おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    心霊

    1
    ほんとに


    2
    それが仏教だよ


    3
    逆になんで怖くなるの?


    7
    >>3
    ほんとに無になるって思うなら発キョウしそう


    5
    信じようが信じまいが全員行き先は一緒だよ


    9
    怖くて良いのです


    【【死=消滅】無宗教の人たちって死んだら“ 無 ”になるって怖くないの?】の続きを読む

    766: 2015/08/10(月) 17:16:47.38 ID:+QVRjvjK0.net

    ちょっと昔の話 

    ある家で、家人が自ら命を絶った。 

    ただ、まだ買って数年で、ローンも満載のため、
    家を売ってからしか引っ越せない状態だったので、
    「居住中」のまま中古物件として販売した。 

    うち専任ではなかったんだけど、
    家は新しく、立地が良いこともあって問い合わせが多く、
    何度も人を案内したけど、なかなか仮審査すら申請がない。 

    家はリフォームしてきれいにしてるし 
    亡くなった後に家人が住んでいる、というのはプラスポイントだし 
    (家人がいない説明だと、一家心中等を想像する人が多いため) 
    決まらないのはおかしいなあ、と思っていた。 

    ただ、案内した時に、二階の和室(亡くなった部屋)に案内すると、
    日当たりの良い和室のはずなのに、何故か皆口をそろえて、

    「この部屋は暗い」とか「かび臭い」

    と言うので、
    案外みんな何か感じ取るもんなのか?とちょっと不思議な気持ちになっていた。
    (ちなみに俺は前々わからなかった)



    【【そんなバカな!?】客「アソコ、お祓いしないの?」俺「へっ!?」自殺した人の家を中古販売したら「買 い に 来 た 客」だけに幽霊が出ると騒ぎになった・・・】の続きを読む

    32
    神奈川で働いてるとき、会社の2階が気味悪く
    自称霊感が強いという課長が「何かいる」と。
    ワイはそんな事なかったけど、2階の扉が開いてて、そこへ白い煙の塊
    の様なものが吸い込まれていくのを目にする(ガチ)

    ワイは知らんかったけど、出る出る言われてもう何十年も放置してて
    社長含めみんな「いる」と思ってる状況で放置してたらしい。

    さすがにお祓いをと近所の神社へお祓いを依頼し、塩や神棚等用意。
    当日社長含め社員30人ほどと2階でお祓いを。

    神社から来た神主は、きっとあほらしく思っていたのでしょう。

    ワイら全員が頭を下げ、神主がお祓いを始めた所
    2階中のオフィス家具や天井や壁から、よくわからないクラップ音?って言うのか?
    バキバキ~みたいな音が一斉にしだす。

    ワイら「あ~始まったな~(棒)」みたいな感じに思ってて
    しばらくして、お祓い中ではあるが周りが気になったワイが顔をあげて見てみたら

    神主ブルブル震えてた。

    信じてなかったなっと確信したワイ。

    当然ながら収まるはずもなく
    その後も2階の気持ち悪さは緩和されず。

    結論、お祓いは意味ないで。


    【【神主が怖さに震えた】課長「この会社、何かいる…」ワイの職場にガチでヤバいのがいる模様。最初は舐めてた神主もガチで怯え、それでもお祓いを始めた結果・・・】の続きを読む

    1 2016/01/05(火)13:37
    2年前の話だけどね


    2
    聞きたい


    9
    2年前の朝早く、新聞受けに手紙があったのよ。
    内容は
    自分は自治会長をやってる。
    お宅の犬の声がうるさい。
    糞の始末がされてない
    執筆活動の邪魔だ
    ここから出ていけ、さも無くば家族がどうなったもしらんからな
    と手紙が入ってたのよ。



    10
    ついでにうちを盗撮した写真も添えられてて。

    まぁ確かにうちに犬はいたんだよ。
    けどこの手紙が来る大分前に犬は氏んでて当時犬はいなかったんよね。



    12
    ヒェッ


    【【ヒエッ!?】隣の家から脅迫状か届いた「うるさい!ここから出ていけ、さも無くば家族がどうなってもしらん」→証拠のビデオを一緒に見て隣人も俺もゾッとした・・・】の続きを読む

    594
    個人的に怖かった話。
    去年のお盆直前に父方祖母が90超えで大往生。
    祖母は田舎の本家の隠居だったので、親の世代まではなくなった日から
    祖母宅というか父方本家(農家の日本家屋)に泊り込み。
    だけどお盆という時期柄、お坊さんの都合がなかなかつかない。
    結局お通夜まで4日ほど日にちが開いた。
    私は仕事の関係でお通夜から合流したのだけど、
    そこそこ広い家とはいえ夏場に20人以上の合宿はきつかったらしく
    駅まで迎えに来た両親は既に軽い躁状態。
    「おばあちゃんがね、夜になると外廊下走ってるの~
    氏に装束の白無垢着てね、猛ダッシュしてるの、可笑しくて」
    やら
    「おじいちゃん、もう亡くなって30年経つでしょ?
    おばあちゃん来るの待ちきれないみたいで夜になると
    そこら中フラフラしてるし」
    やら、出てくる話がずっとこんなのばっかり。
    本家で合流した親戚もほとんど目が軽く逝ってる。
    最初はやばい雰囲気を感じてたけど、疲れきってる一同に代わり
    用事で走り回ってるうちに自分も同じ状態に。
    寝ずの番してる最中は普通に
    「あ、おばあちゃん走ってるね~」とか酒飲みながら話してた。

    お葬式も無事終わったあと、自宅に帰ってから落ち着いて考えたら
    かなり怖くなった。
    その場では白無垢で全力疾走な婆さん見ておかしかったんだけどね・・・


    【【ファッ!?】親「90で亡くなった婆ちゃんが白無垢で全力疾走してるわ」私「あ、婆ちゃん走ってるね~」死んだ爺ちゃんも出てきて葬式も笑うしかない←何が起こってんだよ!?】の続きを読む

    このページのトップヘ