物体は上半分だけグネグネ動いてこっちを見てた。
    手を上に上げて、かなりの速度で動いてたんでワインの栓抜きみたいな螺旋に見えた。 何物なのかハッキリとは確認できなかったけど この世の物とは思えない光景に鳥肌が立ちまじでヤバイと感じた。


    【【ゾッとする】山奥で川釣り。妙な寒気にふと上流を見ると…「ん?子供か?」近づいて確認すると、“ソレ”がぐねぐね動きこっちを見てた→瞬間!猛烈な吐き気…這って車に戻ったら…】の続きを読む

    783
    20年以上前、うちの爺さんの話。

    爺さんは近所の山で野鳥の写真を撮るのが趣味だった。
    ある日、山から戻った爺さんをみて皆驚いた。
    背中に大きな切り傷があり血まみれ、全身擦り傷だらけで服はぼろぼろ。
    右手の小指が折れており、変な方向に曲がっていた。どうしたのか、と尋ねると、

    「それがよう、山でよう、バケモンと一戦交えてきたんだよ、危なくやられるとこだった」

    という。家族全員呆れたが、話を聞いてみた。
    爺さんはいつものように山奥に入り野鳥を探していた。
    切り株に腰掛け、弁当を食べ始めると、背後に気配を感じた。
    振り向く前に何かで背中をバッサリ切られ、ものすごい力で押し倒されたという。
    それはフーッと深く息をしている。茶色の毛むくじゃらで、頭が大きく角はない。
    爪がとがっており、前足で威嚇しながら二本足で立つ、見たこともない獣だった。

    爺さんは逃げ切れないと判断し、応戦した。


    【【謎の男】爺「山でよう、バケモンと一戦交えてきたんだよ、危なくやられるとこだった」。指が折れ血まみれになった爺が死を覚悟したその時、異様な風体の男が現れて・・・】の続きを読む

    403
    学生の頃測量のバイトしてた時の話。

    出張で他県の山の中に行かされたことがあった。
    そこは山を切り開いて高速道路が作られる予定で、そのため地権者から買収する土地の境界線の確認をするというのが仕事内容だった。
    作業場所は人里から車で10分くらい山へ入ったところで、結構範囲が広く社員バイト合わせて6人であたった。

    現地に着いたのは昼過ぎだった。
    最初に地図を観ながら大体の分担を決め、夕方また落ち合うことにして別れたんだが、その際一つだけ注意事項があった。
    地権者の中に一人だけ開発に強硬に反対してる奴がいるらしく、時々見張りにやってくるらしい。
    その際自分の土地に入り込んでる者を見つけると不法侵入だと言って捕まえるのだそうで、先月にも別の業者が捕まり半日拘束されたとのこと。
    地図にはその人の土地が赤く囲ってあり、監視カメラがあちこちの茂みに設置されているから絶対に境界線を超えるなと厳命された。

    そして作業スタートとなり、俺はおっかないなと思いつつ早速地図を片手に土地の境界を示すテープや木片を探し始めた。
    山と言っても現場はそれほど鬱蒼とはしておらず、平らな場所が多かったのであまり苦労せず作業を進められた。
    もちろん人気はなかったが、他のメンバーの姿が視界に入っていたから心細くもなかった。

    そうして3時間くらい黙々と作業を続けた後、不意に腹が鳴った。意外に大きな音で俺は思わず顔を上げて辺りを見回した。
    見渡す限り誰もいなかった。それぞれ奥へ進んで行ったのだろう。そして尚も作業を続け、やがて日が暮れてきて集合する時刻になった。

    俺は地図を見ながら駐車場所まで戻り始めたが、途中で道に迷ってしまった。迷子になるような所はなかったはずなのに。
    大声を上げようかとも思ったが、何となく気が引けて無言で歩くのみだった。周囲を見て何となく開けた方、車道の方と判断した方向にひたすら歩いた。


    【【ゾッとする】山の中。地図に赤く囲まれた反対派の土地。俺がそこに近づくと竹藪の中に人!?顔まで真っ黒にし紐をもって…「見たらダメだ!!」→アイツまさか・・・】の続きを読む

    267
    今は亡き婆ちゃんから聞いた話
    婆ちゃんが曾婆ちゃんとか、先祖から言われてきた事

    「山には絶対に鏡を持ち込むな」

    山は人ではないモノに逢う事が多いが、通常は気付かないフリでノープロブレム
    でも鏡はKYな存在で、異なる存在同士を結び付けてしまう力があるらしい

    婆ちゃんが先祖から言われたのが、

    【【タブー】婆ちゃん「山には絶対に『ーーー』を持ち込むな!」もし、禁忌をおかしたら?…手遅れだ、「完 璧 な 神 隠 し」がおこる・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ