おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    科学・医学

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    病院の救急外来は、なるべくならば利用しないよう、体の異変を感じても我慢してしまうことがあるのではないでしょうか。
    しかし、我慢をしてはいけないケースもあります。
    どのような痛みの場合、救急外来を利用すべきでしょうか。
    東京ベイ・浦安市川医療センター救急科部長、志賀隆さんの解説です。

    ◇ケース1:突然の背中の痛み

    55歳男性。午後の会議が終わって自分の部屋に戻った際、突然背中に痛みが走りました。
    痛みは非常に強く、だんだん首に移動してきました。
    心配した同僚が救急車を呼び、救急外来へ運ばれました。

    この男性のようなケースは、救急医からすると「怖い痛み」です。
    救急医が注目するのは、「突然」「非常に強く」「移動」という言葉です。
    特に、「突然」というキーワードは大事にしています。

    なぜなら、突然の痛みには
    --破れた「胃腸、血管、動脈瘤(りゅう)など」
    --詰まった「血管、胃腸など」
    --ねじれた「胃腸、卵巣など」
    --裂けた「血管など」
    といった内臓の状態が考えられるからです。

    男性は「急性大動脈解離」という病気でした。
    上のリストだと「血管が破れた」ということになります。

    (略)

    ◇ケース2:どんどん悪化する「強い痛み」

    「強い痛み」というのも、救急医にとっては気になる痛みです。
    一般的に、症状の急激な変化は病状の急激な変化と関わることが多いためです。
    特に急に痛みが始まってどんどん強くなっていく場合には、要注意と考えます。
    痛みの程度としては、骨折、出産などのような人生で最大の痛みが目安になります。

    突然の腹痛で来院した45歳の男性は、痛みがどんどん悪化しているという状態でした。
    この男性は「絞扼(こうやく)性の腸閉塞(へいそく)」だとわかりました。
    急に腸がねじれてしまう病気で、放置すると腸のねじれた部分が壊死(えし)し、命にかかわることがあるため緊急に手術が必要です。

    ◇ケース3:時間とともに移動する痛み

    移動する痛みで最もよく知られているものに、次のような例があります。
    18歳男性。みぞおちの痛みが朝から始まり、午後8時には右下腹に移動していました。
    このケースは虫垂炎でしょう。虫垂炎は、病状の進行とともに痛みが移動する場合がほとんどです。
    痛みを我慢していると、虫垂が破裂して腹膜炎を併発し、手術が難しくなるなど命にかかわる事態になることもあります。

    移動する痛みの中でも怖いのは、血管が裂けている、出血が広がっている、という場合です。
    血管が裂けている場合の代表例は前述した大動脈解離で、早い場合には10分単位で痛みの場所が移動していきます。
    その動きは、広がる血管の裂け目と一致しているので要注意です。

    (略)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00000012-mai-soci



    【「怖い痛み」の見分け方!我慢をしてはいけないケースを医療センター救急科部長が解説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    【やじうまPC Watch】NTT、“マクスウェルの悪魔”による発電に成功 - PC Watch

     NTTは、トランジスタ内でランダムな方向に動く電子(熱ノイズ)を観測し、一方向に動く電子のみを選り分けて電流を流して電力を発生させる“マクスウェルの悪魔”の実験に成功したと発表した。

     マクスウェルの悪魔は、物理学者のジェームズ・クラーク・マクスウェルが思考実験として提案したもので、「個々の電子の動きを観測して、一定の方向に動く電子のみを選び出すことができれば電流を生成できる」とした理論。通常は、外部電源などを用いずに無秩序な熱ノイズから、電流という秩序性を持った動きを生み出すことは熱力学第二法則から不可能とされており、150年以上議論が続けられてきた。

     ただ現在では、マクスウェルの悪魔が電子の動きを観測して、その情報を得るさいにエネルギーが必要であり、これが電流を流す電源としての役割を果たし、熱力学第二法則を満たすということがわかってきた。

     これは1bitの情報を得るためには一定の量のエネルギーが必要であり、逆に1bitの情報を持っていることによって最大でその量のエネルギーを生み出せることを意味しており、情報とエネルギーを結びつけた情報熱力学へと発展している。

     今回NTTは、ナノスケールのシリコントランジスタからなり、電子1個の精度で操作や検出が行なえる「単電子デバイス」を用いて、熱ノイズから電流を生成することに成功。生成された電流で別のデバイスが駆動することが可能であり、マクスウェルの悪魔の原理を利用した発電が実現できたとしている。

    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1060103.html
    実験に使用した単電子デバイスの構造

    マクスウェルの悪魔による発電。




    【“マクスウェルの悪魔” による発電に成功】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    3Dプリンターで卵巣を作成、マウスが出産に成功 米研究

    (CNN) 米国の研究チームが3Dプリンターで作製した人工卵巣をメスのマウスに移植して受精させ、出産させることに成功したとして、16日の科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。
    いずれは人の不妊治療への応用が期待されている。

    (略)

    研究チームのテリーザ・ウッドラフ氏はこの成果を「再生医療のための生物工学の聖杯」と位置付け、がん治療のために妊娠できなくなった女性の生殖機能を復活させる手段になると期待する。

    実用化のめどは立っていないものの、5年以内に人間にも応用できるかもしれないと研究チームは予想している。

    ただ、最初から完全な人工卵巣を移植するのではなく、卵巣のホルモン生成機能を再現することから治験を始めることになりそうだと話している。
    いずれは小児がん患者のための人工卵巣の開発にもつなげたい考え。

    CNN.co.jp 2017.05.17 Wed posted at 11:15 JST
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35101284.html



    【【人間ヤバイ】3Dプリンターで卵巣を作成→マウスが出産に成功 これもう人間いらないんじゃ…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    医療技術
    「白髪になる遺伝子」米研究チームが偶然発見 治療薬開発へ
    2017年05月09日 17時32分
    (略)
     米テキサス大学の医療研究チームは、髪が白くなるメカニズムを解明した。従来から、メラニン色素が無くなると白髪になることはわかっていたが、
    メラニンを作る色素細胞については謎が多かった。今回の発見が、白髪治療薬の開発に結びつくとして、期待が寄せられている。

     メラニン色素というと、シミを作り出す悪者のイメージだが、一方で、何らかの原因で色素細胞が無くなると、メラニンが生成されなくなり、黒い髪が白く変わる。

     テキサス大学サウスウェスタン医療センターの皮膚科医師、ルー・リー博士は5日、遺伝学研究誌『Genes & Development』 で、神経の発達を司る「KROX20」というタンパク質が、地肌の奥にある「毛包(もうほう)幹細胞」に影響していることを突き止めた。

     近年、毛根の根元より浅い場所にある「バルジ領域」という部分が発見され、ここには「色素細胞」と「毛包幹細胞」という二つの幹細胞が存在することが判明。
    これらが活性化して細胞分裂すると、バルジ領域の下にある毛母や毛乳頭に栄養(細胞の元)が伝わって、健康な髪の毛が成長するという。

     リー博士はマウスを使った実験で、毛包幹細胞の遺伝子を操作したところ、毛の色が白くなり、さらにタンパク質のKROX20を作る機能を失わせたところ、毛が成長しなくなって抜け落ちた。

     今回の研究結果は、皮膚の腫瘍を引き起こす遺伝子疾患を調べている最中に偶然発見したもので、医療チームは今後、
    細胞内のKROX20が人間の加齢に応じて、どのように機能するか調査を続けて、白髪や男性の脱毛症に関する新たな治療薬の開発に結びつけたいとしている。

    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20122.html



    【「白髪になる遺伝子」偶然発見!白髪と脱毛症の治療薬開発へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    マサチューセッツ工科大学(MIT)とカリフォルニア大学バークレー校(UCバークレー)の研究チームは、乾燥した空気から水を取り出す装置を開発した。エネルギー源として利用するのは太陽光だけであり、湿度20%程度の乾燥地帯でも、1日に数リットルの水を作り出すことができるという。研究論文は、科学誌「Science」に掲載された。

    外気から水を得る技術は、チリやモロッコなど多くの地域ですでに利用されているが、これには湿度100%の霧のような環境が必要とされる。湿度の低い乾燥地域で空気から水を取り出そうとすると、既存の技術では水を結露させる表面を低温に冷却しなければならないため、エネルギー消費量が大きかった。今回の装置は、冷却に特別なエネルギーを使わず、太陽光だけで動作する点が注目される。

    UCバークレーが開発した金属有機構造体(MOF: metal-organic framework)を用いて、MITが装置開発を行った。試作された装置では1kgのMOFを使用し、湿度20~30%の条件下で12時間稼動させて、水2.8リットルを空気中から生成することができた。実験は装置を屋上に設置して行い、現実の環境下で動作することを確認した。

    (以下省略、つづきは引用元記事で確認してください)

    今回開発された製水装置。時間とともにチャンバー底部の復水板表面に水滴が集まる(出所:MIT)



    MOFの模式図。有機リンカーは図中の線で表されている。金属イオンは線の交差部にある。
    黄色の球体の領域は気体や液体で満たすことのできる多孔質の隙間である(出所:UCバークレー)



    http://news.mynavi.jp/news/2017/04/20/052/



    【【星新一の小説みたい】砂漠で空気から水を取り出す装置を開発!エネルギー源はアレだけ】の続きを読む

    このページのトップヘ