おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    恐怖体験・異世界

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    495
    心霊じゃないけど怖かった話。
    深夜に窓から押し殺したような泣き声が漏れ聞こえてきて目が覚めたんだ。

    窓の向こう側は庭だ。
    おそるおそるカーテンの隙間から覗いてみたら
    隣の家に住んでるおっさんが庭に座り込んで泣いている。

    窓は開けずに「どうしたんですか?」と声をかけてみたらおっさんが振り向いた。
    そしてなぜか手首を見せてきた。
    血が垂れ落ちていた。
    びっくりして親を叩き起こして出て行ったら、おっさんはさっきと同じ姿勢で蹲ってる。
    近寄って気づいたんだけど剃刀を握ってた。
    どうも自分で切ったらしい。


    【【冷酷な母】夜中うちの庭に手首を切って血を流してるおっさんが!→それをみた母の一言、怖すぎる・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    358 2018/02/17(土)
    久々に仕事で前に住んでいたマンションの近くにいったら
    アパートが壊されて一戸建ての分譲地になってたから、ちょっと書いてみる。

    5年ほど前の話。
    当時、俺は一人暮らしをしていた。
    その頃住んでいたマンションの北東の方向に、ボロいアパートがあった。
    その2階の一番端っこに頭のおかしい爺さんがいた。

    24時間、365日、雨の日も雪の日も真夏でも窓を半分くらいあけていて、電気も常につけっぱなし。
    その窓からは白い布?で覆った家具(多分)が見えていた。
    そして、昼夜問わず、突然窓から顔を出して

    「お前がコッチを見てることはわかってるんだ!」
    「氏ね!」
    「俺を監視しても無駄だからな!!」

    等と喚いていたり、水(のようなもの)を道路に向かって投げつけたりして
    警察が来ることもあったし、そいつのせいでアパートや近隣のマンションから引越す人もいたが
    警察も役所も、具体的に何かするということはできなかった模様。

    当時、俺は土木関係のバイトとして日銭を稼いでいて
    その日は遠方での作業を終えた後、帰る途中で高速道路の渋滞に巻き込まれて数時間身動き取れず
    しかも、帰った後でトラックや重機の掃除をいいつけられて、事務所を出たのは午前1時を過ぎていた。
    翌日は仕事がなかったこともあり、帰る途中に牛丼を食い、コンビニに寄って買い物をして
    マンション近くに借りている駐車場に着いたのは、もうすぐ午前2時15分、という時間帯だったのを覚えている。
    駐車場をでて、ちょうど頭のおかしいオッサンのいるアパートの前にさしかかった瞬間、異様なものをみた。



    【【怖い】「俺を監視しても無駄だ!」ボロアパートに頭がおかしいと言われる爺さんがいた、けど俺は “ソレ” を見てしまったんだ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    340 2018/02/16(金)
    自分でも困惑しておりますが、気持ちを整理することもかねて投稿します。
    ところどころフェイクを入れるますので、おかしなところがあったらすみません。

    私は、割と栄えた地域で父子家庭の一人っ子として育ちました。
    男親ということもあり、小学生のころまでは祖父母と暮らしていましたが、
    次男の父と長男の伯父とのが色々揉めたみたいで、
    中学生のころには父と2人暮らしになっていました。

    男の2人暮らしということで、仲の良いという感じではないですが、
    父兄参観には時たま来るし、時間が合えば話しもするしという
    ベタベタではないですが、淡々と暮らしていたと思います。
    ただそんな父との暮らしで、気になることがあるとすれば、
    父の部屋に扉一つ分の鍵の押入れというものがあったことです。
    そこは父の大切なものが保管してあると聞いており、
    それ以上聞いても答えてくれず、私もそんなものかと捉えていました。

    そんなこんなで私も高校大学と進み、就職後に学生時代から付き合っていた現在の妻と結婚しました。
    式では小学生の頃から疎遠になっていた伯父家族も来てくれ、
    父は色々な面で感極まったのか男泣きをし、つられて私も泣いてしまったことを覚えています。
    順調というほどではないにしろ、母がいないということを以外は人並みの幸せだと思っていました。

    それから少しして、父が亡くなりました。
    事故なのか、そうでないのか曖昧な感じでしたか結果として事故となりました。
    私は妻や親類に支えられ、なんとか父を送りだしました。

    49日が過ぎ、半年が過ぎ、延ばしていた父の遺品整理をすることにしました。
    結婚し家を出ていますが、もともと住んでいたので大体の勝手はわかっていました。



    【【父のゾッとする奇妙な秘密】父の遺品ノートにはまさかの私への恨み言が…伯父に真実を聞くととんでもない事を言われた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    883
    俺の誕生日は母方のおじの命日だ
    そのおじは、俺が生まれる前、おじが24歳の時に大腸癌が見つかり、
    その時には既に手遅れだったそうで、発見から3ヶ月で氏んでしまったそうだ
    だから、俺は生まれてからずっとおじの生まれ変わりだと言われ続けていた。

    頭がいい人だったから頭がいいはずと学習塾を幾つも掛け持ちさせられたり、
    ヒジキが好物だったからとヒジキがしょっちゅう食卓に並んだ
    おまけに俺は生まれつき腸が弱く腹を壊すことも多かったから、
    余計におじの生まれ変わりだと、
    母親やその兄妹のおじおば、祖父母にも言われ続けてきた

    おかしなもので、言われ続けてると次第にそうなるもので、
    ヒジキは好きになったし、勉強もそこそこいい成績を上げて、そこそこの大学へ進学もした

    成人式の日、母親が恐い顔をしてこう言った

    「あと4年だからね」


    【【人怖】「あと3ヶ月だね」笑顔で “俺の死” をカウントダウンしてくる母親】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
    (略)13日、男性6人組ユニット「アナタシア」が公式ツイッターを更新。ファンからの衝撃のプレゼントが話題になっている。

    アナタシア公式ツイッターは、ファンに向けて、ぬいぐるみの差し入れを禁止する旨を投稿。先日に差し入れされたぬいぐるみの中に、位置情報を特定することができるGPSの発信機が入っていたという。(略)

    ■「怖すぎる」と悲鳴
    ぬいぐるみにGPSが仕込まれていたという発表を受け、ネット上では「怖すぎる」「おそろしい」と悲鳴があがっている。

    ■「差し入れ自体の禁止」を懸念する声も
    また、今回の「ぬいぐるみの差し入れを禁止」の発表により、今後も禁止事項が増えていくのではないかと不安視する声も。

    (略)

    アーティストに対する思いが強すぎるがゆえに起きてしまった今回の一件。くれぐれもルールやマナーを守ったうえで応援してほしい。

    https://sirabee.com/2018/02/14/20161503777/?utm_medium=webpush&utm_source=onesignal



    3
    電源は?
    捨てたらバレるし最悪だね


    29
    >>3
    こっそりと充電しに来る


    5
    カメラとか盗聴機に比べたらマシじゃないの?


    6
    GPSだけじゃ生ぬるいカメラ仕込まれてるのも有るからな


    【【まるで都市伝説】ファンからの差し入れのぬいぐるみにGPSが仕込まれる!怖すぎるだろ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ