おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    奇跡・神秘・不思議

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    12
    宜保さんだけはガチ


    【【オカルト】ふと思ったんだけど 本 物 の 霊 能 者 っているの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    写真に写ったワイ「すまんな」


    なぜなのか



    【【不思議美化現象】鏡に写ったワイ彡(^)(^) 「いけるやん!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    781 2017/03/04(土)
    俺はライターの端くれをやっているんだが、
    十年以上前、創作で都市伝説や怪談を作って特集するという仕事をした事があった。
    俺はその中の一つで、ある「黒い色」にまつわる怪人の話を作った。
    その怪人は基本的に『正義の味方』で、その名前を三回唱えれば、何処からともなく現れて、
    唱えた者を助けてくれるという謎の存在だった。
    そのキャラは俺のお気に入りになった。

    ある日、実生活で俺は「ある地方で赤い服を着た女性通り魔が連日、何人もの人や子供を切りつけ、行方知れずでまだ捕まっていない」
    という事件を知った。
    俺は義憤に駆られ、この創作の怪人を呼び出して、この通り魔を退治してもらえないだろうか、とたわむれに考えた。
    俺はその怪人の名を三回唱え、通り魔を退治してくれる事を願った。
    しばらく、この通り魔のニュースはなくなり、俺は自分のこの願いの事を忘れてしまった。
    数日後、その地方であるニュースが報じられた。
    ある赤いコートを着た女性が「お前らにはこの服が『黒』に見えるのか!?」と意味不明の事を叫びながら、通行人に切りつけた所を
    警察に逮捕されたというニュースだった。
    偶然の一致かもしれないが、俺はこのニュースを聞いて黒い怪人の事を思い出した。

    京極夏彦は「フィクションの人物でも祟る事はある」と言う。多分、お岩さんとかの事を言ってるのだと思う。
    今ではこの怪人の名を三度考える事は俺のタブーとなっている。



    【不思議な話『フィクションの人物でも祟る事はある、怪人を召喚してしまった俺』『神社にいた真っ白い眷属』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    シンクロニシティそっくりすぎる他人

    同じ大学に同姓同名の人間がいる、程度の偶然ならありえる話だが、身長体重視力に座高ホクロの場所まで一致する奇妙な人間がいたとしたら…これはただの偶然なのかそれとも――!?(おうまがタイムズ)



    802
    私史上最大級の不思議。

    大学の知り合いに変な奴がいる。
    多分、彼女から見たら私も十分変。

    大学入学前の身体測定で出会った子なんだが、私と体重や身長、座高から視力に至るまで測った項目の全てが全く同じ数値。

    ここまでなら凄い偶然!で片付けられるけど
    妙なのはここから。

    着替えの時に解ったんだけど、身体中のホクロの位置が殆ど一緒なんだ。
    Tシャツ短パンの格好で腕や首、脚とかのホクロを見ただけで身体の細部とかはわからないけど、計12個のホクロの位置が一致した。

    さらに私が中学生の時に体育祭で怪我して残ってしまった膝の縫い傷も、彼女の同じ場所にミミズ腫れみたいな形で残っていた。
    彼女はそこを怪我した覚えはなく、気が付いたらあったらしい。

    どちらの傷が先かはよくわからないけど、なんとなく彼女の傷のが先で私が彼女に合わせて怪我をしたような気がするw

    そこまでわかったあたりでさすがに気持ち悪いというか…気味が悪くて彼女とは疎遠になり1年間過ごした。

    そして今年2年になり、今日。
    英語の班が一緒になったので久しぶりに話した。

    そして、私がこの1年間隠していたというか、言えなかったことを言ったら
    彼女は大して驚きもせずに同じようなことを話してくれた。

    私の名字は"亀山"で、彼女の出身地は某県の亀山市。
    私の出身地と彼女の名字も同じ××だった。

    他にも家族構成や色んな情報交換をしたが、私達自身以外の共通点は一つもなかった。

    こんなことってあるんだね。


    【【シンクロニシティ】奇妙すぎる偶然…大学に身長体重視力ホクロ傷の跡とかが同じ奴がいる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    邪神「コワモテ様」

    大事にしている人形に魂が宿る、長年愛用していた道具に魂が宿り付喪神になる、といった不思議な話が日本には伝えられていますが、報告者は故意に「神」を創りそれを祀っていたといいます。そして簡易なもので創った「神」を祀っていたそうなのですが――(おうまがタイムズ)



    369 2017/02/14(火)
    それはだいたい10年以上前、ちょうど自分達が小学3年の時の話だ

    当時、俺のいた学校ではこっくりさんや口裂け女などのオカルト話が大流行していた
    そうするとその場で新たに怖い話を作る奴が当然出てくる
    俺もその一人で、友達二人と共に俺たちは邪神を作ろうと計画した
    それは「邪神を作った〇〇スゲー!」みたいにクラスの人気者になりたいが為に立てた浅はかなもので、出来た邪神(笑)も空き地に落ちていた割れたボールや洗濯バサミなどの廃材を組み合わせただけというものだった
    子供目に見ても邪神というにはお粗末なそれを少しでもそれっぽく見せる為、俺たちは学校の裏山にプラスチックの箱で祠を作り、パンの耳や蜜柑を供物として捧げた
    供物はタマネギの皮だった時もあった

    そして邪神()完成から数日後。神霊について調べた友人が依代と名前を決めようと言い出した
    邪神様と呼ぶのに飽きていた俺たちはそれに賛成し、邪神の名をコワモテ様とした
    ちなみに名前の由来は某RPGのカカシに何となく似ていたからで、依代も下らない計画同様朽ちかけの木の板に墨で乱雑にコワモテ様と書いたものだった
    邪神がコワモテ様へと転生し半月が経とうとしていた夏の終わり、それは起きた
    学校帰りに供物のパンと蜜柑の皮を捧げた俺たちは、大物が釣れると噂の防波堤に釣りに行こうと計画した

    続きます



    【【神を創る】友人と邪神「コワモテ様」を創った。祀っていたらナニカが宿って俺たちを…】の続きを読む

    このページのトップヘ