おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    気になる話

    1 2019/02/17(日) 17:11

    2
    3号「!?」


    3
    パーマンかよ


    4
    ヤッターマンかよ


    7
    次は親が2人とは限らないから差別ってなるな


    9
    もうギャグだろ


    12
    どっちが1になるか争うな


    13
    どっちが1かでもめる


    39
    >>12
    >>13
    確かに。この手のやからは、どっちが1になるかは重要な問題だからなw


    【【衝撃】フランスさん「母親・父親」をやめて「親1号・親2号」と呼ぼうぜ!と言い出すwwwwwwwwww】の続きを読む

    1 2019/02/16(土) 18:17
    2019年2月16日 11時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16029841/

    OECDによる国際調査で「先進国の成人の半分が簡単な文章を読めない」という衝撃の結果が明らかになった。人間社会のタブーを暴いた『もっと言ってはいけない』の著者が知能格差が経済格差に直結する知識社会が、いま直面しつつある危機に警鐘を鳴らす。

    ◆◆◆

    「国際成人力調査」の結果概要

    (1)日本人のおよそ3分の1は日本語が読めない。

    (2)日本人の3分の1以上が小学校3~4年生以下の数的思考力しかない。

    (3)パソコンを使った基本的な仕事ができる日本人は1割以下しかいない。

    (4)65歳以下の日本の労働力人口のうち、3人に1人がそもそもパソコンを使えない。

    ほとんどのひとは、これをなにかの冗談だと思うだろう。だが、これは事実(ファクト)だ。 (略)

    ほぼすべての分野で日本が24カ国中1位、他国の結果

    しかし、驚きはこれにとどまらない。こんな悲惨な成績なのに、日本はOECDに加盟する先進諸国のなかで、ほぼすべての分野で1位なのだ。だとすれば、他の国はいったいどうなっているのだろうか。(略)
    以下ソース



    2
    それでも何不自由無いんだが?


    989
    >>2
    べつに困らねえよな(´・ω・`)


    8
    青海と青梅の駅を間違える奴大杉


    415
    >>8
    それはただの田舎者では


    718
    >>8
    地元の人じゃないからでは


    【【悲報】言ってはダメ!?「日本人の3分の1は“日本語が読めない”」という衝撃の事実(ファクトwwwwww】の続きを読む

    1 2019/02/16(土) 07:57
    30年以内に80%の確率で発生する――。こう言われてきた南海トラフの巨大地震は、すでに起きつつある。

    海洋研究開発機構は今月8日、探査船「ちきゅう」で南海トラフを掘削し、地震発生の仕組みの解明調査を断念すると発表。国家プロジェクトは失敗に終わったが、今年に入って巨大地震の前兆は止まらないという。

    気象庁の発表によれば、2月6日に石垣島近海(M4.7)、10日に奄美大島近海(M4.8)、11日には紀伊水道(M3.7)で揺れている。いずれも約40キロの深さで発生。この位置と深さ40キロという数字に大きな意味があるという。立命館大教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)が言う。

    「今年になってから、静岡県、三重県南部、和歌山県南部、徳島県南部、紀伊水道、高知県西南部で地震が起きています。日本列島の南端、つまりフィリピン海プレートの境界に近いエリアで相次いでいるのです。南海トラフの巨大地震は、フィリピン海プレートがユーラシアプレートに沈み込むことで起きる。
    しかも40キロという深さは、プレート境界、つまりプレートがもぐり込んでいる深さになります」

    高橋氏によると、日本列島を横断するプレートの境目がゆっくりとずれ動く「スロースリップ」と呼ばれる現象が続いている。数カ月かけて、四国を横断し、和歌山、三重、そして現在は愛知中部の地下でスロースリップ現象が起きている。

    しかも、フィリピン海プレートのかかるフィリピンでは、昨年12月29日に南部ミンダナオ島の沖合でM7.2、1月7日にはインドネシアのモルッカ海でM7.0の巨大地震が発生。また、2月3日には淡路島付近(M3.1)、8日は鳥取県中部なども揺れ始めていて、これも不気味な現象だという。
    (略)

    (ソース)日刊ゲンダイ
    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/247483
    公開日:2019/02/15 06:00 更新日:2019/02/15 06:00



    3
    いつ起こるかハッキリしてから発表しろよ


    766
    >>3
    ハッキリしてからだと携帯が鳴るから分かるけど逃げる間がないよ。


    784
    >>3
    いつ起きると言ったらパニックになる
    いつ起きる、何月何日何時何分という性格のものでもない
    だから>>1のような啓発が必要なんだよ


    964
    >>784
    何十年も「来るぞ来るぞ」って言い続けるのは
    むしろ逆効果だろが


    975
    >>964
    注意してくれてるんだよ


    【【悲報】 南海トラフ巨大地震 “前兆” が、今年に入って止まらない・・・専門家が警鐘】の続きを読む

    1 2019/01/30(水) 12:07
    @全文はソースで

    BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン
    「一体どうなってるんだ? 」トランプ大統領、記録的な寒波を受け、地球温暖化を皮肉る
    https://www.businessinsider.jp/post-184243

    アメリカ中西部と北西部は今週、激しい寒波に見舞われている —— 気温がものすごく低いだけでなく風も強く、気象学者は「危険」な寒さだとしている。

    この寒さについて、トランプ大統領は1月28日にツイートした。

    「温暖化は一体どうなってるんだ? 」

    「頼むから早く戻ってこい、きみが必要だ! 」

    トランプ大統領は気候変動に疑問を呈する手法として、こうしたコメントを以前から繰り返している。しかし、"寒いから温暖化は存在しない"という前提がそもそも間違っている。

    (略)

    ■科学者たちは気候変動が起きていると警告

    気候変動は、地球全体の気温が上昇しているという科学的理解だ —— その日が暑いか寒いかで定義されるものではない。

    アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、気候変動は「20世紀半ば以降の人間の活動の結果である可能性が非常に高く(95%以上の可能性)、これまでにない速さで進んでいる」。

    @以下省略



    8
    トランプかわいいなw


    13
    アメリカの大統領が言うからおもしれーんだよな


    16
    無慈悲な温暖化詐欺批判


    【【悲報】トランプ大統領、地球さんを“あおる”wwwwwww】の続きを読む

    1 2019/01/24(木) 19:27
    2019年1月24日
    http://www.nikkansports.com/general/news/201901240000150.html

    フランス南西部アングレームで開かれる欧州最大規模の漫画の祭典、第46回アングレーム国際漫画祭は23日
    漫画の発展に大きく貢献した作家に授与する功労賞「グランプリ」に「うる星やつら」や「めぞん一刻」などの作品で知られる高橋留美子さん(61)が選ばれたと発表した。

    漫画祭の主催者は高橋さんの作風について「出るくいは打たれる(日本)社会で、アウトサイダーや変人を前面に押し出し、彼らにもチャンスがあることを示そうとこだわった」と指摘。
    多くの作品はコメディーと見せかけて、極めて進歩主義的だと評価した。



    3
    天才


    13
    出す漫画がほぼアニメになるってヤバいな
    実写化も多い


    【【朗報】高橋留美子さんが国際漫画祭でグランプリに!フランス「出る杭は打たれる日本で、アウトサイダーや変な人を押し出した」】の続きを読む

    このページのトップヘ