おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    奇跡・神秘・不思議

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    399
    この話は、母の叔母にあたる人のご主人さんの話です。

    母の村からは、少し離れた山よりの集落に夫婦で住んでいて、
    母が兄弟姉妹らと連れ立って遊びに行っても
    嫌な顔ひとつする事もなく、妻方の子供たちを歓迎してくれたそうです。

    その叔父さんが畑の帰りに、狐の巣穴を見つけました。
    中では子育て中らしく、子狐がいる様子でした。
    そっとしておこうと、あまり巣穴に近ずく事もしなかったそうです。

    ある日、巣穴の近くまで来たとき、巣穴の前で火を炊いて煙で中を燻っているのを見つけたそうです。。
    慌てて火を消して助けようとしたのですが間に合わず、巣穴の中の母狐も子狐も
    もう氏んでしまっていました。
    叔父さんは不憫に思い、葬ってやったそうです。

    それから、叔父さんの周りで異変が起こるようになりました。
    (続く)


    【【狐の“怨”返し】煙で燻されてる母狐と子狐を助けようとした叔父さんを恨んで憑いた狐霊】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    本は人の知識の集大成です
    そんな本にまつわる怖い話、不思議な話を語りませんか?

    それを扱う場所に関係することでもOKです
    魔書、禁書、偽書についてもOKです


    【「本・本屋・図書館」にまつわる怖い話・不思議な話を語りませんか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    668 2017/11/27(月)
    私は母の地元では授かり様と呼ばれている。

    私の母の実家はお寺で、三歳くらいまでは母の実家で暮らしてた。
    うちのお寺は癇の虫まじないがよく効くと評判で小さな子をつれた家族がよくくる。
    当時年頃が近い一歳ちょっとの私を祖母が檀家さんのお孫さんと会わせようと客間に連れていった。
    そのお母さんは年子でふたりめ妊娠中なんだけど予定日が過ぎてて困っていたらしい。
    私は相手の子と座って遊んでたらしいが急に相手のお母さんのお腹を撫でてお母さんの横で遊び続け、別れ際も撫でた。
    次の日その檀家さんから連絡があってあのあとすぐに陣痛がきて無事に産まれたらしい。

    その後庭先で遊んでた私は訪れたお嫁さんのお腹を撫で、その日はずっとその人から離れようとせず、母に引き剥がされるまで何度もなで続けたらしい。
    その後そのお嫁さんは妊娠した。

    そんな事が一年続いた頃には周りもなんか不思議ねぇと噂しはじめ
    たころ、尋ねてきた檀家さんをお出迎えした私はお嫁さんのお腹に抱き付き

    「あかちゃんいーこ!」
    といい撫でたらしい。

    そしてお嫁さん妊娠したと後日号泣して私を抱きしめてお礼を言った。(これはなんとなく覚えている)
    流産繰り返してて、今回もダメかも知れないと諦めてたが無事に安定期に入り今まであった安産妊娠などの出来事は偶然じゃなくて、私がきっと関係してる、私のお陰だと家族総出でお礼をしに来たらしい。
    続く



    【【不思議な話】母の地元で「授かり様」と呼ばれている私】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    717
    某県の有名な滝へ行った時の話。
    有名なんだけど実際はとても小さい滝で
    駐車場からそこまでかなり登るし歩くんだけど、
    たどり着けば登った甲斐があったと思える位気持ちが良い。
    そこでまぁ、犬と一緒に登ってきた人もいたんだけど
    その犬がやたら滝壺に向かって吼えるんだよね。


    【【龍神】ある滝で「龍」を見て以来、色んなデザインの龍を見るようになった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    106
    友人から聞いた話。

    彼はあるSNSでいつも日記を書いていた。
    そこで知り合ったフレンドが実に妙なのだという。
    そのフレンドを仮に『X』と呼ばせてもらう。
    ちなみにHNで登録するタイプのSNSらしい。
    なので、まったく知らない人物だったが、
    好きな漫画のネタで大いに意気投合したのだという。

    それで、なにが妙なのかというと、Xの行動がいちいち自分と重なるというのだ。
    Xは彼と仲良くなって以来、毎日

    「今日は○○で食事をした」
    「○○をやっと全巻そろえた」
    「○○公園を散歩した」

    などとメッセージを送ってくる。
    最初はたまに一致する程度で、お互い面白がっていたが、
    しだいにかなりの確立で一致するようになったそうだ。
    彼はさすがに不気味さをおぼえ、身の危険すらも感じるようになった。

    「まさか、監視されているのか?」

    そう考えても不思議ではなかった。
    しかし、これといって心当たりがある訳でもなく、
    Xも自身の近況報告と、お互いが好きな漫画の話をするだけで、
    なにも怪しい部分はないのだ。

    「偶然だろうか?」

    生活の中でも、監視の目や尾行を感じるようなことは一切なかったらしい。

    そんなある日、あるメッセージが届いたという。 それを要約すると

    「Xのことを、詳しく教えてほしい」

    という内容だった。
    というのも、「行方不明である息子の趣味が、Xとよく似ている」というのだ。
    その親御さんは、警察や探偵の調査とは別に、独自に息子さんを探していた。

    といっても、素人の調査には限界がある。
    その親御さんは暇があれば、
    息子さんの趣味や行動をもとにしてネットを検索していたらしい。
    好きだった漫画、通っていたファミレス、職業のこと、よく遊んだカラオケ店など、をキーワードに手あたりしだいチェックしていたそうだ。
    「息子はきっと生きている。どこかで今までのように生活している」
    そんな強い願いを感じる話だった。


    【【衝撃の正体】SNSフレンドの「X」に行動監視されてる?そんなある日「Xのことを教えて」という謎のメッセージが届き…】の続きを読む

    このページのトップヘ