おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    動物・生物関連

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    1(中) 葛
    2(遊) イタドリ
    3(左) マメコガネ
    4(一) コイ
    5(三) ワカメ
    6(捕) ヌマコダキガイ
    7(二) たぬき
    8(右) マヒトデ
    9(投) カエルツボカビ



    3
    適当に解説してくで


    【【生態系破壊するニキ】世界で猛威を振るう!日本の外来種で打線組んだで】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2018/05/21(月)
    ■サメから見たら人はカメ

    サメは警戒心の強い生きものです。

    日常で自然界に生きるサメに近づくことは難しく、万が一遭遇しても、
    こちらが何もしなければ、まず襲われることはありません。

    スピルバーグ監督の大ヒット映画『ジョーズ』では、
    ホホジロザメが観光客でごった返す海水浴場にわざわざ乗り込み人を襲ったり、
    サメ退治に来た人間と激闘したり…といったシーンが描かれています。

    でも、そんなふうに人間に狙いを定めてサメが襲いかかるなんてことはまずありえません。
    それどころか、サメのほとんどは人間を見ると一目散に逃げてしまいます。

    わたしは、サメの撮影のためによく海に潜りますが、たいていの場合はまともに写真に収めることすらできません。

    ただ、フィジーでたった一度だけ、
    「シャークフィーディング(サメへの餌付け行為)」の最中にレモンザメに甘噛み・・・されたときは、 さすがにドキッとしました。

    でも彼らを興奮させておいて、そこにあえて近づいたのだから、非があるとすれば紛れもなくわたしのほうです。

    世間でよく言われる「人食いザメ」とは、わたしたち人間がサメに対して抱いている勝手なイメージです。
    彼らが好んで人を食べるなんてことはありえません。

    データもそれを物語っています。

    アメリカ人の死因を調べた統計調査によれば、1959年から2010年までの約50年間で、
    サメに襲われて氏亡した人は26人。年間平均で0・5人ほどです。

    ちなみに、同じ期間に落雷が原因で亡くなった人は1970人、年間平均で37・9人。
    サメに襲われて氏ぬ確率は、実は雷に撃たれて亡くなるよりもはるかに低いのです。

    それでもサメが人に噛みつくことがあるのは事実で、サーフィン中に起こる事故がほとんどだと言われています。

    なぜなら、人がサーフボードにまたがって座る、あるいはパドリングをする姿を海中から見上げると、 サメの好物であるアザラシやウミガメそっくりに見えるからです。

    (略)
    海の中では、激しい生存競争が繰り広げられています。捕食する側のサメは懸命に獲物を探し、 捕食される側にいる生物は、生き延びるために必死で逃げようとします。

    「魚類最強のハンター」と呼ばれるホホジロザメでも、1ヵ月くらい獲物を見つけられず、
    腹を減らしてさまよっていることがあると聞きます。そんなときに好物らしき姿を見かけたり、 美味しそうなにおいを嗅ぎつけたりしたら……。

    人がサメに噛み付かれる事件というのは、そういういくつかの偶然が重なって起きてしまうものなのです。

    続きはソースで

    現代ビジネス
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55713



    7
    人間だと気付いたら回れ右したり、食うのやめたり、吐き出したりするの?
    そのまま美味しくいただくんじゃないの?


    119
    >>7
    少なくともホホジロザメは鰭脚類でないと気付くと、顎を放してどっかにいく事が多い
    なおイタチザメ


    9
    データはアメリカのみで
    世界の獣害の統計を出していない

    サメにとっての食物に人も含まれているので無害とは言えない

    映画が虚構なのは当たり前


    13
    え!そうなんですか!?
    サメって空を飛んだりなんなら宇宙にも飛び出したり頭が3つあったりトイレから出てきたりしないんですか!!?


    16
    海でバシャバシャ泳いだりサーフィンしていれば
    サメは何かしら魚だと思って食い付くだろう


    【【あれ?ジョーズは!?】「人食いザメ」なんてこの世にいねぇよ!←断言できる理由がコレ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2018/05/19(土)
    (略)

    ■猫が宇宙人のスパイだと考えられる8つの事実

    火のないところに煙は立たず、と言いますが、猫が宇宙人のスパイと考えられ始めた8つの事実を、ご紹介します。

    ・古代エジプト以前の猫の記録が皆無
    ・桿体視細胞の数が異常に多い
    ・いくら研究をしても分からない謎が多い
    ・顔が宇宙人に酷似
    ・人を味わう
    ・固体にも液体にもなれる
    ・ヒーリング機能がある
    ・宇宙人と交信している?

    ■古代エジプト以前の猫の記述が皆無

    古代エジプトでは、猫の顔を持つバステト神が崇められていました。
    その為、猫は神からの贈り物として神格化され、社会的地位が非常に高かったと言います。
    更に不思議なのが、古代エジプト以前の文献などに、猫に関しての記述が全くない、という点です。

    古代エジプトは、突然洗練された高度な文明を持って出現した為、その始まりには宇宙人が関わっているのではないか、と実しやかに囁かれています。
    そう考えると、古代エジプト文明が発祥する際に、猫を宇宙人が連れてきたとしても不思議ではありません。
    古代エジプト人にとっては「宇宙人=神」であり、その神の贈り物である猫が大切にされていたのも、納得がいきます。

    ■杆体細胞の数が異常に多い

    暗闇でも目が見える猫ですが、それは「杆体細胞」という微弱な光を感じられる目の細胞が多いからです。
    猫をはじめとした暗い時に狩りを行う動物では、この杆体細胞が多いのですが、猫の場合、他の動物と比べてもその数が異常に多いという話があります。
    何の為なのかははっきりとしていませんが、もしかすると人が寝静まった時刻の暗闇で、宇宙人にスパイの活動報告を、する為なのかもしれません。
    未だに目的が謎な、薄暗い時間に開催される、猫の集会もありますしね。

    (以下略)

    https://nekochan.jp/cat/article/3406

    9
    猫は神だろ


    14
    常識だな


    34
    古代エジプトじゃネコがファラオとして直接地球人を統治してた時期もあったが
    それ以降ないのは陰から操るほうが楽だったからか?


    82
    >>34
    大昔から今でも猫様を家にお招きして居ていただいてる感はあるだろう。完全に俺は下僕となってるからな。ツンデレの天才だろ。見ていて飽きないし抱っこして幸せな気持ちになれる。一家に一人いれば世界平和になる気がする。


    【「猫は宇宙人のスパイ!?」その8つのエビデンスがコレだwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2018/05/14(月)
    ルーマニアで40年前に見つかった顎の骨の化石が、翼竜のものとしてはこれまでで最大であることが分かり、学術誌「Lethaia」に発表された。
    翼を広げると9メートル近くになる巨大な種が、今の同国中部のトランシルバニア地方にかつて君臨していたのかもしれない。

    (略)

    新たに発表された翼竜は比較的がっしりしており、首が短く頭が大きかったとみられる。
    雑食の可能性があり、恐竜の卵、小型のワニ、淡水のカメ、大型の魚など、生息地である川辺の環境にいた生物を次々と食べていたのかもしれない。

    「見つかっている中で最大の翼竜ではありませんが、下顎の骨としては、今まで採集された中で最大です。 修復すると110~130センチにもなります」。

    トランシルバニア博物館協会の古生物学者で、論文の筆頭著者のマティアス・ブレミール氏はこう語る。
    「このことから、かなり大型の翼竜だった可能性があります。翼開長は8~9メートルだったかもしれません」

    この地域から見つかった巨大な翼竜は、これは現時点で3つ目のタイプとなる。
    つまりトランシルバニアは今や、驚くような姿を誇る空飛ぶ爬虫類の、もっとも生息密度が高い場所だったと胸を張れることになった。

    その面々には、2009年に発見され、研究者が「ドラキュラ」とニックネームを付けた大型種も含まれる。
    この種は最大の翼竜の有力候補だ。

    (略)

    ■頭の長さは胴体の3.5倍

    今回発表された翼竜の化石は、現時点では巨大な顎の骨しか見つかっていない。
    もともと、この化石はトランシルバニアのハツェグ地域で1978年に発掘されたが、当初は翼竜だと認識されなかった。
    2011年、ブレミール氏はハンガリー、デブレツェン大学の古生物学者で、論文の共著者でもあるガレス・ダイク氏と共にブカレストの化石コレクションを訪ねたとき、翼竜との関連に気付いた。

    種名が付いている翼竜としては世界最大級のハツェゴプテリクスも、このハツェグ地域で見つかっている。
    キリンほどの高さがあり、翼開長は最大で11メートル近くに達した可能性がある。

    今回研究された化石には、近縁であるハンガリーの翼竜、バコニドラコの顎と似ている点があった。
    このことから、ブレミール氏らの研究チームは、まだ命名前のこの種はハツェゴプテリクスよりわずかに小さいものの、頭は比較的大きく頑丈だったのではと考えている。

    上記の翼竜はいずれも、アズダルコ科という、独特なプロポーションの巨体を持つグループに属している。
    4本の肢で巧みに歩き、地上の獲物を狩っていた。

    米国、南カリフォルニア大学で翼竜を専門に研究するマイケル・ハビブ氏は、この科は基本的に「著しく大きな頭と首に翼がついているようなもの」とコメントする。
    北米のケツァルコアトルスなどはアズダルコ科の典型で、頭部の大きさが肩から股関節までの長さの約3.5倍もあった。

    米国ミネソタ州の造形スタジオで制作中の等身大のケツァルコアトルス・ノルトロピ(Quetzalcoatlus northropi)の模型。
    体高はキリンほどもあったと考えられていて、空飛ぶ動物としては史上最大だ。



    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/051000208/
    2
    (略)

    ■「飛ばなかったと自信をもって言えます」

    ブレミール氏によると、今回の発見は、トランシルバニアの白亜紀末の地層から近年見つかった翼竜を全て検討し、太古の生息地について明らかにする大型プロジェクトのなかでもたらされた。

    「白亜紀後期には、巨大な翼竜がまとまって現れていたようです。
    数種の翼竜がおそらく年代的に重なり、いずれも大型化していました」とハビブ氏は話す。
    「その時の何らかの条件が、彼らにぴったり合っていたのかもしれません」

    地上で狩りをする大きな翼竜が群島の1つに上陸すると、彼らは一帯で最大の捕食者となった。
    つまり、比較的安全で、獲物にも営巣に適した場所にも困らなかった。

    おそらくこれが、ドラキュラとあだ名された翼竜が驚くほど大型化した理由だろう。
    このサイズは、空飛ぶ爬虫類としては限界に近い。

    「ドラキュラ」の論文はまだ発表されていないが、ドイツのアルトミュールタール恐竜博物館には、復元した実物大の骨格標本がすでに展示されている。それによると、地上からの高さは3.5メートル、翼開長は12メートル弱となっている。しかも、肩や翼などの骨の形からすると、この巨大な動物は飛べなかった可能性があるという。

    (略)

    「『ドラキュラ』は飛ばなかったと自信をもって言えます」とブレミール氏は言う。
    「よく似た例が、マダガスカル島の絶滅した巨鳥エピオルニスです。
    トランシルバニアも、白亜紀後期には島でしたから」

    (略)
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/051000208/?P=3

    【【画像】これは無理ww実は頭がデカすぎてドラキュラ(古代翼竜)は飛べなかった? ケツァルコアトルス模型をご覧ください→】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ヒグマ

    ※動画で注意がされているように、「すべてのヒグマが人を避けて行動することを保証するものではありません」とのことです。スレ内でも語られていますが、鈴やラジオが有効な熊もいますし、そうでない熊もいますので、安心せず最大限の対策を行うようにしたほうがよいかと思います。



    1 2018/04/26(木) 11:58:06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00050073-yom-soci

    札幌市は、野生のヒグマが市内の山中で人の気配に気付いて立ち去る様子を動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開した。

    ヒグマが人の気配や音を察知して逃げることは一般に知られているが、実際に映像で記録されるのは珍しいという。

    映像は2014年6月、札幌市中央区の盤渓地区に設置した定点カメラが捉えたもので、市が45秒に編集し、
    「人を避けるヒグマ」のタイトルで投稿した。

    クマが何かの気配を察知して、急に落ち着かない様子になり、その場を立ち去る。
    その7分後、
    同じ場所を通り過ぎる男性の姿が収録されている。
    男性の腰には鈴が付けられており、市はクマが鈴の音に反応したとみている。

    4月は冬眠明けのヒグマが活発に動き回る時期で、札幌市内でも24、25日に目撃情報が寄せられた。
    市環境局は「クマとの遭遇リスクを避けるのに、鈴やラジオなどが有効なことを知ってもらうきっかけにしたい」としている。


    「人を避けるヒグマ」


    【【動画】ヒグマが人の気配に気付いて立ち去る様子をユーチューブに投稿。「鈴やラジオが有効なことを知ってもらいたい」札幌市】の続きを読む

    このページのトップヘ