おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

人形にまつわる怖い話


笑える霊体験

笑える霊体験『悪しき者と闘い出すガンプラ』『猫の生霊』『萌えキャラが守護霊』


『悪しき者と闘い出すガンプラ』

私が家で寝ていると開けっ放しにしていた窓からなにやら黒い物体が!!
しばらくその黒い物体は私の目の前でとぐろを巻きこっちに向かって来る
すると私が作ったガンプラのザクやら人形やらが黒い物体を集団リンチ
し始めた
何とか応戦するもそんな攻撃は眼にもくれずリンチしまくる人形ども、
私はそのとき「強ぇえ!」とか思いながら観戦していた。
しばらくすると人形たちは何事も無かったように戻り
黒い物体も消え失せました。


【笑える霊体験『悪しき者と闘い出すガンプラ』『猫の生霊』『萌えキャラが守護霊』】の続きを読む


五月人形に守り神が憑いている
画像:Amazon.co.jpより

男に不幸が降りかかる呪われた家系であると語る報告者。だが、大叔母さんの知り合いの霊能者の話では、どうやら報告者に贈られた五月人形に本物の神様が宿り、報告者を守ってくれているそうなのですが――(おうまがタイムズ)



983
親戚の集まりの度、うちの母方の家系はよく男が立たないと大伯母(祖母の妹)に聞かされて育ってきた。

祖父は筋肉が萎縮する難病に罹り早逝、伯父は蒸発、婿養子の親父でさえも一時期やばかった。

で、その原因はというと、これも大伯母からよく聞かされていたんだけど母方の家系は平氏の末裔らしい。

家紋も元々は合わせ蝶?ってやつだったらしいんだけど、他所から嫁いできたお姫さまが強い人で、一族の実権はその人が握り家紋も今の鷹の羽?の家紋に変えられてしまったんだって。

それで男が立たないってジンクスのような呪いができてしまったんじゃないかと大伯母は言ってた。

それでこの大伯母さん、俺の名付け親なんだけど、俺がそういった呪いに負けない強い子に育ちますようにって名前と共に五月人形を贈ったんだ。

そしたら大伯母の知り合いの視える人(拝み屋みたいなもんかな?)に、「あんたんとこの最近生まれた男の子、五月人形あげたでしょ?それガラスケースを外して毎日お供え物して手合わせるようにその子に言いなさい。まさかの本物が守ってくれてるから」と言われたらしい。

だから俺は物心つく頃からはずっと仏壇の横の五月人形に手合わせてきたし、今も実家に帰ったら必ず手合わせて実家から出る時は行ってきますと言って家をでる。

そのお陰なのか、これまでとくに大きな病災にかかることなく日々過ごしてます。
長々と失礼



【霊能者に「五月人形にまさかの“本物(神様)”が憑いて呪いから守っている」と言われた】の続きを読む

1
俺「同棲するときは引っ越して人形専用の部屋を作るよ」
彼女「それでも嫌、怖いもん」

処分するつもりはないしどうすりゃいいんだ…
てかそんなに怖いもんか?



【趣味が“日本人形集め”なんだけど彼女に「それがある限り同棲しない」って言われた】の続きを読む


人形話ロゴ おうまが

姉の持っている人形は、修理屋に「あなたに万一の事があったら、必ずあの世へも 一緒に連れて行ってくださいね」と言われるほど強烈な曰く付きの人形だ。不思議な事を起こすこの人形には、もしかして魂が宿っているのだろうか――(おうまがタイムズ)



553
姉の持っている人形。中国から持ち帰った、人形劇三国志の人形のような
大きめなのイケメン青年武将?人形なのだが・・・。

姉が交通事故にあったとき、奇跡的に無傷だったのだがその時、人形の
右手がぼっきり折れていたそうで。(当然人形は家にあり、落としたりはしてない)
姉が修理にだしたところ、その人形師から言われたそうだ。

「この人形はあなたにとってはいい人形ですが、他人にとってはそうじゃないです。
私も修理中、いろいろありました。あなたに万一の事があったら、必ずあの世へも
一緒に連れて行ってくださいね」と。

「なんかしました? いままで泥棒を気絶させたりしたくらいなんですけど?」と聞いたら
「とりあえず武器は取りあげて修理に出すことをオススメします・・・」と言われ、自分の所には
二度と持ってくるなと言われたそうだ。

【「必ずあの世へ一緒に連れて行ってください」中国から持ち帰ったイケメン青年武将人形に気に入られた姉】の続きを読む


現代では3Dプリンター技術が進歩し、医療用模型からギターやフルートなどの楽器、義手やあごの骨、そして大きな家まであらゆるものが作れます。これまでにも、自分そっくりのフィギュアを作れることで話題になっていた3Dプリンターですが、この度、亡くなった遺族の生前の写真を元に、3Dプリンターで“遺人形”を作ることができる、ということで話題になっています(おうまがタイムズ)
1
no title


「小さなったね……」。香川県善通寺市から駆けつけた父親は、
大阪市中央区の3Dデータ制作会社「ロイスエンタテインメント」で
完成したばかりの娘の実久(みく)さんの人形を手に取ると、
人目をはばからずに涙を流した。

小学5年だった実久さんは2014年1月、下校途中に自動車に
はねられ、9日後に息を引き取った。同社は故人の生前の写真から、
3Dプリンターで高さ20~30センチの石こうフィギュアを作っている。
遺影ならぬ「遺人形」だ。実久さんの父親から作製を頼まれたのを
きっかけに始めた。

*+*+ 毎日jp +*+*
http://mainichi.jp/articles/20160918/k00/00m/040/100000c



【【家族人形】故人を3Dプリンターでフィギュアに!“遺人形”あなたは作りますか?】の続きを読む

このページのトップヘ