おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    闇・陰謀

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    これまでの複数の調査から、管理職の5~10人に1人がサイコパス(精神病質者)であるとの結果が示されている。つまり、全ての管理職の10%以上にサイコパスの可能性があるということだ。何と恐ろしいことだろう──。

    1. ユーモアで侮辱する

    自分の「面白い発言」であなたが悲しんだり傷ついたりしていることに気付くと大抵、「ユーモアのセンスがない」とあなたを非難する。

    2.  責任を回避しようと話題をすり変える

    他人を操ろうとする人は自分がひそかに何かを攻撃していることを指摘されると、ずる賢く論点をすり替え、逆にあなたを責めようとする。

    3. 自分の不品行ついてあなたを非難する

    典型的な例は、浮気を何度も繰り返す人が、原因は配偶者が異性を親しくしていたことにあると主張する場合だ。

    4. 「ガスライティング」を試みる
    「ガスライティング」は巧妙な計略やうそ、策略を用いることで、相手にその人自身の知識や記憶、認識、さらには正気さえも疑わせ、それによってその人を操ることだ。

    5. あなたの限界を試そうとする

    6.  ある日は「愛情と思いやり、理解がある人」だが、翌日には正反対の人になる

    7. あなたをコントロールしようとする


    一部抜粋です。各項目の詳細など全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    http://forbesjapan.com/articles/detail/15644/1/1/1



    【【闇深】あなたを操るために「サイコパス上司」が取る7つの行動】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    「VR(仮想現実)を悪用すれば、相手の視覚をジャックできる」
    --PlayStation VR用ゲーム「サマーレッスン」を開発した、
    バンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘チーフプロデューサーが
    3月4日、政府のサイバーセキュリティ啓発イベント
    「サイバー攻撃を目撃せよ!2017」(ベルサール秋葉原)で、
    VR技術に潜むリスクについて話した。VRを悪用すると、
    端末を装着したユーザーを嘔吐(おうと)させたり、
    洗脳したりできる可能性があるという。

    *+*+ SankeiBiz +*+*
    http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/170311/cpd1703111602001-n1.htm 



    【【陰謀論】VRを悪用すれば“数千人を嘔吐させたり洗脳できる”人気ゲーム開発者がリスク指摘】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    冷戦ど真ん中、CIAにスパイとして送りこまれた猫がいました。

    UNREDACTEDによれば、冷戦による米ソの対立が激化していた1960年代、両国は国家予算をどっさりつぎ込み、熾烈な情報戦を繰り広げていました。
    そんななか、CIAの科学技術本部(スパイ偵察機U-2やコロナ人工衛星の開発を担当)は、盗聴器を搭載した猫をスパイとして送り込む作戦、通称「Acoustic Kitty」を実行しました。

    アメリカンヒーローズチャンネルのドキュメンタリーによると、当時、CIAがターゲットとしていた一人の人物が、オフィスや会議室に多数の猫を自由に出入りさせていたため、その中にスパイ猫を紛れ込ませれば、バレることなく盗聴できるのでは?と考えたそう。
    サイト「子猫のへや」によるとCIAは猫に小型盗聴器を埋め込むだけでなく、注意力が散漫にならないように空腹や性欲を抑える手術も施しました。

    しかし、そう簡単に猫が人の命令通りに動くことはなく、スパイとして送りこまれた猫が危険な目に遭ってしまうだけの結果に。
    1,500万ドル(およそ16億円)もの予算むなしく、「Acoustic Kitty」計画は失敗に終わります。

    (略)

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170311-75316155-giza



    【【Acoustic Kitty】CIAが16億円かけて猫をスパイにしようとした結果wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
     内部告発サイト「ウィキリークス」は3月7日、「アメリカ中央情報局(CIA)のハッキング技術に関する機密情報の文書を入手した」と主張し、一部を公開した。

    ウィキリークスによると、文書は8700ページに及び、CIAはAppleのスマートフォン「iPhone」やGoogleのアンドロイド携帯、マイクロソフトの「ウィンドウズ」、サムスンのスマートテレビなどから情報をハッキングする技術を開発したという。

    (略)

    CIAは、ミーム(ネット上で流行している画像や言葉のネタ)と顔文字を使った絵文字に精通している。

    ウィキリークスが公表した、「日本風の顔」とだけ名付けられた文書には100以上の表現がある。例えばこんな傑作がある。

    ∩(・ω・)∩ - 大喜び

    ᶘᵒᴥᵒᶅ - 赤ちゃんアザラシ

    ╯`Д ‘)╯彡┻━┻ - 怒ってちゃぶ台返し

    (略)

    その他の題名のない顔文字作品は以下の通り。

    ¯¥_(⊙︿⊙)_/¯
    ó‿ó
    Ծ_Ծ
    щ(゚Д゚щ) < “Dear god why‽ )
    ಠ╭╮ಠ
    ಥ_ಥ ლ(ಠ益ಠლ) y u no guy

    (略)

    ウィキリークスでは、顔文字のアーカイブすべてを一覧できる。

    http://m.huffpost.com/jp/entry/15257054



    【【∩(・ω・)∩ 】CIA、なんと日本の顔文字を収集していたwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    【ワシントン=黒瀬悦成】内部告発サイト「ウィキリークス」は7日、米中央情報局(CIA)による秘密ハッキング計画に関する大量の文書公開を始めたと発表した。

    (略)

    計画は13~16年にかけて策定されたとみられ、関連文書は米南部バージニア州ラングレーにあるCIA本部のサイバー諜報センターのネットワークに所蔵され、全部で8761点あるとされる。

    CIAが外国の標的から情報を収集するのに際し、最先端のソフトウエアを使ってスマートフォンやコンピューター、インターネットテレビに侵入する技術を有している実態が記述されているとしている。

    (略)
    http://www.sankei.com/world/news/170308/wor1703080006-n1.html



    【【スマホもヤバイ】CIAの秘密ハッキング計画に関する大量の文書を公開 告発サイト「ウィキリークス」】の続きを読む

    このページのトップヘ