おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    奇跡・神秘・不思議

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    転校してきた美少女と友達になったがすぐまた転校していってしまった。
    中途半端な時期の転校だったから、卒業アルバムの中の写真にも映っていない。
    本当に転校してきたのかな、あの子は。。

    というような体験談。
    夢か幻か、現実かそうでないのか今でも記憶が曖昧。
    そんな経験、意外と多くないですか?そんな話をここで一つ。


    【【UFO・心霊・人外】「あれは幻だったのかなぁ?」と思うみんなの不思議な体験談】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    異世界社会見学でいないものだった俺

    小学生の時に、学年全員でパン工場に見学に行ったと語る報告者。学校に戻ってきて原稿用紙を渡され、自宅で社会見学の感想を書いて翌日先生に提出しようとしたら、クラスメイトに「あれ?昨日ってお前いなかったやん」と言われ先生にも怪訝な顔をされてしまい――(おうまがタイムズ)



    493
    俺を含め親とか祖母とか、
    色々な不思議体験してるんやけど、今回は俺の話。

    小学校三年生のとき地元のヤマ○キパンの工場に、
    学年全員で見学に行くというもの。
    一週間以上前から学校から
    保護者用に渡される連絡プリントで親も知ってる。


    【【時空の歪みと未来予知】参加したはずの社会見学で“いない者”になっていた俺】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    神社で白蛇を助けたら愛された話

    小学生の時、馴染みの神社に行くと、白蛇が人間にいじめられ死にかけている場面に遭遇したというスレ主。いじめをやめさせ蛇を逃がすと「ありがとう」と声が聞こえたとか。それから数ヶ月経った夏休みのある日、神社に遊びに行くと見たこともない女の子が現れて――(おうまがタイムズ)
    1
    スペック30代

    普通の男の子だった。
    ただ、皆と違うのは感がするどかった。
    そしてもてた。


    【【神に愛され憑かれる】神社で白蛇を助けたら見初められ、人の姿で現れるようになったのだが…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5
    目的もなく雑貨店をウロウロしていたら、
    レジで支払いをしている客の顔に、ふと目がとまった。

    あれ、この人知ってるぞ、誰だっけ?
    そうだ先月紹介してもらった、Tの知り合いのえーと…Nさんだ。
    友人の知人、特に親しい仲に発展していた訳ではなかったが、
    あちらも連れは居ない様子。
    暇だし何となく声をかけてみた。

    「Nさんだよね。覚えてる?」
    「あ、この前会った…Tの友達のKちゃん?だっけ?」
    「そうそうKだよ、こんなところで偶然。ごめん引きとめて」

    数日後。
    小腹がすいた折、コンビニに行くと
    Nが惣菜パンを物色していた。
    声をかける前に、あちらも気付いてくれた。

    「ハハ、なんか縁が出来たんかなw」

    またある日、帰宅前に立ち寄った弁当屋でカレーを注文し、
    完成するのを待っていたら、Nが入ってきた。

    「!?w いようN!」
    「おおおw」
    「Kなに頼んだ?」と聞かれて「カレー!」
    「じゃ俺は特のりタル!」とN。
    「そこは運命感じるゥ~とか言って一緒のカレーにすべきだろ!


    【【不思議】運命のフラグへし折りまくり?異常すぎる頻度で出会ってしまうNとK】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ドリームキャッチャー

    ドリームキャッチャーとは、アメリカインディアンのオジブワ族に伝わる、輪を基にした手作りの装飾品で、ベッドの上に掛けることで悪夢から守ってくれる魔除けのお守りになるとか。報告者は、悪夢で悩む友人に兄が土産で買ったドリームキャッチャーとリアルの蜘蛛を一匹貸し出し、その結果不思議なことが起こったそうで――(おうまがタイムズ)



    52
    怖い話というより不思議な話

    我が家は東北の片田舎にある古い一軒家。
    ウチでは昔からクモを大事にする習慣があって、
    家には沢山のクモが住み着き、クモの巣だらけ。
    コロすなんてもっての外で、
    大掃除の時もクモの巣を必要以上にとったりしちゃダメって言われてた。

    兄貴も自分も、学校で掃除中にコロされそうになったクモを
    虫かごに入れてお持ち帰りする程度には大切にしてた。
    おかげで近所じゃ「クモ屋敷」って呼ばれてたけど、
    夏場にハエが発生することもなけりゃゴキも出ないという
    有益さも持ち合わせてたので、
    家族の一員みたいな感じで生活してる。
    たぶん軍曹もいるんじゃないかな、見たことないけど。


    【【悪夢喰い】クモと家族のように暮らしてる我が家、リアルドリームキャッチャーを悪夢を見る友人に貸したら…】の続きを読む

    このページのトップヘ