おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    動物・生物関連

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    状況証拠しかないじゃん
    しかもこんなに長い間文明があるのに誰も進化した動物見てないし



    【なんでみんな進化論なんて信じてんの?状況証拠しかないじゃん】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    紋別市の道立オホーツク流氷科学センターが、全長4センチと通常の2倍もある大型クリオネを展示している。

     同センターの桑原尚司学芸員が1月にオホーツク海沿岸で採取した。
    普通のクリオネは全長2センチ前後だが、この時は3センチほどの個体が多く、さらに大物が1匹交じっていたという。

    (略)



    http://www.asahi.com/articles/ASK26365ZK26IIPE002.html
    2017年2月8日03時00分



    【【流氷の悪魔】でかすぎぃ!通常の2倍サイズの巨大クリオネ発見される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3
    鳥は獣脚類から進化したんだよな
    鳥盤類とは関係ないから最初混乱したわ
    ややこしい名前つけんなよ


    【ティラノサウルスは食糧難でニワトリに進化したチキン野郎wwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    ピアスの穴にヘビが詰まった! 米17歳の珍騒動が話題
    http://www.afpbb.com/articles/-/3116455
    米オレゴン州で、少女の耳たぶのピアスホールにペットのニシキヘビが入り込んで抜けなくなる珍事があり、ソーシャルメディア上で話題を集めている。

    アシュリー・グラウィーさんは先月、セルフィー(自撮り写真)を撮影していた最中に、ペットとして飼っているボールニシキヘビの「バート」が耳プラグ型ピアスの大きな穴に滑り込み、抜けなくなってしまった。
    地元メディアに対し、「ショック状態のようになって震え始めた」と当時を回想している。

    グラウィーさんは最初、自分でヘビを引っ張り出そうとしたが失敗。緊急当局に通報して助けを求めた。
    だが駆け付けた消防隊員らもヘビを引っ張り出すことはできず、グラウィーさんは病院に搬送された。
    病院職員らは耳に麻酔をかけた上で、潤滑剤を使ってヘビを穴から抜くことに成功したという。



    【【悲報】少女(17)「耳のピアス穴に蛇が詰まって抜けないの、助けて!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    欧州で、トウモロコシだけを食べ続けた野生のハムスターが発狂し、ハムスター同士の共食いが始まっていることが分かった。「ロンドン王立学会紀要B」に先週、研究結果が報告された。

    ハムスターの専門家であるアルザス環境保護研究センター所長ジェラール・バウムガート氏はAFPの取材に対して、「明らかに(生態系が)アンバランスになっている」と話した。

    ハムスターはもともと雑食性で、いろいろな種類の植物の実や根っこ、昆虫などを食べて生きている。ヨーロッパの自然環境が単相化し、工業的に大規模栽培されたトウモロコシしか食べるものがなくなったことが発狂、共食いの原因であると指摘されている。

    (翻訳:野良ハムスター★)



    https://phys.org/news/2017-01-corn-french-hamsters-deranged-cannibals.html



    【怖っ!トウモロコシだけを食べ続けたハムスター→共食いが始まる 研究結果】の続きを読む

    このページのトップヘ