おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    洒落怖

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    洒落怖 おうまがロゴ

    『私のマンションで起こったストーカーサツ人と予知した友人A』洒落にならない怖い話

    福岡に赴任していた時、会社の用意していたマンションを借り一人で暮らしていた。ある日友達から同郷で東京からきているAさんを紹介してもらって仲良くなり、よく飲み歩いたりしていたのだが――

    オカルトではないかもしれませんが実体験話を一つ。

    数年前大学卒業して某証券会社に就職しまして福岡に赴任していた時の話です。
    ちなみに女です。

    会社の借り上げのマンションが市の中心部にあってそこを寮扱いで借りて、
    毎日会社までは歩いて通勤していました。
    殆ど新築に近い13か15階建ての10階に住んでいました。
    仕事は毎日忙しく帰宅は夜の8-9時頃になってました。
    各フロアに8部屋あって、私が住んでいたのはその10階の108号、
    一番奥の部屋で エレベーターを降りたら薄暗い照明を頼りに暗い渡り廊下を渡って帰る毎日でした。

    福岡の地元の方と言うのはなかなか地元意識が強く結束も固く、
    言い換えればよそ者には馴染みにくい土地だったように思います。
    だから私も友達は福岡の方よりも同じ東京からや、
    別の地方から来てる友達が多かったことを覚えてます。

    ある日、同郷である東京出身の友達から、
    矢張り東京から転勤で来ている友達Aさんを紹介されました。
    彼女は当時32歳だったでしょうか。
    某有名化粧品店の新規店舗立上げの責任者として短期赴任されていた
    儚い感じのロングヘアーで長身の美人でした。
    私は彼女に気に入って貰えたのか私たち酒豪の2人でよく飲み歩いていました。


    【洒落怖リアルホラー編『私のマンションで起こったストーカーサツ人と予知した友人A』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    洒落怖 おうまがロゴ

    『首吊りの輪っかを指さし「使え使え使え…」と笑う彼女』洒落にならない怖い話

    彼女と某温泉旅館に飛び込みで泊まった。予約もしてないのに1泊2食付きで26000円、部屋も広く室内にはお風呂もあり夕飯には豪華な料理が出てきた。これは安い!と彼女共々穴場だと喜んでいたのだが、その夜――

    静岡県の某温泉地に行ったときの話。

    法事がてら彼女つれて実家に近い静岡の某温泉地へ行った。
    ほぼ飛び込みで宿を決め夕飯朝食ついて26000円。
    ネットも通してないし飛び込みだとこんなもんかね?
    って部屋へ通してもらったら大きな部屋で驚いた。

    リビングエリアで12畳、襖で区切って寝室が別に8畳はある。
    部屋風呂も檜造りの立派な奴。
    これは安いね~。部屋は古めかしいけど何か威厳あるってか立派な部屋だねっつって早速大浴場でのんびり。

    夜になって晩飯。
    部屋食頼むとすっげー豪華。
    新鮮な魚介に何とか牛の鉄板焼きにお酒も何本かついて
    ここいいんじゃない?絶対穴場だよ、大成功だねって2人で宴会。
    襖の奥の寝室に移って並んだ布団に2人並んで
    電気消して静岡の深夜テレビを見ていた。
    そのうちに彼女が寝息を立てだし、俺もまどろみながらテレビを見て、
    いつの間にか寝入ってた。


    【洒落怖『首吊りの輪っかを指さし「使え使え使え…」と笑う彼女』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    洒落怖 おうまがロゴ

    『鬼畜!小学4年の私に保険金をかけて命を狙っていた父親』洒落にならない怖い話

    自分の子供に保険金をかけてコロす、といった事件が連続で起こっていた時期に、私は「父親が命を狙っていた」と母親から聞いて――

    私の家族は母と私と弟と、祖父母でした。
    私と弟は母と一緒に、私が4歳のときに母方の祖父母の家に身を寄せました。
    そのときはまだ父方の苗字でした。

    私が小学4年生のときに突然苗字が母方のものに変わりました。
    母も誰も理由を教えてくれませんでした。
    祖父母が死に、弟は失踪し、私と母と2人暮らしになりました。
    私は40前になりました。
    母に理由を聞いたらやっと教えてくれました。

    「父が私たち二人を生命保険に入れて、名義を父にしたから」

    4歳のときに、精神病の被害妄想から6人もの人をサツ害しかけた父は
    小学4年のころ退院して、まずやったことが子供2人を生命保険に入れることでした。


    【洒落怖リアルホラー編『鬼畜!小学4年の私に保険金をかけて命を狙っていた父親』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    637
    あまり文章書き慣れてないので、誤字脱字と乱文だったら申し訳ない。

    俺が6年程前、某宝石店で働いていた時の話。
    ある先輩Sさんの顧客に70歳前後の裕福な女性がいたんだけど、
    従業員の間では「ピンクちゃん」と呼ばれていた。

    名前の由来はその老婦人が全身ピンクで固めてたことによる。
    洋服は勿論、タイツ、羽根帽子、口紅、マニキュア、ペディキュア・・・
    怖いぐらいのショッキングピンク。
    それに対して顔の化粧は厚塗りの真っ白。
    肌色のファンデとかじゃなくおしろい塗りたくったような真っ白。
    ただ、なぜか鼻の頭にチーク塗ってんの。赤鼻。
    しかも毎度毎度違う服なのね、来店時には。
    林家パー子をちょっと太らせてアーモンド目になった感じを想像してくれたらいい。

    で、その店は月に一回位展示会があったんだが、
    毎度毎度来ては100マソ以上は最低買って帰る。
    その先輩Sさんは年間2000マソ程度の売り上げをその「ピンクちゃん」一人で上げていた。
    そういう訳でSさんからしたら超太客。
    その人だけで先輩の年間の売り上げ目標の6割以上を弾き出してたから。
    俺も販売や送り迎えを手伝ったりして、
    ピンクちゃんとはわりと話すようになっていた。

    ところがそのお客さんの所に案内や納品に行くようになってSさんがみるみる痩せてきた。
    どんどん痩せてきて 自サツした某貧乏アイドルのマネージャーみたいな体型に。
    誰が訳を聞いても答えない。


    【洒落怖リアルホラー編『超金持ちの太客ピンクちゃんが担当者にやっていたおぞましい行為…』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    洒落怖 おうまがロゴ

    『テンジンキ、生きたまま喰らう残酷なイケニエの儀式を見た男』洒落にならない怖い話

    日本でもかつては「神に人を捧げる」といった生贄の儀式が存在したそうだが、男が見た儀式は常軌を逸した恐ろしい儀式だったようで―― 

    テンジンキの話

    そもそも天神逆霊橋っていうのは神奈川の話ではない。
    詳しい地名は失念してしまったが、東北の方のある村の話だった。

    その村では悪さをする子どもに「天神様の橋を渡らせるよ」と言って嗜めるのだ。
    天神様の橋というのは、その村からそう遠く離れていない山中にある吊り橋で、
    その橋を渡ることは禁忌とされていた。
    ただ、一年に一回だけその橋を渡る日があった。「逆霊祭り」の日である。
    逆霊祭りとは、我々が良く知るお盆の様なもので、
    死者の霊が帰ってくる日を祝うといった趣旨のものである。

    そして、逆霊祭りには死者の霊を労うという名目で、「イケニエ」の儀式も行われていたのだ。
    8~12歳位の子どもがイケニエとして選ばれる。
    選ばれた子どもは、村の年長者に連れられ、橋を渡っていく。
    そして、神社に置いていかれるのだ。
    翌日には棺桶のようなものに入れられた「イケニエ」が村に連れられて帰ってくる。
    「イケニエ」は村に帰ってくると、棺を開けられることもなく、そのまま埋められる。


    【洒落怖『テンジンキ、生きたまま喰らう残酷なイケニエの儀式を見た男』】の続きを読む

    このページのトップヘ