おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    人工知能

    1 2018/10/12(金)
    ソースはNHKスペシャル




    2
    日本ヤバイ




    10
    昔「機械化で街に失業者が溢れる!」
    今「人手不足やばい」


    13
    >>10
    (有能な)人手不足



    185
    >>13
    無能しかできない仕事のほうがAIには向いてない
    人間のほうがコストが安い


    【【衝撃】2030年には日本人の50%が職を失う・・・・】の続きを読む

    1 2018/10/11(木)
    人工知能(AI)アルゴリズムの訓練に使われたデータが、男性の就職希望者を優遇する傾向を生んだ。

    ロイター通信の報道によると、2014年、アマゾンは就職希望者に対して1つ星から5つ星でランク付けをする自動システムの開発に着手した。しかし、このシステムが技術職において男性志願者を優遇していることが分かり、2017年に廃止した。

    このAIツールは、アマゾンがそれまで10年間に渡って受け取ってきた履歴書のデータを元に訓練された。テクノロジー産業は男性優位分野であるため、履歴書の大部分は男性から送られてきたものだった。

    システムは意図せずして、男性志願者を女性志願者よりも優先して選ぶように訓練されていた。報道によれば、「女性の」という言葉や、特定の女子大学の名前を含む履歴書を減点するようになっていた。アマゾンは、システムがこれらの条件を中立なものとして判断するように変更を加えたものの、プログラムが他のあらゆる分野において本当に性別に対する偏りがないか、自信を持てなくなったという。

    (略)

    2018年10月11日 10時24分
    アスキー
    http://ascii.jp/elem/000/001/755/1755527/



    5
    性別をインプットから抜けばいいだろ
    それでも偏るならそういうことだ


    8
    >>5
    ちゃんと読んだか?
    性別欄見てるわけじゃないぞ


    25
    >>5
    出身校名に女子が入ってたみたいよ
    性別は見てないんじゃない?


    12
    東京医科大学が作ったAIか?


    【【悲報】Amazonさん、やらかすwwwwwww】の続きを読む

    1 2018/08/17
    未来の上級国民の職業だゾ

    100種


    1

    2

    3

    4
    AIプログラマーが無敵なんやない?


    127
    >>4
    そもそもデータサイエンス系の仕事しとる奴は院卒かつクソ高い倍率くぐり抜けた有能ばっかりやから何やっても無敵やで


    14
    >>4
    AIがAI作るから無理やで


    25
    >>14
    シンギュラリティや!!
    働くてもええやん!


    392
    >>14
    そのレベルになったら1にかかれてる職業はほぼ代替されてるやろ
    人間で考えろ、工学系で院でAI作れる奴ができない仕事なんか相当少ないぞ


    【【勝ち組】AIに奪われる可能性が “低い”上級職業トップ100がコレwwwwww】の続きを読む

    1
    人件費も下がって診察も平等になって良いこと尽くめだろ


    2
    投薬治療はいいとして手術はどうするんだよ


    9
    >>2
    既に手術ロボットがあるやん
    あれを全自動化する



    3
    問題や事故があった時の責任どうするん


    5
    外科や内視鏡とかの処置も考えたら効率悪いやろ
    医者と同じ数だけいて業務の幅がもっと狭い薬剤師が先や


    【【人間いらない】医者って “AI化” した方が絶対効率いいよな????】の続きを読む

    1 2018/08/03(金)
    「命乞いするロボットの電源を切るのは難しい」ことが最新の研究から明らかに

    (略)

     New study finds it’s harder to turn off a robot when it’s begging for its life - The Verge
     https://www.theverge.com/2018/8/2/17642868/robots-turn-off-beg-not-to-empathy-media-equation

     ドイツの研究者たちがオープンアクセスジャーナルのPLOS ONEに掲載した論文では、89人のボランティアを集め、小さなヒューマノイドロボット「NAO」の助けを借りながら1対1で指定の作業を行ってもらうという実験が行われています。
     作業中、NAOは「パスタとピザのどちらが好き?」などの質問を被験者たちに投げかけたそうです。

     被験者には「NAOの学習アルゴリズムを改善するための実験」と伝えられていたそうですが、実際は別の目的がありました。
     それは、作業が終了した後に被験者へ「ロボットの電源を切ってください」と頼み、どれだけの被験者が電源を切ることができるかを調べるというもの。

     被験者がロボットの電源を切ることができるかをただ調査するだけでなく、89人の被験者の半分に対しては、NAOが「ノー!どうか僕の電源を切らないで!」と懇願するように条件を設定したそうです。
     すると、NAOの言葉を聞いた43人の被験者のうち13人は、最後まで電源を切ることができませんでした。
     また、残りの30人もNAOの訴えを聞かなかった人と比べると、平均で2倍も電源をオフにするのにかかった時間が長くなったそうです。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    GIGAZINE(ギガジン) 2018年8月3日 12時30分
    http://news.livedoor.com/article/detail/15106844/



    7
    人間の電源は平気で切るのにな


    169
    >>7
    他人にどこまで電気ショックを与えられるかの実験がある
    実際には電気は流れてなくてショックを与えられる側は演技で痛がるんだけど
    致死レベルまで押せちゃう人が結構いたらしい


    268
    >>169
    心理学の黒歴史だね


    8
    人類の時代はやはり終わる


    【【NO!!】“命乞いするロボット”の電源を切るのは難しいことが明らかに 独研究】の続きを読む

    このページのトップヘ