おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    洒落怖

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    17
    俺の知り合いに、みえる人がいる。
    その友人自体も俺からしたらなんか怪しいやつなんだが、
    たまに奇妙な眉唾ものの体験談を聞かせてくれる。

    これはその友人が某所で占い師をやっていたときの話。ちょっと長め。
    お前占いなんて出来るのか、と驚いたが、
    本人曰く「簡単。見えたの言うだけ。あれでお金取るの悪い気がするね」
    と、なんか怒られそうなことサラッと言ってくれた。

    友人はある駅の側で、小さな机にそれらしい水晶玉置いて、それらしい格好して、少しの間だが占い師をやっていたらしい。水晶玉は通販で買ったとか・・・。
    最初のうちは客なんてまったく来なかったそうだが、見料500円、という比較的安いお値段のためか、暇つぶしっぽい人がちらほらと来るようになったらしい。


    【【オカルト】亡者を占ってしまった占い師、見てはいけない黄泉人の未来とは・・・!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    絵馬の呪い

    俺はどんな仕事でも受け付ける「便利屋業」をやっていた。
    ある日、一カ月という約束で某所に派遣され、そこでまかされたのが、「呪い」が込められた絵馬の願いがどのくらい成就したのかを調べるという、とても奇妙な仕事で――




    881
    俺は便利屋業をしてるんだけど、この間じつに奇妙なことがあったんで書いてみるよ。

    便利屋といっても俺が所属してるのはけっこうな大手で、担当はネット・パソコン関係全般。
    引っ越しでのインターネット接続やマルウエアの駆除といった簡単なことから、
    アクセス解析やデータ修復などのやや面倒なことまで何でもこなす。
    どこか教えてはもらえなかったが、某所から依頼があって約1ヶ月派遣のような形で仕事をした。
    で、俺と年下の同僚と2人で一戸建ての貸事務所のようなところに連れて行かれ、一室を与えられた。
    部屋にはデスクトップが2台あって、百枚ほどの絵馬が運び込まれている。
    かなり違和感があったが、担当者の説明でどうやら何かを検索する仕事だとわかった。
    ・・・ふつう絵馬というのは出している神社の名前がどこかに書かれているもんだけど、
    その部分が黒く焼かれたり削られていたりしてわからなくなってる。
    大きさや屋根のところの形なんかが違ってるんで、複数の神社のが混ざってるんだと思った。

    共通してる点は、1年以内のものであることと、すべて奉納した人の実名が記されていること、
    それから書かれている願い事の内容が、
    何というか、とうてい神様が聞いてはくれないだろうと思われる身勝手なものであることだ。
    例えば「不倫相手の妻が早く氏んで、自分が晴れて結婚できますように」とか、
    「夫がどうかこの世から消えてくれますように」とかそういうやつばかり。
    中には写真が入っているものや、赤ボールペンで細かくびっしり書き込まれたのもあって、
    嫉妬や憎悪が立ち上ってくるようで、見てるだけで嫌な気持ちになる。
    仕事はというと、これらに書かれている実名や住所を手がかりに、
    ネットを使って願いがかなったもの、かなわなかったもの、
    わからなかったのに仕分けするという内容だ。
    これは検索のセンスもあるだろうが実に難しい話で、8割がた以上が「わからない」になってしまう。
    残りもほとんどが「かなわなかった」になるのは当然だと思うが、それでも1日に数枚、
    「かなった」に分類されるものがあった。
    つまり「氏んでほしい」と書かれている人と住所や名前の一致する死亡広告を見つけたなんて例だ。


    【“絵馬の呪い” で実際にどれだけ人が呪われたか調べる奇妙な仕事をまかされた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    889
    この話は中学一年の夏休み、よく遊んでいた友人と3人で肝試しをした時に体験した出来事
    その後なにかあったとか感染系って訳でも無いけど
    個人的には洒落にならないぐらい怖かったのでここに

    その時行ったのは地元では有名な心霊スポットで、少し山を登った所にある古い小屋
    特に謂れのようなモノは無かったが雰囲気が不気味だからか、
    かなり昔から心霊スポットとされていて、幽霊の目撃談もかなりたくさんあった
    更には自分達が小学校低学年だったころ、その小屋の近くで
    近所のヤンキー二人の遺体が発見された事件があり、呪われた場所として
    地元の人間からは恐れられていた
    (どちらも死因が刺し傷でナイフを所持していた上、小屋の中からビールの空き缶が見つかった事から
    酔った勢いで喧嘩がエスカレートしてという事で事件は片付けられた)

    流石に人死が出た場所だし、もし幽霊がホントに出たらヤバいだろーなという話から、
    念のために肝試しに行く前に近くの神社にお参りをしようぜという流れになった



    【「神社の神様が助けてくれた」から肝試しでおぞましい“アレ”からは逃げられたが、ナニか、変じゃね・・・?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    89 2018/07/01(日) 19:42:09.20
    今まさに起きた話なんだけど丁度今仕事帰りに出会い系アプリいじってた。
    同僚や友達がこのアプリをきっかけに結婚したり付き合ったりしてたから自分にもいい話があればと思って始めたんだ。

    システム知ってる人はここ読み飛ばしてくれていいんだけど知らない人のために簡単に説明する
    利用者の写真が次から次に流れてくるから気に入ればいいね!気に入らなければうーん…って選んでいく。
    流れてくる写真を自分からいいね!って異性にアプローチする方法もあるけど、私は見た目に自信ないから私の事をいいね!してくれた人の中から気の合いそうな人を探してる。
    私も気に入ればカップル成立、メッセージのやりとりができる。
    私がうーん…って選択すればその人とのやり取りはできないし今後プロフィールは二度と見ることができないシステム。
    親指だけでサクサクとカップル成立不成立が選べるので写真を見て自己紹介適当に読みつつ選んで次の人の写真を見てって繰り返してた。

    説明が長くなったけどここから本編。
    皆和気藹々とした写真とか調子に乗ってはっちゃけた写真とかキメ顔とか載せてるのに一人だけなんか妙な写真があったんだ。
    曇りの日に荒れた海の岩場なのか崖なのかとりあえずゴツゴツした場所で撮った写真。
    画質もザラザラで、アピールしてくれた男性とその隣には荒い茶髪で髪の毛も盛ってて昔流行ったガンク"口みたいに黒々日焼けした女性。
    女性には顔とかはわからないよう荒いモザイクがかかってたんだけどモザイク越しでもこんな感じってわかった。



    【【怖い】え??出会い系アプリを見てたら恐ろしい写真が流れてきた、これダメなやつだ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    187 2014/08/26(火)
    子供たちを連れて実家に遊びに行った時のこと
    普段から穏やかな母と、明るい父と、同居の妹一家と、みんなで楽しく話していた

    途中で母が
    「そうだ、○○(長男)にいい本を見つけたのよ♪」
    と笑顔で押し入れを開けて、下の段を見るために座ったのだが、いつまでも動かない
    探している感じでもない
    長男が「どうしたの?」と軽く肩を叩いたら、母の身体は静かに床に倒れた
    会話していた時の笑顔のまま、すでに亡くなっていた
    手にはかつて私が母に貰って大切にしていた本がしっかり握られてた


    【【呪われた血筋?】私「恐怖に怯えてる、次は自分なんじゃないかと…」】の続きを読む

    このページのトップヘ