おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    奇跡・神秘・不思議

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    845 2016/07/31(日)
    幼稚園児の姪が誘拐されたことがある
    私実家は事情があり何度か引っ越しをしてた

    何度目かの引っ越しで縁も縁もない土地に行き、半年ぐらい経ったときだった。
    実家は、私両親と義姉と姪の4人暮らし。
    その日は兄の法事の打ち合わせで、私も実家に行ってた。
    私が幼稚園にお迎えに行く手はずになっていて、園にも伝えてあったんだけど行ったら姪がいない。
    お迎えが来て帰ったと言われて真っ青になったよ。
    親戚だと名乗ってた。義姉のことも名のことも私のことも知ってたと園も困惑。
    直ぐに警察を呼んだ。
    実家にも連絡して、実家からも警察に通報して貰った。

    警察に心当たりを聞かれて「あります」と。


    【【怖い】園児の姪がストーカーに誘拐される→保護された時のいきさつがおかしい・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    622 2013/06/25(火)
    ハタチの時、朝に庭の水やりをしてて、ホースに足を引っ掛けてしまい、近くにあった植木鉢を置く台?に胸を強くぶつけた。
    ものすごく痛くて、声も出なくてうずくまってたらだんだん脂汗が出てきて、ボーっとしてきて意識がなくなったんだけど、気づいたら夕方になってて家の中にいた。
    家の中っていっても自分の家じゃなかった。
    他人の家の匂いがしてて、私は着たことない部屋着を着て広いリビングのソファに座ってた。
    え?え?何??誰かに連れ去られた??と思ってたら、ぬいぐるみ持った小さい女の子が来て、「一緒に遊ぼう」って言うの。
    ものすごくびっくりして、でもとりあえず「ママは?」って聞いたら、「ママも一緒に遊びたい」って。
    どうしようどうしようって混乱しながら家の人が誰かいないか確かめようと思って、女の子と手を繋いで家の中を歩きまわって、
    洗面所で鏡みて驚愕した。


    【【仰天】気づいたら見知らぬ家にいた…鏡に映った自分の顔を見て驚愕する】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2018/06/05(火)
    前世や魂があるかはしらん。
    前世の記憶がある人はたくさんいる。
    嘘をついているわけではなさそう。



    2
    その人達に聞けよ


    4
    >>2
    本がたくさん出てるし、本気で研究している人たちもたくさんいる。
    でも、人がそういうものってだけで「なぜ?」の部分はわからん。



    5


    こういう動画とかみてるとこんなこと考えちゃう。



    【輪廻転生があるとして「なんで転生を繰り返すの?」その“意味”ってなに?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    91 2018/06/04(月)
    神社関連の話で、自分も一つ。長い割に怖くないかも。

    20年ほど前、小学生だったころ父の仕事の関係で海外から日本の田舎に引っ越した。
    小学校が1学年1クラスしかないほどの人口の少ない町。
    当時私は、日本語が全く喋れず(住んでいた国の公用語と英語で生活)、引っ越し先が方言や訛りの強い地域だったため、授業もほとんど理解できていなかった。

    その学校では、毎日授業が終わった後に決まった詩?を暗唱することになっていて、詩自体は5分程で読める文章だけれど、古めかしい文章で、日本語での日常会話さえ満足にできなかった自分は中々覚えられなかった。
    1学期の半ばころ、体調不良で1週間ほど学校を休んで久々に登校すると、今日は授業はなくクラス全員で外出するという。
    クラスメイトのAちゃんに聞くと、英語でなんて言うかな、とちょっと迷って「うーん、ショーだよ。プリンセスの!」と言われたので、何かお芝居を見に行くのかと思っていた。

    先生の引率で学校からクラス全員で移動し、ついた先は山の途中の小さな神社?だった。
    大人の男性が3人とクラスの女の子のうち2人が巫女さんの袴まで白のバージョンのような衣装を着ていて、男性が色々と注意事項のようなことを言い(訛りでよくわからなかった)、ここで「ショーを観る側ではなくて演じる側なんだ」と気づいた。
    大まかな流れは、神社のコ字型の廊下を巫女風の恰好の女の子達を先頭に二列になって2周回り、全員が回り終わったら正面に4列で整列して例の詩を全員で読み上げて終わり。



    【【神?の求婚】日本語が喋れない私に神事中、不思議な男の子が「嫁になってくれ」と求愛、だが嫉妬した怖い女の祟りで暴行されて・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2018/06/02(土)
    かつて鬼の夫婦がもうけた5人の子とその子孫が営んだと伝わる5軒の宿があった。現在も山奥に残る1軒宿を訪ね、町へ下りた「鬼の子孫」の行方を追った。

     紀伊山地の奥深く。渓谷を縫う国道169号から林道に入って進むと、森の中から1軒の宿「小仲坊(おなかぼう)」が現れる。奈良県下北山村前鬼(ぜんき)。鬼の伝説が残る小さな里だ。

     標高800メートル。里の北約9キロにある近畿最高峰の八経ケ岳(はっきょうがたけ)などが連なる大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)の一部で、修行を積む山伏や登山者らが泊まる。個室はなく、母屋24畳と宿泊所30畳の広間に自分で布団を敷く。電気は自家発電だ。

     5月の未明。山伏ら27人が宿にあるお堂で読経し、その後ヘッドランプをつけて山へ修行に向かった。宿の主人の五鬼助(ごきじょ)義之さん(75)は手を合わせ、見送った。

     お堂は、修験道開祖の役行者(えんのぎょうじゃ)と、仕えた鬼の夫婦、前鬼と後鬼(ごき)をまつる。伝承では、五鬼助さんの先祖はこの鬼夫婦。1300年ほど前、夫婦の5人の子が5軒の宿坊をそれぞれ開き、子孫が代々営んできた。

     幕末に書き残されたとされる系図の写しがある。前鬼と後鬼を示す義覚(ぎかく)と義賢(ぎけん)に始まり、義達(ぎたつ)、義卒(ぎそつ)……。「義」の字が受け継がれてきた。義覚は195歳、義達は147歳まで生きたと伝わるが、61代目の義之さんは「もう自分には鬼の力はありません」と笑う。

    宿の周りには石垣が残る。他の4軒の跡だ。ほかの「鬼の子孫」は、どこへ去っていったのか。

         ◇

     奈良県下北山村前鬼。人里離れた山中に、明治時代まで5軒の宿坊があった。鬼の夫婦の子5人の子孫が営んだと伝わり、それぞれ名字を五鬼助(ごきじょ)、五鬼継(ごきつぐ)、五鬼上(ごきじょう)、五鬼熊(ごきぐま)、五鬼童(ごきどう)と名乗った。

    https://www.asahi.com/articles/ASL5Q0459L5PPOMB00Y.html



    4
    流れ着いた西洋人なんかが
    鬼とされたみたいだな


    123
    >>4
    ヴァイキングが北極海経由で秋田県へ。伝説となる。秋田県民の遺伝子を調べると凄く昔に白人が
    混じっている。秋田美人が色が白いのが証拠。


    438
    >>4
    遺伝子調べたら分かるかもね


    14
    >>4
    ロシア人じゃないかと


    503
    >>14
    ロシア人がシベリア征服して太平洋に到達したのは17世紀初頭
    日本で言うと江戸時代初期
    奈良・平安時代の鬼伝説には時代的に結び付かない


    192
    >>14
    ロシア人よりも奈良時代から日本にまでやって来てた胡人(ペルシア人)あたりの可能性が
    高いんじゃねーかと 当時だとルーシの諸民族は東アジア東端まで進出するどころでは
    なくモンゴル系の遊牧騎馬民族に逆に圧迫を受けてた方

    ペルシア(現イラン人だな)はシルクロード貿易で山ほど当時から東方貿易に従事してた
    正倉院の宝物にも伝世品のカットグラスが現存してるし、発掘品にもササン朝ペルシアの
    それらはざっくざく出てるからな

    奈良の大仏の開眼法会にはインドから態々僧侶を呼び寄せてたぐらいだし(バラモン僧だた
    というオチがあるがw)胡人なら日本までやってきていても全くおかしくないな

    唐の時代を騒がせた楊貴妃とか安氏の乱で暴れたのも胡人の血が流れてたという話だし


    216
    >>192
    胡人が日本に来たという記録はない


    227
    >>216
    公式な記録(使節であるとか)にはそりゃ残ってないだろうよ 当時の状況から一番蓋然性が高いのが
    ペルシア人といいたんだけど


    287
    >>216
    アケメネス朝ペルシャの末裔のソグド人が来たことは公文書に記録されてるぞ


    371
    >>14
    ロシア人は天狗

    ちなみに、日本の神話では、天狗と鬼は天敵同士 と言うことになっている。


    【“鬼の子孫”61代目「もう自分に鬼の力はありません」…先祖の義覚は195歳、義達は147歳まで生きていた!?】の続きを読む

    このページのトップヘ