おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    動物・生物関連

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2017/12/14(木)



    夏の終わり、写真家ポール・ニックレン氏と環境保護団体「シーレガシー」の映像製作者らは、カナダ北東部のバフィン島で胸が張り裂けるような光景に遭遇した。飢えて死に向かいつつあるホッキョクグマに出会ったのだ。

    ニックレン氏にとって、クマはなじみ深い存在だ。カナダの北極圏で育ち、生物学者を経て野生動物の写真家に転身した同氏は、これまで3000頭を超す野生のクマを見てきた。しかし、12月に彼がソーシャルメディアに投稿した、やせ衰えたホッキョクグマの姿は、これまでに見た最も辛い光景のひとつだった。

    「私たちは泣きながらその場に立ち尽くしました。撮影している間、涙が頬を伝っていました」と語っている。

    動画は、ホッキョクグマが必死で生きる姿を映し出している。やせて骨張った体を白い毛が弱々しく覆っている。片方の後ろ足を引きずって歩いているのは、筋肉が萎縮しているせいだろう。クマは食べ物を求めて、近くにあったごみ箱を漁る。イヌイットの漁師が特定の季節に使うごみ箱だ。だが何も見つからず、あきらめて再び地面に倒れ込む。

    この場面を投稿すると、見た人からはなぜ助けてやらなかったのかとの声が上がった。「もちろん、それも考えました」とニックレン氏。「しかし、私は麻酔銃や200キロのアザラシの肉を持って歩いているわけではありません」

    (略)

    ■気候変動との関連

    (略)

    2002年の世界自然保護基金(WWF)の報告では、気候変動がやがてホッキョクグマを危険にさらし、あるいは絶滅に追い込む可能性があると予想している。当時でさえ、ホッキョクグマが陸上で過ごす期間が長くなっており、絶食期が延びて健康が損なわれていると報告されている。夏の終わりには、WWFが調査した個体のほとんどが飢餓の兆候を示していた。

    15年後の現在、ホッキョクグマのエサ探しの場となる海氷の状態はさらに悪化している。米国の雪氷データセンター(NSIDC)は毎年海氷の観測を行っているが、その面積は年々最低記録を更新しているという。

    (略)
    配信2017.12.12
    National Geographic
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/121200482/



    【なんでこんなことに!? 胸が張り裂けるようなホッキョクグマの姿】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2017/11/20(月)
    スナメリ


    東京の隅田川で、今月に入り、珍しい小型のイルカの目撃情報が相次いでいる。

    今月17日に東京湾から10キロ以上、上流の隅田川で撮影された映像では、
    白っぽい胴体と尾びれのようなものが見える。
    近くでは今月3日にも、水面に顔を出す黒っぽいイルカのような生き物が撮影されていた。

    専門家によると、尾びれが水平なことなどから、
    どちらも「スナメリ」という小型のイルカである可能性が高いという。

    隅田川では珍しく、東京湾から迷い込んだ可能性があるという。

    http://www.news24.jp/nnn/news890161594.html

    映像
    http://www.news24.jp/nnn/movie/news890161594.html



    【隅田川にイルカ現る!珍しい小型のイルカ「スナメリ」か?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2017/11/14(火)
    秋田県内各地で人がクマに襲われたり、農作物が食い荒らされたりする中、
    北秋田市は6日、同市の「くまくま園」で「クマによる被害防止のための公開講座」を開いた。

     講座は、研究活動に関する連携協定を結ぶ北海道大大学院との共催。クマの生態に詳しい専門家からは、 人間を恐れない「新世代のクマ」の存在などが指摘され、集まった約30人の農林業関係者や自治体の防災担当者、 山岳ガイドらは真剣な表情で耳を傾けた。

    (略)

     講座では、人間が廃棄する果物などが、クマを人里へと誘う原因になっていることも取り上げられ、適切な農業廃棄物処理の必要性にも話題が及んだ。
    講師らからは、「クマと遭ったらどうするではなく、事前に声で人の存在を知らせる対応が効果的」との助言もあった。


    読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20171107-OYT1T50016.html



    【【危険動物】人を恐れない「新世代のクマ」に要注意!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2017/10/31(火)
    獣医のヘザー・ベーコン氏は、保護されたクマのさまざまな病気や怪我を診てきたが、
    「ニャン・フトゥー」のような症例は見たことも聞いたこともなかった。

    ニャン・フトゥーは、ミャンマーのタバワ動物シェルターに保護された生後18カ月のツキノワグマだ。
    ピンク色のメロンのような巨大な舌が口から垂れ下がり、あごは閉じられない。
    それどころか、舌を引きずって歩いていたため、ばい菌をなめてしまうし、舌は傷だらけだった。

    巨大な舌のせいで、ニャン・フトゥーは餌を食べるのも難しく、
    シェルターで一緒に保護されている兄弟と遊ぶこともできなくなっていた。

    そこでこの10月、英国エディンバラ大学ロイヤル(ディック)獣医学部のベーコン氏をはじめとする獣医師チームは、 ニャン・フトゥーの巨大な舌を切除する手術を行った。

    (略)

    野生動物の手術を行うチーム「国際野生動物外科手術」のロマン・ピッツィ氏やミャンマーの獣医師たちの協力を得て、
    獣医師たちは2017年10月初旬にニャン・フトゥーの舌の切除手術に踏み切った。舌の重さは3kgほどもあり、手術は4時間におよんだ。

    象皮病の可能性も

    (略)

    獣医師たちは象皮病の可能性も考えている。象皮病はフィラリアの寄生によって起こる病気で、 手足が極端に肥大することがあるからだ。

    象皮病は東南アジアの人々に多い病気だが、クマでは報告されていない。
    切除された舌のサンプルは、検査機関に送られた。

    ニャン・フトゥーはミャンマーの施設で世話を受けながら徐々に回復していて、今後もそこにとどまることになる。
    彼は兄弟と自由に遊べるほど元気になり、新しい食物にも興味を示しはじめている。

    (略)

    映像
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/103000419/
    画像
    http://static.techinsight.jp/wp-content/uploads/2017/10/heraldscotland1710281509.jpg




    【【見たこともない症例】吹き出しマークに見えるほど巨大化したクマの舌、切除手術が無事成功】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    ドラゴンの血が傷を癒やす-。伝説のような研究成果が4月、発表された。インドネシアのコモド島などに生息する世界最大級のトカゲ、コモドドラゴン(コモドオオトカゲ)の血液成分を参考に作った物質から、強い抗菌作用と、傷の治癒を早める効果が見つかった。近年では抗生物質が効かない耐性菌が増えており、新薬の開発に期待がかかる。

     (略)コモドドラゴンの血液中の抗菌ペプチド(アミノ酸化合物)を参考に別のペプチド「DRGN-1」を人工的に作製し、多くの抗生物質に耐性を持つ多剤耐性菌として知られる緑膿菌や黄色ブドウ球菌に使用すると、菌の活動を抑える抗菌活性が現れるほか、細菌が自身を守る膜「バイオフィルム」を壊して増殖を強く抑制した。

    (略)(共同)

    http://www.sankei.com/smp/life/news/171019/lif1710190016-s1.html




    【【伝説のような研究成果】「ドラゴンの血」が傷を癒やす!血液成分から傷の治癒を早める効果発見】の続きを読む

    このページのトップヘ