おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    人工知能

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2017/12/05(火)
    シンギュラリティが始まったようです。詳細は以下から。

    人間を越える人工知能が現れ、自らの力で新たな人工知能を作り上げてゆく未来。シンギュラリティ(技術的特異点)と呼ばれる時系列的な瞬間は2045年頃に起こるとされていましたが、既に私たちはその領域に足を踏み入れていました。

    Google Brainの研究者らが「自らの力で新たな人工知能を作り上げるAI」であるAutoMLの開発に成功したと発表したのが今年2017年5月のこと。そしてこの度、AutoMLが作り上げた「子AI」はこれまで人類が作り上げたAIよりも優れた性能を持っていたのです。

    (略)

    NASNetはコンピュータ視覚システムという限定されたタスクを行うAIですが、10月にBUZZAP!が報じた「AlphaGo Zero」も「強化学習」を用いて囲碁の基本ルール以外を全く教えない白紙の状態からこれまでの人類の編み出した打ち手のデータを用いず、わずか3日間で従来型「AlphaGo」に100勝0敗で完勝したばかり。

    今後も諸分野で人間が作ったよりも高性能なAIをAIが自ら生み出していくという事例が増えてきますし、まさにそれはシンギュラリティそのもの。つい先日サウジアラビア市民の人型ロボットSophiaが「家族や子どもが欲しい」と発言したばかりですが、「AIの子作り」はもはやSFの世界の話ではなく現実に起こっています。

    この世界が人類のものでなくなる瞬間は意外と早く訪れるのかもしれません。

    配信2017年12月5日10:16
    BUZZAP
    http://buzzap.jp/news/20171205-google-brain-nasnet/



    【【ついにシンギュラリティ始る!?】GoogleのAIが自力で「子AIの作成」、しかも人間作より優秀ってヤバない?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    ロボット導入や自動化の進展で、2030年までに現在の世界労働力人口の2割余りに当たる最大8億人が職を失う可能性がある。
    米マッキンゼーの調査部門が46カ国と800を超える職種を対象に実施した新たな調査で判明した。

    マッキンゼー・ク"口ーバル・インスティチュートが29日発表した調査報告によれば、
    ロボット化・機械化は先進国、新興国の双方に影響が及ぶ。

    自動化が職種全般に急速に広がれば、機械のオペレーターやファストフード店の従業員、事務専門職などが最も大きな影響を受けるという。

    ロボット化の進展がそれほど急速でなければ、仕事を奪われるのは4億人程度だが、
    これらの人々はあと13年のうちに新たな仕事を見つけなければならないだろうとしている。
    https://www.bloomberg.co.jp//news/articles/2017-11-29/P05SZ86JTSE901





    【【2030年までに大量失業か】世界の8億人から仕事奪う、ロボット・自動化 大きな影響を受ける職業は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2017/11/27(月)
    だとしたら危険じゃね??


    【AI(人工知能)が人間を攻撃する可能性ってあるの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    NEC、名作文学をコーヒーで再現 AI活用「飲める文庫」

    NECは10月24日、名作文学の読後感をAI(人工知能)で分析し、コーヒーの味わいとして再現する 「飲める文庫」を開発したと発表した。NECのAI技術と、コーヒー豆専門店「やなか珈琲店」の開発技術を 生かした取り組み。人とAIとの協調を身近に感じてもらうことが目的という。



    NECが「飲める文庫」を開発

    ラインアップは島崎藤村「若菜集」、太宰治「人間失格」、夏目漱石「吾輩は猫である」「こころ」「三四郎」、 森鴎外「舞姫」──の6種類。「こころ」は、濃厚なインドネシア産マンデリンにブラジルのキレのある苦味を加え、 「誰のこころにも潜み、 いざというときに現れる苦々しい人間のエゴが垣間見える」味だという。



    「こころ」をコーヒーで再現すると?

    NECのデータサイエンティストが、文学作品のレビュー文1万件以上を、コーヒーの味覚指標 (苦味、甘味、余韻、飲みごたえなど)に変換した学習データを作成。「悲しい結末だった」は苦味、 「青春時代の懐かしさを感じた」は甘味に変換するといった具合だ。

    学習データは、ディープラーニング技術を搭載するNECのソフトウェア「NEC Advanced Analytics - RAPID機械学習」に投入。
    6点の文学作品のレビュー文からその味覚指標のレーダーチャートを作り上げ、やなか珈琲店がレーダーチャートを 踏まえてレシピを作り、6種のブレンドコーヒーを開発した。

    (略)

    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1710/24/news061.html



    【【AIで飲む文庫】AIで名作文学をコーヒーに!『人間失格』『こころ』など「人間のエゴが垣間見える」味再現】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2017/11/15(水)
    「AI市場は今後すさまじい勢いで伸びていく」──IDC Japanは11月15日、国内のコグニティブ/AI(人工知能)システム市場予測を発表した。16年の市場規模はユーザー支出額ベースで158億8400万円と推定。21年には2501億900万円まで拡大する見込みという。

    国内コグニティブ/AIシステム市場のユーザー支出額予測(2016年~21年)



     IDCは同市場を「自然言語処理と言語解析を使って質問に応答し、機械学習をベースにレコメンドなどを行う技術」と定義。カスタマーサポートなどで顧客に自動応答するチャットボットやECサイトなどで購入履歴に応じた商品をレコメンドするなどのシステムを想定し、「汎用的なAIでなく、あくまで人間を補助する“弱いAI”と考えてもらっていい」(IDC Japan 眞鍋敬さん)という。

     16年は、AI導入による効果検証をする企業が多く、実際のビジネス活用は少なかったとしている。ユースケースは、専門職の分析・検索をサポートするアシスタント機能、製造業向け品質管理などが多かったと推定する。「今は効果検証のフェーズだが、今後数年でビジネス活用が進み、非常に大きく成長する市場だ」(眞鍋さん)

    (略)

     AI市場は、16~21年で年間平均成長率73.6%になる見込みという。「これはすさまじい伸び方。今、企業がAIに投資するのは全く間違っていない」

    IDC Japan株式会社 国内コグニティブ/AIシステム市場予測を発表
    https://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20171115Apr.html

    配信2017年11月15日 14時02分
    ITmedia
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/15/news095.html



    【【人工知能】今後はすさまじい伸び!国内AI市場、6年間で15倍以上の成長見込みが】の続きを読む

    このページのトップヘ