おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    宇宙

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    中学生からNASAレベルまでなんでも恋!


    【【雑学】宇宙に関してのトリビア教えて】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    ハーバード・スミソニアン天体物理学センター(CfA)とハーバード大学の研究チームは、「高速電波バースト」と呼ばれる天文現象が、高度に発達した異星文明の存在証拠である可能性があるとの見解を発表した。研究論文は、天体物理分野の専門誌「Astrophysical Journal Letters」に掲載される。

    高速電波バーストは、継続時間が数ミリ秒という極めて短い電波のフラッシュ現象であり、その発生源は数十億~100億光年先にあると考えられている。2007年に初めて観測されて以来、豪州にパークス天文台やプエルトリコのアレシボ天文台などの大型電波望遠鏡で20例程度が検出されているが、その発生原因・メカニズムは謎に包まれている。

    高速電波バーストを説明できる自然現象が特定できないため、研究チームは今回、この現象が異星人の文明による人工的なものである可能性について検討した。

    研究チームは、宇宙船にエネルギーを供給するための巨大な電波送信機が存在しており、そこからの漏洩電波が高速電波バーストの正体ではないかと考えた。そこで、数十億光年以上離れた地球からも検出できるほどの強力な電波送信機は建造可能かどうかについて検討を加えた。

    巨大電波送信機が太陽光エネルギーを利用していると仮定した場合、地球の2倍程度の大きさの惑星の表面に降り注ぐ太陽光によって、必要なエネルギーをまかなえる計算になるという。このような巨大送信機の建造は人類の技術では到底不可能だが、物理法則の許容範囲内で実現できる可能性はあると研究チームは指摘する。

    巨大電波送信機が工学的な観点から可能かどうかについても検証した。エネルギーの集中によって構造物が溶解してしまうのではないかという懸念については、地球の2倍のサイズの水冷装置によって耐熱可能であることがわかったという。

    (略)

    巨大送信機から電磁波を受けて進む宇宙帆船のイメージ(出所:CfA)



    http://news.mynavi.jp/news/2017/03/15/321/



    【【宇宙人はいる?】謎の現象「高速電波バースト」は異星文明の可能性 ハーバード大】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00010000-sorae_jp-sctch

    2016年に発見され、2017年2月には「地球型で生命体がいるかもしれない惑星」
    が3つも見つかった惑星系「TRAPPIST-1」。その初画像を、ケプラー宇宙望遠鏡が
    届けてくれました。

    正直レゴブロックが動いているようにしか見えない、今回の画像。これは、
    ケプラー宇宙望遠鏡による12月15日から3月4日までの「K2ミッション」のさなかの、
    2月22日の観測結果です。そしてチラチラと明かりや形状が変化しているのは、
    約39光年先の赤色矮星「TRAPPIST-1」の前を惑星が通過しているからなのです。
     
    TRAPPIST-1にはTRAPPIST-1bからc、d、e、f、g、hまで、7つの地球に似たサイズの
    惑星が確認されています。そしてそのうちe、f、gが恒星との位置がちょうどよく、
    液体の水を保持しうる「ハビタブル惑星」に該当するのです。
     
    (略)




    【【NASA初公開】7つもの地球型惑星が見つかった惑星系「TRAPPIST-1」がレゴにしか見えないと話題にwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00050095-yom-sci

    米ワシントン・ポスト紙は3日、米ネット通販大手アマゾン・ドット・コム
    創業者のジェフ・ベゾス氏が、米航空宇宙局(NASA)に対し、
    将来の月面基地の建設に向け、施設などの輸送で協力すると
    呼びかけていると報じた。

    ベゾス氏が設立したブルーオリジン社は昨年9月、アポロ計画で
    使われたサターン5ロケットに匹敵する大型ロケットの開発方針を
    明らかにしており、「月面への配達サービス」(同紙)にこのロケットを
    活用するとみられる。ベゾス氏は「米国は月に戻る。今回は滞在のためだ」
    と同紙に答え、2020年にも輸送を始めるようNASAに求めている。

    (略)



    【【月に住んでも安心】アマゾン、月への宅配サービスでNASAに協力を申し出る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    スペースXとは、天才企業家イーロン・マスクにより設立された「ロケット・宇宙船の開発・打ち上げといった宇宙輸送を業務」とするアメリカ合衆国の企業ですが、この度、2018年から一般人の月周遊を行う宇宙観光事業を開始するということで話題になっています。費用は一人あたり200億円はかかりそうだと言われていますが、みなさんは月への観光旅行行ってみたいと思いますか?(おうまがタイムズ)



    1
    SpaceXは27日、現在開発中の新型有人宇宙船を使用することで、2018年中に2名の一般人を乗せた月周遊の宇宙観光事業を開始することを発表したが、市場では早くもこの2名の一般人がどれだけの費用を旅費として支払うことになるかが関心を集めている。
    SpaceXは、月周遊の宇宙観光の旅費が幾らになるかについては公開していないが、ISS滞在型の宇宙観光旅行の企画運営を行っているSpace Adventure社は、一度、ソユーズ宇宙船を利用した同様な月周遊の宇宙観光の企画を立ち上げたことがあり、その際には旅費は1人あたり1億7500万ドル(約200億円)となる見通しを示していた。

    (略)

    月周遊の宇宙観光に2億ドルもの費用を支払う個人が居るのかは疑問に思うところとなるが、Space Adventure社によるISS滞在型の宇宙観光旅行の場合でも、旅費は1人あたり2000~4000万ドル(約23~46億円)と高価であるのにも関わらず、既に7名の個人がこの宇宙観光旅行に参加するなど、2億ドルを支払ってでも宇宙観光旅行を行いたいと考えている世界的な富豪は、数十名はいるものとも見られている。

    (略)



    http://newsln.jp/news/201703011515300000.html 


    【【宇宙旅行】旅費は1人200億円!?スペースXが18年に月への観光旅行事業開始】の続きを読む

    このページのトップヘ