おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    気になる話

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    4000日以上にわたって同じ場所にある自動販売機の様子をひたすら観察し続けた謎のブログ「私は毎日(のように)自動販売機の写真を撮っています。こめんなさい。」(原文ママ)が、開設12周年を目前に「とりあえず」、更新終了となった。

    終了の理由は、観察対象だった自販機が撤去されたため。2005年のブログ開設以降、同じ自販機の写真ばかりをほぼ毎日公開し続けてきた。これまでに公開した記事の総数は3000本以上に及ぶ。

    2017年7月31日、撤去前最後の自販機写真(画像はブログより)



    跡地には何もなくなった(同)



    ブログ開設直後、2005年の自販機(同)



    ■撤去され、「とりあえず終了」

    ブログの更新終了は17年8月4日の記事で発表された。観察を続けてきた自販機が1日に撤去され、その後も新しい自販機が設置される様子がないとして、

    “「とりあえず終了と致します。再び同じ場所に自販機が置かれることがあれば再開します。それまでちょっとさよなら」

    と報告した。ブログがスタートしたのは2005年8月5日で、更新終了は開設12周年を迎える目前のことだった。

    このブログの運営者が観察していたのは、札幌市内にある焼肉屋の店先にある自販機だ。約12年、ほぼ毎日のように自販機の元に通い、写真を撮影してブログに掲載。商品ラインナップや本体に張り出された広告が入れ替わると、その「変化」を詳細に伝えていた。

    とはいえ、もちろん自販機の様子が頻繁に変化するわけはなく、投稿されたブログ記事の題名はほとんどが「変化なし」。全3183本の記事のうち、「変化」というカテゴリに分類された記事はたった139本だった。

    ただ、12年に及ぶ観察の過程では、大きな出来事も数回あったようだ。まず、開設から4年ほど経った09年8月7日に、自販機本体の入れ替えがあった。この時の変化について、ブログ運営者は翌日の記事で、

    “「Edy対応になった、取り出し口が下がった、鍵が厳重になった、(編注・管理端末の)アンテナが見えなくなった、値段が見やすくなった」

    と報告。突然の本体入れ替えを知った際の心境については、「(家に)帰ったら嫁が新車に買いかえていたらこんな気分になるんでしょうか」としていた。

    ■震災の「影響」も記録

    その後も、東日本大震災が起きた11年の6月には、震災の影響による供給量不足に対応するためペット飲料のキャップが白無地になるとの告知チラシが本体に張り出されたり、16年7月に2度目の本体入れ替えがあったり......と、このブログは自販機をめぐる様々なドラマ(?)を伝えてきた。

    しかし、なぜ自販機を観察し始めたのだろうか。その理由を、ブログ開設から3年を迎えた08年8月4日の記事で、運営者本人が次のように明かしている。

    “「妹の一周忌に彼女が好きだった『馬鹿馬鹿しくて無意味なもの』を何か作ってみようと思いつき、その翌日2005年8月5日から記録を始めたのが、このブログを作ったきっかけです」

    また09年8月5日の記事では、「この間抜けなブログがなんと4年も続きました」として、「妹もあちらで呆れてることでしょう」との思いをつづっていた。

    なお、12年にわたって見守り続けてきた自販機の撤去後、運営者は17年8月5日にツイッターを更新。自販機が置かれていた跡地を撮影した写真をアップすると共に、

    “「設置場所の前側と後ろ側に高低差があったことがわかる」

    と新たな発見を報告。その後、9日の投稿では、観察していた自販機が無くなった焼肉屋の外観写真をアップし、「もしかしたら私には見えないだけかもしれません」とどこか寂しげな一言を寄せていた。

    J-CASTニュース (2017/8/16 07:00 )
    https://www.j-cast.com/2017/08/16305877.html?p=all



    【【謎ブログ】「毎日自販機の写真を撮っています。こめんなさい。」 12年前に始めた「せつない」理由とは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    100年以上前に、南極を探検した人が残したケーキが発見され話題になっている。

    そのケーキはケースの中に入っており更に紙に包まれている。驚くべきことに食べることができる保存状態だったという。
    8月11日、ニュージーランド南極遺産保存財団(Antarctic Heritage Trust)は、106年が経過したケーキを発見と発表。
    ケーキが入れられたケースは腐敗していたが、ケーキは問題なく食べることができる。

    ケーキはドライフルーツが入ったパウンドケーキのような物だった。このケーキは、1910~1913年にイギリスの 探検家ロバート・ファルコン・スコットが導いた「テラ・ノヴァ探検隊」が残したものと推定される。
    ケーキが見つかった場所から最初のベースキャンプの小屋と特定。

    ケーキはイギリスのビスケット会社、ハントリー&パーマー(Huntley&Palmers)が作成されたもの。
    南極遺産保存財団の関係者は、「ケーキを発見して我々も驚いている。ケーキはカロリーが高く 南極で食べるのに適している」と述べた。

    http://gogotsu.com/archives/32310






    【【美味しそう】100年前のケーキが南極で発見される!しかも食べられる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    北極圏に近い米アラスカ州の森林地帯に、異様な形をした「砂漠」がある。現段階で原因ははっきりしないが、地球温暖化がすすめば、こうした地形が増える可能性が懸念されている。

    「デューン」と呼ばれるこの地形は、同州西部のノームから東へ約400キロの永久凍土地帯にある。空から見ると、直径数キロの大小二つの円形が東西に並び、中心から外側に向けて巨大な段々畑のような構造だ。段差は数メートル。森がのみ込まれているようだ。

    周辺はもともと砂が多く、降水量が年300ミリ程度と少ない。アラスカ大のウラジミール・ロマノフスキー教授によると、何らかの原因で凍土が解け、当初は池などが広がったが、水面から蒸発したり、保水力の低い土壌から水が抜けたりして、徐々に乾燥、風化してつくられた可能性があるという。









    http://www.asahi.com/articles/ASK7J7TC5K7JULBJ00J.html



    【アラスカの永久凍土が解けて「砂漠」が出現、森が飲み込まれていく(画像)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7月10日、埼玉県の夜空に謎の光が突如現れ、目撃が相次いだ。
    謎の光について、UFOではないか、ドローンでしょ、など様々な意見があったが、ハフポスト日本版が調査したところ正体が判明。
    7月10日夜、埼玉県桶川市にある本田航空の飛行場にて、二人のプロスカイダイバーが沢山の電飾をつけスカイダイビングをしたとのことです。


    詳しくは以下ソース
    http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/11/ufo-saitama_n_17453154.html
    ※以下は、謎の光の正体が判明する前の内容となります。

    1 2017/07/11(火) 11:42:14.79
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170711-00000022-jnn-soci

    10日午後8時すぎ、埼玉県桶川市や川越市などを中心に、
    夜空に輝く「謎の光」が相次いで目撃されました。

    「普通に隕石かなと思ったが、今まで見たことがないくらい
    はっきりしてて驚きました」(「謎の光」を目撃した人)

    日本プラネタリウム協議会の糸賀富美男理事長によりますと、
    「隕石は早い速度で真っ直ぐ落ちるが、この光は急激に回転している
    ため、隕石でない可能性が高い」「残念だが正体は分からない 」
    ということです。

    no title
    ※リンク先の記事元に動画あり



    【【正体は?】埼玉県の夜空に「謎の光」の目撃相次ぐ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    北海道のはるか北東に位置するロシア・カムチャッカ半島では、5つの火山がほぼ同時に噴火した。
    ロシア国立科学アカデミー火山地震研究所(IVS FEB RAS)は、これらすべての火山周辺を航行 する航空機に対して、危険度が2番目に高いオレンジ色の航空コードを発表し、注意を呼びかけている。

    現在、危険度2の航空コードが発令されているのは、半島東部の火山帯に位置するシベルチ山、 その南に位置するクリュチェフスカヤ山とベズイミアニ山、カリムスキー山の4火山と、千島列島北部のエベコ山だ。

    シベルチ山では先日15日、近年では最大規模とされる爆発的噴火を起こして以来、北側の斜面 では溶岩流が観測されており、火口周辺では堆積した火山弾や火山灰による溶岩ドームが成長を続けている。

    地球衛星の観測データでは、火山から東南東方向に流れる長さ1500キロ近い火山雲が確認されている。これは札幌と大阪を結ぶ直線距離と同じくらいだ。

    また半島最高峰のクリュチェフスカヤ山と隣のベズイミアニ山でも噴煙が上昇しており、ベズイミ アニ山では今月18日、火口から真っ赤な溶岩が噴き上がるストロンボリ式噴火が観測された。

    (略)

    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20760.html



    【【火山噴火】カムチャッカ5大火山が一斉噴火、オレンジコード発令】の続きを読む

    このページのトップヘ