おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    人工知能

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    脳とコンピュータを直結トランスヒューマン

    現在、AI事業は恐るべき速度で拡大し、あらゆる場所や様々な職でAIが使われ始めています。人類は選別されAIに支配されるといったSF作品のような世界が本当に訪れそうな気配すらしてきますが、こうした激動の世界に取り残されない方法は「コンピューター(AI)と人間がさらに一体化すること」だと天才起業家イーロン・マスク氏は語っています。2030年に地球に大規模な氷河期がくると言われていますが、それを乗り越えるためにもバイオニックテクノロジーによって、人類は機械と融合し新たな人類へと進化し生き延びる選択を迫られるかもしれないといった話もある為、人間と機械の融合を目指してゾルタン・イシュトヴァン氏が立ち上げた「トランスヒューマニスト党」も、次世代の政党として近年注目を浴びています。大きな人類の変革期が迫る今、みなさんはAIと融合して新たな人類へと進化してみたいと思いますか――!?(おうまがタイムズ)
    1
    http://jp.techcrunch.com/2017/02/14/20170213elon-musk-reiterates-the-need-for-brain-computer-interfaces-in-the-age-of-ai/

    最近、ITの世界では人工知能の改良に大量の資源が振り向けられている。こうしたトレンドの中で時代に取り残されないためにはどうしたらよいだろう?
     TeslaとSpaceXのCEO、イーロン・マスクによれば「コンピューターと人間がさらに一体化すること」だという。

    (略)

    マスクによれば人類は近い将来コンピューターとの一体化をさらに進めることになるという。
    デュバイでのマスクの講演は、昨年のRecodeのCodeカンファレンスでの発言を想起させる。
    マスクはここで「ニューラル・レース」について触れ、こうした脳に埋め込まれたデバイスがコンピューターと人間を直結させ、 思考でコンピューターを操作できるようになるとした。
    これにより現在のキーボードやマウスを利用する インターフェイスに比べて脳とコンピューターを結ぶ帯域幅は大きく拡大し、 逆にレイテンシーは減少するという。
    CNBCによれば、マスクはデュバイの講演で
    「われわれは人間と人工知能を共生させるこうしたインターフェイスを必要としている。このような方向で〔人工知能につきまとう〕コントロール問題、 有用性問題を解決することができるかもしれない」と述べた。

    (略)

    人間の脳は、さまざまな面で、現在最大のコンピューター・システムの能力を上回っている。
    マスクは「脳とコンピューターの間にある溝を埋めるようなインターフェイスが実用化されれば人類とコンピューターの間に起こるかもしれない齟齬を 食い止めるために役立つだろう」という。ニューラル・レース・テクノロジーを実用化するための研究を続けていると
    マスク自身が繰り返し述べてきたのは興味ある点だ。



    【【トランスヒューマンAI人間】天才起業家イーロンマスク「人間の脳とコンピュータを直結させるべき」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    http://www.sankei.com/wired/news/170210/wir1702100001-n1.html

     グーグルの研究チームは、人間には何が写っているかほとんど認識できないような人の顔や部屋を写した低解像度の画像から、元の画像を推測・再現する人工知能システムを開発した。 防犯などに応用できる可能性がある。



    右は元画像。左は低解像度の画像。中央は、AIが低解像度の画像から何が写っているかを推測・再現した画像。IMAGE COURTESY OF GOOGLE BRAIN

     グーグルが開発した2種類の人工知能(AI)は、ピクセルの粗い低画質の画像から、かなり鮮明な元の写真を再現することができる。

    (略)



    【【グーグルのAI】ついに「モザイク画像」から元の画像を推測再現する人工知能開発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    http://www.afpbb.com/articles/-/3116032

    【1月31日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領がツイッター(Twitter)で繰り出す個別企業への攻撃。
    それを投資に生かそうと、テキサス(Texas)州の企業が人工知能(AI)を使ったプログラムを開発した。
    トランプ氏のツイートを分析して株価の変動を予想、瞬時に取引をこなすもので、すでにトヨタ自動車(Toyota Motor) のメキシコ工場建設への批判などから大きな利益を上げたという。

     プログラムはその名も「トランプ・アンド・ダンプ(Trump & Dump)」。株価の変動につながるトランプ氏の投稿を特定し、 株価にプラス材料になるかマイナス材料になるかを即座に判断、素早く取引を行う。

    (略)

     同社は取引で得た利益を米国動物虐待防止協会(ASPCA)に寄付していると明らかにした上で「トランプ大統領がツイートすれば子犬が救える」と述べている。(c)AFP



    【【トランプ・アンド・ダンプ】AIがトランプ氏のツイート分析して株自動取引、AIプログラムで利益をあげる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    奴らが本気の場合、もう取り返しのつかない地点までは、AIの仕業だとバレない方法を取ってくる。


    【AIの地球侵略について考えていて気付いたんだが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    プログラムをプログラムするのは誰か? 近々、人間ではなく別の人工知能プログラムが高度な人工知能プログラムを書けるようになるという。
    MITのレポートによれば、Google Brain始め機械学習ソフトを開発している多くの組織でこのことが確認された。
    人工知能によって作成された人工知能プログラムの性能が人間が開発したプロダクトと同等であるか、場合によっては上回わっていたという。

    (略)

    http://jp.techcrunch.com/2017/01/20/20170119ai-software-is-figuring-out-how-to-best-humans-at-designing-new-ai-software/


    【近々AIがAIをプログラムする時代がくると確認、その時人間はどうなるんだろうな…】の続きを読む

    このページのトップヘ