おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    スカルアンドボーンズ

    イルミナティフリーメイソン

    プロビデンスの目

    「千円札の夏目漱石の目と真裏の富士山の頂上は透かして見ると重なる。これは、フリーメイソンのシンボルである“ピラミッドに目(全てを見通すホルスの目)”を表現しており、日本の銀行はフリーメイソンに支配されている」といった都市伝説も――。
    1
    ジョージ ブッシュはスカル&ボーンズだったよな?
    スカル・アンド・ボーンズ

    スカル・アンド・ボーンズ(Skull and Bones、S&B、頭蓋骨と骨)は、
    アメリカのイェール大学にある秘密結社。
    「The Brotherhood of Death」の異名がある。
    構成員同士が協力し合いアメリカで経済的・社会的に成功することを目的としている。 2004年アメリカ大統領選挙の2人の候補者であるジョン・ケリー(1966年)とジョージ・W・ブッシュ(第43代大統領。入会時は1968年)が2人ともS&B出身だった。
    また、ジョージ・W・ブッシュの父である第41代大統領ジョージ・H・W・ブッシュ(1948年)や、祖父プレスコット・ブッシュ(1917年)もS&Bのメンバーだった。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/スカル・アンド・ボーンズ

    2
    一員なんだが


    4
    団体名はフリーメイソンリー、会員の事をフリーメイソン
    と言うのは知ってる
    フリーメイソン
    「フリーメイソン」とは厳密には各個人会員の事を指しており、
    団体名としては以下の通り。
    英: Freemasonry(フリーメイソンリー)
    https://ja.wikipedia.org/wiki/フリーメイソン


    【【やりすぎ都市伝説で有名】お前ら「イルミナティ」や「フリーメイソン」って知ってる?】の続きを読む

    • カテゴリ:

    0321336a

    フリーメイソンが200万人分の加入者名簿をインターネット上で公開したことで話題になっています。主に英国のメンバーを中心に公開され、警察官、判事、国会議員、司祭、インド人の王子などが含まれていたそうです。ネットではその名簿すら何かの策略なのでは?といって怪しむ声があがっています(怖バナ速報)
    1
    秘密結社などといわれる「フリーメイソン(Freemason)」の190年分、200万人の名簿がインターネット上で公開された。
    大英帝国時代に政治家のウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)や作家のオスカー・ワイルド(Oscar Wilde)、ラドヤード・キプリング(Rudyard Kipling)らが会員だったことが示されている。

    公開されたのは1733~1923年の会員記録で、英国および大英帝国の会員が中心。
    英家系調査ウェブサイト「アンセストリー(Ancestry)」がデジタル化し、インターネット上で公開した。
    記録には、氏名、職業、居住地、入会日といった詳細情報が含まれている。

    フリーメイソンは中世の英国で、商工業者らの同業者組合(ギルド)から発祥し、儀式やシンボルを多用する男性結社となっていった。
    今回公開された記録は、ロンドン(London)にある「ユナイテッド・グランドロッジ・オブ・イングランド(United Grand Lodge of England)」に保管されていた原本から取得された。

    デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)紙によれば、今回の記録には警察官5500人、判事170人、国会議員169人、司祭16人、インド人の王子1人が含まれている。
    また会員に多い職業として技師、商人、官吏、農民などを挙げている。

    著名な人物では後に英首相となるウィンストン・チャーチルが、1901年5月に26歳でスタッドホルム(Studholme)のロッジ(支部)に入会したと記録されている。

    フリーメイソンはこのところ、組織についてオープンにし、自らに関する陰謀説を払いのけようと情報を公開する動きを見せている。
    現在、イングランドだけで20万人を超える会員がいると言われている。(c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3067869



    【秘密結社フリーメイソンの190年分の名簿がネット公開される 怪しいな】の続きを読む

    このページのトップヘ