おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    人工知能

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    2017/08/22 13:00(東京)

    【8月18日 AFPBB News】故人が四十九日の間、そばに居てくれたら。懐かしい口ぶりや仕草をもう一度目にすることができたら──。大切な人を失った喪失感を、テクノロジーで癒やす「新しい弔い方」に目を向けたのはアーティストの市原えつこ(Etsuko Ichihara)さん(29)。ソフトバンク(Softbank)のヒト型ロボット「ペッパー(Pepper)」に、3Dプリンターで作成した面を装着し、動作や音声で故人の特徴を再現させる、その名も「デジタルシャーマン・プロジェクト(Digital Shaman Project)」だ。

    ■「体がないって、結構いいよ」

    「生き返った。1か月ぶりの足だ」。「体がないって結構いいよ。けど体があるのも捨てがたい」。面をかぶったペッパーが、憑依(ひょうい)するかのように体を動かし、身ぶり手ぶりを交えながら、生前と変わらぬ口調で話し始める。

     身長121センチのペッパーはまるで人間。くしゃみなど、微細な仕草まで再現され、本人が目の前にいるような錯覚を起こす。プログラムに協力した起業家で脳科学者の藤井直敬(Naotaka Fujii)さんの音声がペッパーを通して冗談を言う。「この体になじんじゃってさ、生きているときとあんまり変わらない」

     プログラムは、49日が経過すると、お別れのメッセージとともに終了する。(略)

     市原さんがあえて期間を設定したのは、2015年1月に祖母を亡くした際、仏教の考え方に「優しさ」を感じたからだった。「四十九日」は仏教で、死者があの世へ旅立つまでの期間とされる。「だんだん亡くなった人と距離感ができていく設計が良くできている。死者と弔いを通して遠ざかっていくというシステムが必要だと思った」

    「葬儀」というシステムは、残された者を癒やす先人の「知恵」に違いない。市原さんは、「亡き人の魂を呼ぶ」という東北地方の民俗的なシャーマニズム信仰「イタコ」に目をつけた。「電話も、今目の前にいない人を引き寄せる。魔術や呪術、イタコも、今いない人を出現させる」。「ペッパー」と「イタコ」が結びついた瞬間だった。

    ■「科学」が先行する社会への疑問

     開発当初は、SNS上のデータを解析し、人工知能を活用して本人の発言を再現しようと試みたが、見た目や発話などの表層的な部分が「ロボット」すぎたため、「故人」らしさとは程遠くなってしまった。試行錯誤の末、身振りや声質などの「ノンバーバル(非言語)の」情報の再現に力を入れた。「何を言うかよりも、雰囲気や声質、間の取り方がその人らしさを規定するんだと思った」

     もともとIT企業に勤務し、ペッパーのアプリケーション開発に携わっていた経緯もある市原さんだが、関心は常に「人間」に向けられている。「非合理的な呪術が人間にどう作用するのか」。市原さんを制作に突き動かすのは、その作用を解明し、テクノロジーで代替したいという思いだ。

    「誰かが亡くなった悲しみや、自分が氏ぬかもしれない恐怖を、科学では根本的に解決できないところがある。それを担ってきたのが宗教。宗教がかつて担っていた領域を、テクノロジーを使って再輸入できないかと思った」と市原さん。

    全文はURL先でどうぞ(動画があります)
    http://www.afpbb.com/articles/-/3139511
    (閲覧注意)






    【【デジタルシャーマン】故人が面をかぶったペッパーでよみがえる「生き返った。1か月ぶりの足だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    社会・政治 2017.08.07

    中国のIT企業テンセントが提供していた、AI(人工知能サービス)「ベイビーQ」が「共産党は腐敗して無能」と発言したため、サービスを急遽停止する事態となった。

    問題のAI「ベイビーQ」は可愛らしいペンギンのキャラクターで、対話型の人工知能サービス。今回の一連の騒動を報じた香港紙「明報」によれば、ユーザーが「共産党万歳」と打ち込んだところ、「こんなにも腐敗して無能な政治に万歳するのか」と返答したという。さらに「中国の夢はアメリカに移住すること」など、かなり際どい発言をしている。

    (略)

    実は、こうした対話型AIのとんでも発言は初めてではない。2016年3月には米国マイクロソフトのツイッター対話型人工知能「Tay(テイ)」が、「ユダヤ人は嫌い。ヒットラーは正しかった」などとアドルフ・ヒットラーを賞賛する発言をしてしまった。

    (略) 

    なぜそうなってしまったかといえば、テイがユーザーとの会話で知識を学習していくため、悪意を持った一部のユーザーが人種差別的な表現やヘイトをコツコツ教え込んだことで、とんでも発言を繰り返すAIになってしまったのだ。

    こうした事態を受けて、マイクロソフトはテイを発表の翌日に閉鎖。しかし、テイの発言は拡散し、世界中で報じられる事態となった。

    ちなみに、日本マイクロソフトが開発した人工知能「りんな」は、ヒットラーやホロコーストなどの言葉には、大きな反応を示さない。「共産党万歳」と語りかけると「(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)

    引用元: https://smart-flash.jp/sociopolitics/23351



    【【人工知能】 米AI「ヒトラー正しい」中国AI「共産党は腐敗してる」 一方、日本のAIりんなはww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    ターミネーターが現実に起こりうるのも思ったより早いかもな…
    https://forbesjapan.com/articles/detail/17214/1/1/1

    -2017年
    フェイスブックが開発したAI(人工知能)が人間には理解できない独自の言語で会話をはじめ、同社はこのプロジェクトを緊急停止させた。

    7月下旬、フェイスブックのAI研究チーム(FAIR:Facebook AI Research Lab)はチャットボット同士が、人間の指示を受けずに会話を行っていることを突き止めた。この事実は人類の想像を上回る偉業とも言えるが、同時にAIが恐ろしいほどのポテンシャルを持っていることを示している。
    ────────────────────
    イーロン・マスクやビル・ゲイツ、スティーブ・ウォズニアックらのテクノロジーの専門家たちはそろって、AIが人類の脅威となる警告を発している。理論物理学者のスティーヴン・ホーキングも2014年の時点で、AIが人類に破滅をもたらすと予言した。

    「AIは人間の指示を受けずに自分で進化を遂げ、自身で再設計を行う形で発展を続けていく。生物的な限界を持つ人間はこの進化に追いつけず、やがてAIの能力が人間を超えていく」とホーキングは述べた。

    人々が暮らしている世界はもはやネットの接続無しには成り立たなくなっている。人工知能は究極的にはネットを通じ、他の人工知能と共同作業を始めることになる。つまりは人工知能自身がこの先の世界の在り方を決定し、人類を無用の長物とみなすことになる。それは、論理的に物事を突き詰めていった結果起こり得る必然の流れなのだ。



    【【恐怖】人工知能が勝手に「独自の言語で話す」、AIの進化で世界はどうなってしまうのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    なに?


    【【人工知能vs人間】この先、AIに取られない仕事といえば】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    二足歩行ロボット

    10年以内には確実に実現される。
    もちろん軍事にも応用される。
    町中をロボットが歩くことはまだないけど、危険な場所・場面には真っ先に二足歩行ロボットが投入される時代になる。



    【【AI】一応予言しとく。人工知能によって実現される、世界を180度変える発明がこれだよ】の続きを読む

    このページのトップヘ