おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

海にまつわる不思議・怖い話

974 2017/08/21(月)
夏は、遊ぶ=海で泳ぐくらいしか、勉強以外にする事がないド田舎が実家。
進学で地元を離れたまま、就職、結婚して、初めて子を連れて帰省した夏の話。

昼間、明らかにはしゃぎ過ぎて、早々に子どもは寝ちゃって、両親と夫はまったり晩酌。
私は一人で「親になって帰省した私」に浸りたくて、ぶらっと散歩に。

(ここよりは)都会で、優しい夫と可愛い子どもに恵まれ、頑張ってる私。
この海の町は青春時代のまま…
などと派手な勘違いにドップリ浸かりつつ、よく泳いでいた浜に向かった。

テトラポットにもたれ、星を愛でる私…を精一杯演じて、
謎の満足感を味わい、帰ろうかと正面に向き直ったとき、
テトラポットの影に何かいるのを目の端で察知。

犬猫サイズじゃない。
小学生くらいの背丈。
ガチャピンを雑にしたみたいなシルエットで、一瞬で背中が冷たくなった。

その得体の知れない雑なガチャピンは

「私っち、もんてきたんけ、ほーけ。わしはいぬるぞな。ほいたらの。」
(私っち、帰って来たのか、そうか。わしは帰るよ。またね。)
と呟いて居なくなった。

【【正体は!?】帰省した田舎の海で “ガチャピン” を雑にした変な河童?が現れ「私っち、もんてきたんけ、ほーけ」と話しかけてきた。実は、その河童・・・】の続きを読む

249
男4人でサーフィンに行った時の話です。

あれから3か月くらいかたって、客観的に考えたいので聞いてください。
長くなりそうですみません。

そこはたまに事故とか出る場所だそうですが、自分たちは結構長くやってるし、
危ないと感じた事がなかったので、甘く見ていました。
台風が近づいているので海は鉛色でしたが、
この夏は忙しくもう来れそうにないので、
みんなでボードを担いで海に向かいました。

僕の友人をA、B,Cとします。
夏なのに水温が結構低くて、
昼前には僕とAは上がる準備をしていました。
C,Bはまだやるんだと二人で沖へ出ていきます。

風も波も荒くなってきて、呼びにいこうとAと相談していると、
Bが顔色を変えてすごい勢いで走ってきました。

「Cが見えなくなった」

と彼は言うのです。

「その辺を潜ってみたけど、居ない・・・」

とBは歯を鳴らしています。
僕達も血の気が引くのが分かりました。

「戻ってもう一回探そう。この辺に人はあまり居ないし溺れた時って早くしないと…」

Bが僕の腕をひっぱります。
サイアクなことに、 早朝はいた人も、
さっさと切り上げて帰ってしまっていたのです。
僕は探しに行く決心をし、Aに上の車に戻って、
携帯で助けを呼んでもらう事にしました。


【【ゾッとする】男4人でサーフィンへ。血相変えた友人B「Cが見えなくなった!」一緒に探すと俺の足を何かが凄い力で引っ張る「溺れる!!」水中で見た顔はまさかの…「なんでお前が!!?」】の続きを読む

644
夜釣りやってたんだけど普通4,5人はいる堤防で一人だった
やったラッキー、仕掛けが横に流れても気にしなくていいと思ってご機嫌で釣ってたんだわ
満月の大潮で条件的に申し分なかったんだけど
その時は月が丁度真正面に来てた
月が煌々と明るいのだけはいただけない
なぜかわかんないけど魚が食い渋る
と、思っていたら頻繁に強い当たりが来る
しかし上げてみると魚が乗って来ない
餌もついたままの場合が多い
釣り師は当たりの特徴から何の魚かを推理するのが好きだが
このパターンは初めてだ


【【ゾッとする】一人で夜釣り。海から出た“女の顔”がこちらを睨んでいた…俺「なななんですきゃ?」女「…」→しばらくすると女が消えた!?次の瞬間、背後で・・・】の続きを読む

190
友達の怖い話

仮にK君としよう。
彼は沖縄出身で、若い頃はけっこうヤンチャなやつ。
ホントにおばけなんかいるのか?じゃあ、ためしてみようなんて。

たとえば、夜中の防空壕、沖縄には今でも白骨化した氏体とかけっこう残ってて、
夜中にオバケが写そうと友人にカメラ向けてピースで写真を撮ったり、
夜中2時くらいに、海で泳いで友人にカメラもたせて映せとか、
結局(何もなかった)と言ってた。そんな肝っ玉優れたやつ。


【【ゾッとする】夜、海で子供が溺れてた→「早く助けないと!」助けに行こうとすると、漁師「やめろ!!」友人「え?」漁師「アイツの顔見てみろ」→“立ち入り禁止”の理由が分かり戦慄】の続きを読む

729 2015/06/26(金)
所用で親戚一同集まり、ふとだいぶ前に大往生した爺ちゃんの話をしていたら思い出したので、投下。長いです。

ここは北の大地。
我が家は北前船でやってきてここに住み着いた一族だ、というのが爺ちゃんの口癖だった。
実際、爺ちゃんは広い農地を所有していたし、古い農具や昔の道具や船の一部?みたいなものが、倉庫にどっさりあった。
綺麗な服や人形遊びよりも、虫とりや秘密基地づくりに興味津々なタイプの子どもだった私を、
それは可愛がってくれて、お盆や夏休みに遊びにいくたび、爺ちゃんはこの倉庫を見て回らせてくれた。
用途不明ながらくたの山は、当時の自分には宝物の山に見えて、爺ちゃんを引っ張ってはアレコレ質問攻めにしていた。

ある時、「うちの家宝を教えてやろう」と、爺ちゃんが倉庫の2階から何か木箱を持ってきた。
綺麗な木箱の中には綿が詰まってて、その中心に、大人の手のひらサイズの黒い箱があった。
それは今でも大事にしまってある。
何の飾りもない長方形の箱で、見た目よりも軽く、振るとカタカタ音がする。
開けると罰が当たるぞと言われたけど、開けようにも蓋もとっかかりもない。不思議な箱だった。

爺ちゃんいわく、この中身は船の『守り神』なんだそうだ。
正式名称があるのかどうかは分からない。
北前船で交易していたご先祖様が、安全な旅路を祈って船に乗せていたもので、船を取り壊す時にこの箱に入れ直したとか。
しかもこれ、他の船のものよりひときわ力が強いとかで、この『守り神』を乗せた船が海に出ると常に天候が安定したらしい。
ご先祖様はたいそう『守り神』に感謝し、それから代々大事にしてきているんだ、と爺ちゃんは言っていた。



【【神の“地震”警告】『北海道南西沖地震』から私達家族を守り、戦時中に海軍の爺ちゃんを守り益を授けてくださった「守り神様」】の続きを読む

このページのトップヘ