おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

オカルト

1 2019/05/26(日) 09:21
5月9日に放送された『OH!バンデス』(ミヤギテレビ)の「解決!リョウ様」のコーナーで、座敷わらしのウワサを検証する企画が放送され、ネット上で話題になっている。

番組では、宮城県角田市にある業務食材専門店『マルセン』の蔵に〝座敷わらしがいる〟というウワサを検証。暗視カメラを3台設置し、おもちゃの音を鳴らしたり、話し掛けるなどして座敷わらしを呼び寄せた。
後から蔵の内部を撮った写真を見ると、3つの〝オーブ〟が写り込んでいたことが判明。
過去に店を訪れたお坊さんが「3人の座敷わらしがいる」と発言していたこともあり、視聴者からは「間違いない!」と驚きの声が上がった。

「去る4月17日に放送された『世界のなんだコレ!?ミステリー』(フジテレビ系)では、俳優の原田龍二が同店を訪れ、蔵の中で2泊を過ごしました。
原田が蔵の中で、さとう宗幸の『青葉城恋唄』を歌うと、カメラに影のようなものが映りました
また、スタッフが誰も話し掛けていないのに、原田が会話を始めたことから、座敷わらしではないかと結論付けています。
同店は、東日本大震災の際にも全く被害を受けなかったことから、〝パワースポット〟として、地元だけでなく全国的にも話題になっていますね」(エンタメ誌記者)

原田龍二のライフワークは座敷わらし探索
座敷わらしは主に岩手県に伝えられる精霊で、座敷や蔵の中に住む神といわれている。
実際に座敷わらしを見た者には〝幸運が訪れる〟といわれていることから、岩手県の『緑風荘』『菅原別館』など、座敷わらしが出るといわれている旅館は1年以上先まで予約がいっぱいだという。

「原田は過去に数度、番組で座敷わらしを探す旅をしていて、今ではライフワークになっています。
調査した場所は岩手県の他、長野県や山形県、鹿児島県など多方面にわたります。
実際、秋田県の『からまつ山荘・東兵衛旅館』では、座敷わらしが遊ぶ姿を目撃したことから、ネット上では『最近の活躍は座敷わらしのおかげですね』
『今や売れっ子の原田さん。座敷わらし効果だろう』などと、評判になっています。本人もロケが続いていること自体、仕事になっていることから、まんざらでもないようですよ」(同・記者)

元総理大臣の福田赳夫や原敬、実業家の本田宗一郎や松下幸之助は、座敷わらしに会ったことで幸運が舞い込んだといわれている。
最近では原田の活躍を目にして、密かに座敷わらしが現れるという旅館に予約を入れている芸能人もいるとか。

急に売れっ子になった人がいたら、それは…。

http://dailynewsonline.jp/article/1841483/
2019.05.25 11:01 まいじつ

2
見てみたい


8
どんな家にもある
その土地の霊だもん
縁あって住むんだから
敬意を示さないと災いがあるだろ


【【幸運の神】テレビで検証された『座敷わらし』の存在が「リアル過ぎる」と話題!本田宗一郎や松下幸之助は、座敷わらしに会ったことで幸運が舞い込んだという話も・・・】の続きを読む

47
オカルト注意

どこの家庭でも何かしら問題抱えてると思うんだけど、うちは父が人格破綻者で金銭感覚おかしい人だった

少し普通の家庭と違っていたのは、母が副業をしていたらしきこと
その副業が呪いの類い
私は母がそれっぽい儀式?みたいなのをするときに居合わせたし意味やなんかも説明されたけど、弟は一回も居合わせたことはなかった
聞くと、女にしか継ぐことができないから儀式の間は家が男子禁制になるんだと
私が母の仕事を継ぐ場合、後継者の証的なものを渡すと言われていた
純金の鬼の判子みたいなやつだったと思う

私が成人する直前くらいの時期に母がおかしくなった

【【異様な家系】我が家の母は「呪い」を副業にしてた→ある日、母が狂った。祖母「ああ…この家は終わった」→実は、父が“アレ”を売り払ったせいで、家は修羅場に・・・】の続きを読む

1 2016/11/04(金) 10:3
くだらん話だけど聞いて欲しい


3
書き込むのは初めてだから不慣れだし、仕事の合間だから遅いと思うけど


6
仕事の合間だから遅くてごめん

21ぐらいの話。新居に引っ越して数ヶ月なった頃、家の中で異変が起きたんだよ



7
その頃、飼っていたワンコが深夜2時ジャストに凄い勢いで吠えるの。しかも、壁に向かって。
初めは気にしてなかったんだけど、やっぱり怖いくてさ。でも、ほっといたわけ



8
それが半年続いて、まぁこっちも慣れてしまったんだよ。その時、一緒に住んでた恋人は夜勤の仕事だったから夜いないからその話をしても信じてもらえなかった。
ワンコも昼間は至って普通。
だから、気にしない様にしてたんだよね。怖いけど



【【ちょw】40代の「お っ さ ん 幽 霊」に気に入られてしまった結果www】の続きを読む

幽霊
1 2019/05/06(月) 12:44
https://dot.asahi.com/dot/2019050100007.html
2019.5.6

かつて日本中にブームを巻き起こした霊能者・宜保愛子さん(享年71)を覚えているだろうか。今から16年前の2003年5月6日にこの世を去った彼女を偲ぶ人は今なお多い。1980~90年代にかけて数多くの心霊番組、オカルト番組で活躍した宜保さんだが、YouTubeなどでは出演するテレビ番組がい今もなお何百万回と再生されている。宜保さんは1932年、神奈川県横浜市に生まれた。幼い頃から霊感が強く霊視能力に目覚めた彼女は、70年代に人気ワイドショー番組『お昼のワイドショー』(日本テレビ系)の心霊企画への出演をきっかけにブレイク。以後、80年代後半から90年代前半にかけて瞬く間にお茶の間の人気者となっていった。当時を知るキー局の元プロデューサーは次のように語る。

「そのまま買い物にでも行きそうなごく普通の中年女性が、さまざまな不思議な現象の裏に潜む悲しい背景や、ドロドロ絡み合う人間の欲望や業を霊視し、静かなトーンで語り、視聴者の注目を集めるようになりました。メディアの悪いクセでもありますが、いったん人気が出るとこぞって群がるんですよね。宜保さんも篠山紀信の撮影で週刊誌のグラビアを飾ったり、とんねるずが『みなさんのおかげです』(フジテレビ系)で“イボ愛子”なるパロディをしたり。その当時を振り返ると、突然メディアに現れ、新しい心霊ブームを生み出した鬼才というイメージでした。今でも宜保さんのことを覚えている人は多いのではないでしょうか」

彼女がそれまでの霊能者と違ったのは、その“霊視”に魅せられた芸能人が多かったという点だろう。ビートたけしや黒柳徹子も自らの番組に彼女をゲストとして呼び、さらには陸上のカール・ルイスといった外国人スポーツ選手まで、あらゆるジャンルの有名人が彼女の霊視に耳を傾けた。人気が出ればそれだけ反動もあるわけだが、科学的な見地から超常現象を完全否定する“オカルトハンター”として名を馳せた大槻義彦教授とのバトルも勃発。彼女の霊視は多くの人たちを巻き込んだエンターテイメントとしてさらなるステージへ向かおうとしていた。

しかし、1995年の地下鉄サリン事件を境に宜保さんをとりまく状況は大きく一変してしまう。死者13人、負傷者およそ6300人という前代未聞のバイオテロを起こしたオウム真理教がオカルトに傾倒していたこともあり、各テレビ局は一斉に心霊番組に関して自粛の方向へと舵を切ったのだ。

(略)
(続きはソースをご覧下さい)


4
子供の頃あなたの知らない世界よく見てた


28
>>4
めっちゃ怖かったよな


180
>>4
大人になった今見たらどういう感想になるか分からないけど、子どもの頃は恐いのが分かってるのに「あなたの知らない世界」を楽しみにしてた


270
>>4
夏休みで暑いのに毛布被って隙間から見てたな~


300
>>270
全く同じだw


326
>>4
たまに、おばあちゃんネタでお涙頂戴やってたな。

今見ると号泣する自信がある


【【オカルト】霊能者「宜保愛子」さん没後16年…「心霊番組」はテレビからなぜ消えたのか・・・?】の続きを読む

1
・氏ぬまでの痛み、過程が怖い
・氏んだ後、恥ずかしい日記やあかんビデオがバレるのが怖い
・死後の世界がわからない、怖い

上記のような奴らは本質的な死を理解してない。

死=生まれる前
生まれる前の状態に戻ること。

ただ一つ違うことは、もう二度と生まれることはないということ。
ずっと無。

その本質を知っている奴は、心の底から氏に恐怖を抱くはずなんだが。



【【悲報】「 死 の 恐 怖 の 本 質 」を知らないやつ多すぎだろwwwwwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ