おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    ミステリー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    有名なバイキング戦士、実は女性だった
    武器と馬を副葬した理想的な墓、遺骨のDNAを解析
    NATIONAL GEOGRAPHIC:2017.09.15
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/091400054/
    (動画・画像・全文は掲載元でどうぞ)



    兜、鎖かたびらを身に着け、恐るべきバイキングの姿を再現する人々。

     今から1000年以上前、現在のスウェーデン南東部にあたるビルカという都市で、裕福なバイキングの戦士が葬られた。
    立派な墓には、剣と矢じりが添えられ、2頭の馬も一緒に埋葬されていた。
    バイキングの男にとって理想的な墓である……たいていの考古学者はそう考えていた。

     ところが、研究者が遺骨のDNAを解析したところ、予想外の事実が確認された。墓の主は、女性だったのだ。

     研究結果は、9月8日付け学術誌「American Journal of Physical Anthropology」に掲載された。
    ヨーロッパ全土で何百年にもわたって交易と奇襲を行ってきた中世の船乗り、バイキングのありようについて、考古学者の間に驚きが広がっている。

    (略)

     バイキングの伝承は、戦士が男性だけではなかったことを以前から示唆していた。
    10世紀初めのアイルランドの文献には、インゲン・ルーア(赤い娘)という女性戦士が、バイキングの船隊をアイルランドへと導いたとある。
    またゾーリ氏は、13世紀の「ボルスンガ・サガ」を含むバイキングの物語の多くに、男性戦士と共に戦う「盾を持った乙女」が登場すると指摘している。

     だが、こうした女性戦士の記述は単なる神話的脚色だと考える考古学者もいた。現代で期待される男女の役割を反映したバイキング観ということだ。

    (略)

     ヘデンスティーナ=ジョンソン氏らの研究チームは、この女性はおそらく戦士であり、しかも尊敬された戦術家だっただろうと話す。
    以前のインタビューで同氏は、「膝の上にゲームの駒がありました」と話している。
    「彼女が戦術を立てており、リーダーだったことを示唆しています」

    (以下省略)



    【【驚愕】有名なバイキング戦士は実は女性だった!? 遺骨のDNAを解析】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    「本能寺」室町幕府再興のため…光秀の手紙発見
    2017年09月12日 08時42分

    明智光秀(?~1582年)が織田信長(1534~82年)を討った
    1582年(天正10年)の本能寺の変は室町幕府の再興を目指した
    クーデターだったことを示す光秀の書状の原本が見つかったと、
    三重大の藤田達生教授(日本中近世史)を中心とする調査チームが11日発表した。



    書状については東京大史料編纂所に写しが保管されているが、
    今回の発見でクーデター説の内容が裏付けられたとしている。

    書状は、岐阜県美濃加茂市の美濃加茂市民ミュージアムが所蔵する
    「(天正10年)6月12日付土橋重治宛光秀書状」(縦11・5センチ、横56・7センチ)で、
    本能寺の変の10日後、反信長派の土豪・土橋重治に宛てられた。
    光秀の花押(サイン)があることから本人の文書と認められ、
    筆跡も本人の可能性が高いという。

    http://www.yomiuri.co.jp/culture/20170912-OYT1T50009.html



    【【光秀の手紙発見】明智光秀が信長を討ったのは室町幕府を再興したかったからと判明 お前ら秀吉にごめんなさいは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    アクロイド殺し 
    そして誰もいなくなった
    オリエント急行殺人事件
    ABC
    人事件

    以上四冊はミステリ初心者の時期にバレを食らう前に読むこと
    異議は認めない



    【ワイミステリ大臣、ミステリ初心者にアガサ・クリスティ4作品を義務付ける!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    スーツのそでのボタンがある理由みたいなのガンガン教えて欲しいンゴ


    【【面白雑学】世界史のおもしろエピソードをワイに教えてくれるスレ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    滝沢馬琴の「兎園小説」その他に載っている「うつろ舟」の話。
    高千穂峰の天の逆鉾。
    三世紀頃に消えた銅鐸の謎。
    聖徳太子の「日本国未来記」。
    南朝子孫のゆかりの寺に祀られる、「草薙剣」。
    源頼朝の死の謎。
    大坂「南宗寺」に伝わる徳川家康討ち氏に説(首塚があるという)。

    眉唾ものの伝説から、今だ謎である事まで日本史においては様々な
    奇談が伝わります。
    上記に挙げた例はほんの一部でまだまだ奇談はあるでしょう。
    私の知識は古く、すでに解明されたこともあるでしょう。
    そんな様々な出来事を列記していき、意見を出し合い、まとめていきませんか?


    【【念写三田光一】日本史における不思議な出来事、奇談を語ろう【千里眼御船千鶴子】】の続きを読む

    このページのトップヘ