おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    人工知能

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    元Googleエンジニアのアンソニー・レバンドウスキー氏(37)が宗教団体を創立した。
    神は人工知能(AI)と標榜する宗教団体だ。9月27日、WIREDなどが報じた。

    団体の名前は「Way of the Future(未来への道)」。
    ネットメディアのThe Vergeによると、宗教団体として税金の免除を受けるための書類は内国歳入庁(IRS)には提出されていないが、カリフォルニア州に提出された書類には、団体の目的が「人工知能に基づく神の実現を発展・促進すること」だと書かれていたという。

    ■ 創設者のレバンドウスキー氏ってどんな人?

    レバンドウスキー氏はベルギー出身。14歳の時にアメリカに渡り、カリフォルニア大学在籍時、アメリカの国防高等研究計画局(DARPA)が主催するロボットコンテストで優秀な成績を収めた。
    その後、「510 Systems」という会社を設立。写真の撮影情報と位置情報を結びつけるシステムを開発し、Googleに買収された。
    このシステムがGoogleストリートビューの撮影に使用されることになる。

    その後、レバウンドスキー氏はGoogleで自動運転車開発プロジェクトに技術責任者携わった後、2016年に退社。
    同年1月に、Googleマップの元製品責任者リオー・ロンらとともに、自己資金でトラックの技術を手がける「Otto」を創設した。
    そのOttoも2016年8月、タクシーの配車アプリのUberに、6億8000万ドル(約762億円)買収された。

    しかし、レバウンドスキー氏に疑惑が持ち上がる。
    Googleを退社する際に約1万4000ページにも及ぶ機密情報を持ち出したのではないかと、アルファベット(Googleの親会社)の自動運転車Waymoから訴えられたのだ。
    Uberは2017年5月、レバウンドスキー氏を解雇した。


    http://www.huffingtonpost.jp/2017/10/12/anthony-levandowski_a_23241928/



    【【神は人工知能(AI)】元Googleエンジニアが宗教団体を創立】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    Googleの「AlphaGo」は確かに2017年、囲碁の世界王者である柯潔棋士に勝利したが、AlphaGoを支える人工知能(AI)は実際のところ、6歳の子供より賢いわけではないという。

     9月末にarXiv.org(査読なしのオープンアクセスジャーナル)に掲載された論文によると、中国人研究者らが自ら開発したAI測定基準に照らして50のシステムをテストしたところ、GoogleのAI技術が最高スコアを挙げたという。CNBCが米国時間10月2日に報じた。GoogleのAIは知能指数(IQ)のスコアが47.28で、Appleの仮想アシスタント「Siri」(IQスコア23.94)のほぼ2倍賢かった。

     AIシステムは急速に発展しており、アシスタントとしての役割を果たしたり、試験を受けたり、さらには戦略ゲームで人間を打ち負かしたりすることも可能になっている。しかし、今回の新たな調査結果は、AIの急速な進歩を不安がる人々の懸念を沈静化するかもしれない。

     知的なシステムがどれほど賢いか(あるいは、どれほど賢くなったか)を評価するには、「知識を獲得し、習得し、創造し、フィードバックする」能力をテストする必要がある、と研究者らは述べている。2014年に、50のAIシステムのIQが評価された。
    (略)
    研究者らがこれらのAIシステムを2016年に再度テストしたところ、Googleが最も賢く、改善のペースが最も速かった(IQのスコアは26.5から47.28に上昇した)が、IQスコア55.5を獲得した6歳の子供さえも打ち負かすには至らなかったという。
    https://japan.cnet.com/article/35108271/

    【【AI】グーグルやアップルが作った人工知能のIQは6歳の子供より賢いわけではないとの調査結果】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    Amazonエコー

    『やりすぎ都市伝説SP 2017秋』で関暁夫さんが紹介したことでも話題になった、IOT家電の「Amazon echo」がいよいよ日本でも年内に発売されることが決定したそうです。Amazon echoには人工知能「Alexa(アレクサ)」が搭載されており、話しかけることで家の中の電気を点けたり消したり、音楽を再生したり、ニュースや天気予報などの情報を音声で教えてくれたりします。将来的には、ネットで繋がった家電はAIで管理できるようになるとも言われています――(おうまがタイムズ)
    Alexa(アレクサ)はAmazonが開発したAIアシスタント。
    アレクサは音声交流や音楽再生、予定表リストの作成、アラームの設定、ポッドキャストのストリーミング、オーディオブックの再生と天気や交通情報、リアルタイム情報などの提供ができる。また、アレクサ自体をホームオートメーションハブとして使用し複数のスマートデバイスを操作可能である 。アレクサを搭載している大半のデバイス(エコーなど)はユーザーが「起動ワード」を話すことでアレクサを起動できるが他のデバイス(iOSやandroid上のAmazonアプリなど)ではアレクサの起動にボタンを押すことが必要になる。
    現在、ドイツ語と英語でのみアレクサの利用が可能である
    https://ja.wikipedia.org/wiki/Amazon_Alexa




    1
    アマゾンジャパン(東京・目黒)は2日、人工知能(AI)スピーカー「エコー」を年内に日本でも発売すると発表した。会話型AI「アレクサ」を搭載し、話しかけることで音楽の再生や、ニュースや天気などの読み上げといったことができる。詳細な発売日や価格などは未定。購入する場合、アマゾンのサイトでの予約が必要になる。

    (略)

    配信2017/10/2 14:06
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21775740S7A001C1000000/



    【【やりすぎ都市伝説で話題の】Amazon、人工知能スピーカー「エコー」年内に日本発売【アレクサ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    インテル、自己学習型AIチップ「Loihi」発表--人間の脳の仕組みを模倣
    2017年09月28日 10時40分

    Intelが「Loihi」という名のニューロモルフィック人工知能(AI)テストチップを発表した。
    環境から獲得したデータから学ぶことで、脳の機能の模倣を目指したものだという。



    Intelでは、「機械と人間の脳を比較する」取り組みから、自己学習型で
    エネルギー効率の高いAIチップが生まれたとしている。
    このチップは非同期スパイクの仕組みを利用して周囲の環境から
    推論を引き出し、どんどん賢くなっていくという。

    (略)

    このようなチップの応用例としては、市中の防犯カメラ経由の顔認識を利用した
    失踪事件の解決、交通の流れに応じて自動調整を行う信号、さらにはロボットの
    自律性と効率性アップなどが考えられると、Mayberry氏は述べた。

    https://japan.cnet.com/article/35107900/



    【【人工知能】Intelが「勝手にどんどん賢くなってゆく」らしい人の脳を模倣した自己学習型AIチップを発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    どうすれば良いと思う?


    【【人工知能】AIをロボットに組み込み本物の人間のようにするには?】の続きを読む

    このページのトップヘ