おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    宇宙

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000029-asahi-soci

    月の地下に、長さ約50キロに及ぶ長大な空洞があることが、日本の月探査機「かぐや」の
    観測データから判明した。過去の火山活動で生じたとみられる。宇宙航空研究開発機構
    (JAXA)が18日、発表した。

    空洞があるのは、月の表側にある「マリウス丘」と呼ばれる領域。かぐやが撮影した画像には、 直径と深さがそれぞれ50メートルの縦穴が写っていた。

    電波を使って得た周辺の地下構造のデータを詳しく調べたところ、この縦穴から
    西に向かって、幅100メートルほどの空洞が約50キロにわたって続いていることがわかった。
    内部は崩壊しておらず、地層などに氷や水が存在する可能性もあるという。

    (略) 

    論文は米地球物理学連合の専門誌ジオフィジカル・リサーチ・レターズ(電子版)に掲載された。


    月の空洞のイメージ




    【【JAXA発表】月の地下に長さ50キロもある空洞が!探査機「かぐや」で判明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    米航空宇宙局(NASA)の研究チームは5日(日本時間6日)、約35億年前の月が大気に覆われていた、とする分析を発表した。火山活動で大量の水蒸気などが噴き出し、約7千万年にわたり表面を覆ったとみられる。その後ガスの発生が収まり、現在のような表面になったという。

    (略)

    月面の火山活動で噴出した水蒸気の総量は、琵琶湖の10倍近くに達した可能性がある。多くは宇宙空間に失われたが、一部は太陽光が届かない極地などに残っているとみられ、将来の有人探査で資源として活用が期待されている。

    月は約45億年前、誕生直後の地球に別の天体が衝突してできたとする説が有力とされている。(小林哲)

    http://www.asahi.com/articles/ASKB65RGDKB6ULBJ00G.html




    【【NASA発表】35億年前、月は大気に覆われていた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    進化論信じてるんか?
    ありえない話ではないやろ



    【【人類宇宙人説】人間が宇宙から来た知的生命体って説なんで叩かれてるんや?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170930/k10011162741000.html

    ロケットで宇宙空間を移動することで東京からロサンゼルスへわずか32分で
    到着できるなど、地球上のあらゆる都市の間をおよそ30分で移動できるとする
    宇宙船の計画をアメリカの宇宙開発のベンチャー企業「スペースX」が発表し、
    今後、実用化に向けて試験を進めることにしています。

    この計画は「スペースX」のイーロン・マスクCEOが29日、オーストラリアで
    開かれた国際会議で発表しました。

    それによりますと乗客が乗り込んだ宇宙船をロケットで打ち上げ、宇宙空間を
    最高時速2万7000キロで移動することで、例えばニューヨークから上海へ39分、
    東京からロサンゼルスへ32分、ニューヨークからパリへ30分など、地球上の
    あらゆる都市の間をおよそ30分で移動できるようになるとしています。

    (略)

    スペースXでは、地球上の移動は航空機のエコノミークラスの
    正規料金程度で利用できるようにしたいとしています。



    【【飛行機からロケット移動の時代へ】宇宙船で地球上のあらゆる都市間を30分で移動できるシステムを計画 アメリカ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    太陽フレア、あす「地球に影響」
    FNN系列:2017/09/07 17:35
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00369726.html

    真っ赤に燃える太陽。
    次の瞬間、その表面から大量のガスが噴き出す。
    これは、太陽の表面で爆発が起きる現象「太陽フレア」。

    この現象が起きると、強い電磁波などが地球に降り注ぎ、GPS(衛星利用測位システム)や無線、さらに、送電線に障害が発生するおそれがある。

    7日午後、国の研究機関「情報通信研究機構」は、日本時間の6日、通常の1,000倍以上という大型太陽フレアが観測されたとして、8日にも地球に影響が及ぶおそれがあるとして、注意を呼びかけた。

    影響が出始める可能性のある時間帯は、8日の午後3時から日付が変わる午前0時までだという。

    太陽フレアにより起きる障害。
    人工衛星が故障し、カーナビやスマホなどの地図に使われているGPSに不具合が生じ、位置情報に誤差が発生するおそれも。
    最悪の場合、大規模停電が起きる可能性も。

    その一方で、太陽フレアが起きると、地球の磁場や上空の電離層が乱れ、普段、オーロラを見ることができない地域でも、オーロラを観測できる可能性が高くなる。

    今回の太陽フレアは、11年ぶりの規模で、影響は8日にとどまらず、今後、数日間ほどに及ぶ可能性があるとみられ、注意が必要となる。



    【【太陽フレア】地球に影響 8日15時から24時 GPSの不具合発生のおそれ】の続きを読む

    このページのトップヘ