おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

悪魔・悪霊

1 2019/04/30(火) 18:24
悪魔や悪魔に準ずる神を崇拝する人々には朗報だ。
公式Instagramの投稿によると、宗教団体「The Satanic Temple」がこのほど米国国税庁(IRS)より正式に宗教法人として認可された。これにより同団体は非課税対象となる。

ローリングストーン誌に送られたプレスリリースによれば、「ほかの宗教団体と同じように公の場所で活動し、信仰による差別の問題を法廷で争うことができる上に、宗教団体に対する政府の助成金を申請することが可能」になる。

The Satanic Templeはこれまで非課税申請を行わない方針をとってきたが、2017年にトランプ大統領が「宗教の自由」を認める大統領令を発令したのをうけ、団体の代表者ルシアン・グリーヴス氏がこの方針を撤回。「“宗教”という言葉が次第に特権階級の意味合いを帯びつつある今、我々はこの特権が全ての人々に行き渡り、間違った思い込みで無神論的な宗教や、無宗教の人々が排除されることがないようにしなくてはならない」と、The Satanic Templeのニュースレターで主張した(The Satanic Templeはニュースレターを発行しているらしい)。さらに、「独自の宗教的見解および/または宗教に関する見解を唱える無神論的、世俗的非営利団体も同様に、非課税の対象として認められるよう」行動を起こすべきだ、とも付け加えた。
(略)
4/27(土) 14:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190427-00030718-rolling-int



4
お前も蝋人形にしてやろうか、フハハハハハハ


6
ちゃんとデーモン小暮閣下に許可をもらったんだろうな?


200
>>6
昔、悪魔組に入っていたのは旦那には秘密にしている。


7
自由だな(笑)


【【ファッ!?】“悪 魔 崇 拝” する団体、「正式な宗教法人」として認可される※非課税wwwwwwwwwww】の続きを読む

1 2019/04/02(火) 17:13
【4月2日 AFP】ポーランド北部グダニスク(Gdansk)で3月31日、神父らが英作家J・K・ローリング(J.K. Rowling)氏の人気児童小説「ハリー・ポッター(Harry Potter)」シリーズの書籍などを「神聖なものを汚す」として焼却し、物議を醸している。

 神父らはフェイスブック(Facebook)に書籍などを焼く写真を掲載。旧約聖書の「申命記」について触れ、「われわれは神の言葉に従う」と述べた。申命記には、神の敵を滅ぼさなければならず、偶像を焼き払えと信徒に強く勧める一節がある。

 カトリック系団体「天国からのSMS(SMS from Heaven)」のフェイスブックページに掲載された写真には、神父らが祈りの言葉を唱え、教会の前にある野外のかまどで本などを燃やす様子が写っている。吸血鬼が登場する人気ロマンス小説「トワイライト(Twilight)」シリーズや、「ハローキティ(Hello Kitty)」が描かれた傘、ヒンズー教の小立像なども焼却された。これらの写真がネット上で拡散し、物議を醸した。

 焼却が行われたグダニスク教区のヤン・クハルスキ(Jan Kucharski)神父は1日、ニュースサイト「natemat.pl」に対し、焼却は春の清掃活動の一環として行ったもので、教区の神父らが秩序を正すために持ち寄った「オカルトや魔術に関連するもの」を処分したと説明。焼却をナチス・ドイツ(Nazi)のような全体主義政権による文化抑圧に例えた批判を切り捨てた。グダニスク教区の公式ウェブサイトによると、クハルスキ神父は悪魔払いの祈祷(きとう)師(エクソシスト)の肩書を持つ。
(略)(c)AFP/Mary SIBIERSKI

https://www.afpbb.com/articles/-/3218829



5
>>1
聖お兄さんは許された!


8
立川のあの二人なんかもってのほかだな


232
>>8
八百万の神がいる日本だから成立してるキャラとストーリーだよねぇ

世界的にはどうなんだろうw


14
>>8
もし、ムハンマドを描いてたら、
立川でイスラム教テロが起きていただろう。


519
>>14
イスラム教に限らず同根の3教(キリスト教、ユダヤ教、イスラム教)は教典が似たり寄ったりだぞ
原理主義が強いのがイスラム教なので目立つが、基本的にはどれも異教徒撲滅、偶像崇拝禁止


310
>>1
世界に何百万冊もある本を全部焼き払うまで終わらないぞ
せいぜい悪魔を払えよエクソシスト


【【悲報】カトリック神父「神の敵め!!」、ハ ロ ー キ テ ィ を 悪 魔 祓 い す るwwwwwwwwwwww】の続きを読む

1 2019/02/19(火) 22:22
https://www.bbc.com/japanese/46888172
スペイン中部のセゴヴィアで設置が計画されていたサタン(キリスト教の悪魔)の銅像をめぐり、見た目が「陽気すぎる」として批判の声が広がった。

この地域には、美しい娘にだまされたサタンが巨大な水道橋(世界遺産に登録されている橋で、通称「サタンの橋」)を一夜にして造ったという伝説があり、この銅像はその悪魔を記念したもの。
ところが市民たちは、笑顔でスマートフォンでセルフィー(自撮り)をしているサタンの銅像はフレンドリー過ぎると訴えた。

市の人口の10%余りにあたる5400人が、銅像の設置取り消しを求める請願書に署名をした。
同請願書は、スマートフォンを手にするなどサタンが「陽気に」表現されていることから、「悪をあがめている」、「カトリック教徒にとって侮辱的」だとしている。

また、サタンは「ひどく不快で卑劣」な存在であり、「この銅像のような悪意のない『温厚な悪魔』のように、思いやりがあり魅力的」であってはならないとしている。

米紙ニューヨーク・タイムズによると、その後裁判所がカトリック教徒の訴えを退け、銅像の設置が認められた。

オンラインメディアのパンテオンズは、設置から2日後にこの像はカトリック教徒に盗まれたと報じている。同報道によると、数時間後に見つかった銅像は顔の部分が破壊され、幼子イエスの顔にすり替えられていた。
(略)




12
まるで悪魔に憑かれたような事するんだなキリスト教徒って


178
結局
この像は盗まれ破壊されてんだな
どっちが悪魔だかわからんな


3
あーなんかこういう人いるわ


4
かわいい


11
鬼じゃねえか。


【【この画像はワロタw】“陽 気 す ぎ る”悪魔像に、キリスト教徒さんガチギレwwwwwwww】の続きを読む

呪い



214
前月、元旦那の母から「呪うのをやめてくれ」「生き霊ををとばさないでくれ」とお願いされた。

電話でもお願いされたけど、わざわざお菓子持って訪ねてきて土下座する勢いだった。

元旦那は再婚して5年たつけどお嫁さんが何度妊娠しても流産してしまうらしい。
それで神社か何かにお参りに行ってきた日の夜、お嫁さんの夢に髪を振り乱した女が出てきて

「絶対子供は生ませない!許さない!」

って叫んだらしい。
お嫁さんが悲鳴あげながら飛び起きて、話を聞いた元旦那の母がそれは前の嫁(私)だとピンときた。

私は元旦那と出来婚でお金がないから元旦那の家で同居だった。
出産まで仕事は続けなければならないし、つわりと同居、ストレスフルで喧嘩が絶えなかった。
もう正直産むのが嫌になっていて、流産したらいいって思ってた。
暇さえあれば赤ちゃんいらないいらない、って念じたりしていた。
もう頭がおかしくなっていた。

ある日の喧嘩で元旦那が「氏ね」と言った途端、お腹が痛くなって流産した。
この辺の記憶があまりないけど、物凄い頭痛と腹痛が襲ってきてオエーッと吐いたあと意識を失った。

赤ちゃんはいなくなった。
私も氏にかけた。
退院後すぐ離婚した。
それが10年以上も前。

その私の生き霊がまだ元旦那の実家にいるらしい。
怖い。



【【修羅場】旦那(元)の母「呪うのをやめろ」私「は??」→元旦那の嫁が呪われてて流産するらしい。旦那母「あんたでしょ。すぐピンときた」→いや、実は私も、まさか・・・】の続きを読む

796 2017/12/15(金)
嘘か本当か知らんけど多分嘘だろう話

小学校低学年の時によく遊んでくれてたじいちゃん(親戚とかじゃなくて近所の人)の家によく行ってたんだけど、
ある日妖怪人間ベムの再放送見てた時に何故か天国と地獄の話になって、
じいちゃんがぽろっと
俺はどっちにも行けんだろうなって言い出して

昔芸術で躓いた時悪魔に魂売った、そいつに、成功させてやるが俺の命は今回まで、次の命はないぞと言われたみたいなこと言ってて、

俺は小学生の頃から中二病みたいな奴だったから悲しいとかより嬉しくて
悪魔ってどんな奴とかどう呼び出すのかみたいな話聞いたけど教えてくれんかった

いやそこまで話したなら教えろと今なら思うわ
でもじいちゃんそっちのけで目輝かせたのは子供とはいえ申し訳ないことしたな

そのじいちゃん家は普通の和風の屋敷なんだけど
中に賞状とか新聞の切り抜きとか勲章?みたいのが飾ってあってさ、
今思うと確かにすごい人で、何らかの成功はしてたんだろうなって思う



【【悪魔召喚と死の予言】悪魔を呼び出し契約した爺ちゃんが、魂と引き換えに手に入れたもの】の続きを読む

このページのトップヘ