おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    宇宙

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    【AFP=時事】ドイツ・ダルムシュタット(Darmstadt)で18日、宇宙ごみ(スペースデブリ)に関する会合が開幕し、
    過去60年間の宇宙探検の結果として地球の衛星軌道上に宇宙ごみがたまり、宇宙空間での任務に影響を及ぼしている問題が悪化していると警鐘を鳴らした。

    同会合での報告によると、人工衛星や探査機を破壊するほどの大きさの宇宙ごみはこの四半世紀足らずで倍増しているという。
    最高時速2万8000キロで地球の軌道を周回している宇宙ごみは、たとえ非常に小さな物でも、
    人工衛星や有人宇宙船の表面を損壊するほどの衝撃力を持っている。
    (略)
    また「飛んでいる弾丸」と表現される約1センチの宇宙ごみは75万個に上り、1ミリ以上のものも1億5000万個以上あるとESAの予測モデルで示されている。

    Yahoo(AFP=時事4/19(水) 11:52配信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000016-jij_afp-sctch



    【【宇宙ゴミ問題】悪化するスペースデブリ問題「飛んでいる弾丸」75万個!→「人類、宇宙に出れなくなるんじゃね?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    ・地球からいつも同じ面が見える
    ・太陽と同じく半日で東から西に沈む(ように見える)
    ・地球から太陽と全く同じ大きさに見える
    ・太陽と同じ経路を辿ってる(ように見える)

    他の太陽系の惑星でもありえるの?こういう事



    【「月」の不気味さに科学的な答えって出てるの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    米航空宇宙局(NASA)は、4月2日から3日にかけて、太陽の黒点群でM5.3からM5.8クラスの爆発現象(フレア)が発生したと発表した。

     太陽フレアは、放射されるX線強度によって低い方からA、B、C、M、Xの5等級に分類される。

     一定規模以上のフレアが発生すると、太陽ガスの放出によって、2?3日後には地球上でGPSの誤差が発生したり、通信や電波障害が起きる可能性があることから、各国で警戒監視に当たっている。

    強力な太陽フレアが発生 磁気嵐による通信障害のおそれは?
    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/9/19661.html




    【【警戒監視】超大規模な太陽フレアが発生!この2~3日間は電波障害に要注意】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    地球に接近する未知の小惑星を発見、衝突の恐れも―。
    SF映画のようなこんな事態に備え、被害を最小限に抑えるための方策を専門家らが議論する
    国際会議「プラネタリー・ディフェンス・カンファレンス」が5月に東京で開かれる。

    国連が主導し、米航空宇宙局(NASA)や宇宙航空研究開発機構(JAXA)が参加する地球防御構想の一環。

    (略)

    写真:巨大な小惑星が地球に衝突する様子の想像図



    以下ソース:共同通信 2017/4/2 16:52
    https://this.kiji.is/221173251492888580?c=39546741839462401



    【【地球の危機】小惑星衝突!人類どうする?国際会議「プラネタリー・ディフェンス・カンファレンス」5月に東京で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    東京大学大学院理学系研究科の関根康人准教授や野田夏実氏らの研究により、約40億年前の火星に大量の酸素が存在していたことが分かった。
    米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「キュリオシティ」が収集したデータの解析で明らかになった。

    大量の酸素の存在と同時に、40億年前の火星大気に占める二酸化炭素(CO2)の量が酸素の数十分の1で、厚いCO2の大気が火星を覆っていたとの通説を覆した。
    地球の酸素の由来は植物だが、火星における大量の酸素の供給源などについて関心を集めそうだ。

    関根准教授らはキュリオシティが、大気中の酸素濃度が高い時に生成するマンガンの酸化物を砂岩中で見つけたことに着目し、マンガンの酸化実験と生成物の分析を実施。
    火星の砂岩中の成分から当時の火星の環境を実験室レベルで再現したところ、火星で見つかったマンガンの酸化物が生成するには、今の火星大気の数百倍以上の酸素が必要なことが分かった。

    40億年前の火星の酸素濃度は、20億年前以降の地球の大気における酸素の量に匹敵する。
    これは地球の生命が酸素で呼吸するために必要な最低レベルを満たしている。

    (略)

    写真:火星探査機「キュリオシティ」



    http://www.nikkan.co.jp/articles/view/00422302?twinews=20170327



    【【衝撃】40億年前の火星に大量の酸素が!CO2覆う通説覆す】の続きを読む

    このページのトップヘ