おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    科学・医学

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    コーヒーには多くの健康効果が知られているが、欧米で飲む文化が発達したこともあり、これまで白人を対象にした研究が中心だった。

    多民族・多人種でもコーヒーをよく飲むと長生きできるという、2つの研究が米内科学会機関誌「Annals of Internal Medicine(AIM)」
    (電子版)の2017年8月15日号に同時に発表された。

    心臓病、がん、うつ、自サツ、美肌...何でもアリですか?

    コーヒーの研究効果は、ここ数年発表された内容だけでも次のようにスゴイことになっている。

    (1)コーヒーを毎日3~4杯飲むと、飲まない人に比べ、心臓病で氏ぬリスクが36%減、脳内出血・脳梗塞など脳血管病で43%減、
    肺炎など呼吸器病で40%減(2015年:東京大学と国立がん研究センター)。

    (2)コーヒーを毎日2杯飲むと、肝硬変になるリスクが43%減、3杯では57%減、4杯だと65%減(2016年:英サウサンプトン大学)。

    (3)コーヒーを毎日4~6杯飲むと、子宮体がんになるリスクが25%減、前立腺がんになるリスクが18%減(2012年:米ハーバード大学)。

    (4)1日3~4杯のコーヒーを飲むと、飲まない人に比べ、糖尿病のリスクが男性で27%減、女性で29%減(2014年:フィンランド国立公衆衛生研究所)。

    (5)1日4杯以上コーヒーを飲むと、うつ病になるリスクが約10%減(2015年:米国立衛生研究所)。1日2~4杯のコーヒーを飲むと、
    成人の自サツリスクが約50%減(2015年:米ハーバード大学)。

    このほか、パーキンソン病、痛風などに改善、またシミが減る美肌効果の研究まで発表されている。

    https://www.j-cast.com/healthcare/2017/09/04307456.html?p=all



    【「コーヒー飲むと長生き!?」コーヒーの研究効果がスゴイことになっているらしいぞ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    国立がん研究センター(東京都)などは、血液1滴で乳がんなど13種類の
    がんを早期発見する新しい検査法を開発し、来月から臨床研究を始める。

    同センターの研究倫理審査委員会が今月中旬、実施を許可した。早ければ
    3年以内に国に事業化の申請を行う。

    一度に複数の種類のがんを早期発見できる検査法はこれまでなく、
    人間ドックなどに導入されれば、がんによる氏亡を減らせる可能性がある。

    検査法では、細胞から血液中に分泌される、遺伝子の働きを調節する
    微小物質「マイクロRNA」を活用する。がん細胞と正常な細胞では
    マイクロRNAの種類が異なり、一定期間分解されない。

    同センターや検査技術を持つ東レなどは、がん患者ら約4万人の
    保存血液から、乳房や肺、胃、大腸、食道、肝臓、膵臓(すいぞう)など
    13種類のがんで、それぞれ固有のマイクロRNAを特定した。血液1滴で、
    がんの「病期(ステージ)」が比較的早い「1期」を含め、すべてのがんで
    95%以上の確率で診断できた。乳がんは97%だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00050007-yom-sci



    【血液1滴でがん発見 乳がんなど13種類を早期発見する新しい検査法を開発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    病院の救急外来は、なるべくならば利用しないよう、体の異変を感じても我慢してしまうことがあるのではないでしょうか。
    しかし、我慢をしてはいけないケースもあります。
    どのような痛みの場合、救急外来を利用すべきでしょうか。
    東京ベイ・浦安市川医療センター救急科部長、志賀隆さんの解説です。

    ◇ケース1:突然の背中の痛み

    55歳男性。午後の会議が終わって自分の部屋に戻った際、突然背中に痛みが走りました。
    痛みは非常に強く、だんだん首に移動してきました。
    心配した同僚が救急車を呼び、救急外来へ運ばれました。

    この男性のようなケースは、救急医からすると「怖い痛み」です。
    救急医が注目するのは、「突然」「非常に強く」「移動」という言葉です。
    特に、「突然」というキーワードは大事にしています。

    なぜなら、突然の痛みには
    --破れた「胃腸、血管、動脈瘤(りゅう)など」
    --詰まった「血管、胃腸など」
    --ねじれた「胃腸、卵巣など」
    --裂けた「血管など」
    といった内臓の状態が考えられるからです。

    男性は「急性大動脈解離」という病気でした。
    上のリストだと「血管が破れた」ということになります。

    (略)

    ◇ケース2:どんどん悪化する「強い痛み」

    「強い痛み」というのも、救急医にとっては気になる痛みです。
    一般的に、症状の急激な変化は病状の急激な変化と関わることが多いためです。
    特に急に痛みが始まってどんどん強くなっていく場合には、要注意と考えます。
    痛みの程度としては、骨折、出産などのような人生で最大の痛みが目安になります。

    突然の腹痛で来院した45歳の男性は、痛みがどんどん悪化しているという状態でした。
    この男性は「絞扼(こうやく)性の腸閉塞(へいそく)」だとわかりました。
    急に腸がねじれてしまう病気で、放置すると腸のねじれた部分が壊死(えし)し、命にかかわることがあるため緊急に手術が必要です。

    ◇ケース3:時間とともに移動する痛み

    移動する痛みで最もよく知られているものに、次のような例があります。
    18歳男性。みぞおちの痛みが朝から始まり、午後8時には右下腹に移動していました。
    このケースは虫垂炎でしょう。虫垂炎は、病状の進行とともに痛みが移動する場合がほとんどです。
    痛みを我慢していると、虫垂が破裂して腹膜炎を併発し、手術が難しくなるなど命にかかわる事態になることもあります。

    移動する痛みの中でも怖いのは、血管が裂けている、出血が広がっている、という場合です。
    血管が裂けている場合の代表例は前述した大動脈解離で、早い場合には10分単位で痛みの場所が移動していきます。
    その動きは、広がる血管の裂け目と一致しているので要注意です。

    (略)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00000012-mai-soci



    【「怖い痛み」の見分け方!我慢をしてはいけないケースを医療センター救急科部長が解説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    【やじうまPC Watch】NTT、“マクスウェルの悪魔”による発電に成功 - PC Watch

     NTTは、トランジスタ内でランダムな方向に動く電子(熱ノイズ)を観測し、一方向に動く電子のみを選り分けて電流を流して電力を発生させる“マクスウェルの悪魔”の実験に成功したと発表した。

     マクスウェルの悪魔は、物理学者のジェームズ・クラーク・マクスウェルが思考実験として提案したもので、「個々の電子の動きを観測して、一定の方向に動く電子のみを選び出すことができれば電流を生成できる」とした理論。通常は、外部電源などを用いずに無秩序な熱ノイズから、電流という秩序性を持った動きを生み出すことは熱力学第二法則から不可能とされており、150年以上議論が続けられてきた。

     ただ現在では、マクスウェルの悪魔が電子の動きを観測して、その情報を得るさいにエネルギーが必要であり、これが電流を流す電源としての役割を果たし、熱力学第二法則を満たすということがわかってきた。

     これは1bitの情報を得るためには一定の量のエネルギーが必要であり、逆に1bitの情報を持っていることによって最大でその量のエネルギーを生み出せることを意味しており、情報とエネルギーを結びつけた情報熱力学へと発展している。

     今回NTTは、ナノスケールのシリコントランジスタからなり、電子1個の精度で操作や検出が行なえる「単電子デバイス」を用いて、熱ノイズから電流を生成することに成功。生成された電流で別のデバイスが駆動することが可能であり、マクスウェルの悪魔の原理を利用した発電が実現できたとしている。

    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1060103.html
    実験に使用した単電子デバイスの構造

    マクスウェルの悪魔による発電。




    【“マクスウェルの悪魔” による発電に成功】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    3Dプリンターで卵巣を作成、マウスが出産に成功 米研究

    (CNN) 米国の研究チームが3Dプリンターで作製した人工卵巣をメスのマウスに移植して受精させ、出産させることに成功したとして、16日の科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。
    いずれは人の不妊治療への応用が期待されている。

    (略)

    研究チームのテリーザ・ウッドラフ氏はこの成果を「再生医療のための生物工学の聖杯」と位置付け、がん治療のために妊娠できなくなった女性の生殖機能を復活させる手段になると期待する。

    実用化のめどは立っていないものの、5年以内に人間にも応用できるかもしれないと研究チームは予想している。

    ただ、最初から完全な人工卵巣を移植するのではなく、卵巣のホルモン生成機能を再現することから治験を始めることになりそうだと話している。
    いずれは小児がん患者のための人工卵巣の開発にもつなげたい考え。

    CNN.co.jp 2017.05.17 Wed posted at 11:15 JST
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35101284.html



    【【人間ヤバイ】3Dプリンターで卵巣を作成→マウスが出産に成功 これもう人間いらないんじゃ…】の続きを読む

    このページのトップヘ