おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    ミステリー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    2018年4月19日(木)19時00分

    <ヒトラー南米逃亡説にこの潜水艦が使われた線はほぼなくなったが、生存説自体が消えたわけじゃない?>

    第二次世界大戦末期におけるドイツ劣勢のなか、ナチス崩壊とともにベルリンの総統官邸の地下壕で妻と自殺したとされる独裁者アドルフ・ヒトラー。だが一方で、極秘に南米に逃げ延びたという説も長年囁かれ、戦後ミステリーの1つとして知られている。

    戦後73年の今年、そのミステリーを解く重要なカギが発見された。

    デンマークのTV2の報道によると、連合軍の手を逃れたヒトラーを含むナチス幹部が乗っていたと有力視されていたドイツ軍の潜水艦(Uボート)「U-3523」が、デンマーク最北端スカーゲンから北に約18.5キロメートルの沖合、深さ134メートルの海底で見つかった。撃沈された当時の報告から、西に約14.5キロメートル離れた地点だった。

    「U-3523」発見に繋がったのはTV2が企画した、北海に眠る遺産を捜索するプロジェクト。デンマーク海戦博物館の研究者らが中心となって進めていた。

    全乗組員が死亡。でも...

    「U-3523」がヒトラーらの逃走に使われたと考えられたのには、理由がある。第二次世界大戦末期の1945年5月6日(英メトロ紙)、コペンハーゲンに連合軍が入り、ナチスの占領を解いた。

    まさにこの日、スカーゲン沖で爆撃されたUボートが「U-3523」。長時間の潜水航行(水中で630キロ)が可能な同艦は連合軍にとって格好の標的だった。イギリスのB-24爆撃機によって撃沈させられ、乗組員58人は全員死亡とされていた。

    しかし「U-3523」の残骸の行方が分からなかったため、実は撃沈は嘘で、ヒトラーを逃走させる極秘任務に当たっていたという噂が独り歩きした。

    史実上、ヒトラーの命日は1945年4月30日だが、その死は今日まで多くの謎を秘めたままだ。遺体に関する証拠も曖昧なものが多いと言われ、生存説が根強くある。なかでも、南米アルゼンチンに逃げ延び、偽名で長寿を全うしたという説が真実だと仮定すれば、行方のわからなくなっていた「U-3523」が逃亡に一役買った、というストーリーが有力だった。全長76.7メートルの「U-3523」が当時最先端の潜水艦だったことも噂に真実味を加えていた。

    ヒトラーが乗っていた証拠はない

    英メトロ紙によると、ナチス幹部が「U-3523」に乗っていたとされる証拠はない。

    これについて、プロジェクトに参加したデンマーク海戦博物館のゲルト・ノーマン・アナスン館長は、「戦争が終わったにもかかわらず、『U-3523』がドイツから離れたので、ドイツから貴重な何かを持ち出したと噂が立った」と説明。さらに高性能で長距離を移動できる「U-3523」だったことが噂の信ぴょう性を高めたと考えている。

    しかし今回の発見で、「U-3523」が南米に向かっていなかったことが明らかになった。ナチス高官が逃亡の際に持ち出したと考えられていた貴重品なども見つかっていない。

    ヒトラーの南米逃亡説は立ち消え?

    「U-3523」が注目される理由はもう1つ。それは、ナチスが「U-3523」と同レベル(XXI型)の潜水艦を他に1艇しか持っていなかったこと。その1艇である「U-2540(ヴィルヘルム・バウアー )」は現在、ドイツのブレーマーハーフェン・ドイツ海事博物館に展示されている。

    U-2540
    U-2540(ヴィルヘルム・バウアー ) manfredxy-iStock

    アナスン館長によると、連合軍の銃撃に遭った際、「U-3523」が極秘の任務に就いていたことが、噂を助長したという。

    今のところ、デンマーク海戦博物館では海底に沈む「U-3523」を引き上げる計画はない。だから結局はヒトラーの生死をめぐるミステリーが消滅した訳ではないという。

    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/04/post-10004_1.php



    5
    ヒトラーが生きてたら絶対にひっそり生きて余生を過ごしたなんてありえないよね


    13
    ヒトラーはアメリカの保護下になったよ
    南米逃亡説はフェイク


    【【ヒトラー生存説】「ヒトラーが南米逃亡に使った」とされるナチス高性能潜水艦 “U-3523” が見つかる!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    約4億年前、人類の先祖の魚類が海から陸上に進出する際にはヒレを四肢のように発達させる必要がありましたが、
    この進化を促した決定的な原因は2018年現在でもつかめていないところ。
    「洪水」や「日照り」が起こって魚類が陸に押し出され、水に戻ろうとしてヒレを足のように発達させたのではないか?ということや、
    水中の障害物に有利だったので発達させたのではないか?ということが考えられていますが、 新たに、洪水や日照りではなく「潮の満ち引き」を原因とした可能性が研究で示されました。

    Strong tides may have pushed ancient fish to evolve limbs | Science | AAAS
    http://www.sciencemag.org/news/2018/02/strong-tides-may-have-pushed-ancient-fish-evolve-limbs

    Ocean tides could have driven ancient fish to walk
    https://www.nature.com/articles/d41586-018-02034-w

    人間の祖先と考えられている魚類は「肉鰭綱」(にくきこう)またの名を「肉鰭類」(にくきるい)といいます。
    肉鰭綱には、シーラカンスやハイギョ類などが含まれており、この魚類は四本のヒレが足のように肉厚なのが特徴です。
    肉鰭綱は4億年前に海から陸上に進出後、四本のヒレが足のように変化し、後に四肢動物になり、
    そこから人類を含めて多様な生物に分岐したと考えられています。



    これまでの通説は、肉鰭綱が陸上に進出した原因は、洪水か日照りと見られていました。
    つまり、肉鰭綱が洪水により水たまりに入り、そこから移動するためにヒレが足のようになり陸上に対応したというものです。
    一方で、今回発表された仮説は肉鰭綱の進出原因を潮の満ち引き、「潮汐」としています。
    潮汐により海面が低くなり、肉鰭綱が陸上に座礁した後に、水の中に戻るためにヒレが足のように進化、
    そこから「陸にいる方が海に戻るより利点が多い」ということで陸に適応する形でさらに進化したという考えです。



    この仮説は、2018年の2月15日(木)に「Ocean Sciences Meeting(海洋科学集会)」でイギリスのバンゴア大学所属の海洋科学者マティアス・グリーン氏らの研究チームが発表しました。
    仮説は古代の地球のシミュレーションが行われた結果、
    「肉鰭綱の化石が見つかった場所と強い潮の満ち引きがあったポイントが同じだった」ということを根拠に立てられたものです。
    今回の仮説を発表したグリーン氏は、「通説は水たまりに魚が入り、そこからヒレが足になったというものです。 しかし、水たまりが生まれ、魚がその中に入り、そして水たまりが乾くかが謎でした」とコメントし、
    通説の疑問点が今回の仮説だと発生しないことを主張。

    (略) 

    4億年前、月と地球の距離は10パーセントほど近かったとのこと。
    これより、当時は太陽・月・地球が一直線上になって発生する大潮が現在の地球よりも強かったといいます。
    2週間ごとに強力な大潮が発生していたため、その度に魚が海岸線の特定のポイントで座礁していたとバルブス氏は示しました。

    グリーン氏は「座礁した生き物は、進化が促されたでしょう。 座礁した水の潮だまりの中では、魚たちが食べられたり、そこから水の中に逃れようと移動しようとしました。 この状態では、水に戻るために四本足のような大きなヒレを持つ方が有利となります」とコメント。

    (略)

    続きはソースで

    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20180223-tide-pushed-evolve/



    【【進化の謎】人類の祖先はなぜ海から陸に進出したのか?新たに “アレ” が原因ではと発表される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    織田信忠



    1 2018/01/27(土)
    正月辺りに録ってた古館の本能寺の番組見てて気になった
    割と逃げれた感じじゃないんか?



    2
    逃げたらダサいじゃん


    5
    >>2
    ふつうにありえそう



    3
    囲まれてると勘違いした


    7
    2000も手勢おったから中入りしたら勝てる思ったんちゃう?なお


    17
    >>7
    2000もおったんか?500ぐらいのイメージあったんやが



    8
    明智光秀が取り逃がすわけがない


    23
    >>8
    なお現実はガバガバ包囲網で割と逃げられた模様


    18
    >>8
    謎の過大評価
    パニックで悲観的になってたんやろ


    28
    >>18
    光秀って超がつくほどの有能でしょ


    39
    >>28
    それはわかるけど現実は脱出者多数だった
    後世の結果論と言われるとそうだけど


    52
    >>39
    信長を狙ってたから他のやつが逃げられたわけで
    信長本人が脱出できるかというとまた別じゃね


    91
    >>52
    信「忠」ね
    確かに優先順位第二位、もしかすると寿命がある分信長より厄介だったかも知れない
    ちなみに本能寺の変は信忠擁立計画って説もあったな


    【【歴史の謎】なんで「織田信忠」って本能寺の日、全力で逃げんかったんや?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    584
    ミズーリ州にある市警察の警部の話。実話です。

    私が刑事課に配属された年、あるサツ人事件の捜査を任命された。
    事件が起きたのは、クリスマスイブの夜。
    浮気をしていた妻と、その浮気相手が乗っていた車を尾行していた夫は、
    車が駐車場に入ったので自分も駐車場に車を止め、ショットガンでふたりをサツ害した。

    その事件が起きた翌年から、
    毎年12月24日、7時6分に不可解な電話がかかってくるようになった。

    op: 911, What is you emergency?
    lady: 助けて!撃たれた!
    op: あなたの現在地は?
    lady: 私の車の中。撃たれて死ぬんだわ。誰か助けて!
    op; すぐ助けをそちらに向かわせます。あなたの現在地を言ってください。
    lady: ここが何処なのかわからないの。真っ暗で何も見えない、お願い、助けて!
    op: あなたの名前は?すぐに助けを出すから…

    ここで電話はきれた。


    【【世界のミステリー】ミズーリ州にある市警察に「助けて!」と毎年ある時刻にかかってくる謎電話の正体は!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2018/01/16(火)
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180116-OHT1T50168.html
    2018年1月16日17時13分 スポーツ報知

     女優の鶴田真由(47)が16日、都内でTBS系ドキュメンタリー番組「大ナスカ~最後の謎~」(20日、後4時)の制作発表に、番組ナビゲーターを務めたタレント・恵俊彰(53)と出席した。

     (略)

     往復に4日かけ、現地で地上絵を見たという鶴田は「宇宙人が描いたとか言われてましたけど、実際行くと、これは人間にできるなと思った。意外と簡単そう」と“宇宙人説”をあっさり否定。「小学生の頃、ドッジボールをやる時に足で線を引いた。あんなノリでできるのでは」と方法論まで推測した。

    (略)

     鶴田は、地上絵が描かれた理由について「ナスカの台地の手前に川があって、神殿があって、町がある。そう考えると、台地が舞台装置に見える。天上に向かって描いているので、天上とコネクトするために使おうと古代の人は考えたのでは」と想像を膨らませた。


    5
    地上絵は人間が描いたって昔なんかで見たぞ


    7
    古代人は24時間ヒマだったからな
    誰でも出来た


    89
    >>7
    古代人、飯調達したりとか今より忙しそうだぞ。


    10
    存在不明な何者かに見せるため、ってところがミステリーなんじゃなかったか?


    12
    結構小さくて小石をどけただけだからすぐ線が見えなくなる
    現地の人が毎日のようにほうきで掃いて線をくっきりさせてる


    14
    地上絵は棒と紐があれば書けるからな

    なぜ描く必要性があったのかも証明されてる


    23
    >>14
    過去の人の意思を証明されているなんて野暮なこというなや
    歴史なんて証明されていることなんてないぞ
    現段階では1番有力とされているどまりだ


    【鶴田真由、ナスカの地上絵の“宇宙人説”を否定「描くのは簡単そう」】の続きを読む

    このページのトップヘ