おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

スピリチュアル

1
なんつーか自分のうちにおこる喜怒哀楽や周りからの受ける刺激が対岸の火事みたいな感じになりつつある

遠くから眺めているようなそんな感じ

肉体と精神が一致していないというか
俺の肉体の三歩後ろに精神が存在しているみたいな



3
瞑想ってどうやんの


7
>>3
ひたすら呼吸に集中するんやで

雑念を抑えこもうとしたらダメだで
押さえ込もうとするその考えが雑念そのものだから

基本呼吸に集中するんだ
そして考えが湧いてきたら今何々を考えたなまたは脳内バクが起きたなと理解自覚してまた呼吸に集中するんだぜ

気づくと脳みそが空っぽになって気持ちいい世界に行ける



【『瞑想』やりまくってんだけど効果凄いわwwwww】の続きを読む

134
うちのおばあちゃんが気に入って買った石は
いつも来てもらってるお坊さんから大絶賛だったよ。
門のところに置くような結構でかいやつ。
なんでも行者さんがついている(姿を変えてる?)石だそうで、うちの実家を守ってくれてるらしい。
ホントにそのおかげか色々おばあちゃんが良い意味の不思議体験してるよ。


【【石のパワー】お坊さん大絶賛!“行者さんが憑いてる(姿を変えてる)石”で祖母が救われた不思議な体験談】の続きを読む

1
今日第三の目を開こうと集中していたら額のくぼみあたりがじんじんして出っ張る感じがしたんだ。
そのまま5分くらいでぜんぜん開かないまま集中が切れてしまった。
それが開く予兆だと聞いていたのだがもしかして他にも何か開くコツとかいるのか?



5
第3の目って……

邪眼か??


6
>>5
邪眼じゃない。
なんかあれだ、アジナーチャクラとかサードアイとか呼ばれてるアレだ。


※アジナーチャクラとは、「第3の目」(心の目)のことです。


7
イボではないのか~


8
>>7
感覚だけ。あとで鏡で確かめたから間違いない。



【【チャクラ】やべぇ、「第3の目」が開きかけた・・・】の続きを読む

614 2018/03/01(木)
数年前、某アニメの主人公に憧れて、
主人公が身に付けてたアメジストのブレスレットを通販で買った。
「アメジストは日光に弱い」とどこかのサイトに書いてあったため、
毎晩寝るときだけ腕に着けていた。

身に付けるようになって数日すると、夜中に起きてしまうようになった。
別にトイレでもないし喉が渇いた訳でもない。
でも何だか目が覚めてしまって、
仕方ないからまた眠くなるまでケータイでオカルトサイト巡りをしていた。

そんなことを続けていたある日、
いつものように目が覚めた途端、ずんと体が重く感じた。
「金縛りか?」と思っていたら、
ベッド脇の窓ガラスからバン!バン!と思い切り叩く音がする。
そのときなぜか「アメジストを外さないと!」と思って、
アメジストを着けていた方の腕を思い切り振った。

普通は腕を振ったくらいじゃ外れないのに、そのときは綺麗に腕から抜けた。
その途端、窓を叩く音は止んで、体もふっと軽くなった。
でも怖くて仕方なかったので、
電気を点けたままずっとようつべでお笑いを見て気を紛らわせてた。

それ以降そのアメジストが怖くなって、物置にしまいこんでしまった。
アメジストを外してからは夜中に起きることもなくなったから、
「あのアメジストが何か悪いものを引き寄せてたんだろう」と思うようになった。

ところが最近、引越しのため荷物の整理をしていたら、
例のアメジストが黒く濁った色になっていた。
透けた紫色がとても綺麗だったのに、違う石のようにどんよりと濁っている。
ヤバい気がして今は塩漬けにしてるが、色は元に戻るのだろうか。
というより、我が家で一体何が起きていたんだろうか。



【【パワーストーンの怖い話】深夜に突然の怪異!その時、アメジストを外すと・・・!?】の続きを読む

1
http://nikkan-spa.jp/1228725
 職業の数の分、「職業病」も幾多に上るが、中にはプロ意識の高さのあまりに発症してしまった、おかしな職業病も多い。
そんな想定外の“奇病”にかかってしまった人々の実例を紹介!



(略)

「相談者の霊に憑依されると、極端な偏食になってしまう。
霊が生前に好物だったものばかりをひたすら食べたり、24時間食べ続けてしまったり、
好きでもない酒を浴びるように飲んでしまうことも。
結果として不健康になったり、太ってしまったりするんです。
だから、健康オタクも多いですよ」(梶原創さん・仮名・58歳)。

(略)



【【不思議】職業病?「霊能者は太る人」が多いのはなぜなのか】の続きを読む

このページのトップヘ