おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    科学・医学

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    採血は、痛い医療行為です。嫌だけど採血しなければならない場合、できれば上手な人に採血して欲しいと思いませんか?
    2万例の臨床麻酔実績を持つ筆者が考える、採血が下手な人が一発でわかる方法をご紹介します。

    採血が下手な人の3つの特徴

    (略)

    ●1.駆血帯(くけつたい:腕をしばるゴム)をきつくしばる人
    駆血帯をきつくしばると、静脈だけではなく動脈血まで血流を落としてしまい、うまく血管が盛り上がってきません。
    採血に自信がないから、駆血帯をきつくしばって血を逃さないようにしているつもりでしょうが、動脈まで圧を落としては、本末転倒です。

    ●2.針をさす部位を、手でパチパチたたく人
    腕は駆血帯でしばられているので、酸素が細胞に十分行き渡っていない状態です。
    ところが、酸欠の状態で針をさす部位を手でパチパチたたくと、血管をたたく刺激によって血管内にブラジキニンなどの血管収縮物質が放出されます。
    採血は血管を太く保ったほうが成功しやすいので、手でたたく行為は自分で失敗する可能性を上げています。

    ●3.いったんアルコール綿で消毒したにもかかわらず、針をさす直前にもう一度、指先で触って血管を確認する人
    ほとんど、これはクセです。せっかく消毒しても、自分の指先のばい菌で不潔にして穿さする行為に気づいていない人がとにかく多いです。
    自分が針をさす直前まで血管の走行を確認したい気持ちはわかりますが、これではアルコール消毒の意味がありません。

    (略)

    http://news.livedoor.com/article/detail/12560249/
    2017年1月19日 8時45分 All About



    【注射嫌いに朗報 「採血がヘタな人」を見分ける3つのポイントとは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    テレビ朝日系(ANN) 1/18(水) 23:30配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170118-00000061-ann-int
     アメリカの2つの研究機関は約200匹のサルを使い、一方のグループには好きなだけ食べさせ、
    もう一方はカロリー制限して、研究を続けてきた。データを精査したところ、ダイエットが長生きに
    効果があるという結論に至ったという。

    (略) 



    【ダイエットすると長生き効果があると判明 アメリカ研究チーム】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    NHK出版はこのほど、『がんで死ぬ県、死なない県』(松田智大・著 / 740円・税別)を発売した。
    同書では、都道府県によってなりやすい部位が異なること、死亡率にも大きな違いがあることを明らかにしている。

    (略)

    乳がん(女性)の「かかりやすさ」を見ると、1位は東京都(10万人あたりのり患者100.8人)、2位は福岡県(同85.6人)、3位は愛媛県(同85.5人)、4位は広島県(同83.8人)、5位は三重県(同83.6人)だった。

    一方、乳がん(女性)にかかりにくい県のランキングでは、1位は鹿児島県(同48.8人)、2位は福井県(同62.9人)、3位は山口県(同63.6人)、4位は千葉県(同63.7人)、5位は大分県(同67.1人)となっている。

    胃がん(男性) の「かかりやすさ」を見ると、1位は秋田県(同119.6人)、2位は新潟県(同109.0人)、3位は山形県(同106.2人)、4位は石川県(同98.2人)、5位は富山県(同96.6人)と、東北(とくに日本海側)で多い。

    胃がん(男性)の「かかりにくさ」では、1位は沖縄県(同38.3人)、2位は鹿児島県(同52.1人)、3位は熊本県(同57.1人)、4位は神奈川県(同58.2人)、5位は千葉県(同59.1人)だった。
    かかりにくい県の上位3位は、沖縄・九州地方の県が占めている。

    (略)

    なお同書では、国立がん研究センターが「科学的に効果がある」と認めるがん予防法を紹介している。
    「受動喫煙でも肺がんリスクは確実に上昇」「コーヒーは肝がんを抑える働きを持つ」「熱い飲食物の摂取は食道がんのリスクを高める」などは、科学的に認められているという。

    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0113/mnn_170113_5102846592.html
    マイナビニュース1月13日(金)10時10分



    【【癌と県】ガンの地域差が明らかに! 乳がんや胃がんにかかりやすい県とは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    「トラクタービーム」といえば、UFOが牧場の牛を空中に引っ張り上げてさらっていくときに使われる、あの怪光線である。しかし、超音波を使ったトラクタービームは、すでに現実のものになりつつあり、ビーズ球のような小さな物体であれば、超音波を使って空中に浮かべた状態で捕獲したり、空中での平行移動や回転運動といった操作を行ったりすることが可能になっている。

    「音響トラクタービーム」と呼ばれるこの技術は、ブリストル大学の研究者Asier Marzo氏らが2015年に発表したもので、トラクタービームの研究が注目を集めるきっかけとなった(発表当時、Marzo氏はナバーラ州立大学の学生)。Marzo氏らは今回、同技術をさらに進め、市販の3Dプリンタを使って音響トラクタービームを簡単に作れるようにした。詳しい作製方法を説明した動画も公開されており、Arduino、モータードライバなど、ネット通販で安価に入手できる部品・材料だけを使って自作することが可能になっている。論文は応用物理学誌「Applied Physics Letters」に掲載された。

    (略)

    http://news.mynavi.jp/news/2017/01/12/208/

    動画




    【UFOが牛を誘拐する時の「トラクタービーム」が3Dプリンターで自作可能に!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    ヒマなので


    【【Q&A】消化器内科医だけど質問ある?】の続きを読む

    このページのトップヘ