おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

宇宙

※【宇宙】また太陽系の外から?急接近する奇妙な彗星を発見 2017年のオウムアムア以来

1 2019/09/17(火) 22:00
■12月29日に地球に最接近、天文学者ら沸き返る、ボリゾフ彗星

8月30日の夜明け前、ウクライナのアマチュア天文学者ゲナディー・ボリゾフ氏は、おかしな方向に進む奇妙な彗星を発見した。この天体は「ボリゾフ彗星(C/2019 Q4)」と名付けられた。現在、ボリゾフ彗星は速すぎて太陽の引力にはとらえられないことが、天文学者により暫定的に確認されている。つまり、太陽系を通り過ぎる恒星間天体の可能性が極めて高い。

 今後の観測でもこの結果が変わらなければ、ボリゾフ彗星は、2017年に発見された「オウムアムア」以来、他の恒星系から飛来した天体を追跡できたケースとしては2例目になる。

 その起源はまだまったくわかっていないが、C/2019 Q4が彗星だということは確認された。これまでの観測結果から、おそらく大きさは数キロで、コマ(太陽熱により放出された、彗星の核を取り巻く塵やガス)が存在することが判明した。

 おかげで、ボリゾフ彗星の組成については、オウムアムアよりはるかに多くのデータ収集が可能だ。さらに、ボリゾフ彗星の方が大きくて明るいため、その光を調べて化学的な手がかりを得る機会も多い。また、オウムアムアを発見したのはすでに太陽系から離れていくところだったが、ボリゾフ彗星はまだ近づいている最中だ。12月7日に太陽に最接近し、地球に最接近するのは12月29日。その距離は、2億9000万キロ以下になるとみられている。

「これは、太陽系の外からやって来る、観測史上初の非常に活発な天体です」と英クイーンズ大学ベルファスト校の天文学者ミシェル・バニスター氏は話す。太陽との位置関係で、10月中旬までは本格的な観測は無理だと、バニスター氏は付け加える。しかし、その後数カ月は、観測に最適な条件が続く。

「本当に素晴らしいのは、観測可能な期間が1年もあることです」と国際天文学連合小惑星センターの臨時ディレクターを務めるマシュー・ホルマン氏は話す。同センターは9月11日夜、ボリゾフ彗星の軌道検証結果を公表した。

「別の恒星系を垣間見ることができるのです」と同氏は付け加える。「どこから来たのかを必ずしも知らなくても、わくわくします」

続きはソースで

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/091700535/ph_thumb.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/091700535/


3
ガラッ「話は聞いた。人類は滅亡する!」(AA略)


6
今度も葉巻型?

関連記事:【オウムアムア】UFOみたい!?太陽系外から飛んできた「恒星間天体」は細長い葉巻型と判明! NASA
http://www.oumaga-times.com/archives/1068551114.html


12
こんな頻度でこられてはよく人類滅ばなかったなと言う感想が出てきてしまう。


18
まちがいない、異星人の偵察艦だ


57
ありえないよね確率的に
太陽系外の彗星なんてめったにくるもんじゃない

地球は狙われている



【【悲報】 地 球、 ヤ バ い wwwwwwwwwwww】の続きを読む

16 2019/04/11(木) 00:08
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000094-mai-sctch

no title

世界で初めてブラックホールの影を撮影することに成功したと、日米欧などの国際研究チームが10日、発表した。
ブラックホールの存在は約100年前にアインシュタインの一般相対性理論によって予測されたが、強大な重力で光さえも外に出られないため、観測が難しかった。
研究チームは高解像度の電波望遠鏡を利用してブラックホールのごく近傍のガスが発する電波を精密に観測し、影絵のようにブラックホールを浮かび上がらせた。
(略)



7
やっぱ黒いんだなw


15
ドーナツ状に見えてる穴の黒い部分がブラックホール本体?


21
ブラックホールの先には何があるんだい


122
>>21
何もないよ?
原子が崩壊する程の重力で全てが分解され放射線になるだけだ


【【ヒエッw】世界初撮影!「ブ ラ ッ ク ホ ー ル」さんのヤバすぎるお姿がコチラwwwwwwwwwwww】の続きを読む

1 2019/02/18(月) 18:59
https://www.mirror.co.uk/science/asteroid-size-big-ben-hurtling-14014184

Asteroid the size of BIG BEN is hurtling towards Earth, NASA warns

The space rock, dubbed 2013 MD8 will make a ‘close approach’ to our planet tomorrow afternoon

ByShivali Best
09:55, 18 FEB 2019

リンク先に続きあり

想像図




25
大便サイズの隕石?
長くても20センチくらいか?
素人的には大したこと無さそうでもきっとすごいんだろうな


26
一応ビックベンの大きさ
高さ 2.2m
直径 2.9m
重量 13.5t

マジな話、このサイズの隕石が落ちるとどうなるの?
教えて!!


53
>>26
太平洋に落ちたら長野まで津波が押し寄せる程度


70
>>26
そりゃ時計の大きさだ、時計台その物になると100m近いぞ
北半球が壊滅する規模


86
>>70
やっべえええええ!


109
>>70
ねーよw


【【隕石速報】NASA「今、ビッグベンサイズの隕石が、猛烈な勢いで地球に近づいとるで」と警告・・・】の続きを読む

1 2019/02/16(土) 05:03
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190216/k10011817021000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

NASA 2028年に再び月に人類 送る計画
2019年2月16日 4時43分

NASA=アメリカ航空宇宙局は14日、民間企業と連携して、およそ半世紀ぶりとなる2028年に、人類を再び月面に送る計画を発表しました。

首都ワシントンにあるNASAの本部で記者会見を開いたブランデンスタイン長官は、2024年に宇宙船の着陸試験を実施し、2028年に人類を再び月面に送るとする新たな計画を発表しました。

NASAはおととし、トランプ大統領が宇宙飛行士を再び月に送ることなどを盛り込んだ新たな宇宙政策に関する文書に署名したことを受けて、民間企業の参入を促しながら、宇宙開発を加速させています。

ブランデンスタイン長官は、月面には膨大な量の水が氷の状態で存在しているとして、それを飲み水にしたり、水素を作り出してロケットの燃料にしたりして、月での滞在を可能にしたいとしています。

ことしは1969年に人類が初めて月面に降り立ってから、ちょうど50年で、ブランデンスタイン長官は「今回は足跡と旗を残して帰ってくることではなく、そこにとどまることが目的だ。国際的、商業的なパートナーと持続可能な方法で月を目指す」と述べています。



3
2028年かあ
それまで、戦争が起きなきゃいいけど……


4
留まることが目的つってもなあ

とどまってどうすんだ?


6
またスタジオ撮影するの?


55
次の映像は誰が撮るんだろう


【【次はガチ】NASAさん「2028年に再び月に行くやで! 今度は滞在するンゴ!」 ネット「またスタジオ撮影か?」】の続きを読む

1 2019/02/14(木) 13:32
オックスフォード大学の数学者マーカス・デュ・ソートイ氏が、ビッグバン以前の空間について解説します。

「ビッグバンの前には何が起きた?」
マーカス・デュ・ソートイ
「The Great Unknown」の著者

完全には解明されていませんし納得できないかもしれませんが、「時間」もビッグバンからスタートしたと考えられています

だから、ビッグバン前のことを「Before」と言っていいのか分かりません

そもそも、時間は存在しなかったのですから

しかし、新しい理論が宇宙論の世界に登場し、それらはもしかするとこの質問に答えてくれるかもしれません

「ビッグバンの前に何が起きた?」という質問に、ある理論は、宇宙は「無限に長い時間」が存在していると答えるかも

でも「時間が終わるとどうなるの?」と聞きたくなりますよね

「無限に長い時間」とは時間が終わったり、止まったり、時間の始まりと終わりがくっついてしまうことが可能で、無限のつながりのように思えます

その前も、その前も、その前も、その前も・・・・・・

https://www.businessinsider.jp/post-184891 


2
こっちの宇宙でブラックホールが生まれる瞬間が

新しい宇宙のビックバン

入れ子になってんだよ


3
>>1
マジレスすると

宇宙が完全に膨張しきると、ブラックホールのように急激な収縮が始まる

完全に圧縮されるとビッグバンが起きてまた宇宙が膨張する

その繰り返し

宇宙全体が呼吸のようになんども膨らんだり、減っこんだりしている

だから、地球を作ってる素材は「前回の宇宙」では別の星を作ってる素材だった

今の宇宙が「何回目の宇宙」かは人類には知る由もない


【【宇宙コワE】「ビッグバン」以前に「時間」は存在したの?←オックスフォード大の数学者の答えがコチラwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ