おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    怪談

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    怪談ロゴおうまが

    『かんひも』

    僕の母の実家は、長野の山奥、
    信州新町ってとこから奥に入ってったとこなんですけど。
    僕がまだ小学校3、4年だったかな?
    その夏休みに、母の実家へ遊びに行ったんですよ。
    そこは山と田んぼと畑しかなく、民家も数軒。
    交通も、村営のバスが朝と夕方の2回しか通らないようなとこです。
    そんな何もないとこ、例年だったら行かないんですが、
    その年に限って、仲のいい友達が家族旅行でいなくて、
    両親について行きました。

    行ってはみたものの・・・
    案の定、何もありません。
    デパートやお店に連れて行ってとねだっても、
    一番近いスーパー(しょぼい・・)でも車で1時間近くかかるため、
    父は「せっかくのんびりしに来たんだから」と
    連れて行ってくれません。

    唯一救いだったのは、隣の家に、
    僕と同じ年くらいの男の子が遊びにきていたことでした。
    あの年頃は不思議とすぐに仲良くなれるもので、
    僕と、K(仮にKくんとします)は、
    一緒に遊ぶようになりました。
    遊ぶといっても、そんな田舎でやることは
    冒険ごっこ、近所の探検くらいしかありません。

    1週間の予定で行って、
    確か3日目の夕方くらいだったと思います。
    午後3時を過ぎて、日が落ち始めるころ。
    夏とはいえ、西に山を背負っていることもあるのでしょうか。
    田舎の日暮れっていうのは早いもんです。

    僕とKは、今まで入ったことのない山に
    入っていってみました。
    はじめは、人の通るような道を登っていたのですが、
    気がつくと、獣道のような細い道に入っていました。

    「あれ、なんだろ?」

    Kが指差す方を見ると、
    石碑?が建っていました。
    里で見る道祖神ののような感じで、
    50センチくらいだったでしょうか。
    だいぶ風雨にさらされた感じで、
    苔むしていました。


    【【長編】有名怖い話『かんひも』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    トラウマ必至の怖い話も、主人公に解決させることでいい話になるかも。


    【【怪談】有名な怖い話を「クールに反撃する話」に改変しようぜ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    1(一)リゾートバイト
    2(ニ)裏S区
    3(中)巨頭オ
    4(三)夜の町を眺めてたら変な奴が走ってくる
    5(捕)八尺様
    6(遊)リアル
    7(右)大塚愛 Mステ
    8(左)きさらぎ駅
    9(投)事件に関する重要な記録をここに公開する



    【【有名な最恐怪談】ネットの怖い話で打線組んだ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    怪談ロゴおうまが

    『“忌み笛”呪いには呪いをぶつけんだよ!厄災を払う恐ろしい神様を作る方法』怪談

    その昔、貧困に喘ぐ寂れた一つの村があった。その村に不幸をまき散らしていたのは京を追われた物の怪だったようなのだが、祓う力を持たない老僧は 苦しむ村人にある禁断の方法を伝授してしまい――

    コリブエさまって話読んで
    参照記事:【コリブエ様】トトロか狐狸か?夜に聞こえるオカリナの音、村人を守り災厄を祓う氏神様
    すごい前に聞いた怪談のような民話思い出した。
    聞いた時は普通にただの都市伝説的なものとかだと思ってたんだけど
    読んでてあれ、っと思ったので。
    一部脚色というかぼかしありだけど書いていいかな。


    某湖県ではその昔、貧困に喘ぐ村があった。
    その頃は京でまことしやかに物の怪の存在が語られてて
    それを高名ななんとかさんが退治したりとそんな頃。
    実は京を追われた物の怪がその村の地方に逃げ込み
    それが原因で村にはよく災いが起きていて村はどんどん追いつめられていったそうな。

    ある時、物の怪討伐にも参加したことのある年老いた僧がその村を訪れた。
    僧はその村の惨状をみて、一目でよくないものの気配を察知する。
    村人達はその僧に救いをもとめるが、僧にはそれを祓う力も残ってない。
    そこで僧はある忌避されてしかるべき術を村人に教える。

    それは厄災を払う神様を作る方法。
    正確に言うと、神様に似て異なる何か。


    【怪談『“忌み笛”呪いには呪いをぶつけんだよ!厄災を払う恐ろしい神様を作る方法』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2017/04/06(木)03:01:48
    ……しようか


    【【怪談】クレイジーだぜ!こんな夜中に怖い話しようだなんて!!【意味怖】】の続きを読む

    このページのトップヘ