おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    人工知能

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2017/03/23(木)15:52:50 ID:YEO
    開発者「やったー!5年の歳月と3000万の費用をかけてついに念願の美少女ロボができたぞ!」

    美少女ロボ「あ、自分ちょっと外の世界に興味があるんで旅にでますね。さよなら」

    開発者「」

    ↑こういう状況になった時開発者には人造人間を引き留める権利が無いってことになるよね
    そう考えると人造人間が将来技術的に開発できるようになったとしてもとしても扱いに困ることになりそう



    【【アンドロイド】人造人間に人権が与えられる世界になったとするじゃん、そうすると】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    コンビニの無人化とか無理やろ
    絶対にお前らみたいなキチが発キョウして破壊するに決まっとる



    【【人工知能vs人類】AIが発達したらサービス業が無くなる←これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    おだててあげないと仕事しない


    【こんなAI (人工知能) は嫌だ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    カナダ・アルバータ大などのチームは、人工知能(AI)技術を
    駆使したポーカーのコンピューターソフト「ディープスタック」が
    プロを相手に圧勝したと米科学誌サイエンスに2日発表した。

    *+*+ 47NEWS +*+*
    https://this.kiji.is/210109600304072188?c=39546741839462401 



    【【運も感情も凌駕】AI、ポーカーでもプロに圧勝 人間ヤバくね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    攻殻機動隊 “電脳化”トランスヒューマン
    (C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会

    『攻殻機動隊(GHOST IN THE SHELL)は、士郎正宗による漫画作品で、劇場用アニメ映画が1995年に公開されて以降テレビアニメ、小説、実写映画化と、今もなお日本のみならず海外でも愛され続けている作品ですが、この作品に出てくる「電脳化」「義体」「サイボーグ」「アンドロイド」といった科学技術要素がリアルで今の社会で実現されそうだと、度々話題になっています。トランスヒューマンの思想を早くから描いている『攻殻機動隊』、みなさんは将来技術的に可能なら“電脳化”してみたいですか?(おうまがタイムズ)
    1
    電脳化したくなるよな


    【【トランスヒューマン】攻殻機動隊見てるとさ “電脳化” してみたくならない?】の続きを読む

    このページのトップヘ