おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    人形にまつわる怖い話

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    15 2018/03/28(水)
    小学校上がる前の話だから多分5歳位の幼稚園生の頃かな?
    ピアノ習い始めてしばらくしてからだから
    5歳であってるはず。

    私は中国地方の田舎の生まれでおばあちゃん家は漁師村みたいなとこなのね。
    んで、ひな祭りの季節になると15段?くらいのでっかい雛人形の飾りが奥の床の間のある部屋に出されるの。
    ガラスに入った60センチくらいのオルゴールがなる和風の人形とかも出される。

    小さい頃物心がつくくらいからその部屋が凄く怖くてさ。
    日本人形って子どもの頃何か怖くない?

    小さい頃春休みとか長期の休みになると2.3週間おばあちゃん家に泊まるのね。
    母がママさんバレーとかやってたからそっちの方が都合よかったのかも?

    んで、ある時変な事が起き始めたのよ。
    おばあちゃん家に泊まる時は仏壇のある部屋で家族4人で(父、母、弟、私)寝るんだけど
    頭を向けてる方が襖でその襖の先が雛人形が出てる部屋なのね。
    目が覚めると何故か私だけ雛人形の部屋で寝てるの。
    恐怖で固まってうまく動けなくてほふく前進みたいな格好で隣の部屋まで行くんだけど真っ暗でさらにリビングのほうの襖を開けると
    大人達(父、母、祖父、祖母)がお茶してて
    (その当時10時、15時、23時にお茶の時間があった)
    「まだ起きてたの?」って言われて
    身体が動かないまま 足を何かに掴まれるところで目が覚めるんだけど普通に朝なのよ。
    台所に行くといつも通りおじいちゃんが新聞読みながらコーヒー飲んでて、おばあちゃんが「何食べる?」って聞いてくるの。
    だから私も何だ夢だったのかーってホットしてご飯食べるのね。



    【【ゾッとした】祖母「神様に気に入られたんだろうかねぇ、連れてかれらんで良かったわ・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    29
    祖母が亡くなり形見分けの時母が人形を見つけた。
    しかし高そうな日本人形じゃなく 顔や髪も布地で出来た目の丸い女の子の人形。
    可愛い、と母は私か妹にと親族に了承もらって私のものになった。

    私は縫い子で、妹はアパレル、母親は呉服屋にいた為
    人形が地味な綿の着物だった(ちょっと変色)為
    母がちりめんや余り絹を調達して
    妹が色を合わせ 私が人形の着物を縫った。
    赤い牡丹に柿色の帯半襟は正絹薄萌木色にして髪に薄い絹で椿をつけた。
    お人形遊びみたいだね と話しながら、人形は母の蘭のそばに飾った。

    翌日妹が「人形がほんまおおきに!!って言ってる夢見たよw」と言ってて皆で笑った。


    【【DQN親子の末路】大切な形見の人形を娘が叩きつけ、母もヒスをおこし人形叩きつける←悲惨すぎる目に・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    904 2017/12/18(月) 01:26:52
    長文連投スンマソン


    クラスや職場に化粧気のない黒髪の日本人形のような女の人って1人はいると思う。
    そんな人に限って綺麗というか、可愛いというか、まさしく日本人形みたいな子なんだけど、俺の姪っ子がそんな感じ。
    不思議なことに母親である姉にも父親にも似ていない。しかし正真正銘姉夫婦の子だ。

    姪の名前は「夢」という名前。
    何で夢って名前なのか聞くと姉は「この子は昔から私の友達で、夢ちゃんって言うの。夢ちゃんは私の所に産まれに来てくれたの。新しく名前をつけるのは変でしょ」
    と理解しがたい返しが帰ってくる。

    しかし両親は驚いた様子はない。姉の言葉に驚いているのは自分だけだった。

    俺は仕事が忙しく海外にいた期間が長かったため知らなかったある事実を両親が話してくれた。



    【『黒髪の美しい日本人形のような姪っ子は生まれる前から母親の友達だった』【ほんのりと怖い話】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    武者と闘うフランス人形

    よく遊びに行っていた祖母の家には不気味なフランス人形の写真が飾ってあり、気持ち悪いので近づきたくないと思いながらもその部屋で寝泊りしていたら――(おうまがタイムズ)



    522
    昔、頻繁に遊びに行く祖母の家にはフランス人形の写真が飾ってあった
    その人形の写真だけど、とても気持ち悪いもので、出来るだけその部屋には居たくなかった
    しかし寝る部屋はそこしかなく、父(離婚して実家にいた)と一緒に夜はその部屋に寝かされていた

    ある日父は仕事で帰ってこれず、自分一人で寝る事になったのだが、とても怖くて眠れなかった
    夜中過ぎてようやく眠気が訪れた頃、がしゃがしゃという音が庭先から聞こえた
    段々と近づいてくる金属音は明らかに人間じゃないと思えた
    寝ている部屋は庭先からは温室、小さな部屋と通らなくてはならない
    なのにガラス戸を開ける音も、障子を開ける音もなく近づいてくる金属音
    鎧だと気づいたのは寝ている部屋の障子に透けて映る武士みたいな姿が見えてから
    今ならわかるが、あれは大鎧、鎌倉や室町時代の古い鎧だった
    クリスマスが近かったので、祖父が茶目っ気効かせて鎧着たとか思ったのもほんの数分だった


    【【人形の怖い話】夜中に現れる鎌倉や室町時代の日本の古い鎧と闘う不気味なフランス人形】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    心霊 おうまが ロゴ

    小学生の時に「こっくりさん」という降霊術が学校で流行り、友達とそれをやって遊んでいたという報告者。だが、そのこっくりさんの影響なのか、ある日を境に自宅で怪奇現象が起こり始め、怖くなった報告者家族は霊能者に相談したそうなのですが――(おうまがタイムズ)



    684
    小学校女子だった頃の体験談。
    無駄に長いですが。

    まあよくある話で、学校でコックリさんもどきが流行り、
    もともとオカルト好きな私はよく友達と遊んでいたわけです。
    ウチで仲良しの子と遊んでいると途中で彼女は具合が悪いと言い出して、そのまま解散へ。
    その子は感受性が強い子というか繊細な子だったから、
    その時は、半分心配・半分またかーぐらいの気持ちでした。

    彼女が帰宅した日は何もなかったんですが、
    その翌日から私の部屋で物音がするようになりました。

    夜、子供部屋の本棚の裏側から軋むような音が。
    最初のうちは気のせいか?と思う程度でしたが、
    その物音が続くにつれ、流石に恐ろしくなりました。
    地方の都市部なんで相談出来るような寺院もなく、
    普段は神主もいないような小さな神社に手を合わせる、
    交通安全のお守りを持ち歩く程度のことが精一杯。

    結局、親(家庭の事情により祖母)に相談。
    怒るというよりはまず信じてもらえなかったのですが、部屋で一緒に寝てるとやはり物音が。
    流石にこれを聞いて信じたようで祖母は地元の霊能力者に相談へ。

    話を祖母から聞いた伯父は「それはただの家鳴りだから」と何度も言ってましたが、
    「そんなに怖いなら」と刀(多分、模造刀だとは思います…)を預けてくれたりもしました。
    霊じゃないよ、という伯父の方がよっぽどオカルト好きで心霊現象には詳しかったりするんですがね(笑)


    【コックリさんの怪異を霊能者に相談、「刀がダメ」「人形が作者とシンクロし血が出てる」と言われ…】の続きを読む

    このページのトップヘ