おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    心霊

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    334
    やめてたネトゲに15年ぶりに帰ったら、
    痛々しいキャラで有名だったA子ちゃんがランカーになってた。

    当時で25歳とか言ってたから、
    もう40になってるはずだけど話し方は痛々しいままだった。
    チャットで騒ぎまくるしうるさいからブロックしたらその瞬間にバレたみたいで
    狩場までついてこられてずっとPKされた。

    あまりのウザさに運営に通報ボタン連打したら、
    A子ちゃんは3日後に30日のBAN措置だかくらってtwitterで暴れてた。
    首や腕をカミソリで切ったりした写真をtwitterに上げてて、
    今はアカウントが削除されてるけど
    ゲームが30日できないくらいの事で発キョウするような人を相手にしてたのかと考えるとゾッとした。

    【【ネトゲの怖い女】ネトゲにいた痛々しいキャラA子の恨みをかってしまって…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    556
    交通量の少ない高速のトンネル走ってると、ミラーに乗用車っぽいのが
    煽ってるように見えるんで先に行かせてあげようと譲り車線に来たときに
    譲ると、なぜか煽ってる車がどこにもいないんだよ。
    確かにミラーにライトがチラチラ映って煽ってる感じがするんだよな。
    こういうことってよくあるんだけど気のせいか?
    死亡事故があったトンネルだとやっぱ車のオバケって出るのかな。


    【【霊感の強い運転手 後編】見ちゃいました…全国各地で体験した心霊話教えて!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    霊能者

    小学生の時に家族で引っ越した所は心霊物件だったようで、怖い話で聞くような怪奇現象が次々に起こる家だった。最初は笑っていたが、家族が体調を崩し始め困っていたところに、父親繋がりのある人が霊能者を連れてきて――(おうまがタイムズ)



    685
    中古住宅をリフォームして家族(両親、当時オレ小学6年、妹小学3年)で引っ越した時の話。

    金縛りがあったり、廊下でヒタヒタ素足で歩く男がしたり。
    居間と廊下の戸のガラスに赤い影が張り付いてたり、
    怖い話にでてくるような怪現象がたくさんあった。
    その当時はあまりの非現実感から
    「うはwww幽霊Ktkr!」
    とか怪現象を適度に楽しんでいたけど。


    【【除霊】幽霊屋敷の我が家にある人が「霊能者を紹介する」とパーカー着た若いにーちゃんを連れてきた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    心霊いい話私を救ってくれた幽霊

    高校生の時に同級生を好きになって、猛烈なアプローチの結果付き合うことになったけれど、お互いを分かり合う前に事故で亡くなってしまった彼。悲しみを乗り越え新たに好きになった人がいたけれど、今度は一方的に婚約を破棄されてしまい――(おうまがタイムズ)



    930
    まだ高校生の頃の話から始まります。
    かなり長いですがすみません。 

    当時私には彼氏がいました。
    クールで口数が少ないけどかっこいい同級生の彼のことが好きになって
    私から熱烈にアタックして付き合うことになったんです。
    付き合うことになったのはいいけど、
    彼は私が憧れてたような愛情表現がなかったんです。
    ぶっきらぼうだしいつまで経っても名字で呼び捨てだし…。

    ただ、私と二人で喋ってる時はほかの人には見せないような
    とても優しい目で真っ直ぐ私を見てくれてました。
    それでも私は不安になってました。
    もしかしたら女としてではなく、
    自分の姉妹を見るような感覚なのかなって。

    思い切って彼に気持ちを確かめようと思ってた矢先、
    彼は車に轢かれて突然亡くなってしまいました。
    手を繋いだこともなく、彼のぬくもりを知らないまま
    私の目の前から突然去って行きました。


    【【心霊いい話】恋人の死、両親の自サツ、生きる気力を失い飛び降りようとした私の前に現れた幽霊】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    何かあるよね


    【【霊感の強い運転手 前編】見ちゃいました…全国各地で体験した心霊話教えて!】の続きを読む

    このページのトップヘ