おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    科学・医学

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    なんかもう限界来てない?


    2
    宇宙開発はもう先はない


    4
    >>2
    やっぱそうなんだ



    3
    これからはAIが担う


    6
    >>3
    自動運転失敗してるし
    ペッパーくんクソ無能じゃん



    57
    >>6
    それは日本人の話だろ
    海外じゃ主流になりつつある


    5
    スマホのスペックはまだ上がるだろう。


    8
    >>5
    スペック上げてもやることは2ちゃんという



    7
    そもそもこの程度で科学とは片腹痛い


    【おまえら、これ以上「科学が発展」することってあると思う?もう限界っぽいけど】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    2018年1月19日

    http://www.zaikei.co.jp/article/20180119/421680.html

    正月幕の内に、「たかが漢方 されど漢方」と題する拙文を寄稿した。それから僅か数日後のことである。某大手新聞の電子版が「今春にも開かれるWHO(世界保健機関)の総会で、漢方薬や鍼灸など(日本の)伝統的治療法が認定される見通しとなった」と伝えた。

    具体的には、国際的統一基準で定められる疾病分類であるICDに「東洋医学」の章が追加されるというのである。現実となると、1世紀以上にわたり西洋医学一辺倒だった世界の医療基準の大きな転換点になる。専門家の間でもこの報道に対する反応は大きかった。例えば千葉大医学部の並木隆雄診療教授(和漢診療学)は、「WHOに公式に認められれば、日本の伝統医療の地位向上への効果は大きい。科学的に漢方の有効性が検討されることになり、羅漢者の治療範囲も広がる」とコメントを発信している。

    (略)

     一方いま、こんな現象が増加傾向にあるという。とあるドラッグストアの経営者は「訪日外国人の中に、日本の漢方薬を買い求める客が増えている。免税店の認定を受けていることから英語・中国語を操れるスタッフを配置しているが、彼らの話を聞くと対処療法薬には副作用の懸念がある。その当たりを勘案して・・・ということらしい」とし、さらにこうも言った。「正直その人気ぶりから、日本の伝統治療専門の越境ECを考え始めている。提携できる現地のECサイトに打診を始めている」。

    (略)(千葉明)

    3
    「中国人」が「日本の漢方薬」を買う不思議・・・・・・


    191
    >>3
    原料は結構中国産のものなのにな


    72
    >>3
    中国の漢方と日本の漢方(和漢)は違いがあるし


    11
    風邪の「葛根湯」とか、精神疾患とか認知症に用いられる「抑肝散」とかは
    処方箋医薬品としてはメジャーな部類だわな。


    16
    インフルになった時に貰ったな
    体が暖かくなって汗をかきやすくなる漢方薬


    17
    膝に水がたまって歩行困難とかあるじゃない?
    あれは西洋医学は注射で水を抜くんだけど、あれでは良くならなくって
    漢方薬が一番良く効くよ


    21
    お灸が効くんだから漢方薬も効くだろ


    【【訪日外国人に大人気】 “漢方薬” は「国際的医薬品」になるのか【漢方飲んで効いた人いる?】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    ヘビの毒を25年にわたって注射してきたパンクロッカーの体から35種以上の毒への抗体が取り出される

    場合によっては氏にも至ることがあるヘビの毒を、なんと25年間にもわたって自分の体に注射しつづけることで、 毒に対する抗体を体の中で作ってきた人物がいます。そしてこの度、この男性の体から骨髄が取り出され、 35種類以上の抗体が取り出されています。

    まさに常軌を逸した行動を続けてきたのは、アメリカに住むスティーブ・ラドウィン氏です。49歳の男性である ラドウィン氏は、パンクロックバンドでシンガーをつとめているとのこと。

    (略)
    https://gigazine.net/news/20171213-inject-snake-vemon-25-years/



    【【キルアかよ】ヘビの毒を25年間自ら注射してきた“アイツ”がついにやりやがったwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2017/12/02(土)
    <健康>サプリ過剰摂取は副作用の恐れ
    12/2(土) 10:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171202-00000022-mai-soci

     サプリメントは栄養療法の一つの手段として医療現場でも使われるようになりました。しかし、特定成分を過剰に摂取するとさまざまな健康被害が起きる恐れがあります。また種類が増えるほど飲み合わせは複雑になり、未知の副作用も起こり得ます。日本薬科大学学長で医師の丁宗鐵さんに、サプリの上手な利用法を解説してもらいました。【毎日新聞医療プレミア】

     ◇思わぬ副作用が見つかる可能性も

     サプリメントはどのような目的で使われているでしょうか。利用者の使い方を見ていると、病気予防のためというよりは、病気をなんとか治したいと考えて使う人も多いようです。このようなサプリメントの中には医薬品より高価なものもあります。

     サプリメントや健康食品は医薬品ではなく食品ですが、治療目的で購入する人が多いのなら、医薬品と同じように安全性と有効性を科学的に検証する必要があるのではないかと、私は考えています。

     サプリメントの扱いは漢方薬と似ています。漢方薬が主に薬局で販売されていた時代、効果や安全性の根拠は、「中国の古典にこう書かれている」「江戸時代から使われている」--という、長年の伝承と経験だけでした。

     それが変わり始めるのは、西洋医学を学んだ医師が漢方薬に興味を持ち、使い始めてからです。科学的に検証されるようになって効果が再評価され、医療用医薬品として用いられるようになったのです。そして一方では、知られていなかった副作用も明らかになりました。漢方がたどった歴史からサプリメントのこれからを予想すると、思わぬ副作用が新たに見つかる可能性を否定できないでしょう。

     ◇副作用を起こした意外な原因

     健康食品の副作用による事件はすでに起きています。

     今から約30年前の1980年代末、米国で多数の患者と死者を出した「トリプトファン事件」です。米国でトリプトファン(日本の昭和電工が製造)を多量に含む健康食品を摂取していた人に「好酸球増多筋痛症候群(EMS)」が多発。患者は1500人を超え、死者は38人に達しました。日本でも症例が報告されました。

    (略)

     EMSは血液中の好酸球が増加し、動けなくなるほど筋肉痛が起きる疾患です。なぜ、トリプトファンでこのような副作用が起きたのでしょうか。

     原因は、製造過程で生成された不純物によるものでした。生産効率を上げようとした結果、精製が不十分だったことがその後の調査で指摘されています。事件を受けて当時の厚生省は、特定のアミノ酸を高濃度に含有する健康食品を継続して摂取しないよう通知しました。

    (略)

     ◇サプリと医薬品の相互作用も問題

     さらに、過剰摂取や飲み合わせ、医薬品との相互作用の問題もあります。

     例えば、亜鉛や魚油、脂溶性ビタミンのビタミンAやビタミンDはサプリメントで人気ですが、過剰に摂取するとさまざまな健康被害が起きます。また摂取するサプリメントや健康食品、内服薬の種類が増えるほど飲み合わせは複雑になり、未知の副作用も起こり得ます。

     このような有害事象は、医療の専門家でないと判断できません。特定の成分が高濃度に含まれるサプリメントや健康食品は、使い方によっては健康被害が出るものです。研究データをしっかりまとめる必要があると思います。

    以下はソース元で



    【【健康になるつもりが…】サプリの “過剰摂取” 副作用の恐れ、サプリで気を付けたいことは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    「クォーク融合」は核融合に対し約8倍強力との研究結果。
    研究者「発表すべきでないかもと思った」 - Engadget 日本版
    http://japanese.engadget.com/2017/11/08/8/
    爆弾はつくれないと判明

    2017年11月8日, 午後02:45 in Science

    テルアビブ大学とシカゴ大学からなる研究チームが、クォークとして知られる素粒子グループどうしを融合させた際に放出されるエネルギー量が、核融合反応の約8倍にものぼることがわかったと発表しました。

    クォークとは、物質を構成する原子、を構成する陽子と中性子など、を構成する素粒子、を構成する粒子のグループのひとつ。クォークにも6つの種類があるとされます。クォーク自体も6つのフレーバーと呼ばれる種類があり、それぞれアップ、ダウン、ストレンジ、チャーム、トップ、ボトムに分類することができます。

    スイス・ジュネーブ郊外にあるCERNの大型ハドロン衝突型加速器(Large Hadron Collider : LHC)では、原子を高速で衝突させてこうした素粒子に分離させ、それぞれの粒子に関する研究が行われています。(略)



    あまりのエネルギーの大きさに、研究者らはこの研究結果は公表すべきではないとさえ感じたとしています。しかし、その後の研究の結果、このエネルギーの放出時間はわずかに1ピコ秒ほどしかなく、これでは水素爆弾のような連鎖的な反応を引き起こすには至らないことがわかりました。

    研究者らは、現状ではこの研究結果が完全に理論上の話だと認めています。そしてLHCでこの現象を実験することも可能だとしつつも、現状ではそれを実行しようとは考えていないとのことです。(略)

    【【発表すべきか迷った】「クォーク融合」は核融合に対し約8倍強力であると研究結果】の続きを読む

    このページのトップヘ