おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    宇宙

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2018/01/28(日)
    https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35113803.html

    2018.01.27 Sat posted at 12:03 JST
    (CNN) 世界各地で31日、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が観測される見通しだ。満月が通常よりも大きく見える「スーパームーン」と、満月がひと月で2度起こることを指す「ブルームーン」、月食時に月が赤銅色を帯びる「ブラッドムーン」の3つが重なる非常に珍しい現象となる。

    米航空宇宙局(NASA)によると、北米やアラスカ、ハワイでは31日の日の出前にこの現象を観測できる見通し。中東やアジア、ロシア東部、オーストラリア、ニュージーランドでは31日の月の出のあたりの時間帯に見ることができそうだ。

    スーパームーンは月の軌道が地球に最も近接したときに満月が起きる現象で、普段よりも月が大きく見える。NASAは今回のスーパームーンについて、通常よりも14%明るくなると予想している。

    ブルームーンという言葉は、1カ月に2度目の満月になる珍しい事例のことを指している。

    1日には今年最初のスーパームーンが観測され、NASAは今年を通じて「最も大きく明るい」満月になるとの見通しを示していた。

    ブラッドムーンに科学的な定義はないが、月食の際に起きるとされる。月の縁から赤い太陽光がかすかに差し、月は赤銅色を帯びる。




    2
    中二病みたいや


    14
    超青血月


    17
    地震に注意な。

    水1ダースとサランラップとカロリーメイトとソイジョイ。
    あとは、サプリとホッカイロとガスボンベを補充。
    カップラ、ゴミ袋と歩きやすい靴を玄関に。
    スリッパはベッドの横に


    18
    中二病が再発しそうなネーミング


    44
    ダークユニオンが本格的に動き出して漆黒の翼の封印が解かれる
    それがスーパー・ブルー・ブラッドムーン


    68
    >>44
    惜しかったな、ダークリユニオンだ


    52
    X-JAPANの曲タイトルみたいだ


    【【3つが重なる時!!】「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」31日に各地で観測、これは厨二病心が疼くな・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    【12月19日 AFP】10月に発見された太陽系内を超高速で移動している葉巻形の天体は、表面が有機物質で覆われているとの研究結果が18日、発表された。この天体は別の恒星系から飛来し、太陽系内で特定された史上初の恒星間天体だ。

     ハワイの言葉で「使者」を意味する「オウムアムア(Oumuamua)」と命名されたこの天体は、描く軌道が非常に奇妙だったことから、即座に太陽系外から飛来した天体と判断された。約2か月前に地球上の複数の望遠鏡に初めて捉えられた。

     別の恒星系から飛来する恒星間天体をめぐっては、大半が小型で、彗星(すいせい)のように本体が主に氷でできていると天文学者らの間では長年考えられていた。

     だが、9月に太陽に接近通過した際、オウムアムアは彗星のように溶けた氷と塵(ちり)の「尾」を放出しなかった。これは、オウムアムアが氷の表面を持たず、実際は主に金属と岩石で構成される小惑星の仲間に属している可能性があることを示唆している。

     英クイーンズ大学ベルファスト校(Queen's University Belfast)などの天文学者チームが18日に発表した研究結果によると、オウムアムアの本質は謎のままで、彗星の特徴を持つとする説を排除できないという。

     オウムアムアは有機物に富む物質の厚さ50センチの層で覆われており、この層が太陽の熱による内部の氷の蒸発を防いだ可能性があることが、分光器の測定データで明らかになったのだ。

     このことについて研究チームは、英科学誌ネイチャー・アストロノミー(Nature Astronomy)に発表した論文に「内部が氷で構成されている可能性を排除できない」と記している。

     オウムアムアは全長約400メートル、幅約40メートルと細長い。このような形状の小惑星はこれまでに一つも見つかっていない。どこから飛来したかはまだ不明で、数十億年もの間宇宙空間をさまよった後に時速9万5000キロの猛烈な速度で太陽系に到達した可能性があると推測されている。

     太陽系を側面から見て、惑星が平面上で太陽を公転しているとすると、オウムアムアは「上」からほぼ90度の角度で太陽系に入り、最も内側の惑星である水星の軌道の内側で惑星の公転平面を貫通し、U字形の急カーブを描いて太陽系の外に向かって移動している。

     地球外文明の証拠を探査する研究チームが先週発表したところによると、オウムアムアから地球外生命体の存在を示すような信号は検出されなかったという。

    (略)
    全文はURL先で
    http://www.afpbb.com/articles/-/3155902




    【【異星人の宇宙船か?】太陽系外から飛んできた「オウムアムア」、表面を覆っていた物質も軌道も不自然すぎ…これってまさか!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    なんでこう言う奴は「最初から何か存在してた」って結論を受け入れられないんだ?


    【「宇宙の始まりって何?」って奴←コレ なんで「無」から始まったとか思っちゃってんの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    トランプ氏、月面基地建設指示
    2017/12/12 05:54
    https://this.kiji.is/313056442196362337

    トランプ米大統領は月面に米国の宇宙飛行士を送り込み、火星探査のための基地を作るよう指示する文書に署名。



    【【宇宙】トランプ氏「月面基地」建設指示、そういや月の土地売りますって昔あったよね】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2017/12/03(日)
    中国の宇宙ステーション実験機「天宮1号」が、これから4月までのどこかの時点で地球に落下する可能性が濃厚になってきた。
    人に危害が及ぶリスクはどのくらいあり、それはいったいどうやって算出されるのだろうか。そこから導き出された結果とは--。

    8,500kgある中国の宇宙ステーション実験機「天宮1号」が、ついに地球に落ちてくる。今から2018年4月までのいつなのかはわからない。
    大部分は軌道上で燃え尽きるが、かなりの大きさの塊(ある推計によると最大約100kg)が地上に到達する可能性がある。

    問題は、どこに落ちるのか、確かなことが誰にもわからないということだ。ただ、専門家たちが心配しているかというと、そういうわけでもない。
    天宮1号の一部が落ちてきて人の体に危害が及ぶ可能性は低く、1兆分の1というレベルだからだ。

    (略)

    続きはソース
    http://www.sankei.com/smp/wired/news/171128/wir1711280001-s1.html



    【【落ちる場所不明】8,500kgある中国の「天宮1号」がもうすぐ地球に落ちてくるで…】の続きを読む

    このページのトップヘ