おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    気になる話

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2018/08/11(土)
    ・2014年の法改正で、いかなる年齢でも安楽死が合法となったベルギー
    ・2016~2017年の間で、11歳と9歳の子どもが安楽死されたと分かった
    ・身元は明かされていないが、これまでの記録上、最も若い患者という

    親にとって子供に先立たれることほど辛いものはない。しかし我が子が末期の病を抱え、痛みに苦しみながらかろうじて生きている姿を目の当たりにしなければならないとしたら、そして辛さに耐えかねた我が子が「死」を望んだら、どう選択すべきだろうか。このほどベルギーで、安楽死した子供の年齢が9歳と11歳であったことが発表された。これまでの記録上、安楽死された最も若い患者になったようだ。『Mirror』『Washington Post』などが伝えている。

    安楽死を合法化したベルギーでは、国内だけでなく海外からも安楽死を求めてやってくる人は多い。しかし安楽死が施行されるには、医師により心理カウンセリングや様々なプロセスが必要だ。最も重要なことは「耐えがたい痛みが持続し治療回復の見込みがない」「心身ともに苦痛を味わっている」「本人に死の意思がある」ということである。

    (略)

    11歳の子供は嚢胞性線維症、9歳の子供は脳腫瘍を患っていたようで、いずれも末期の病で激しい痛みを伴っていたことが分かっている。

    (略)

    2018年8月11日 4時0分
    Techinsight
    http://news.livedoor.com/article/detail/15143682/



    3
    親類のおじさんの最期はみてて辛かったな。抗がん剤もききにくくなって、毎日ころしてくれえって娘(従姉妹)に懇願しててかわいそうだったわ


    4
    生きる権利があるなら氏ぬ権利だってあるだろうよ


    25
    >>4
    日本にはないな
    過労氏ぬまで働け、だ
    オランダベルギーフランス辺りの人は日本のこと狂気だと思ってるよ


    148
    >>4
    権利があるのなら義務もある。
    思うに、「安楽死」というのは甘えだね。
    自らが死を欲するのなら、自分の命のケリは自分自身の手でつけるべきだ。
    他人にころしてもらわなきゃ氏ぬこともできない人間は、与えられる死を待つべきだ。


    【【安楽死についてどう思う?】ベルギーで9歳と11歳の子供が安楽死 世界最年少】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2018/07/30(月) 11:28:41.73
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000001-mai-sctch

    江戸時代に発生した富士山の大規模噴火(宝永噴火)を、現代の実際の気象状況に当てはめて降灰量を推計したところ、
    東京都心部でも10センチ以上積もる可能性のあることが気象庁気象研究所のシミュレーションで分かった。
    経済活動に大きな影響が予想され、政府は今秋までに中央防災会議に有識者検討会を設置し、気象研の推計も参考に富士山の降灰対策に本格的に乗り出す。

    火山灰は1ミリ以上で道路が覆われ、5ミリ積もると鉄道が運行できなくなるとされる。気象研の新堀敏基主任研究官は 1707年12月に発生した宝永噴火の噴煙の高さや継続時間の推定値と、気象庁が2015~17年に解析した日々の 風向きや気圧などの詳細なデータを用いて推計。1096の降灰パターンを導き出し、東京・大手町はうち3%の
    36パターンで降灰量が10センチを超えた。

    全パターンを重ね合わせた最大降灰量の分布図も作成し、神奈川県のほぼ全域と、静岡、山梨、東京の3都県の一部で 30センチ~1メートルに達する可能性があった。千葉県のほぼ全域や茨城県と埼玉県の一部などは最大10~30センチと見積もられた。

    降灰の範囲は季節で異なり、冬は季節風の影響で東方向に集中。夏は全方位に降る傾向となった。春や秋に多い、富士山から北東方向に風が吹くケースでは、都心に厚く積もる。

    気象研は約15年前にも同様の試算を実施したが、日ごとの気象状況までは考慮せず、都心の降灰を数センチ程度と推定していた。
    実際の宝永噴火も都心の降灰は数センチだったとされる。新堀主任研究官は「各地の最大降灰量の確率を新たに見積もることができた」と話す。

    政府はこれまで大規模火山噴火に対する具体策を検討してこなかったが、大きな被害が予想される富士山をモデルケースに 除灰対策などを考案する方針だ。


    「宝永」級の富士山噴火による最大降灰量の分布予想図




    2
    なんか困るの?


    37
    >>2
    関東がいろいろ終る。機能的に大阪が首都になるかもな。


    48
    >>2
    インフラが色々アウトになるよ


    64
    >>2
    すぐ困るのは成田、羽田の国際線は乗り入れ禁止となる。
    粉塵でエンジンやられるから。


    86
    >>2
    まず陸路と空路が麻痺し最悪餓死者続出
    航路が無傷ならそれで日本各地へ疎開
    住居が足りないから避難所暮らしになる
    他にも対策の不十分な電線なんかがショートし、各地で停電が起こる
    夏は熱射病、冬は凍死の危険性が高まる
    ちょっと考えただけで嫌になるな


    【【東京ヤバイ】“富士山が噴火” したら都心で降灰10センチ以上積もるぞ!気象庁推計】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2018/07/29(日)
    mmo

    韓国人・サンウォン統括プロデューサーは、オンラインRPGの根本的な問題を幾つか挙げている。

    ・MMORPGのコンテンツは何を作ろうが3ヶ月もあれば終わる
    ・メイプルストーリー2はわずか1ヶ月でコンテンツが尽きた
    ・企画時はレベリング以外のコンテンツも遊ばれると考えたが、実際は一気に駆け抜けて1ヶ月でコンテンツが終わった
    ・プレイヤーのコンテンツ消費速度によっては、コンテンツを付け加えていく方式には限界がある
    ・WoWが登場してからコンテンツがあふれ、コンテンツがMMORPGの生きる道だと考えられていたのが過去10年間
    ・「レベル上げをして、カンストして、ダンジョンに通って装備やアイテム集めをする」、MMORPGで多くのプレイヤーはこれ以上の事は望んでいない
    ・Blizzard Entertainmentはこれがわかっているから、新たなMMORPGを作ろうとしないのではないか
    ・多くのMMORPGでは、プレイヤーの強さがゲームを支配しているので、ステータスの向上に繋がらないコンテンツが無駄になる事が多い
    ・クエストやストーリーがゲームにとって本質的には役に立たない事もある
    ・2000年代初頭のMMORPGは、コンテンツではなくコミュニティがゲームを支えていた
    ・プレイヤーは誰に言われたわけでもなく最初にログインした時からレベル上げを開始する
    ・レベルは最も直感的にキャラクターの成長を見せられるが、ゲームに制限をもたらす
    ・しかし、レベル上げがないと、プレイヤーは「問題を解きに来たのに問題そのものが存在しなかった」というような感覚になる
    ・システムが他と2割違うと新鮮だと感じてもらえるが、9割違うと変なゲームだという印象を与えてしまう
    ・レベル上げの狩りで楽しいのは全体の10%程度で、それ以外はただの作業
    ・かつてのリネージュのように後半にいくにつれて指数関数的に必要経験値が増え、カンストまでに何年もかかるような仕組みは無理がある
    ・1日2時間しかゲームができない人達は、このような作業的なゲームプレイをするよりも、自動戦闘ができるモバイルゲームにたくさん課金してランキング上位になることを選んだ
    ・モバイルゲームはPCゲームよりもコンテンツを早く開発することができるので、コンテンツが溢れかえった状態で1ヶ月もちこたえる事ができる
    ・多彩なコンテンツを用意しても、実際にユーザーがレベリングと装備集め以外の事をしてくれるかはわからない。ゲームシステムでサポートする必要がある


    韓国人・サンウォン統括プロデューサーは、MMORPGの答えは見つかっていないという。しかし、開発的に難しいことに挑戦してみなければ、答えが出てくることもないだろうと話した。
    (略)
    http://kultur2.blog.fc2.com/blog-entry-4277.html



    27
    やっとかよ


    3
    そりゃ遊びじゃないからな


    68
    レベル上げ以外関心ないって修行僧かよ


    【韓国のMMORPG開発者ついに悟る!「プレイヤーはレベル上げ以外のことに関心がない」←コレwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    わかりやすいのが学歴やけど
    それだけではなさそうやし



    5
    そこでIQですよ


    6
    >>5
    ネット掲示板やとIQはめちゃくちゃ否定されてるイメージ



    8
    >>6
    嫉妬だぞ


    10
    >>6
    ネットなんて何かにつけてマウントとりたいやつがそこら中で取ってるだけやぞ


    【「頭がいい」←コレってつまり、どういうことなん?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2018/07/22(日)
    http://www.afpbb.com/articles/-/3183260

    欧州北部で異例の熱波、各地で干ばつや山火事 大雨も
    2018年7月21日 12:30
    発信地:ロンドン/英国 [ 英国 スウェーデン ポーランド ヨーロッパ ]

    【7月21日 AFP】欧州北部で長期化している未曽有の熱波の影響で、北極圏では森林火災が発生し、農家は干ばつ被害に見舞われ、病院では脱水症状と炎症を伴う日焼けを訴える患者が急増するなどの事態となっている。農業関係者らは作物の収穫量の減少や、牧草の生育不良による牛乳の品質低下、家畜用飼料の不足などが生じる恐れがあると警告している。

     過去1世紀以上で最悪の猛暑にあえいでいるスウェーデンでは、家畜農家が干し草不足のため家畜を食肉処理する事態に発展した。ポーランドでは異例の春の干ばつで9万1000世帯以上の農家が影響を受け、農業省が欧州連合(EU)に財政支援を要請した。

     ラトビアは6月、農業部門の国家非常事態を宣言し、EUに農業補助金交付の前倒しを依頼した。同国西部では今週、大規模な山火事のため住民が避難を余儀なくされ、20日の時点でもまだ消火作業が続いている。

     一方、ポーランドとスロバキアとの国境付近を走るタトラ(Tatra)山脈では、高温がもたらした大雨の影響で鉄砲水が発生した。救助当局によれば、スロバキア側の村で19日夜に住民約300人が避難したという。

     ドイツは5月と6月に起きた干ばつの影響で、今年の農作物の収穫量が20~50%減少するとみられている。

     英国では、イングランド北西部サドルワースムーア(Saddleworth Moor)で放火が原因とみられる原野火災が3週間にわたって続き、今月19日にようやく鎮火した。英国で6月1日から7月16日までの間に記録された雨量はわずか47ミリ。消防当局は、公園や原野は火災が起きやすい危険な状態にあると警告している。(c)AFP/Alice RITCHIE



    3
    鈍い奴からドンドン〆てかれる時代に突入したようだ、みんな気を張って生きていこう!


    6
    いよいよ食料をめぐって戦争が始まるな


    15
    >>6
    ヒャッハー!はそのあとかな?


    51
    >>15
    もう始まってる
    日本は人里離れた村だからまだ被害がないだけ


    8
    そろそろ宇宙移住計画を本気で考える時期かもね


    9
    この世の終わりが近い


    【【今、地球がおかしい】欧州北部で異例の熱波、各地で干ばつや山火事 大雨も【どこもかしこも災害だらけ】】の続きを読む

    このページのトップヘ