おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    科学・医学

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    ◆死者の脳から記憶を取り出すことが可能に?経験をコード化して記憶する遺伝子マーカーの存在(イスラエル研究)

    記憶は脳にはっきりと独特な遺伝子マーカーを残すそうだ。
    これはイスラエルの研究者が発見した驚きの事実で、その遺伝子マーカーを使えば人が死んだ後でも記憶を取り出すことができるかもしれないという。
    この技術は、警察が犯罪の犠牲者の記憶を記録・再生させるという未来への扉を開くものだ。

    ■マウス実験で記憶を形成する遺伝子マーカーを発見

    イスラエル、ヘブライ大学の研究チームは、脳が記憶を神経細胞同士の新しい結合の中に蓄える仕組みを解き明かすことを目的とした研究を行っていたところ、この発見をした。

    脳は記憶を蓄えるために遺伝子によって集められた新しいタンパク質を使っていることが知られている。
    マウスを使った実験で今回明らかになったのは、異なる経験が遺伝子活動にさまざまな変化を引き起こすということだ。

    実験では、マウスに良い経験や悪い経験など、さまざまな経験を体験させた。
    例えば、病気にしたり、ご褒美を与えたり、あるいは電気ショックを与えたりといった経験だ。
    実験開始から1時間経過した時点で、マウスを殺し、記憶が形成されることで知られている脳内の7つの領域(海馬や扁桃)において発現している遺伝子を調べた。

    ■経験の内容で同じ種類の遺伝子マーカーが発現

    その結果、いくつかの経験は似たような反応を引き起こしており、その結果として驚くほど似た遺伝子マーカーが発現していたことが明らかになった。 この発現した遺伝子を観察すれば、マウスがどの実験グループに属していたのか判別することもできた。 その精度は90パーセント以上である。

    (略)

    ■脳から様々な経験を取り出す

    (略)

    遺伝子活動がピークを迎えるのは、記憶が生じてからおよそ1時間後のことであるようだ。
    実験は死んだマウスで行われたものであるが、いずれ生きた動物や人間にも応用できるようになればと研究者は期待している。

    この研究が進めば、殺人事件の犠牲者の脳から記憶を取り出し犯人逮捕につなげることができるかもしれない。
    どこかで似たような話を聞いたことあるなと思ったら、清水玲子先生の漫画「秘密 」だ。
    漫画では、科学警察研究所 法医第九研究室(第九)が、死者の脳から記憶を映像として再現する「MRI捜査」を行っている。

    これは脳に強力な磁力による電気刺激を与え、故人が生前に「見ていた」映像をMRIスキャナーで再現するというもので、今回の方法とは手法こそは異なるが、記憶を視るという点においては一緒だ。
    漫画の時代設定は西暦2060年。
    てことは近未来にあの漫画のようなことが現実になるのかもしれない?

    カラパイア 2018年04月20日
    http://karapaia.com/archives/52258394.html



    12
    清水玲子のマンガか


    15
    それなんて「秘密」


    116
    うわぁ~SFに近づいている
    てかさ、あと百年経ったら想像もつかない世界になるかもねば
    まだ人類が住める場所があればだけどね


    【【漫画『秘密』みたい】死者の脳から記憶を取り出すことが可能に!? 発見された遺伝子マーカーとは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キャロライナ・リーパー
    画像:キャロライナ・リーパー
    シネンセ種という唐辛子の品種である。赤くてこぶがありごつごつしたさやで、大鎌のような尾がついている。


    キャロライナ・リーパーは、2013年ギネス世界記録で世界で最も辛い唐辛子に認定されており、それまで記録を保持していたトリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラーより辛いと認定された。

    (※現在は、キャロライナ・リーパーより辛いとされる唐辛子ドラゴンズ・ブレスが開発されている。)



    1 2018/04/10(火)
    「世界一辛い」トウガラシを食べた男性の脳血管に狭窄が見つかった



    (CNN) 米ニューヨークで開かれたトウガラシの大食い大会で、世界一辛いといわれる「キャロライナ・リーパー」というトウガラシを食べた挑戦者の男性が、直後に激しい頭痛を訴えて病院に運ばれた。神経科の専門医が9日の医学誌BMJに発表した症例報告で明らかにした。

    患者は34歳の男性で、頭と首の激しい痛みを訴えて病院の集中治療室に運ばれた。大会でキャロライナ・リーパーを食べた直後に後頭部に激痛が走り、頸部から頭部にかけてたちまち痛みが広がったという。

    病院で検査した結果、脳出血や脳梗塞は起きていないことが判明。しかしCT血管造影を使って脳内の血管を調べたところ、左側の内頸(ないけい)動脈など脳につながる4本の血管に大きな狭窄(きょうさく)が見つかり、トウガラシが原因と思われる可逆性脳血管攣縮(れんしゅく)症候群(RCVS)と診断された。

    専門家によると、RCVSは雷に打たれたような激しい頭痛を伴う疾患で、大抵は数日から数週間で回復するが、重症化すると命にかかわることもある(略)

    トウガラシに多く含まれるカプサイシンという化学物質は、身体の特定部位の血管を狭窄させる作用があることが分かっており、局所医薬品にも少量が使われる。

    しかしトウガラシがRCVSを引き起こした症例の報告は今回が初めてだという。キャロライナ・リーパーの辛さはハラペーニョの400倍以上といわれている。

    男性は治療を受けて快方へ向かい、数日後に退院した。5週間後の検査では、血管狭窄の症状は解消されていたという。

    2018.04.10 Tue posted at 11:01 JST
    CNNニュース
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35117471.html



    4
    激辛料理とか害でしかないじゃないか


    307
    >>4
    ワサビを好む日本人


    368
    >>307
    わさびも唐辛子もキムチも適量なら問題ないんじゃね?


    6
    それもう毒だろ…


    13
    >>6
    だね


    【【超!危険】“世界一辛い”トウガラシを食べた男「ぐああああ」⇒病院に搬送されとんでもない事態に・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2018/04/04(水)
    2017/5/22付 日本経済新聞

    若年層を中心に患者の多いアトピー性皮膚炎。その3割を占める比較的症状の重い患者に効果の期待される新薬が、国内で来年にも登場しようとしている。先行する米国では患者の約4割で大幅に症状が改善する試験結果が出ており、現場に光明をもたらすかもしれない。医師の注目度も高く、学会ではコストや副作用を考慮して、適切な使用法を示そうとしている。

    期待を集めるのは、米国で3月に承認された新薬「デュピルマブ」。成分は体内の異物を攻撃する役割の物質「抗体」で、疾病にかかわる体内のたんぱく質「IL―4」と「IL―13」の受容体に結合して両者の働きを抑えることで、皮膚症状を改善する。

    米国の臨床試験(治験)では、既存の治療が効かない中等症から重症の患者が対象にもかかわらず、皮膚症状が完全に消えたり、ほとんどなくなったりした患者が約4割に上った。日本医科大学付属病院皮膚科の佐伯秀久部長は「1種類単独でこんなに効く薬はこれまでなかった」と語る。

    米国では新薬の承認までに通常1年かかる。この新薬はわずか6カ月で判断が下された。当局が「画期的治療薬」に指定し優先的に審査したからだ。成人向けで認可されており、小児の試験も計画中だという。日本では成人患者を対象に、企業が2月下旬に厚生労働省に承認申請をした。順調にいけば来年初めにも認められる見通しだ。

    ■患者自ら注射

    デュピルマブは注射して使う。承認から1年後には、専用の注射器で患者が自分で注射することが可能になる見込み。通院する頻度を少なくできる。

    アトピー性皮膚炎の薬物治療は一般に、ステロイドとタクロリムスの外用薬を併用する。これらを患部に塗って炎症を抑える。ステロイド剤は強さで段階的に分かれており、症状によって使い分ける。重い場合などには飲み薬なども使う。

    中等症以上の患者は約3割といわれる。症状は年齢とともに改善する傾向があるものの、ずっとおさまらない場合もある。特に外見の問題が大きいほか、かゆみによる睡眠障害なども生じやすく、社会生活に支障をきたすことが多い。

    重症患者には免疫抑制剤「ネオーラル」などを使うこともある。だがこの薬の場合、症状は良くなるが腎臓への悪影響などが懸念されており、長期間使用するのが難しい。佐伯部長は「デュピルマブは今のところ目立つ重篤な副作用は出ていない。ネオーラルより安全に使える印象だ」と話す。ただ長期使用に伴う副作用はまだ判明していない。

    気になるのはコストだ。デュピルマブは細胞を培養して作る「バイオ医薬品」の一種で高額になる見通し。例えば炎症性の皮膚疾患のバイオ医薬品では、薬剤費が月15万円かかる例もある。これと同等の薬価になるとみられており、患者の自己負担は月数万円になる見込みだ。日本皮膚科学会はコストや効果、副作用を考慮してデュピルマブを適正に使用するための提言をまとめる検討を始めた。

    続きはソースで
    https://style.nikkei.com/article/DGXKZO16610150Z10C17A5TCC001?channel=DF140920160921

    2
    後の6割は?


    4
    >>2
    やさしさ


    20
    >>2
    アトピーの原因は色々で症状が似てる人を一括りにアトピーって言ってるだけだから
    後の6割は原因が違うんだろう


    【【朗報】アトピー新薬「デュピルマブ」投与で4割の患者が大幅に症状改善!現場に光明をもたらすか!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    糖尿病やったわ。

    血糖値320
    ヘモク"口ビンA1c10.2
    だったンゴ……



    5
    予兆らしい症状とかあったんか?


    10
    >>5
    甘いもん食べたら目がかすむから
    スレ立てたら糖尿病ちゃう?
    て言われたわ



    37
    >>10
    ワイもこれあるわ
    年1の健康診断じゃ問題なかったが


    54
    >>10
    レスくれたやつ聖J民やんけ


    40
    >>10
    なんJも役に立つことあるんやな


    46
    >>40
    ほんま良かったわ。
    病院行っていつ合併症でても
    おかしくないレベルっていわれたわ。



    138
    >>46
    糖尿で怖いのは渡辺徹や長州小力もなった人口透析
    毎月一回は病院に通って血液検査をした方がいいぞ


    【ワイ(24歳)、糖尿病検査に行った結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2018/04/03(火)
    私たちは苦いコーヒーを甘くしたり、お菓子を作るために砂糖を使っています。
    ところが、アフリカの発展途上国には「砂糖で傷口を治す」という民間療法が存在し、
    砂糖による傷口治療には医学界も知らなかった有効性があると明らかにされつつあります。

    Use of granulated sugar therapy in the management of sloughy or necrotic wounds: a pilot study. - PubMed - NCBI
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21647066

    BBC - Future - The hidden healing power of sugar
    http://www.bbc.com/future/story/20180328-how-sugar-could-help-heal-wounds

    ジンバブエの貧困世帯で育ったモーゼス・ムランドゥ氏は、擦り傷や切り傷を作ったときに、 昔から「傷口に塩を塗る」という民間療法を行っていました。
    父親の手元にお金があるときは、塗り込むと非常に痛い塩の代わりに、
    塗り込んでも塩ほど痛くならない「砂糖」を使うこともありました。

    ムランドゥ氏は常々「塩を塗ったときよりも砂糖を塗ったときのほうが、 早く傷が治る」ということに気づいていたとのこと。
    その後、1997年からイギリスの国民保健サービスの看護師として働き出したムランドゥ氏は
    「イギリスでは傷の治療に砂糖が使われていない」ということに驚きました。
    それ以来、ムランドゥ氏は砂糖で傷口を治療する方法についてウルヴァーハンプトン大学で研究を続け、 砂糖による傷口治療に関するパイロットスタディを成功させたのです。

    砂糖による傷口の治療は非常に簡単で、傷口の上に砂糖を塗りたくり、
    砂糖の上から包帯やバンドエイドで押さえるだけ。
    顆粒状の砂糖が傷口付近の湿気を全て吸収し、 細菌が繁殖しづらい環境を保ってくれるのだそうです。
    世界には、傷口からの感染を防ぐ抗生物質を容易に手に入れることができない地域がまだまだ残されています。
    砂糖による傷口治療が普及すれば、貧困により抗生物質が手に入らない地域でも、
    抗生物質の投与と似た治療を行うことができるとのこと。

    ムランドゥ氏が行った試験の他、世界各地から砂糖による傷口治療の成功事例が報告されており、
    中には抗生物質に耐性を持つ細菌に対しても効果があるという報告もなされています。
    長年にわたってひどい足の傷を放置していたため医師に「切断するしかない」と宣告されたジンバブエの首都ハラレに住む女性は、ムランドゥ氏から砂糖での治療法について聞き実践しました。「彼女の足はまだつながっています」とムランドゥ氏は述べています。治療に使う砂糖は低濃度のものよりも高濃度の砂糖が効果的だそうです。

    現在、ムランドゥ氏はイギリスで41件の臨床研究を行っている最中で、
    国内外の会議で砂糖治療法に関してプレゼンを行っています。
    会議の中で「砂糖の摂取を控える必要がある、 糖尿病患者にも使用できるのか?」という質問が寄せられたこともあったそうですが、
    ムランドゥ氏によれば糖尿病患者に対しても問題なく使用できるとのこと。
    「糖尿病患者は血液中のグルコースを抑制する必要がありますが、
    砂糖自体はスクロースです。スクロースをグルコースに変換するには消化酵素であるスクラーゼが必要ですが、 スクラーゼは体内にしか存在しません。
    体外にある傷口に砂糖を塗ってもスクロースがグルコースに変換されることはないため、
    血液中のグルコース濃度が上昇する心配もないのです」とムランドゥ氏は述べています。

    (略)

    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20180402-hidden-healing-power-of-sugar/



    5
    糖度が高いものは腐りにくい、砂糖に消費期限がないのは
    砂糖が水分を吸収するからだから、実際に効果あんのかな。


    7
    蟻寄ってくるからよくねえわ
    よっぽど特別な効果が無い限りは


    13
    砂糖には防湿防腐の効果があるからな
    傷口に砂糖を山盛りかけて、ラップで密封すれば良さそうだな


    16
    民間療法じゃなくて、ユーパスタ軟膏としてよく使われている
    精製糖にポピドンヨードを混ぜて練りこんだもの

    床ずれや靴擦れがひどくて、皮がベロンと向け中の肉が見えるような状態の
    とき、厚めに塗って包帯をまく処置を行う


    【【マジで!?】あの“ 砂糖 ”で傷口を治すことが可能だとする研究結果!抗生物質の代わりにも?】の続きを読む

    このページのトップヘ