おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    UFO・UMA

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
    お前らは真実を知らない…


    【【人類宇宙人説】人間はアヌンナキがDNA改造して創ったという真実をお前らに教えよう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    こいつに地球の未来がかかっている


    【宇宙人「人類で最も賢い人を呼びなさい」誰を出せば正解なんや?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    「トラクタービーム」といえば、UFOが牧場の牛を空中に引っ張り上げてさらっていくときに使われる、あの怪光線である。しかし、超音波を使ったトラクタービームは、すでに現実のものになりつつあり、ビーズ球のような小さな物体であれば、超音波を使って空中に浮かべた状態で捕獲したり、空中での平行移動や回転運動といった操作を行ったりすることが可能になっている。

    「音響トラクタービーム」と呼ばれるこの技術は、ブリストル大学の研究者Asier Marzo氏らが2015年に発表したもので、トラクタービームの研究が注目を集めるきっかけとなった(発表当時、Marzo氏はナバーラ州立大学の学生)。Marzo氏らは今回、同技術をさらに進め、市販の3Dプリンタを使って音響トラクタービームを簡単に作れるようにした。詳しい作製方法を説明した動画も公開されており、Arduino、モータードライバなど、ネット通販で安価に入手できる部品・材料だけを使って自作することが可能になっている。論文は応用物理学誌「Applied Physics Letters」に掲載された。

    (略)

    http://news.mynavi.jp/news/2017/01/12/208/

    動画




    【UFOが牛を誘拐する時の「トラクタービーム」が3Dプリンターで自作可能に!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    米国サンダー・エナジーズ社CEOで核物理学者のルジェロ・サンティリ博士は、地球の大気圏に生息する「目に見えない生命体」を特殊な望遠鏡によって確認したと発表した。サンティリ博士の論文は「米国現代物理学誌」に掲載された。

    (略)

    http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2693

    画像










    サンティリ博士の論文
    Apparent Detection via New Telescopes with Concave Lenses of Otherwise Invisible Terrestrial Entities (ITE)
    http://www.thunder-energies.com/docs/ITE-paper-12-15-15.pdf



    【【UMA】人類を監視か?大気圏に生息する「不可視の生命体」米国の核物理学者が発見!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    人類宇宙人説火星人

    現在、人類は猿から進化したという「進化論」が一般的かと思われます。ですが進化論には「ミッシングリンク」がいくつか存在するために、進化論は誤りではないか?といった主張もきかれます。オカルト界隈では、以前より人類の原型は宇宙からきているのではないか?といった、「人類宇宙人説」が存在しますが、一体、人類はどのようにして誕生したのでしょうか――!?(おうまがタイムズ)

    1
    空から降ってきたの?


    【【人類宇宙人説】地球で一番最初の人類ってどうやって発生したの?】の続きを読む

    このページのトップヘ