おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    動物・生物関連

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    ドラゴンの血が傷を癒やす-。伝説のような研究成果が4月、発表された。インドネシアのコモド島などに生息する世界最大級のトカゲ、コモドドラゴン(コモドオオトカゲ)の血液成分を参考に作った物質から、強い抗菌作用と、傷の治癒を早める効果が見つかった。近年では抗生物質が効かない耐性菌が増えており、新薬の開発に期待がかかる。

     (略)コモドドラゴンの血液中の抗菌ペプチド(アミノ酸化合物)を参考に別のペプチド「DRGN-1」を人工的に作製し、多くの抗生物質に耐性を持つ多剤耐性菌として知られる緑膿菌や黄色ブドウ球菌に使用すると、菌の活動を抑える抗菌活性が現れるほか、細菌が自身を守る膜「バイオフィルム」を壊して増殖を強く抑制した。

    (略)(共同)

    http://www.sankei.com/smp/life/news/171019/lif1710190016-s1.html




    【【伝説のような研究成果】「ドラゴンの血」が傷を癒やす!血液成分から傷の治癒を早める効果発見】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    84
    GWに友人数人と近場の山にハイキングに行った。

    帰宅後、

    初夏のハイキング気持ちよすぎワロタwww
    日本最恐生物ヒグマさんのいない本州住みの俺ら勝ち組wwwww

    的な事を話していたら、遊びに来ていた叔父がしてくれた話。


    【【猪はガチでヤバい】病院の夜間バイト中にイノシシに返り討ちにあった人が運ばれたが、その姿はあまりにも悲惨で…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    2017年10月1日 18時45分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13689843/

    石ころだと思っていたら、ダイヤの原石だった。ビジネスのチャンスをものにできる人は、誰も気づいていない価値や需要に気がつくことができる人だ。既存の価値観は邪魔になるだけだろう。

    いま、日本では商品価値ほぼゼロのものに、海外から熱視線がそそがれているのをご存知だろうか。日本なら駆除され、何なら肥料やゴミになるアレが、中国だと高級グルメ! 中国ネットユーザーから「売ってほしい!」などの声が寄せられているという。その正体は……

    ・日本でゴミとなるアレが中国では美食

    ザリガニ! ザリガニだ!! たしかに中国では、ザリガニは初夏の味覚として人気だ。季節になると数多くのザリガニ屋台が軒をつらねる。さらに、今年はザリガニブームが起き、価格が高騰しているのだとか。
    (略)ザリガニ愛爆発中の中国ネットユーザーが反応! 以下の声が寄せられていた。

    (略)
    「捨てるくらいなら売ってくれ!」
    「日本は今すぐ輸出すべき!!」
    (全文は配信先で読んでください)



    【「ダイヤの原石!?」日本で “ゴミになるアレ” が中国ではブームで高級グルメ!売ってくれ!と熱視線】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    宮城県で8月に開催された全国高校総合文化祭(総文祭)の自然科学部門のポスター発表部門で、山梨県の韮崎高校生物研究部が文部科学大臣賞(最優秀賞)を受賞した。青い光による殺虫効果の仕組みを調べた成果を発表した。韮崎高は6年前の総文祭でも同じ部門の最優秀賞を受けている。
    (略)

    韮崎高は生物研究部の平田匠部長(3年)が「青色光によるハエの氏亡原因は本当に酸化ストレスなのか」の題で発表した。青い光にはハエなどに殺虫効果があることが知られているが、詳しい仕組みは分かっていないという。

    平田さんはショウジョウバエを使い1年半がかりで実験。青い光を当てると、体内の活性酸素が細胞を傷つける「酸化ストレス」が強まり、細胞が自ら氏ぬ「アポトーシス」を促すらしいことを突き止めた。

    (略)

    http://www.asahi.com/sp/articles/ASK9G3F4MK9GUZOB001.html



    【ハエに青い光を当てるとなぜ死ぬのか?山梨の高校生が解明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    超激レア映像!ケニアでアルビノじゃない「白いキリン」が発見される!

    キリンと言えば、黄色と黒の縞模様が特徴的で、首の長い面白い動物として知られております。
    もちろん動物園でもゾウやライオンと並ぶ人気者ということは言うまでもありません。そんなキリンは、 自然界でも普通にあの状態のまま生活しており、自慢の長い首で高い場所にあるエサを独り占めです。
    そんな中奇妙なキリンが発見されました。

    今回発見されたのはケニアの白すぎるキリンです。確かに見た目は他のキリンよりも明らかに白く、 もはやキリンとは思えないような風貌をしております。
    しかも親子で真っ白ということで何らかの遺伝的な病気を抱えている可能性もあります。
    掲載元の記事ではこのキリンは「白斑」に苦しんでいるということで、
    一般的にメラニン色素の欠落によって肌が白くなる「アルビノ」ではないとのことです。

    素人目にはその違いはよくわからないのですが、目が赤くなっていない点を踏まえるとたしかにアルビノではないようですね。

    この白いキリンは大変珍しく、目撃証言はあるものの、このように映像に残されているというのは超激レアなのだということです。

    (略) 

    http://www.yukawanet.com/archives/5267164.html

    no title




    【【真っ白なキリン発見】神々しすぎる姿が映ったレア映像!】の続きを読む

    このページのトップヘ