おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    悪魔・悪霊

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
    けして一人で見ないで下さい


    【“本物”が映ってるって噂の『エクソシスト』って見た事ないんだけど今見ても怖いの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    豆知識でもいいから教えてよ


    【【雑学】神話とか民俗学とか悪魔とか浅いとこから深い所まで話そう!豆知識でもいいよ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    霊感持ちのファンキー受験生の悪霊話

    ある塾で講師をしていたというスレ主。その時に教えていた生徒の中に強力な霊感を持った男の子がいて、ある日突然「先生は霊とか信じる?」と尋ねられ、「先生は近日中に悪霊に会う」と警告されたそうなのですが――(おうまがタイムズ)
    1
    その塾をやめることになったから厄落としに書き込んでみる
    勝手に書いていきます。



    【【怖い話】塾にいた霊感持ちのファンキー受験生に「先生は近日中に悪霊に会う」と警告されました】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    怖い話ヨコハマタイヤみたいな気味の悪い笑顔

    仲の良い友人と海外旅行をした時に、ある廃れた観光地で奇妙なバスに乗り合わせてしまったという報告者。バスは定時にはこない土地柄だったのだが、なぜかそのバスは定刻通りに現れたとか。後々、その土地では「定刻の針の上に訪れる者は禍を連れてくる」という言い伝えがあることを知るのだが、報告者が乗り合わせてしまったという不気味なバスの正体とは――!?(おうまがタイムズ)
    290
    長くなるけど、ほんのりと投下。

    我が家には、訳あって母の親友母子が一緒に住んでた。
    子の名前をAとするが、Aと俺は本当の兄弟以上に仲が良い。
    一緒にいると何かと頼もしいんで、先日二人で某国を旅してきたんだが、
    その国の寂れた観光地で、妙なバスに乗ってしまったんだな。

    その国ではバスは必ず遅れて来るものだが、それは定刻通りに来た。
    それだけでも十分変なのに、中の様子はそれ以上におかしかった。
    バスのいたるところに、季節外れのサンザシの花が飾られており、
    それより気になったのが、乗客達の不自然な態度だった。
    一方には酷く暗い顔をした人々がいて、俯いて身動き一つしない。
    もう一方には明るい顔の非常に騒がしい人々。
    ヨコハマタイヤみたいな気味の悪い笑顔を浮かべており、
    歌ったり喋ったり踊ったりと、やたら陽気に騒いでいた。
    楽しそうに見えなくもないが、どこか排他的な雰囲気を纏う人達で、
    声をかけようなんて気には全くならなかった。

    暗い人達は、彼らにちょっかい出されても身じろぎせず俯いていたが、
    教会の前を通過する時だけ、弾かれた様に身を起し、一斉に十字を切ってた。

    妙な雰囲気の中、しばらくは我慢して大人しく乗っていたものの、
    段々気味悪くなってきて、俺は予定外の所で降車ブザーを押してしまった。
    だが運転手に「まだだ!」と一喝されて、停留所を通過されてしまい、
    英語わからん俺の代わりにAが抗議してくれたが、取り合ってくれないようだった。
    Aが怒鳴ってても他の乗客の様子は全く変わらなくて、
    俺はただ不気味に明るい人たちの顔を見るのが怖くて縮まってた。


    【【怖い話】ヨコハマタイヤみたいな気味の悪い笑顔の乗客や必死に十字を切る人がいる不吉なバスに乗ってしまった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    「バチカンの悪魔払い師」、ガブリエーレ・アモルト氏死去
    http://www.jiji.com/jc/article?k=20160920034713a&g=afp

    【バチカン市国AFP=時事】バチカン(ローマ法王庁)とイタリア・ローマ教区の悪魔払い師(エクソシスト)だった
    ローマ・カトリック教会のガブリエーレ・アモルト司祭が死去した。91歳だった。イタリアのメディアが関係者の発表として18日報じた。
    アモルト氏は呼吸器系疾患を患っていた。(写真はアモルト氏)

     アモルト氏は1954年に司祭に叙階された。間もなくエクソシストの第一人者として知られたカンディド・アマンティーニ司祭に次ぐ立場となり、
    1990年にアマンティーニ氏の後任としてバチカンの「主任エクソシスト」に就任した。

     アモルト氏は「国際エクソシスト協会(AIE)」を設立し、2000年に引退するまで会長を務めた。
    AIEには今日、30か国で活動する250人のエクソシストが所属している。

    (略)
     
    【翻訳編集AFPBBNews】
    〔AFP=時事〕(2016/09/20-12:36)



    【「バチカンの悪魔払い師(エクソシスト)」、ガブリエーレ・アモルト氏逝去される】の続きを読む

    このページのトップヘ