おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    宇宙

    1 2018/08/17(金)
    宇宙航空研究開発機構(JAXA)が日本初の有人月面着陸機を開発する構想が16日、明らかになった。
    米国が2020年代に建設を目指す月基地への参加を念頭に置いたもので、欧州と連携し30年ごろに着陸を目指す。
    実現すれば米国のアポロ計画以来、約60年ぶりの月面着陸を日本が担う歴史的なプロジェクトになる。

    (略)

     月面着陸機は米航空宇宙局(NASA)など各国の宇宙機関が共同で作成した宇宙探査の工程表に盛り込まれており、今後は国際的な調整が進むとみられる。

     JAXAは昨年6月、日本人の月面着陸を目指す考えを公表したが、着陸機の構想は初めて。
    3年後に打ち上げる無人月面着陸機「SLIM」(スリム)で実証する高精度の着陸技術を有人でも生かす。

    日本初の有人月面着陸機 JAXAが構想 米アポロ以来60年ぶり
    https://www.sankei.com/smp/life/news/180817/lif1808170004-s1.html



    19
    >>1
    かなり期待!


    22
    これからは宇宙の時代だしな
    はやく重力を制しないと


    27
    まともに打ち上げできるのかよ
    失敗したら人が氏ぬんだぞ


    31
    >>27
    ロケットはアメちゃんのだろ


    【日本初!の “有人月面着陸機” 開発計画を発表、米アポロ以来60年ぶりの歴史的なプロジェクト】の続きを読む

    1 2018/08/10(金)
    トランプ政権 宇宙軍 創設目指す「宇宙空間を支配」

    アメリカのトランプ政権は、ロシアや中国など各国と宇宙空間での競争が激しさを増しているとして、
    2020年までに「宇宙軍」の創設を目指す計画を明らかにしました。

    アメリカの「宇宙軍」の創設をめぐっては、トランプ大統領が以前から意欲を示し、ことし6月には 国防総省に指示したことから、議論の行方が注目されていました。

    こうした中、ペンス副大統領は9日、国防総省で演説し、ロシアや中国など各国が宇宙空間に進出し、 競争が激しさを増していると指摘しました。

    そのうえで「トランプ大統領が以前、発言したように、宇宙空間にアメリカの存在感があるだけでは 十分とは言えない。宇宙空間を支配しなければならない。アメリカの宇宙軍を創設するときが来た」と述べ、
    「宇宙軍」の創設を目指す計画を明らかにしました。

    国防総省が新たな部署を立ち上げ、2020年までに空軍や陸軍など既存の5つの組織と同格の軍に 格上げする計画だということです。

    (略)

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180810/k10011571611000.html



    8
    いずれ宇宙軍と地球軍で戦争


    5
    核兵器を超える究極兵器と言われている「神の杖」ってもう実戦配備されてるん?


    17
    >>5
    あれは実際やってもそんなに威力は出ないのでは?
    という考えがあって見送りや
    と言う事になってる


    6
    スターウォーズ計画は頓挫したよね

    Sdilogo

    戦略防衛構想とは、アメリカ合衆国がかつて構想した軍事計画。通称スターウォーズ計画。
    衛星軌道上にミサイル衛星やレーザー衛星、早期警戒衛星などを配備、それらと地上の迎撃システムが連携して敵国の大陸間弾道弾を各飛翔段階で迎撃、撃墜し、アメリカ合衆国本土への被害を最小限に留めることを目的にした。
    通称は、これらの兵器を用いる事がスペースオペラ張りであるとして、アメリカ映画『スター・ウォーズ』に擬えられたもの。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/戦略防衛構想


    9
    >>6
    あれ計画自体は自衛隊の理想像なんだけどなぁ
    まあ、かなり無理あるが


    【【宇宙戦争くるか!?】トランプ、宇宙軍の創設に意欲!「アメリカが宇宙空間を支配しなければならない」】の続きを読む

    1 2018/07/31(火)
    火星の環境を変化させ、気温を上げて人類がより住みやすい環境に変えるテラフォーミングの構想は、現代の技術力では実現性に乏しいことが研究者の調査により明らかにされました。
    (略)

    論文を発表したのは、コロラド大学ボルダー校Laboratory for Atmospheric and Space Physics(大気宇宙物理学研究所)のブルース・ジャコスキー氏と、北アリゾナ大学Department of Physics and Astronomy(物理天文学部)のクリストファー・エドワーズ氏の2人。両氏は、NASAの火星探査計画「MAVEN」とESA(欧州宇宙機関)の探査機「マーズ・エクスプレス」などから得られたデータをもとに分析を行いました。なお、ジャコスキー氏はMAVENプロジェクトの主要計画者に名を連ねています。

    これまでに得られたデータをもとに火星の土壌に含まれる物質の成分を分析したところ、テラフォーミングに重要な役割を果たす二酸化炭素が必要な量の50分の1程度しか生成できないという計算結果が導き出されたとのこと。また、土壌に取り込まれている二酸化炭素はアクセス性が低い(=取り出しにくい)ために、やはりテラフォーミングのために大気に放出させることは容易ではないことも明らかになっています。

    By European Space Agency

    この状態でも火星の大気中に二酸化炭素を放出することは可能であり、温室効果は生じるものの、気温の上昇幅は10度程度にとどまるために氷の状態で存在している水を液体に変えることは不可能であると論文では述べられています。

    このような状況を踏まえ、論文は「現代の技術では火星をテラフォーミングすることは不可能である」と結論付けています。もちろんこれは1つの科学的見地であるために、絶対的な答えというわけではありませんが、人類が火星に住むことが容易ではないことをまた新たに裏付ける内容といえそうです。

    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20180731-mars-cannot-be-terraformed/



    27
    じょ・・・じょうじ(訳:どーすんの作者!?)


    60
    先ずはテラフォーミング用の苔とゴキブリの開発から


    3
    ていうか穴掘る重機を無重力圏内に持ち込めない


    30
    >>3
    大きな重機って一度分解して運んで現地で組み立てっていうのが一般的


    100
    >>3
    いくら分解しても、重機の重量はトン単位の鉄塊
    バックホーなら、小型な物でも2t以上
    主要構造をチタンにして、反力は現地の土砂を入れて取る?


    102
    >>100
    重機はディーゼルエンジンで動くので酸素がない火星では使えない。
    電池で動くものは、まだまだ実用にはならんだろう。


    108
    >>100
    強化プラスチックでもなんでもいいし
    流行りの3dプリンタで現地で作れば


    【【悲報】「火星をテラフォーミング」するのは現在の技術では無理!科学者が結論を出す【じょうじ…】】の続きを読む

    1
    なんか、星って細胞みたいに核があるじゃん、太陽系で一つの組織なんじゃないのかな。とか思ってる
    あと宇宙って広がるって言うじゃん、それって生物として成長してんじゃないの?



    2
    宇宙はロマンの塊だな


    3
    地球意識(ガイア理論)も有るしね


    4
    >>3
    ガイア理論は大好きだ!
    地球という惑星には“心”が存在する。
    そして、人間は地球に取っては【微生物の種類】
    だから、地球に都合の悪い事ができると人間は減らされる。
    地球は心が存在するから、微生物人間の心も簡単に操れる。
    人間は、地球上で生きてく限り、地球の心に背くことは不可能である。


    7
    >>1乙宇宙とはあなたであり私なのです
    人は氏ぬとミナ宇宙に帰ります


    9
    じゃあ俺たちは宇宙の細胞以下の存在

    俺たちっていったい・・・


    【宇宙って「生き物」なんじゃないかと思う】の続きを読む

    1 2018/03/26(月)
    【ワシントン共同】地球に衝突しそうな直径500メートルの小惑星をはじいて安全な軌道へ移動させるには、重たい宇宙船を10年間に約50回ぶつける必要があるとの研究結果を、米航空宇宙局(NASA)などのチームが26日までにまとめた。

     もっと大きな小惑星が飛来したり、地球への衝突直前に見つかったりすると、重い物をぶつけるだけでは対処できない可能性もあり、チームは「核爆弾を検討する必要がある」としている。

     小惑星衝突というSF映画のような事態に備え、NASAは2016年に惑星防衛調整室を設置して対策の検討を始めているが、具体的な方法を示すのは初めてだ。

    https://this.kiji.is/350743272131822689



    3
    ブルースウィリスがUPをはじめますた


    7
    知ってる、映画でやってた


    12
    むしろ地球の軌道を変えた方がはやいだろ


    173
    >>12
    いや最終的にそれをやる必要があるという話はとっくに世に出てるから
    太陽活動の変化でこのままの地球には住めない
    地球の公転軌道を変える必要がある


    371
    >>12
    しくじって太陽系離脱まで見えた


    34
    >>12
    太陽から離れたり近寄ったりすると困るから太陽を動かせばいい。
    惑星は勝手に太陽に着いていく(´・ω・)


    【【アルマゲドン】地球に激突しそうな直径500㍍の小惑星←NASA「宇宙船50回ぶつけたろ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ