おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    心理学・哲学

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アドラー心理学

    テレビドラマなどでも扱われ、耳にすることも多い「アドラー心理学」ですが、アドラー心理学とはアルフレッド・アドラー(Alfred Adler)が創始し、後継者たちが発展させてきた心理学の体系でのことです。有名な説の中には「トラウマといったものは存在せず、人間の悩みは全て対人関係の悩みである」といったものも。ちなみに「劣等感」という言葉を最初に用いたのはアドラーだと言われています(おうまがタイムズ)
    1
    「行動を起こさなかった結果苦しんでいるのは君が悪いんだよね?」

    「本当に苦しんでいるならとっととシねばいいじゃん」

    「それすら出来ないなら『シにたい』とか言うな。聞かされるほうが気分悪いわ」



    【【嫌われる勇気】ワイ「シにたい」⇒アドラー心理学信者「」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    カラーの夢はカラーテレビが影響

    夢といえば、夢占いも有名ですが、寝ている間に脳がデータ整理する過程で見せるものといった説も存在します。一般的にはカラーで見る人が多いそうですが、中にはモノクロで色がついていないといった報告も度々きかれます。人間がカラーの夢をみるようになったのは、カラーテレビの登場が影響しているのではないか?といった説が発表され話題になっています(おうまがタイムズ)



    1
     夢の色がどのように見えるのか、という興味深い実態調査を行ったのがAPA(アメリカ心理学会)。
    APAは'93年と'09年の2度にわたって、10代から80代までの被験者を対象にこの調査を行ったところ、どちらの結果も、
    カラーの夢を見ると答えた被験者の割合は、30歳未満が約80%に対し、60代ではわずか20%程度であったという。

     つまり、生まれが'49年以前の者と'63年以降の者とでは夢の色に明確な差があると判明したのだ。

     この差は一体何か。
    APAは一つの結論として、「世代間における夢の違いは、カラーテレビの普及によるものだ」という驚きの報告をしたのだ。

    (略)
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170204-00050846-gendaibiz-bus_all



    【人間の夢に色があるのは、カラーテレビが普及した後だった!?説 アメリカ心理学会】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    悪口やののしりなどの「汚い言葉」を使うのは一般的にタブーとされていますが
    「口の悪い人ほど根が正直」であるという研究結果が発表されました。

    一般的に汚い言葉を使う人は社会規範を破りやすい傾向にあり、誰かをののしることは
    不道徳な行為と考えられています。一方で、無実の罪で逮捕された人は、罪を犯した
    自覚を持つ人より、取り調べの際に汚い言葉を使う傾向にあることも過去の研究で示されて
    います。そこで、マーストリヒト大学心理学部のジラド・フェルドマン氏率いる国際研究
    チームは、「汚い言葉」と「率直さ」の関係性を、個人および社会レベルで分析するべく
    3つの研究を行ないました。

    (略)

    研究チームは「3つの研究により、個人および社会レベルで汚い言葉の使用頻度に比例して
    正直度が高くなることがわかりました」と話しています。一方でこの件を取り上げたQuartzは
    「この研究は倫理的な部分は追求しておらず、口の悪い人が罪を犯さないというわけではない」
    と警告しています。なお、この研究結果は学術誌・Social Psychological and Personality
    Scienceで発表される予定です。

    http://gigazine.net/news/20170113-relationship-between-profanity-and-honesty/



    【【逆説心理学】「汚い言葉を使う人ほど正直者」であることが研究で判明!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    40歳超えると死を身近にかんじる

    この世に生まれた以上、誰しもどんな生物でも「死」から逃れることはできませんが、歳をとるにつれて周囲の環境や自身の健康状態などからより「死」を身近に感じ恐ろしく思う事も増えるようです。ですが、「死」があるからこそ「生」が輝き、命の有限さを意識することで人は能力アップすることもあると言われています(おうまがタイムズ)



    5
    親が70代で氏んだけど、もう折り返し地点過ぎてるんだなってオモタ


    【【メメント・モリ】40歳超えると死を身近にかんじるよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    緊急地震速報



    国民保護サイレン




    【【警告音】国民保護サイレンより緊急地震速報の方が怖い件】の続きを読む

    このページのトップヘ