おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    動物・生物関連

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    CNN.co.jp 3/21(火) 12:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-35098395-cnn-int

    (CNN) 巨大なニワトリが鶏小屋から登場してのっしのっしと歩き回る動画がインターネットに投稿され、「怖い」「誰かウソだと言って」といった声が飛び交っている。

    (略)

    だがそうした声とは裏腹に、この動画は作り物ではないらしい。動画に登場するニワトリは、米国で育てられた大型種「ブラマ」の特徴をすべて兼ね備えている。

    家畜保護団体によれば、ブラマは体重が8キロを超えることもある品種。

    20世紀初めごろは食肉用としての需要が高く、1羽で4人家族を1週間支えることも可能だった。

    しかし品種改良であまりに強くなりすぎて、地球滅亡小説の序章に登場しそうな姿になった。

    最終更新: 3/21(火) 12:15



    3
    画像




    【【ラオウの愛鶏かよ】超巨大なニワトリがのっそのっそと出てくる動画、でかすぎて怖いと話題にwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    【3月15日 AFP】全世界に生息するクモが食べている昆虫の量は、毎年4億~8億トンに及んでいるとの研究結果が14日、発表された。これは人間が1年間に消費する肉と魚の総量に匹敵するという。

    (略)

    この結果は、特に大半のクモの生息地である森林や草原で、クモが害虫や保菌生物を食い止めるのにどれほど大きな役割を担っているかを示している。

    「今回の推計値とその顕著な大きさによって、クモが地球規模で果たしている重要な役割についての一般の人の認識と評価の水準が高まることを期待している」と、論文の執筆者らは記している。


    (以下省略)
    http://www.afpbb.com/articles/-/3121400



    【【蜘蛛は益虫】全世界でクモが1年間に食べる昆虫の量は全人類の肉・魚の消費量に匹敵!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    冷戦ど真ん中、CIAにスパイとして送りこまれた猫がいました。

    UNREDACTEDによれば、冷戦による米ソの対立が激化していた1960年代、両国は国家予算をどっさりつぎ込み、熾烈な情報戦を繰り広げていました。
    そんななか、CIAの科学技術本部(スパイ偵察機U-2やコロナ人工衛星の開発を担当)は、盗聴器を搭載した猫をスパイとして送り込む作戦、通称「Acoustic Kitty」を実行しました。

    アメリカンヒーローズチャンネルのドキュメンタリーによると、当時、CIAがターゲットとしていた一人の人物が、オフィスや会議室に多数の猫を自由に出入りさせていたため、その中にスパイ猫を紛れ込ませれば、バレることなく盗聴できるのでは?と考えたそう。
    サイト「子猫のへや」によるとCIAは猫に小型盗聴器を埋め込むだけでなく、注意力が散漫にならないように空腹や性欲を抑える手術も施しました。

    しかし、そう簡単に猫が人の命令通りに動くことはなく、スパイとして送りこまれた猫が危険な目に遭ってしまうだけの結果に。
    1,500万ドル(およそ16億円)もの予算むなしく、「Acoustic Kitty」計画は失敗に終わります。

    (略)

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170311-75316155-giza



    【【Acoustic Kitty】CIAが16億円かけて猫をスパイにしようとした結果wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    日本では悍ましき黒い悪魔、這い寄る混沌として忌み嫌われるあのゴキブリがパンになっちゃいました!

    (略)

    ブラジルのリオグランデ連邦大学に在籍するAndressa LucasさんとLauren Menegonさんはゴキブリを使ったパンを開発しました。
    粉末状になったゴキブリは通常の小麦粉よりも40%も多くタンパク質を含み、8~9つの必須アミノ酸やオメガ3、オメガ9といった良質な脂質も豊富に含んでいます。

    ゴキブリパンに使われているゴキブリは私たち日本人が台所でよく見かけるクロゴキブリではなくハイイロゴキブリ。
    ブラジル国家衛生監督庁の衛生基準に従い、野菜と果物だけを餌に丁寧に育てられています。

    no title

    (略)

    また、気になるお味ですが、栗やピーナッツを思わせるナッツ系のふうわりとした風味がとても美味しいとのこと。
    少量ではゴキブリが入っていることに全く気付かない人も多かったということ。
    それでも10%の含有量で普通のパンよりタンパク質を49.16%も多く摂取できてしまいます。

    動画は以下から。
    とても美味しそうですが、昆虫が苦手な人にはちょっとだけ閲覧注意です。



    (略)

    http://buzzap.jp/news/20170303-cockroach-bread/



    【【閲覧ガチ注意】日本で嫌われてる「黒いアノ昆虫」をパンにする国が現れたぞwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    状況証拠しかないじゃん
    しかもこんなに長い間文明があるのに誰も進化した動物見てないし



    【なんでみんな進化論なんて信じてんの?状況証拠しかないじゃん】の続きを読む

    このページのトップヘ