おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    心霊

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    泣ける霊体験 おうまがロゴ

    泣ける霊体験『守護霊になった我が子』『ピエールが美しくハンサムになった瞬間』『おじいちゃんと梅の木』


    『守護霊になった我が子』

    初めての子は流産でした。

    妊娠が判った時は喜び、いつみんなに教えようか、
    どんな子に育てようかなどと夢ばかり語る日々でその事は起きました。
    夫婦共に落ち込み、何がいけなかったか
    悔やんでばかりいました。
    その子を生んで上げられなかった事を
    申し訳なく思ってました。

    1年程過ぎ、妻が妊娠したことが判りました。

    ただ前の様に喜べず、
    『もし、まただめだったらどうしよう。』
    そんな事ばかり思い悩む妻に対し
    大丈夫としか言えず、日々悶々と暮らしていました。

    妊娠が判ってから3日目の夜、夢の中で一人の青年が
    一人の子供と手をつないで立っていました。
    訳が判らず、青年の顔をじっと見ていると
    不思議と懐かしい気がしてきました。

    私 『お前は、この前の生まれなかった..』
    青年『はい。○○○と言います。』
      (ここの名前忘れました。
    私 『名前があるのか?』
    青年『はい。こちらにきたので名前をつけてもらいました。ごめんなさい。』
    私 『いや、それより』
      (20歳位になってかなりいい男になったのを関心し、私はその青年の横にいる、2歳位の子供が気になり出した)
    私 『その子は..』
    青年『今度、お父さんとあ母さんに生まれる子です。名前はお父さんがつけて下さい。』
    私 『女、いや、男の子か。』
    青年『はい。そんなに心配しないで下さい。今度は僕が守っていますから大丈夫です。』

    ここで夢から覚めました。

    実感があり、また、疲れてもいない夢は初めてでした。
    妻は寝ていたのでこの事は翌朝教えました。
    この前の流産だった子が元気(?)でいた事、
    そして今度の子を守ってくれると言う事。
    妻はこの話を信じ、不安もなくなった様です。
    (妻に後日聞くと、嘘か本当か別にして守ってくれているものがあるという事で不安が無くなったと言ってました。)

    現在息子は3歳になり元気です。

    夢に出てきた時の姿がそっくりなので
    今だにあの青年が息子を守っているのだと信じています。
    これを守護霊と呼んで良いのか判りませんが
    (私たち夫婦は『お兄ちゃん』と呼んでます。)


    【泣ける霊体験『守護霊になった我が子』『ピエールが美しくハンサムになった瞬間』『おじいちゃんと梅の木』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    笑える霊体験

    笑える霊体験『供養の礼にお前を料理人にしてやるよ』『結婚式の心霊PV』『俺は生ゴミかよ』


    『供養の礼にお前を料理人にしてやるよ』

    霊体験になるのかどうかわからないんだけど、よく無縁仏の霊に頼られる。
    来たら腰が痛くなったり眠気が強くなったりするからお祓いに行くんだけど、お祓いの際霊の言い分?も聞くんだ。

    俺「何で俺に憑いたの?」

    無縁仏「料理人だから。」

    専門学校行きながら寿司屋でバイトしてて、魚捌いたりとかしてるんだけどそんな理由で来られてもw

    無縁仏「お前の腕を磨くために力になりたい」

    俺「いや、いらんし」

    無縁仏「市内で有名な料亭で花板してたんやぞ」

    俺「いや、眠かったり腰痛いからいいよ」

    無縁仏「ここで供養してもらったからほんのお礼だ」

    俺「いや、バイトだからいいよ」

    無縁仏「お前は筋がいいから俺が仕込んでやるよ」

    結局、寿司屋に就職が決まってしまった。

    店長にめちゃくちゃ気に入られたんだけど、他にも家が割烹やってる子と仲良くなって親父さんに気に入られて「うちに来いよ」って言われたり。

    料理人になるつもりなかったのにどんどん料理業界に引きずり込まれてしまった。

    ちなみにおかんも霊に頼られるタイプらしく、墓場や事故現場や古戦場近くを通るたびに霊をひっつけて帰ってくる。


    【笑える霊体験『供養の礼にお前を料理人にしてやるよ』『結婚式の心霊PV』『俺は生ゴミかよ』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    泣ける霊体験 おうまがロゴ

    泣ける霊体験『ダメなおかあさんでごめんね』『神風特攻隊の任務を遂行した息子』『肩の白いモノ』


    『ダメなおかあさんでごめんね』

    誰が言ったか忘れたが、男が涙をみせていいのは、
    財布を落とした時と母親が死んだ時だけだそうだ。
    そんなわけで、人前ではほとんど泣いたことのない俺が
    生涯で一番泣いたのはお袋が死んだ時だった。

    お袋は元々ちょっとアタマが弱くて、よく家族を困らせていた。
    思春期の俺は、普通とは違う母親がむかついて邪険に扱っていた。
    非道いとは自分なりに認めてはいたが、生理的に許せなかった。
    高校を出て家を離れた俺は、そんな母親の顔を見ないで大人になった。
    その間実家に帰ったのは3年に1回程度だった。

    俺も30を越え、いっぱしの家庭を持つようになったある日、
    お袋が危篤だと聞き、急いで駆けつけた。
    意識が朦朧として、長患いのため痩せ衰えた母親を見ても、
    幼少期の悪い印象が強くあまり悲しみも感じなかった。

    そんな母親が臨終の際言った。

    「ダメなおかあさんでごめんね」

    精神薄弱のお袋の口から出るにはあまりにも現実離れした言葉だった。

    「うそだろ?いまさらそんなこといわないでくれよ!」

    間もなくお袋は逝った。


    【泣ける霊体験『ダメなおかあさんでごめんね』『神風特攻隊の任務を遂行した息子』『肩の白いモノ』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    笑える霊体験

    笑える霊体験『600円ないとあの世にもいけない』『物凄い屁の音』『ハエおばちゃん』


    『600円ないとあの世にもいけない』

    2週間ほど前、仕事中に意識失って倒れた、
    救急車で運ばれて検査したら心筋梗塞含め悪い部分が出ること出ること…。
    で、倒れて意識無かった時の話、何故か近所の江戸川の土手に立ってる俺。
    矢切りの渡しの向こうからエンジン付けた舟が俺んとこにまっすぐ向かってくる、

    (ははぁ、これが三途の川だな)

    何故か納得する俺。
    ほっかむりした船頭さんが「船賃6文だよ」って言う、確か机の中に600円あったなぁと
    引き出しを開けたのよ(事務所の俺の机、なんで川岸にあったとか無粋な突っ込みナシな)。
    そしたら何故か510円しかない。

    「それじゃあ、乗せらんねえよ、また来な」

    って言うと、エンジンをかけて舟は対岸に走り出した。
    …、そこで気がついたら救急隊に担がれてた。

    んでもって今日、久方ぶりに会社行って引き出し開けたら610円入ってる。
    不思議に思って手に取って見てたら、隣のデスクの同僚が

    「あ、悪い、どうしてもポカリ飲みたくなって借りたんだ、借りたまま○○が死んじまったら寝起き悪いんで返しといた、利子つけて」

    社販のポカリは自販機で90円…、
    俺はこいつに何をどう説明したら良いのやら…。


    【笑える霊体験『600円ないとあの世にもいけない』『物凄い屁の音』『ハエおばちゃん』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    笑える霊体験

    笑える霊体験『運が良すぎる姉と自分は神様だ!と勘違いしちゃったタヌキ?の落書き』


    姉貴のお話。

    俺の姉貴は運が良い人間だ。宝くじを買えば、ほぼ当たる。
    当たるといっても、3億円なんて夢のような当たり方ではないのが残念なところだ。
    大抵3,000円があたる。何回当たったかなんていちいち覚えてられない位だ。
    高額なのは、100,000円が3回だったかな。その時は喜んじゃって、
    松阪牛だの本マグロの大トロなんか買って来るんで、俺も嬉しかったからよく覚えてる。
    最近は、10枚ずつの購入をやめて3枚購入にしてる。

    半年位前、会社帰りに飲んできたらしく、
    ほろ酔いでママチャリに乗って大コケして半泣きで帰ってきた。
    俺に、「自転車直してよ」って言うんで見てみると、タイヤが変形してしまっている。
    こんなの直せないんで、「店で修理しろ」と言うと、土曜日に近所の自転車屋に持っていってた。
    夜、帰宅すると玄関脇に電動機付自転車が置いてある。
    姉貴が買い替えたのかなと思ったんだが、晩飯の時ニコニコして報告しやがった。

    自転車屋で修理してもらおうと店員に見てもらっていたんだが、結構修理代がかかるらしい。
    新車か修理かという深刻な悩みの最中に、お婆さんが自転車を押してやって来た。
    店員との話を聞いていると、自転車の処分をお願いしている。
    最近弱ってきたので、高齢者専用住宅に入居する事になったらしい。
    自転車に乗るのも危なくなってきたので、持って行っても乗らないとの事だった。
    店員は、中古の販売はやらないので、処分料2,500円をもらえれば処分しますと言っている。
    姉貴は喜んで、「私がもらっても良いですか」とお婆さんにお願いし、
    自分の自転車を処分して帰ってきたのだという。


    【笑える霊体験『運が良すぎる姉と自分は神様だ!と勘違いしちゃったタヌキ?の落書き』】の続きを読む

    このページのトップヘ