おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    都市伝説

    1 2019/02/16(土) 05:03
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190216/k10011817021000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    NASA 2028年に再び月に人類 送る計画
    2019年2月16日 4時43分

    NASA=アメリカ航空宇宙局は14日、民間企業と連携して、およそ半世紀ぶりとなる2028年に、人類を再び月面に送る計画を発表しました。

    首都ワシントンにあるNASAの本部で記者会見を開いたブランデンスタイン長官は、2024年に宇宙船の着陸試験を実施し、2028年に人類を再び月面に送るとする新たな計画を発表しました。

    NASAはおととし、トランプ大統領が宇宙飛行士を再び月に送ることなどを盛り込んだ新たな宇宙政策に関する文書に署名したことを受けて、民間企業の参入を促しながら、宇宙開発を加速させています。

    ブランデンスタイン長官は、月面には膨大な量の水が氷の状態で存在しているとして、それを飲み水にしたり、水素を作り出してロケットの燃料にしたりして、月での滞在を可能にしたいとしています。

    ことしは1969年に人類が初めて月面に降り立ってから、ちょうど50年で、ブランデンスタイン長官は「今回は足跡と旗を残して帰ってくることではなく、そこにとどまることが目的だ。国際的、商業的なパートナーと持続可能な方法で月を目指す」と述べています。



    3
    2028年かあ
    それまで、戦争が起きなきゃいいけど……


    4
    留まることが目的つってもなあ

    とどまってどうすんだ?


    6
    またスタジオ撮影するの?


    55
    次の映像は誰が撮るんだろう


    【【次はガチ】NASAさん「2028年に再び月に行くやで! 今度は滞在するンゴ!」 ネット「またスタジオ撮影か?」】の続きを読む

    1 2019/01/26(土)
    (CNN)48年前にアポロ14号で月面に着陸した飛行士が持ち帰った岩石のサンプルが、実際には地球由来のものであったとする研究論文が、このほど科学誌に掲載された。彗星か小惑星が地球に衝突した衝撃で岩石が宇宙空間へと飛ばされ、偶然その先にあった月に激突したという。

    当該の岩石には石英、長石、ジルコンといった鉱物が含まれている。これらは地球なら非常にありふれた鉱物だが、月の地質における含有量はあまり多くない。

    また岩石が形成された温度や環境を分析したところ、月ではなく地球の特徴との関連を示す結果が得られた。岩石の結晶化は地球がまだ若かった40億~41億年前に、地表から約20キロの深さで起こったという。

    当時の地球には小惑星が複数回衝突していたことから、岩石は1度もしくは数度の衝突で地表に露出し、別の衝突によって大気圏外に弾き飛ばされたと考えられる。その後、現在の3分の1の距離にあった月にぶつかったと研究者らはみている。

    月に激突した岩石は一部を溶解させながら月面下にめり込んだが、2600万年前の小惑星の衝突で再び月面に姿を現した。

    今回の研究を主導した月の専門家、デービッド・クリング氏は、地球の岩石が宇宙空間へ飛び出して月に激突したとする分析結果について、地質学者の中には異論を唱える向きもあるだろうと認めつつ、度重なる小惑星の衝突にさらされていた誕生直後の地球の状況を考慮すればそこまで驚くような話ではないとの見解を示した。
    http://news.livedoor.com/article/detail/15929853/



    2
    偶然だぞ


    740
    >>2
    確率「あっ・・・」


    【【超悲報】アポロ14号が持ち帰った「月の岩石」、実は地球産と判明。とんでもない言い訳がこちらwwwwwwwwww】の続きを読む

    370 2019/01/04(金)
    幽霊列車と幽霊踏切の話。

    俺の母親の郷里と父親の郷里には、幽霊列車の話がある。
    どっちも概要は同じだ。
    夜、営業時間が終わって駅も閉まった後で幽霊列車が走る。というもの。
    どちらも地元では言われて無くて、離れた町で言われたりネットで広まっている。
    それで今でも時々肝試しに来る奴がいて、時には終電の時間を間違えて事故ったりする。

    ただ、その真相は2つとも違う。
    母親の郷里だと戦後間もない頃に列車上そう事故があり、その幽霊が乗っている。
    と言う設定になっている。

    真相はこうだ。
    昔その路線では、営業時間が終了した後、回送車が出てた。
    回送車でその日の売上と駅員を回収して車両基地まで運ぶ。
    回送なので車両の電気は消して、乗っている人は外を見て、
    危険箇所が無いかのチェックなどをしていた。
    ダイヤに載っていない、定期列車。それで通称幽霊列車と呼んでた。
    戦前にその路線で山の崩落事故があり集落と列車が飲まれたのは本当だけど、
    その後線路を付け替えているので場所は全く違うそうだ。
    崩落事故があった辺りには、かつての線路の面影など何もない。

    親父の郷里では、戦前山崩れで列車が埋まり、死者が多数出た。
    夜中の列車にその幽霊が乗っている。という設定になっている。

    真相はこうだ。
    戦時中、その路線は軍に徴発される時があった。
    関東から九州の方に兵士を運ぶ路線の1つとして。
    その列車は真夜中に走っていてそうだ。
    空襲を避けるために、駅も付近の家も街灯も全て消された中を列車は走った。
    ダイヤに載っていない臨時列車。その列車を見た。
    と言うのを誰かに伝えると直ぐに特高がやってきて、子供でも大人でも引っ張られて行った。
    それで見たり口にしたりすると祟りがある列車として、幽霊列車と言われるようになった。



    【【衝撃の真相】幽霊列車と幽霊踏切。ネットで広まり肝試しにくる人もいるが、その真相はまさかの…→戦時中、ダイヤにない臨時列車を目撃したというと、ヤバイ人がやってきて・・・】の続きを読む

    521
    中国の昔の処刑でだるまが一番こわい


    523
    >>521
    ダルマにされた日本人を見た、とか
    たまに見かける話だよね。


    527
    なんか、2ちゃんのどこか(たぶん)で海外旅行先でダルマにされた日本人女性の話をいくつも読んだ。
    失踪するのは香港が多いそうだけど、パリやミラノの高級ブティックの試着室なんてのもあるんだって。
    華僑経営の服屋さんは要注意、同じく華僑経営の高級レストランの化粧室も危ないんだって。


    【【若い女が消える】海外ダルマ都市伝説「本当かも」…中国で父がガチでゾッとする恐ろしい目にあった・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ