おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    実話恐怖体験談

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    実話恐怖体験談 おうまがロゴ

    実怖「勘弁してくれ!霊能者3人に断られる幽霊マンションで暮らしてた」

    幽霊が出るゴーストマンションに住んでいた事があると語る報告者。3人の霊能者に相談したところ、どの人にも「あまりにも霊が強いので手に負えない」ということで断られてしまったとか。霊能者も手が出せない恐怖のマンションとは一体――!?(おうまがタイムズ) 

    旦那と同棲してた時住んでたマンション、凄かったよ…。
    ゴーストマンションだったの。

    詳しい話は、話すと長くなるから辞めとくけど、
    最終的に霊能者に診て貰ったんだけど、
    凄すぎて、御払いも出来ない状態だった。

    結局、引っ越す所が決まるまで私の実家に世話になり、
    その後新しいマンションに引っ越したよ。

    三人の霊能者、全員鑑定料とか、
    お布施は要らないから勘弁してくれって言われて、

    診て貰って、3日後だったかな、
    右手の手首に人に掴まれた様な痣が出た。
    6年たったけど、まだ痣がうっすらのこってる。

    当時、旦那と同じ会社に勤めてて会社の友達が、
    家によく遊びに来ててポラロイドカメラで、
    写真撮ったり当時流行ったチェキとかで撮って遊んでました。
    しばらくして、霊感など全く無いと言っていい程の私でもわかる位
    私の写った周りに、白い顔の様な物がウジャウジャ写ってて、
    すぐ、旦那と会社の人に見せたらチョトヤバイから、
    ちゃんと専門家に診て貰った方が良いと言われました。

    霊能者とか、詳しい人に聞きまくって、
    紹介して貰い診て貰ったら…。


    【実話恐怖体験談「勘弁してくれ!霊能者3人に断られる幽霊マンションで暮らしてた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    実話恐怖体験談 おうまがロゴ

    実怖「刑務官から聞いた服役してるサイコなサツ人犯が自首に至った怖い理由」

    人を殺めた人間が、罪の意識からか被害者の亡霊に苦しめられる、といった話も存在するが、罪の意識を感じないサイコな人間が死者の気配を感じたとしたら、それは―― 

    刑務官のおじから聞いた話。

    妻ゴロしで長らく服役していた元会社員の男がいた。
    刑務所内では特に親しい付き合いをする者もおらず、敬遠されている様子だった。

    事件は、小学校教諭をしていた妻が同僚と不倫関係にあると思い込んだ男が、
    帰宅した妻と口論になり刺サツ。

    その遺体をしばらく布団に寝かせていたが、腐敗が進んでいったため
    趣味の魚釣りで釣った魚を保存するための冷凍庫に、
    小柄な妻を押し込むようにして入れ、そのまま三年間生活していた。

    男はこれまで通り勤めを続け欠勤等もなく、同僚によれば仕事振りは変わらなかった。
    心配した妻の実家や勤務先と近所の住民から妻のことを聞かれると、
    「男と家を出た」と言葉少なに答えた。
    怪しんだ妻の両親が何度か男と話し合おうとしたが、
    男は「仕事があるから」と取り合わなかった。


    【実話恐怖体験談「刑務官から聞いた服役してるサイコなサツ人犯が自首に至った怖い理由」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    実話恐怖体験談 おうまがロゴ

    実怖「引きこもりの兄の写真にオーメンのような首ロープの跡が浮かんだ」

    優秀で正義感の強い兄、その真面目さ故に歪んだ世界に嫌気がさし引きこもりになってしまったのだが、そんな兄が絵の勉強がしたいと言い出した。両親は反対したのだが、とある易者に恐ろしい未来を予言されてしまい――

    私の兄は、優秀な人間でしたが、ちょっと引き篭もりが入っていました
    (引き篭もりなんていう言葉ができる前のことです)。
    生真面目すぎて世の中の不正が許せなかったり、
    自分が世界に理解してもらえないことを悩んでいました。

    私が高校生の時、大学を休学していた兄が突然「絵の勉強がしたい」と言い出しました。
    私達は皆 びっくりしました。
    兄は確かに絵は小さい頃からとても上手だったのですが、
    勉強も良くできたのでいい大学に入り、
    紙の上ではエリートコースを進むかのように見えていたからです。
    また、鬱がひどくなってきてからは、絵を描くとよけいに鬱になるようで、
    医者からも絵を描くのをとめられていましたし。
    休学中とは言え、いずれは鬱状態を脱して、
    エリートコースに戻るのだろうと思っていた親は反対しました。
    反対されたことによって、兄はますます引き篭もりが激しくなっていく様でした。

    そんな時、途方にくれた母は、ある易者に相談しに行ったそうです。
    兄の写真を持って。
    するとその易者は言ったそうです。

    「息子さんの好きにさせてあげないと、首を吊って死んでしまいますよ」

    と。
    その 易者が指差した兄の写真の首の回りには、
    驚くべきことにうっすらとロープの跡が見えたそうです。

    映画の 「オーメン」みたいに。


    【実話恐怖体験談「引きこもりの兄の写真にオーメンのような首ロープの跡が浮かんだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    実話恐怖体験談 おうまがロゴ

    実怖「濡れた髪で私の顔を囲み覗き込む女、グルっと白目を剥いて笑いだし…」

    怖い話を読み漁り、気が付くともう夜中の二時半。さて寝るかと思ったその時、ザーザーと耳鳴りが聞こえてきた。怖い話をしたり読んだりすると霊が寄ってくると言われているが、この嫌な空気、もしかして―― 

    私はオカルト版の怖い話を見て楽しんでいました。
    そして気がつけば、もう夜中の2時半。
    私はさすがにもう寝るか、とも思って
    携帯にたまっていたメールの返信を済ませたあと、電気を消してベッドに寝ました
    それからどれくらいたったのかわかりませんが「寒いな」と思い
    しかも右足がすごく痛くて、寝る格好を変えてゴロゴロしていたら、いきなりピイン、と精神が緊張するのがわかりました

    疲れてるのかな、と思ったのですが、それにしてはおかしい。
    私は以前これを体験しているなと思いました
    そう、子供の頃です。
    この状態はその夜何か怖かったり苦しいことが起こるときの合図。
    耳元では耳鳴りがザーザーと続きます。
    そして暗いはずの部屋が妙に明るく見えるのです


    【実話恐怖体験談「濡れた髪で私の顔を囲み覗き込む女、グルっと白目を剥いて笑いだし…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    実話恐怖体験談 おうまがロゴ

    実怖「目の前で満面の笑みで電車に飛び込んだ女と顔色を変えない警察の怖い話」

    電車を待っていたら横に仲の良さそうなカップルがいた。可愛い女の子だったから羨ましく思いながら見ていた、その時――

    怖くないかもだけど実体験を。

    その日俺は駅のホームで電車を待っていた。
    ホームにほとんど人はいなく、俺の5mくらい横にはカップルがいた。
    俺もカップルもホームの黄色い線内側ギリギリに立っている感じ。
    カップルは楽しそうに話をしていた。
    見ると女の子が可愛い感じだったので、俺はうらやましいな~って気持ちだった。

    通過列車が来たので、俺は自然と電車の方を向いた。
    電車が来る方向にカップルが居たので自然とカップルも視界に入っていた。
    電車がカップルの前にさしかかろうとした時、
    女の子が彼氏を見ながら満面の笑みで電車に飛び込んだ。


    【実話恐怖「目の前で満面の笑みで電車に飛び込んだ女と顔色を変えない警察の怖い話」】の続きを読む

    このページのトップヘ