おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    恐怖体験・異世界


    ちょっと妙なことになってしまって、私もどうしたらいいのか・・・。

    私が小学5年生になった時のこと。
    クラス替えで一緒になった子と仲良くなり、一緒に帰るようになりました。
    学区の関係で、同じ方角に帰る子が少なかったので嬉しかったのを覚えています。
    それである日、その子に山を通り抜ける裏道を教えてもらったのです。

    私が住んでいたのは鎌倉で、学校の近くに名前は分からないのですが山があり、
    通学路は、その山を削り取って作られた道路沿いにありました。
    大人達からは、通学路以外を歩くな、と言われていたのですが、山の中を歩くと
    清々しい雰囲気に包まれて、親にも内緒でその道を使うようになりました。

    ある日、私はその子と喧嘩してしまって、その子は先に帰ってしまいました。
    どうして喧嘩になったのかは覚えていませんが、とにかく、その日は一人で、
    とぼとぼと、その子に教えてもらった山道を歩いていました。

    だけどなんだか切なくて、まっすぐに家に帰るのが嫌だった私は、いつもは
    直進する所を、獣道になっている横道に入っていったのです。


    【【驚愕】友達の目の前で消えた私、その時、とんでもない所に飛ばされていた・・・】の続きを読む

    807 2018/10/03(水)
    どこに書けばよかったのわからなかったのですが、実体験なのでここに。
    心霊やお化けとかではなく、自分自身の頭がおかしくなってしまったという話です。
    たぶん。

    もう十年以上前のこと。私は、とある広告制作会社で働いていました。
    同じような業界の方はご存じだと思いますが、制作系の会社では終電帰りは当たり前。
    徹夜が2〜3日続くようなことも珍しくありませんでした。
    そんな状態だったので、身も心も常にギリギリ。
    唯一、自分の救いとなっていたのが、大学時代から付き合い、
    社会人になって同棲を始めた当時の彼女でした。
    普通の会社の人からは決して理解してもらえないようなブラックな働き方にも、
    「若いうちはしょうがないよ」と理解を示してくれる彼女に対して、
    私は結婚するならこの人しか有り得ないと考えていました。

    そんなある日のこと。
    前日は徹夜で働き、その日も、家に帰ったのは深夜2時を過ぎていました。
    そんな時間ですから、もちろん彼女は寝ています。
    疲れ果てていた私は、夕飯を食べる元気もなく、シャワーだけ浴びて寝室に直行。
    寝ている彼女を起こさないように、ベッドに潜り込みました。
    そして、翌日のアラームをセットしようと携帯電話の画面を開いた時、
    横を向いて寝ている彼女の顔がうっすらと暗闇に浮かび上がりました。

    「えっ!」と、思わず声を漏らしたのは私です。



    【【驚愕】「お前誰だ!」「え?ちょ、私だよ私」隣で眠る彼女の顔が突然、完全に“別の人間の顔”になった・・・】の続きを読む

    人が怖い話

    721
    2DKのアパートに妹と暮らしてた時。
    引っ越して数週間の、夜に帰宅したとある日。妹はまだ帰宅してなかった。
    玄関入って左手にトイレや洗面があって、真正面に風呂の扉と電気のスイッチがあった。
    雨の日で靴下がびしょびしょで帰宅して玄関で靴下を脱いで絞って丸めて風呂の方に投げたらたまたま風呂のスイッチに当たって風呂の電気がついたんだ。
    スイッチが最近主流の大きめなタイプだったんだよね。

    そうしたら風呂の中から真っ裸の男が出てきた。
    咄嗟の時って声って出ない。
    え?は?みたいな感じで私停止。
    でも、男もスイッチのそばに私がいるはずと思っていたのか、玄関にいる私を見て停止。
    男がこっちに踏み出した瞬間玄関開けて外に逃げた。
    3階だったから階段をダッシュで駆け下りるときに後ろから真っ裸の男が追いかけて来る恐怖は今でも忘れられない。
    未だに後ろに気配があるとゾワゾワして電車とかに乗れない。



    【【超驚愕】妹と住むアパートの風呂場にいる男、やってしまう・・・・・】の続きを読む

    464
    俺がアメリカで知り合った中国人の話なんだが、チョウさんってのが居た。
    俺が19歳の時に2ヶ月間の語学留学でLAに行ってて
    現地の大学のESLに通うようになったところ、日本人は俺ともう一人だけで
    他はほとんど中国人。レベルが下から3のクラスだったから、正直英語ほぼ無理状態だった。

    でも、俺はどうにか英語を頑張ろうと他国の人間と積極的に話しを試みたところ
    チョウさんというおじさんと仲良くなったんだ。
    チョウさんはいつもニコニコしてるおじさんで、あまり英語が得意じゃないらしく
    俺や周りがメキメキと力をつけるなかただただニコニコ笑いながら聞いてた。


    【【中国人クソ怖えぇ…】日本人の俺をバカにしてツバを吐いてきたので「彼ら罪人^^」と残酷すぎるやり方で報復したチョウさん・・・】の続きを読む

    274
    高校の修学旅行の時に京都に行った後にどっかの埴輪みたいな石
    とか亀石とか色んな動物を彫ったみたいな石像とか古墳とかが
    いっぱいある遺跡にバスで行ったんだけど、班行動が大っ嫌いな
    おれは立ち入り禁止みたいな竹林に悪友2人連れて入っていったの
    よね、そしたら草原に急に出てコンクリートの階段が唐突にあった訳よ。

    他2人はちょっとナンパしてくるとか腹減ったとか
    なんとか言って逃げちったんだけどおれは降りていったんだよね。
    そしたらマンホールじゃ無いけど急にあった段差みたいな落っこち
    たんだよね、頭打って少し気絶してたみたいなんだけど、奥にある
    トンネルみたいな所から差し込む光で目が覚めたんだよね。
    んで、外出てたら工事現場みたいな所でシャベルとかダンプとかいっぱい
    あって、作業員のおっちゃんみたいな人が出てきてなんか、
    そんな所で何やってる!とか無茶苦茶怒られて学校名聞かれたから言った
    んだけど全然知らないとかそんな県あるか!とか怒られて結局警察
    に連れてかれてそこから両親呼ばれて家に帰されたんだけど、
    学校も一週間停学になった訳。まあ自業自得だとおもってたんだけど、
    俺ん家に遊びに来た奴ら全員俺が修学旅行来てないって言うんだよ、
    なんか、ずっと家出してたとか何とかって…つうか、京都の古墳とか
    亀石とかの話すると皆笑う訳よ…そんな所行ってないとか言われんの。
    ふざけんな!皆ちゃんと行っただろ修学旅行で俺もいただろ!

    「出雲京」


    【【日本の首都は出雲だろ?】なんだよここ…日本の地理が狂ってやがる←とんでもないことが起こっていた!!】の続きを読む

    このページのトップヘ