おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    予言・預言

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    未来がみえる予言するホームレス

    ブラックな環境の職場を辞め、やることもお金もなくなった報告者は、近所の公園をたびたび散歩していたとか。数カ月も経つと、そこにいるホームレスの方とも顔なじみになったのだが、その人はとても博識で紳士的で不思議な魅力を持っていて――(おうまがタイムズ)



    376
    初めての書き込みで、とても不安だが書かせて下さい。
    長文です。

    激務薄給の仕事を辞めた俺は、しばらく抜け殻のような生活をしていた。
    やること無いし、金も無いしで、俺はよく近所の大きな公園を散歩していた。
    数ヶ月ほぼ毎日通っていたら、公園のおっさん(ホームレス)と知り合いになった。

    そのおっさん、みすぼらしい格好はしていたが、言葉遣いは紳士的で知識も豊富。
    ホントに色んなこと知ってて、地理・歴史・政治・経済・哲学・数学なんでもござれ。
    話の内容を家でググるとどれも確かにホントだった。

    いつしか俺はそのおっさんと話するのが唯一の楽しみになっていた。


    【【未来が見える人】紳士的で知的な予言するホームレスに会った、その予言は当たっていて…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    800 2017/04/22(土)
    不思議な体験というか、本当に霊視できる人がいるんだと確信した話

    同じ職場の上司に当たるNさんという人が霊視できる人だった
    飲み会の二次会でNさんと隣の席になり、雑談の中で実は自分は霊視ができるとさらっと言われたので、軽い気持ちで今私を視てみてくださいとお願いしてみた
    そのとき二次会には他に12、3人いてがやがやしていたんだけど、急に空気が張り詰めた感じになってNさんの気配と声しか感じなくなった
    え?と思って少しびびっていると、Nさんは私の生育歴、家族歴、幼少期のトラウマ、そのせいで恋愛で繰り返していること、健康面、親の気持ち、先祖のことなどをゆっくりと話し出した
    職場の誰も知るはずのないとある病気やそのきっかけまでも当てられた
    霊視するときは普段使わない場所を集中させないといけないそうで、霊視が終わったときNさんは額に汗をかいて顔が強張っていた
    周りに知られると気味悪がられるので、自分の力のことは周りには言わないでね、と最後に笑顔で言われた
    普段はその力を周りに伝えることはないけど、近いうち親近者に不幸がある場合や事故に会うことがわかっている場合は、本人にそっと伝えているそう



    【【霊能力・予言】「本当に霊視できる人がいるんだと確信した話」「宝くじや競馬、欲で使うと力が消える」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    2015年、ロシア連邦が反乱部隊の援助という名目でアメリカ、中国、ヨーロッパの主要都市に核爆弾を投下。アメリカが反撃し核戦争となり、第三次世界大戦へと発展する[8]。
    その後、アメリカの外交権麻痺に乗じて、中華人民共和国が覇権主義を強化。台湾、日本、韓国を強引に併合する。後にオーストラリアが中国を撃退するが、ロシアの攻撃により半壊滅状態になる。ヨーロッパ諸国もロシアによりほぼ壊滅するもアメリカが撃退し、ロシア連邦が崩壊する。
    2017年、30億人の死者を出した末、ロシアの勝利に終わる。



    【【タイムトラベラー】ジョン・タイターの予言「第三次世界大戦が起こる。2017年に30億人死ぬ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    おしらさま

    おしら様(おしらさま、お白様、オシラ様、オシラサマとも)は、
    日本の東北地方で信仰されている家の神であり、一般には蚕の神、農業の神、馬の神とされる。茨城県などでも伝承されるが、特に青森県・岩手県で濃厚にのこり、宮城県北部にも密に分布する。「オシンメ様」「オシンメイ様」(福島県)、「オコナイ様」(山形県)などの異称があり、他にオシラガミ、オシラホトケ、カノキジンジョウ(桑の木人形)とも称される。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/おしら様 



    12017/04/16(日)03:00:01
    怖いから話聞いてくれ


    【【おしら様】悪夢にうなされて寝れない話聞いてくれ→それヤバすぎる奴じゃね……【予知夢】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    イスラエル博物館における死海文書の展示
    画像:イスラエル博物館における死海文書の展示

    「死海文書」あるいは「死海写本」とは、神から啓示された“未来の預言”などが書き記されている写本群の総称です。死海文章は2000年以上前に書かれており、そこには人類の終末に関する記述もあるとか。秘密結社「イルミナティ」は、この預言書に基づき世界のシナリオを描いてきたといった都市伝説も存在しますが、この度60年ぶりに死海文書の12番目の洞窟が発見され話題になっています(おうまがタイムズ)
    1
    死海文書が眠る洞窟、新たに発見 60年ぶり
    CNN.co.jp 2/9(木) 13:14

    (CNN) ヨルダン川西岸にあるクムラン周辺で、死海文書の12番目の洞窟が発見されたことが9日までに分かった。こうした発見は過去60年で初めて。これまで、死海文書はクムランの11の洞窟でしか発見されていなかった。

    プロジェクトを主導した考古学者の1人、オレン・ガットフェルド博士によれば、これまでは、死海文書はクムランにある11の洞窟だけで見つかってきたが、今回の洞窟が12番目のものであることは間違いないという。

    陶器の破片や、壊れた巻物を入れる瓶、そのふたなどが洞窟の入り口に散乱していた。さらに奥に入ると洞窟が崩落したようだった。

    発掘を進めると研究チームは、破損していない保存瓶を巻物ごと発見した。瓶はヘブライ大学に搬送され、中身が取り出された。

    巻物には何も書かれていなかったが、取り組みは無駄には終わらなかった。

    (略)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-35096337-cnn-int



    【【預言書】エヴァでも有名な「死海文書」が眠る12番目の洞窟が発見される!なんと60年ぶり これもシナリオ通りか?】の続きを読む

    このページのトップヘ